ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
愛馬の近況です。

【近況】
マイネルアンジェロ
父ティンバーカントリー/母ハートアンドアロー 
美浦・清水美波厩舎

きのう28日(木)、美浦の清水厩舎から、ビッグレッドファーム明和に移動しました。右前の繋靱帯部ですが、現在は腫れが分らないほどすっきりしていて熱もほとんど感じられません。歩かせてみても脚を気にするようなところはなく、前回送り出したときとさほど変わった様子はありません。とりあえず1ヶ月を目処に昼夜放牧を行って、患部の様子を見ることにしています。


繋靱帯炎というと、ヒシミラクル・アドマイヤベガが引退に追い込まれたほどの再発性の高い怪我とのことです。近況ではさほど変わった様子はないとのことですが、怪我が怪我だけに予断を許さない状況です。
このまま、デビューすることなく引退なんて・・・ことだけは、ご勘弁orz
スポンサーサイト
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日は02年~05年のラップタイム・1~3着入線馬の脚質比較などを見ていきたいと思います。

02年(晴/良)<34.5-36.2-37.6>=1.48.3
①(8番人気)10-12-14-14 サッカーボーイ×ロベルト系
②(4番人気)7-7-8-5 トニービン×ノーザンテースト
③(13番人気)2-2-2-1 テンビー×その他

03年(晴/良)<36.8-36.5-35.1>=1.48.4
①(2番人気)6-6-6-5 サンデー×リファール
②(10番人気)6-6-3-2 コマンダーインチーフ×ネヴァーベンド系
③(3番人気)1-1-1-1 ボールドルーラー系×ボールドルーラー系

04年(晴/良)<35.3-35.0-36.8>=1.47.1
①(1番人気)4-4-4-4 デヒア×ゴドルフィンアラビアン系
②(3番人気)7-7-6-5 グレイソヴリン系×ノーザンテースト
③(15番人気)3-3-3-3 フジキセキ×ネヴァーベンド系

05年(曇/良)<34.5-35.7-37.0>=1.47.2
①(1番人気)14-14-13-11 ダンスインザダーク×ヌレイエフ
②(9番人気)16-16-15-13 チーフベアハート×プリンスリーギフト系
③(7番人気)15-15-15-13 サドラーズウェルズ系×レッドゴッド系

06年(曇/重)<35.5-37.1-37.9>=1.50.5
①(5番人気)6-4-4-2 タマモクロス×他のターントゥ系
②(2番人気)12-12-11-9 エルコンドルパサー×サンデー
③(12番人気)9-8-4-3 フォーティナイナー×ミスワキ


【考察】
1.スタートから3Fが34台に入るハイペースだと、追込馬が台頭。よって、ペース分析は重要。
2.テンが緩むとサンデーも来れる。淀みない流れになるとヨーロピアンが台頭。
3.激走馬は過去、下級条件戦で持続力レースで穴を開けた馬多し。
4.突然の激走馬は、血統的に父または母父に持続力系を持っている。

こんなとこでしょうか。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日からラジオNIKKEI賞の過去傾向分析を行います。

02年~06年の3着以内入線馬の血統を見てまず目に付いたのは、サンデー産駒がほとんど入線していないことです。(入線したのは、03年のヴィータローザの1着のみ。)
サンデー産駒だけに絞って見てみると、
 ・サンデー産駒(1,0,0-5/6)単90,複31 平均着8.7着 平人気4.0人気
惨敗した馬の中には、後にG1馬となるハットトリックまで含みます。
これだけ、サンデーが不調な原因は、ラップタイム以外にありえません。コース形態上、このレースはほとんどがハイペースの底力勝負になるため、瞬発力系のサンデーが沈み、ヨーロピアンが浮上しています。ヴィータローザが勝った03年のみ<36.8-36.5-35.1>と上がり勝負となったため、サンデー産駒が勝つことができたと言えると思います。

今年の場合、サンデー産駒はいなくなりましたが、サンデー以上に軽いアグネスタキオン産駒が多く登録してきています。お客さんの多い、荒れるレースになるかもしれません^^ 楽しみです。

明日からは、過去の激走馬がどのようなステップで、本レースに進んできたのかを考察していきたいと思います。

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日はホントに残念な結果でした。自分の予想は良予想なのに、阪神地方は朝から土砂降り><; 朝起きた瞬間に、負けを確信しましたw
いつもは前日購入なんてしないのにぃ~・・・ 慣れないことしちゃ駄目ですね。

1着 △アドマイヤムーン
2着 △メイショウサムソン
3着 ○ポップロック
     ・・・
13着◎スウィフトカレント~道悪で競馬にならずorz

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
天気が心配ですが、雨もそれほど降らず、良馬場という前提で予想したいと思います。今年の宝塚記念は強力な先行馬が集まり、また同厩舎・同馬主での多頭だしから、ペースメイカーと目される馬も数頭いますので、ハイペースでの持続力型差し・追込馬を上位に取りたいと思います。

◎スウィフトカレント
~前走の金鯱賞では持続力レースをよく差し込む。ステップもこのレースに向けた使われ方をしているのも○。鞍上にインにこだわる横山典騎手を迎えることができ、ペースが向いての一発を期待。

○ポップロック
~前走、58.5kgで得意とは言えない瞬発力レースで結果を残す。よほど調子が上向いているのかもしれない。鞍上にユタカJを確保できたのもよかった。明日は、この馬本来の持続力を発揮できるレースになりそう。

<危険な人気馬>ウォッカ
~前走のダービーは近年稀に見る、上がり3Fだけの究極の瞬発力勝負となった。今走は真逆の適正が問われると考えているだけに、手が出しにくい。斤量は51kgと恵まれたのでどこまでやれるか。ヒモまで。

買い目
3連単:1→5→6,7,8,9,13,17
3連単:1→6,7,8,9,13,17→5
3連単:5→1→6,7,8,9,13,17
3連単:5→6,7,8,9,13,17→1
馬連:1-2,5,6,7,8,9,11,13,14,15,16,17,18

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
来週にもデビューを迎えそうな愛馬でしたが、ここにきて残念のニュースが・・・

【近況】
マイネルアンジェロ
父ティンバーカントリー/母ハートアンドアロー 
美浦・清水美波厩舎

美浦で調整中。ゲート試験をパスした翌々日から追い切りに取りかかり、20日(水)には5ハロンから64秒台のタイムをマーク。相手より重い乗り役を背にしながら、こちらの手応えに分があり、期待を持たせる動きだったものの、昨日の午後、右前脚球節の内外に微熱を伴う軽い腫れが見られました。獣医の診察の結果、軽い繋靱帯炎(球節で枝分かれした部分)の診断。近々、ビッグレッドに移動します。療養期間については何ともいえません。


軽い怪我のようなのが、不幸中の幸いでしょうか・・・。
ビッグレッドファームに戻るようなので、あせらず療養してもらいたいもんです。おそらく適正のあるダート中距離が番組に組まれる頃に、帰ってきてもらうことにしましょう^^;
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
宝塚記念の出走馬が確定しました。内から先行馬を挙げると、
Mサウンド・Iライミ・Aメイン・Dメジャー・Sゲイト・Aキング
ス・Cバルク・Mサムソン・Rグリンと強力な先行馬が揃いました。
既出のとおりMサウンドは西浦厩舎2頭出しの1頭でペースメイカーの
可能性が限りなく高いですので、ハイペースになること必至とみてよさ
そうです。差し・追い込み馬で一発狙ってみたいと思います。

ところで、アドマイヤムーンの鞍上は岩田騎手に乗り替わっています。
アドマイヤさんは、ダービーのオーラから引き続き、ユタカ乗り替りを
選択してきました。ドバイ勝ちを披露したユタカを乗り替わらせてまで
テン乗りで岩田騎手に変えるわけですから、どうやら本気で主戦変更の
兆候と言えそうです。これが時代の流れなのでしょうか・・・。

世間のユタカに対する信頼度は今尚、絶大です。馬券的な妙味はほとん
どありませんが、アドマイヤさんからの流れが次第に浸透し、岩田至上
主義がもし始まるなら、騎手の期待値も変わっていくかもしれません。
注意深く観察する必要がありそうです。

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
まず、最初に残念なニュースが今日入ってきました。現段階で◎候補の
1頭であったスイープトウショウがハ行の為、回避したとのことです。
気を取り直して、今日は前哨戦の考察として天皇賞・春を見ていきたい
と思います。

05年天皇賞・春(小雨/良)
LAP :13.3-12.1-12.3-12.6-12.5-12.6-11.7-12.9-12.5-12.3-12.4-12.3-12.1-11.6-11.4-11.9
   <62.8-74.4-59.3>
通過:37.7-50.3-62.8-75.4 上り:71.7-59.3-47.0-34.9

ハーツクライ(14-11-13-16) 天⑤ → 宝②

04年天皇賞・春(曇/良)
LAP :13.2-12.0-12.0-12.0-12.7-12.3-12.1-13.5-12.8-12.4-12.7-12.4-12.2-11.6-12.1-12.4
   <61.9-75.8-60.7>
通過:37.2-49.2-61.9-74.2 上り:73.4-60.7-48.3-36.1

シルクフェイマス(3-3-2-2) 天③ → 宝②

03年天皇賞・春(晴/良)
LAP :13.0-12.2-11.9-11.9-12.4-12.4-12.2-12.9-12.7-12.2-12.9-12.3-11.9-11.7-12.1-12.3
   <61.4-75.3-60.3>
通過:37.1-49.0-61.4-73.8 上り:73.2-60.3-48.0-36.1

ヒシミラクル(11-11-9-7) 天① → 宝①

基本的に春天も宝塚記念も持続力型に向くレースのようで、直結する傾
向にあります。ローテーション的にも春天で1度仕上げておいても、立
て直すだけの時間があることも好結果に結びついているのかもしれませ
ん。

07年天皇賞・春(晴/良)
LAP :13.2-11.9-11.8-11.6-11.8-11.6-11.8-13.0-12.9-12.4-13.0-12.5-11.8-11.2-11.3-12.3
   <60.3-74.7-59.1>
通過:36.9-48.5-60.3-71.9 上り:72.1-59.1-46.6-34.8

メイショウサムソン(8-9-6-2) 天①
~春天の前哨戦 大阪杯で瞬発力勝負を快勝したので、馬キャラが変わ
ってしまったのかと思いましたが、春天では相変わらずの持続力で
結果を残しました。今回の宝塚記念でも好走する確率はかなり高そうで
す。ただ、人気するのは間違いなくまた、今年はハイペースになると
読んでいますので妙味的にも展開的にも少し評価を落としてみようかと
思っています。といっても、力は歴然ですので3連馬券の2頭軸の1頭
には入れたいと思います。馬単・馬連・ワイドの軸馬は妙味のある馬を
別路線組から探したいと思っています。

トウカイトリック(6-6-6-10) 天③
~春天は宝塚記念に直結するといっても、この馬の場合はスピードが足
りなさ過ぎる印象です。血統的にも父エルコンドル×母父ロベルト系
×父母父サドラー と、非常に重厚です。4000mくらい走らせたら
サムソンにも勝てる力があるかもしれませんw ということで、スピー
ド不足で無印にすると思います。

今日はこの辺で。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日から数日は登録馬の前哨戦を見ていこうかと思います。
まずは、過去5年(昨年の京都開催除く)の3着以内に4頭も入線と、抜群の直結具合を示す金鯱賞組(4頭とも金鯱賞連対馬)を見ていきます。

04年金鯱賞(晴/良)
LAP :12.3-10.6-10.6-12.5-12.2-11.9-11.9-11.8-11.6-12.1
   <33.5-48.5-35.5> = 1.57.5
通過:33.5-46.0-58.2-70.1 上り:71.5-59.3-47.4-35.5

タップダンスシチー(3-3-2-1) 金① → 宝①

03年金鯱賞(曇/やや重)
LAP :12.5-11.0-11.2-12.4-12.3-12.0-11.7-11.6-12.0-12.2
   <34.7-48.4-35.8> = 1.58.9
通過:34.7-47.1-59.4-71.4 上り:71.8-59.5-47.5-35.8

ツルマルボーイ(11-11-10-8) 金② → 宝②
タップダンスシチー(2-2-1-1) 金① → 宝③

02年金鯱賞(晴/良)
LAP :12.2-10.7-11.1-11.8-12.0-12.0-12.2-12.4-12.0-11.9
   <34.0-48.0-36.3> = 1.58.3
通過:34.0-45.8-57.8-69.8 上り:72.5-60.5-48.5-36.3

ツルマルボーイ(16-15-15-10) 金① → 宝②

まず、過去の成績を見て思いました。
そうか!タップかツルマルボーイでいいんじゃんw
ご存知の通り、この2頭はあの頃の持続力型の代名詞とも言える馬達で
す。今年の場合は昨日付けで指摘したとおり、このままのメンバーで
いけばかなりのハイペースが見込まれるため、差し馬のツルマルボーイ
風の馬を狙った方がよさそうです。

07年金鯱賞(晴/良)
LAP :12.3-10.6-11.0-12.0-11.7-11.6-12.0-12.1-11.8-12.1
   <33.9-47.3-36.0> = 1.57.2
通過:33.9-45.9-57.6-69.2 上り:71.3-59.6-48.0-36.0

スウィフトカレント(9-9-10-9) 金②
~レース振りはいかにも、ツルマル風で好感が持てます。ただ血統的に
も秋天②からも完全な持続力型とは思えません。今回のレース振りを
どう捉えるかですが、自分は、適性はストライクではなかったけれど
力で2着に来たと感じています。ただし、実際に例年並みいや、例年
以上の持続力の流れになった今年のペースで僅差の2着に来たわけです
から、本番でもある程度の結果を残してくれる下地を見せてくれたと
思います。もっと適正の合った馬を狙いたいので、相手候補としておき
たいと思います。

インティライミ(5-5-5-7) 金③
~中団から差し脚を生かす新たな一面を見せてくれましたが、スウィフ
トカレントには2馬身1/2と完敗とも言える内容といえそうです。ただ、
馬キャラ的には持続力型の馬なので、さらに復調気配を見せることが
できれば、本番での浮上も考えられそうです。現時点では、この馬も
相手候補に入れておきたいと思います。

以上の結果から、今年の金鯱賞からは軸馬とまでは届かない印象です。
明日以降分析する、別路線組から◎を指名することになりそうです。

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
春競馬を締めくくる今年の宝塚記念は、3歳牝馬ウォッカを筆頭に豪華
メンバーでのレースとなりそうで非常に楽しみなレースです。
出走登録馬を一通り眺めてみて、最も目を奪われた馬はマイソールサウ
ンド
です。もちろん、この馬が勝ち負けになるとは思ってもいません。
この馬を注目する理由は今回のレースペースに大きく影響を与える可能
性があるためです。この馬、2頭出しの西浦厩舎の1頭でペースメイカ
ーとして出走登録してきた可能性が高いです。そして、西浦厩舎のもう
1頭はカワカミプリンセス。カワカミプリンセスは血統的にも馬キャラ
的にも底力勝負に持ち込みたい馬だけに、マイソールサウンドが積極的
な先行策でペースを上げる可能性が大いに考えられます。また、今年の
メンバーにはアサクサキングス・アドマイヤメイン・インティライミ・
コスモバルク・シャドウゲイト・ダイワメジャーと前で勝負したいタイ
プの馬が集まりました。とんでもないハイペースになる可能性も含んで
いると思います。

出走馬が確定したい時点で、持続力型差し・追い込み馬にスポットを当
てた激走馬分析をしてみたいと思います。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日も惨敗に終わりましたので、回顧をサクッと。
長いトンネルですorz

函館10R奥尻特別(晴/良)
LAP :12.3-11.2-11.6-11.3-11.8-12.6-12.6-12.1-12.2
通過:35.1-46.4-58.2-70.8 上り:72.6-61.3-49.5-36.9

前傾ラップで1,3着にダンスが入着。

【主要馬考察】
◎ ロードアルファード(1番人気2着)
瞬発力型も力が違うと見て◎に指名。結果的に適正の上回ったダンス産
駒にすくわれ、2着。なんともイケてない結果に。今回は大幅馬体増で
太く見えただけに次走、絞れてくれば確勝でしょう。妙味はありません
が。

阪神11RマーメイドS(曇/良)
LAP :12.6-10.9-11.6-11.5-11.4-11.8-11.9-12.1-12.5-12.1
通過:35.1-46.6-58.0-69.8 上り:71.8-60.4-48.6-36.7

シェルズレイが暴走気味にペースを上げるも、他馬はつられること無く
冷静に平均ペースで流れる。

【主要馬考察】
◎ スプリングドリュー(7番人気5着)
割とペースも向いたのに、外を周った分、接近できず。開幕週だけに内
枠の差し馬に妙味ありと思い、本馬を指名しましたが、柴山騎手がまさ
か外をまわすとは…。残念なレースでした。

最近、あまりにも結果がでないのでコース毎のラップタイムのデータ取
りなどをして、コース別の傾向を纏めてみようかと思います。

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
函館10R 奥尻特別(500万下)の激走馬分析いきます。

07年奥尻特別(晴/良)
LAP :12.4-11.9-12.2-12.9-12.4-11.9-12.0-11.8-12.5
   <36.5-37.2-36.3>
通過:36.5-49.4-61.8-73.7 上り:73.5-60.6-48.2-36.3

平均ペースで、先行馬有利。

【激走馬分析】
5番人気1着シュフルール(ヌレイエフ系×トニービン)
洋芝専用馬。終始、芝の良い内を通れたのも良かった。

7番人気3着ミュージックホーク(ロベルト系×ミスプロ系)
洋芝実績あり。開幕週だけに外をまわすと届かないので、直線だけ外に
出すイメージ。持続力型。

05年奥尻特別(晴/良)
LAP :12.4-11.4-12.0-12.2-12.2-12.1-11.9-11.9-11.8
   <35.8-36.5-35.6>
通過:35.8-48.0-60.2-72.3 上り:72.1-59.9-47.7-35.6

平均ペースで差し馬独占。

【激走馬分析】
13番人気3着ショウナンドライヴ(サンデー系×セントサイモン系)
捲くりあいで、先行馬が早めに捕まる展開を、後ろから差し込む。切れ
る脚よりも長く脚を使う持続力型の方が合うようです。

04年奥尻特別(曇/良)
LAP :12.7-11.2-12.0-12.1-12.3-12.2-12.3-11.9-12.5
   <35.9-36.6-36.7>
通過:35.9-48.0-60.3-72.5 上り:73.3-61.2-48.9-36.7

ラップの緩まない底力勝負。ノーザンテースト系を持つ馬が1~3着を
独占。

【激走馬分析】
9番人気1着レッドハヤブサ(ノーザンテースト系×グレイソヴリン系)
11番人気2着ロケットパンチ(ロベルト系×ノーザンテースト系)
8番人気3着ライブインザムーン(レッドゴッド系×ノーザンテースト系)
3頭に共通しているのは、持続力系であること。また、洋芝実績があるこ
とです。そして1,2着馬の共通点は、道中インにこだわった騎乗をされた
ところですね。

まとめです。
①なによりも洋芝実績。
②持続力型有利。
③平均ペースがデフォルトで、好位差しのイメージが崩れがなさそう。
④開幕週だけに外を周り過ぎない騎乗技術は必要。

こんなところでしょうか。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
毎年、開催後半に行われていたマーメイドSですが、馬場改修に伴い?
時期が開催2日目に移動となっています。過去同レースで分析するよりは
開催前半の同コースでのレース傾向を見ていった方が的中に近づくよう
な気がするので、馬場改修後の開催前半(4日目まで)の1000万クラス
以上の芝2000m過去傾向を見ていく事にします。

07年4月 大阪杯G2(晴/良)
LAP :12.8-11.5-13.1-12.6-12.2-12.2-11.9-11.7-11.4-12.0
   <37.4-48.9-35.1>
通過:37.4-50.0-62.2-74.4 上り:71.4-59.2-47.0-35.1

スローに流れ、上がりの勝負。

【激走馬分析】
8番人気3着メイショウオウテ(サンデー×ロベルト系)
溜めれば溜めるほど切れる瞬発力型。終始内を回り、直線だけ外にだ
し、追い込む。基本的に内枠の有利なコースな上にスローに流れると、
この馬のように内々を回り距離損をなくすレースをしないと間に合わな
いようです。

07年4月 明石特別4歳以上1000万下(曇/良)
LAP :12.8-11.7-12.9-12.5-12.4-12.4-12.2-11.7-11.4-12.7
   <37.4-49.5-35.8>
通過:37.4-49.9-62.3-74.7 上り:72.8-60.4-48.0-35.8

このレースもスローの上がり勝負。

【激走馬分析】
9番人気1着ナイスハンド(レッドゴッド系×グレイソヴリン系)
1番枠から終始内を回り、直線に入ってバテ馬を捌きながら差しきる。短
距離と違い、直線でバテる先行馬も増え、捌きやすい印象。

06年12月 ゴールデンブーツT3歳以上1000万下(晴/良)
LAP :12.3-10.6-12.1-11.9-11.8-12.3-12.6-12.0-12.3-12.5
   <35.0-48.6-36.8>
通過:35.0-46.9-58.7-71.0 上り:73.5-61.7-49.4-36.8

前傾ラップで先行馬総崩れの展開。ペースが締まったことでロベルト系
人気薄が1~3着独占したことは特筆モノ。

【激走馬分析】
5番人気1着アドマイヤカンナ(ブライアンズタイム×他のノーザンダンサー系)
道中内を回り、直線外からよく伸びる。馬キャラ的には底力勝負で浮上
する持続力型で、展開がうまく嵌った印象。

6番人気2着マヤノリバティ(マヤノトップガン×他のノーザンダンサー系)
大捲くりを仕掛けて底力勝負に持ち込む。前が速かったので、うまく嵌
った。

12番人気3着ビッグタイガー(ブライアンズタイム×ミスプロ系)
終始内を回り、距離損なくスルスル抜けてくる。力の足りないだけに内
を回るのは必須。


以上の結果から激走馬条件をまとめます。
①内枠有利・・・内枠の差し馬でも直線、前がバラけるので捌ける。
②前半緩むと瞬発力型。また、内を周れる先行馬有利。
③テンが速くなると底力勝負。特にロベルト系を要注意。・・・と思った
ら、今年はロベルト系がいない^^;

Good Luck!!
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
今日、馬券を買った2Rは予想していた流れと真逆の流れとなってしま
い、ダメダメでした。なので、サクッと回顧いきますw

函館10R 湯川特別(3歳以上・500万下)
LAP :12.6-10.7-11.6-13.0-12.9-12.7-12.4-12.2-11.8-12.2
通過:34.9-47.9-60.8-73.5 上り:74.2-61.3-48.6-36.2

スローを想定するも、息の入らない厳しい流れとなりました。結果的に
人気の差し馬に向く流れとなり、人気どおりの着順で落ち着きました。

【主要馬考察】
◎ マイネルビジュー(3番人気11着)
外枠から内に切り込み2番手につけるところまでは良かったですが、前述
のとおり先行馬には辛い流れとなり、惨敗に終わりました。今回は仕方
ありませんね。

福島11R 福島市制施行100周年記念(3歳以上・1000万下)
LAP :12.5-10.7-12.1-12.1-12.2-11.7-11.5-11.5-11.7
通過:35.3-47.4-59.6-71.3 上り:70.7-58.6-46.4-34.7

ハイペースを想定していましたが、モエレフィールド・スルーレートが
早々と控え、意外なほど落ち着いた流れになりました。

【主要馬考察】
△ クランエンブレム(6番人気1着)
今日の勝利で芝は2戦2勝。レース振りからは瞬発力型のようですので、
ダートよりは芝でこれからも安定したパフォーマンスを見せそうです。

無印 ホクトスルタン(4番人気2着)
ハナを主張し、絶妙なペースで逃げ粘る。瞬発力は劣りますが、単騎で
逃げて底力勝負に持ち込めばマックイーン譲りのスタミナで他馬を振り
切る力がありますね。これからも要注意の馬です。

◎ シベリアンバード(3番人気8着)
楽に先行するも、意外なほど着順を落とす。そもそも、G1で激走した
馬を軸馬に取る自体、どうかしとる。ピークすぎとるよorz

気分一新。いいかげんに、明日こそ的中を!!ww
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
実は私、一口馬主を持ってたりします。
その名はマイネルアンジェロ。先週、ついに入厩しました!!

【近況】
マイネルアンジェロ
父ティンバーカントリー/母ハートアンドアロー 
美浦・清水美波厩舎

美浦で調整中。坂路とダートコースを中心に乗り込まれています。
順調に調整されており、10日(日)には坂路2本目に15-15
をさっそく駆け上がりました。また、きょう15日には早くも
ゲート試験に合格。若干もそっと出ていたとのことですが、慣れて
くれば問題ないでしょう。3週目の福島、芝1800mでのデビュー
が目標。今週末には少し強めに追い切る予定にしています。


早めの入厩で、どの番組を使うのか楽しみにしていましたが、福島芝18
とは!! この馬は血統面からもこれまでの育成コメントからも持続力系
スタミナ馬でほぼ間違いなさそうでしたので、ハイペース小回りのこの
条件はピッタリかもしれません^^
新馬勝ちなんてしたら、最高ですねw

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
土曜日の湯川特別(500万下)の激走馬分析を行います。
”湯川特別”自体は過去も行われているレースですが、施行時期が今年
とは異なっていましたので、1回函館1日目の同条件で該当するレースを
検索し、考察していきたいと思います。

02年・04年・05年・06年の過去4年、まず目に付くのは人気馬の安定感で
す。雨の降った04年を除いた他の3年は1・2番人気馬が2頭とも3着以内に
入っています。これだけ人気馬が安定しているのであれば、無理に人気
馬には逆らわず、ヒモ荒れを期待した馬券の組み立てを行った方が良さ
そうです。

06年3歳以上500万下(曇/良)
LAP :12.5-11.2-12.5-13.0-13.2-13.2-12.8-12.1-11.9-12.4
   <36.2-52.2-36.4>
通過:36.2-49.2-62.4-75.6 上り:75.6-62.4-49.2-36.4
9頭立ての小頭数で4F~7Fが52.2と中弛みの展開で人気馬が1~3着を独
占。ペースが緩むと人気どおりの結果となるようです。また、3頭とも
サンデーの血を父または母父に持っていました。

05年3歳以上500万下(曇/良)
LAP :12.9-11.2-12.3-12.6-13.0-12.5-11.9-11.8-11.7-11.9
   <36.4-50.0-35.4>
通過:36.4-49.0-62.0-74.5 上り:72.8-59.8-47.3-35.4

【激走馬分析】
7番人気3着エアジュラシック(サッカーボーイ×サンデー)
先手をとって、ロス無く内を回る。戦跡を見ると、穴を開ける時はいつ
も底力勝負という持続力型のようです。
開幕週だけに内を通れる先行馬の持続力型が単純に良いとも言えそうで
す。

04年3歳以上500万下(雨/良)
LAP :12.4-11.2-11.7-12.3-12.1-12.0-12.4-12.7-11.6-13.1
   <35.3-48.8-37.4>
通過:35.3-47.6-59.7-71.7 上り:73.9-61.8-49.8-37.4
この年は完全な前傾ラップで2,3着に持続力の差し・追込馬が台頭して
います。開幕週といえども、激流になれば小回りローカルらしい、持続
力系差し馬が浮上できるということですね。

【激走馬分析】
5番人気2着アップルアロー(トニービン×ヴァイスリージェント系)
4番人気3着クラシックブレード(タイキシャトル×ブレイヴエストローマン)
2頭に共通しているのは、まずレース振りが挙げられます。開幕週の鉄則
とも言えますが、3~4角をロス無く回ってくること。これは、騎手の
技量が問われるところです。特にリーディング下位の騎手は、内を回る
ことにより包まれて力を出せないレースが、最も調教師の印象を悪くす
ると聞いたことがあります。だからこそ外を回る。だけども、外を回る
と届かない。そういう意味では、内をつくことが許される(立場上余裕
のある?)騎手の人気薄を狙うのも面白いかもしれません。
馬キャラ的には、2頭ともダートをこなせる持続力型であることが共通し
ています。

02年3歳以上500万下(曇/良)
LAP :13.0-11.6-12.3-12.7-13.2-13.0-12.7-12.6-12.6-12.4
   <36.9-51.6-37.6>
通過:36.9-49.6-62.8-75.8 上り:76.5-63.3-50.3-37.6

【激走馬分析】
11番人気3着ロゼノアール(サンデー×リファール系)
過去いいところなしの休み明けの馬が突然逃げて、3着。さすがにこの
時点での戦跡の馬を買うのは不可能でしょう。
このレースの後の戦跡を見ると、ダートが得意な持続力型と判断できま
す。また、この馬は持続力型の申し子「ヴィータローザ」の全兄にあた
ります。やはり、持続力型が穴を開けるというのは上記までの年と同様
ですね。

激走馬の傾向は、昨日の福島とそれほど変わらない印象を受けました。
小回りコースの開幕週は、
①外を回らない上位騎手
②前有利
③持続力型
これでほぼフォローできそうです。
また、今回の函館については北海道での洋芝実績があれば、さらにポイ
ントアップです。

それでは、今日はこの辺で。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
週間天気予報では天気が微妙な福島ですが、今週土曜日の福島メインの
激走馬分析したいと思います。
2回1日目福島の条件でクラス(1000万下)がピッタリ合う年は04年のみ
ですので、範囲を広げて06年・03年の500万下クラスも含めることにしま
す。

06年・04年・03年に共通する事項として、まず、開幕週だけに時計が速
いので前が残る傾向があることが上げられます。さすがに後方からの馬
に出番はありませんが、小回りコースらしくペースは速く、中団からの
差し馬も複勝圏内に顔をだしています。
先行馬を中心に捉えつつ、妙味のある差し馬を軽くアレンジするような
感覚でOKかと思います。

06年3歳以上500万下・牝(晴/良)
LAP :12.5-11.0-12.2-12.5-12.2-12.2-11.9-11.7-12.0
通過:35.7-48.2-60.4-72.6 上り:72.5-60.0-47.8-35.6
圧倒的1番人気馬の逃げ馬が作った絶妙の平均ペースを内をロス無く通っ
た2着馬の好位差し馬が目立つレースでした。

【激走馬考察】
7番人気1着アミュレット(マヤノトップガン×ノーザンテースト系)
戦跡からは、ムラ馬ですが嵌ったときは抜群の切れ味を見せる馬のよう
です。内有利の馬場を外目からブッコ抜くレース振りは、モノが違うと
いう印象です。適正論からの穴馬としては例外かもしれません。

6番人気2着メジロテディベア(トニービン×リファール系)
3~4角をロス無く内を回り、チョイ差しで2着。外枠から全てがうまく
いった印象です。この馬から『好位で内を立ち回り、持続力のある馬』
という穴馬像をイメージできます。

04年3歳以上1000万下(晴/良)
LAP :12.6-11.4-12.1-11.8-11.8-11.4-11.7-11.6-12.4
通過:36.1-47.9-59.7-71.1 上り:70.7-58.9-47.1-35.7
小頭数のせいか前半3Fが36.1と緩み、勝ち時計1.46.8の高速馬場で前が
止まらない展開。前半緩む流れが想定されるなら、先行馬固めの予想も
面白いかもしれません。

【激走馬考察】
7番人気3着サムソンハッピー(サンデー×ヌレイエフ)
この馬も3~4角ではロス無く内を回り、直線だけ外に出す競馬で3着。
戦跡からはダートもこなす持続力型で、メジロテディベアと印象がダブ
ります。あと、3~4角で外を回ってしまう騎手は論外なので、鞍上の
技量を加味することも重要かと思います。

03年3歳以上500万下(晴/良)
LAP :12.6-11.1-11.4-11.6-12.3-11.9-12.0-11.5-12.6
通過:35.1-46.7-59.0-70.9 上り:71.9-60.3-48.0-36.1
この年は多頭数の激流ペースも前が残る。勝ち時計1.47.0と時計が速い
のがやはり影響しているのでしょう。

【激走馬考察】
13番人気3着ジョリブロンド(トニービン×リファール系)
上記2年の穴馬と同様、3~4角はロス無く内を回ってきてチョイ差しの
3着。ここまでいくと、穴馬の走りのイメージはこれで確定でしょう。
内枠というよりは中枠で3~4角で内をつく技量のあるジョッキーで
持続力型ですね。

全体を通してグレイソヴリン系が、やたらと穴を開けていることも留め
ておいて損はなさそうです。

先週は散々な結果でしたので、今週こそなんとかしたいですねw
では。
競馬のブログでしたら、基本的に相互リンク大歓迎です。
ご興味のある方、こちらのコメントにてエントリーください。
よろしくお願いしますm(__)m
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
エプソムカップのレース回顧です。

東京11Rエプソムカップ(曇り/やや重)
LAP :12.7-11.1-11.7-12.8-12.4-11.8-11.4-11.3-13.1
通過:35.5-48.3-60.7-72.5 上り:72.8-60.0-47.6-35.8
平均やや速めの平均ペース。道悪であることもあって、後ろすぎる馬は
なかなか届かない馬場でした。

【主要馬考察】
△ エイシンデピュティ(5番人気1着)
瞬発力型で流れはそれほど向いたとはいえないと思います。それでも勝
ってしまうのは、やはり道悪適正でしょうね。フレンチデピュティ産駒
が3着まで独占してしまうんですから。

無印 ブライトトゥモロー(2番人気2着)
1着馬と同様、瞬発力型で流れが逆と予想していたので、消して妙味あり
としましたが、連対を許しました。道悪適正と左回り適正が、ペース適
正を上回ったということでしょうか。

○ サイレントプライド(1番人気3着)
過去、抜群の道悪適正を証明しており2頭軸の相手には最適でした。力は
出し切ったと思います。

◎ ファイングレイン(9番人気4着)
距離適正を嫌われてか、想像以上に低評価されていました。あわやの
4着。やはり1600mを過ぎたあたりで減速したとおり距離はマイルが
ベストのようです。ただ、G1 2着の力は存分に見せてくれました。
負けて悔いなしです。
今回のレースで実力を完全に披露してしまいましたので、次走以降は
人気を集めるのは間違いなさそうで、しばらく馬券的な妙味は薄いかも
しれません。

予想が外れはしましたが、◎が9番人気であわやの4着と頑張ってくれま
した。強気な予想ができたことは良かったと思います。

来週から函館と福島が始まります。穴党にはたまらん開催となりそう
です^^

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
フィリピンTのレース回顧です。

中京10RフィリピンT(晴/重)
LAP :12.0-10.6-11.7-12.5-12.6-12.6-12.8-12.3-12.4-12.6
通過:34.3-46.8-59.4-72.0 上り:75.3-62.7-50.1-37.3
予想通りの速い流れとなり、先行馬総崩れの展開となりました。

【主要馬考察】
△ マックスチャンプ(6番人気1着)
持続力系差し馬の同馬にとって、ドンピシャの流れ。中京も得意で今後
も今日のような条件で穴を開けてくれそう。要チェックですね。

△ フィールドミューズ(8番人気2着)
同じく持続力系差し馬で流れが合いました。あと、エプソムカップもそ
うですが、今日の重馬場でフレンチデピュティが確変モード。今後も
馬場が渋れば無条件で買い目に入れるべきかも。ただ、今日のあまりの
爆発ぶりで過剰人気で妙味がなくなる可能性もあるので、注視したいと
思います。

☆フレンチデピュティ 05年~ やや重~不良 500万クラス以上
(8,5,8,42/63) 単192% 複134%

無印 グランオマージュ(10番人気3着)
予想時は馬キャラが掴めていませんでしたが、今日の激走で持続力系
差し馬で確定ですね。近走、凡走つづきで休み明けの馬に松田博厩舎の
主戦 岩田騎手を乗せてきたただけに怪しさは感じていましたが、印が
回りませんでした。あと、サウスポーみたいですね。

◎ マルブツライト(4番人気11着)
楽に先行するも激流で流れが真逆。ハイペースで差し馬台頭を想定して
いながら、競争能力と鞍上にひよって本命に取った自分が恥ずかしいで
すorz

ペースの向かない馬を◎に取った自分自身が情けないレースでした。
男なら覚悟を決めて、散るときは華々しく散らんとねw

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
中京の方は現時点でも雨が降っているようで、既に不良馬場。道悪馬場
での競馬になることは必至と思われますので、道悪馬場での過去激走馬
を見ていきたいと思います。

05年フィリピンT(雨/重)

LAP :12.6-11.2-12.2-12.5-12.6-12.2-12.6-12.4-12.7-13.1
通過:36.0-48.5-61.1-73.3 上り:75.6-63.0-50.8-38.2
道悪小回り馬場らしい、一貫した厳しい流れの底力勝負。

【激走馬考察】
6番人気2着ハギノメトロポリス(フジキセキ×トニービン)
後方待機から差し込み、2着。父フジキセキはサンデー系らしい軽い瞬発
力系ですが、この馬の場合、母父トニービン・母母父ディクタスの影響
でハイペース踏ん張り持続力系のようです。同馬の戦跡を見てもその
傾向が読み取ることができます。
また、母父であるトニービンは道悪馬場得意な系統であることも激走の
要因のひとつだと思います。

☆トニービン やや重~不良 500万クラス以上 06年~
(0,2,4,19/25) 単0 複113 平均着順7.1着 平均人気8.0着
1着こそありませんが複勝率は24.0%あり、また全体としても人気よりも
走っているので、データ上からもやはり道悪巧者と言えそうです。

5番人気3着マイティーカラー(トニービン×ミスプロ系)
早め先頭からの粘りこみ。戦跡からはそれほど瞬発力・持続力ともに適
正が振れている印象はありません。父トニービンの道悪適正が功を奏し
たということでしょうか。

03年フィリピンT(曇/やや重)

LAP :12.9-11.3-11.8-12.5-12.8-12.5-12.4-11.9-12.0-12.1
通過:36.0-48.5-61.3-73.8 上り:73.7-60.9-48.4-36.0
中弛みの平均ペース。この馬場とペースで必然的に前残りレース。

【激走馬考察】
6番人気3着マーベラスブレーヴ(ダンシングブレーヴ×セントサイモン系)
逃げて3着粘りこみ。前残りの馬場・展開に恵まれたパターン。この馬
自身も平均ペースを前で踏ん張るレースで前々走でも穴を開けていて、
激走の下地は十分にあったといえそうです。


05年、03年と見てみましたが、やはり展開が鍵となりそうです。
逃げ馬の逃げ特性(溜め逃げ・ハイペース逃げなど)と、先行馬がどの
あたりで仕掛ける馬達なのか(瞬発力系・持続力系)を踏まえて展開を
予想したいと思います。まぁ、これが一番難しいんですがw

展開予想が嵌って馬券が当たったときの爽快感は格別ですよね^^
的中目指して!!

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
明日の東京の天気が心配です。
とりあえず、馬場状態ごとのパターンで過去激走馬の分析をしたいと
思います。

05年エプソムカップ(晴/良)
春の開催最終週ですが、1着馬の時計が1.46.6と好時計。今年も土曜日
10R芝16の3歳1000万下の勝ちタイムが1.34.1と速いので、晴れれば、
05年と同じような速い時計の決着になるかもしれません。

LAP :13.1-11.2-11.3-11.7-11.9-12.3-11.1-11.7-12.3
通過:35.6-47.3-59.2-71.5 上り:71.0-59.3-47.4-35.1
11秒台のラップが続く平均ペース。このペースであれば通常、逃げ差し
互角となりますが、やはり時計の速い影響で前が止まらない傾向にある
ようです。

【激走馬考察】
4番人気1着スズノマーチ(ティンバーカントリー×サンデー)
1番枠から先行して押し切る。ティンバーは豊富な持続力を伝える傾向に
ありますが、この馬の場合、母父にサンデーが配合されておりある程度
の瞬発力スピード勝負にも対応できます。さすがに東京競馬場での
重賞レースなだけに最低限のスピードの裏づけが必要なのでしょう。
この年のようにペースが流れた場合はスピードと持続力をバランスよく
備えた配合の馬がベストですね。その意味ではスズノマーチはストライ
クの配合馬と言えるかもしれません。

7番人気3着ダイワレイダース(サンデー×ノーザンテースト)
中団から差し込む。前走、1600万下の同条件のレースで重馬場の平均
ペースを先行押し切り、0.7秒差の圧勝していました。本番のエプソム
カップと流れが合ったのが激走の大きな要因だったのでしょう。
この馬の戦跡を見てみると、上がり33秒台を連発するようなキレキレの
瞬発力を使うレースはほとんどありません。平均~速めのペースを得意
とする馬です。母母父のセントサイモン系の持続力を引き継いでいるの
かもしれません。
配合的には先ほどのスズノマーチと、サンデーのスピード能力と、持続
力を持った馬という点でよく似ていると思います。

03年エプソムカップ(曇/やや重)

LAP :12.3-10.4-11.5-12.0-12.3-12.5-12.0-12.1-12.6
通過:34.2-46.2-58.5-71.0 上り:73.5-61.5-49.2-36.7
一貫した厳しい流れで差し・追い込みの台頭できるペース。

【激走馬考察】
18番人気3着エーピーグリード(セントサイモン系×ボールドルーラー系)
近走不振馬の逃走劇。ただ、過去に東京での実績あり。スピードの持続
力を強調された配合で、厳しいペースを自ら作り出して押し切るタイ
プのようです。今年も、東京に実績のある持続力系逃げ馬がいれば、
ヒモに抑えておいた方が良さそうです。

06年エプソムカップ(雨/重)
最後に、明日の天気が崩れて重馬場まで悪化した場合を想定して、06年
の激走馬を見ていきたいと思います。

LAP :12.6-11.1-11.4-11.8-12.5-12.7-12.0-11.9-13.2
通過:35.1-46.9-59.4-72.1 上り:74.1-62.3-49.8-37.1
一貫した厳しい流れで持続力勝負。重馬場だけに後ろからの馬には
辛く、人気薄での差し・追い込み馬には出番がありそうにありません。

【激走馬考察】
7番人気1着トップガンジョー(マヤノトップガン×グレイソヴリン系)
典型的なサウスポー。また、マヤノトップガンは瞬発力偏差値45.68と
持続力に振れている馬だけに、この流れもあったのでしょう。
このレースまでのレース振りは割と瞬発力も見せて勝ち負けしていた
同馬ですが、本質的なところは底力勝負で浮上する血統構成。血統背景
に裏づけされた生まれながらの能力をベストの条件できっちり変わって
見せる。こういう馬券は血統ながらの穴馬券ですね。

明日は天気によって馬場レベルも大きく影響を受けることは間違いなさ
そうです。当日の馬場レベルを考察して、軸馬の選定作業に入りたいと
思います。

では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
レース回顧いってみます。

中京9R マカオジョッキークラブT(雨/重)
LAP :12.1-11.2-11.7-12.1-13.2-13.2-12.8-12.2-11.9-12.9
通過:35.0-47.1-60.3-73.5 上り:76.2-63.0-49.8-37.0
上がりのかかる厳しい流れ。12頭立てなのでもう少し落ち着くかと
思っていましたが、想像以上に厳しい流れとなりました。
その原因は、2頭出しの田所厩舎の1頭、マーブルダンサー。この馬、
おそらくペースメイカーとして出走してきた可能性が高く、勝ちに
こだわらずひたすら逃げ馬をつつきまくり、激流を作り出しました。

【主要馬考察】
◎ ドリームサンデー(4番人気9着)
楽に先手をとるも、田所厩舎のペースメイカーに前述のとおり、つつか
れまくり。展開的にきつすぎました。

○ スズカストロング(3番人気2着)
典型的な底力勝負で母父サドラー譲りの持続力が生きました。勝ち馬は
相手が悪かったです。

無印 ロックデゥカンブ(1番人気1着)
デビュー戦で鋭い決め手を見せて快勝した瞬発力を見て、逆の適正を
問われる今回は消して妙味ありとみて無印としましたが、見事な差し切
り勝ち。ここでは力が違った印象でした。デビュー戦では鋭い決め手を
見せましたが、血統的には厳しい流れを凌ぐロベルト系だけに今走の
走りが本質的な走りだったのかもしれません。重賞戦線でも活躍できる
素質がありそうです。

流れを読めたレースだっただけに、残念な結果でした。
では。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


どうも。
明日は天気悪そうで、馬場も重くなりそうですね。
ハイペース傾向の強い中京で、かつ、馬場も重くなるので
究極の底力(持続力)勝負。
穴のでる確率も高まりそうです。

03年マカオジョッキークラブT
やや重で行われました。今年の馬場状態に近そうです。
この年の激走馬を見ていくことで、今年のレースでの穴馬
探しの参考にしたいと思います。

LAP :12.5-11.1-12.0-12.8-12.6-12.6-12.7-12.1-12.3-12.4
通過:35.6-48.4-61.0-73.6 上り:74.7-62.1-49.5-36.8
ラップに13秒台の混ざらない一貫した厳しい流れ。

【激走馬考察】
6番人気1着ニシノシンフォニー(ライアン×ネヴァーベンド系)
逃げ切り勝ち。重馬場で中団~後方の馬達は脚を殺されて届かず。
基本は前残りの想定がいいのかもしれません。
雨の日のライアン。当然抑えておきたい名言です。
 ☆05年~ 芝やや重・重・不良馬場でのライアン
   (6,6,10,76)単167% 複107%

7番人気3着ホッコーラッキー(ジェイドロバリー×その他系統)
ダートを中心に使われてきたあと、先行粘りこみ激走。
ダートレース特有の持続力勝負がこのレースにピッタリ当てはまった
んでしょうね。ダートレースからの転戦馬、注意が必要かも。
快速ミスプロ系にあって、切れ味偏差値(独自の算出指数):44.58、
俊足偏差値(同じく独自):40.03 の鈍足持続力系ジェイドロバリー。
合ったんでしょうね。ちなみに、同じミスプロ系のティンバー
カントリーも同様の傾向を持つ種牡馬です。


外は雷がゴロゴロ鳴り出しました。
鈍足・持続力系の馬が明日は大暴れするやもw
今日はこの辺で。

では。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。