ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京12Fはクラスの壁が第2・3ブロックの中盤、及び上がりに現れる。底力、持続力、それに瞬発力をバランス良く求められるチャンピオンレースを行うのに相応しいコース。
先週のオークス同様、後のマイラーも混ざって出走してくるため、テンが速くなる傾向にある。中盤緩んで上がりが速くなるか、中盤から速くなって上がりが掛かるかは年によって異なり、このあたりは過去の傾向と今回の出走馬の特性から推し量ることになる。
[2歳戦から精査してきた世代の、予想の集大成。~'12日本ダービー 予想~]の続きを読む
スポンサーサイト
東京12Fはクラスの壁が第2・3ブロックの中盤、及び上がりに現れる。底力、持続力、それに瞬発力をバランス良く求められるチャンピオンレースを行うのに相応しいコース。
ことオークスに関しては、距離適性の棲み分けがされた古馬戦に比べ、後のマイラーも混ざって出走してくるためテンが速くなる。それに、第3ブロックが緩みがちになるのが特徴。

[ごまかしの利かない力勝負の舞台で、紛れは期待できない。~'12オークス 予想~]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。