ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


根っからの天邪鬼なんで、全力で中華料理チェーン店を消します!!w

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月18日(日) 1回東京8日 天候: 晴 馬場状態:不良
11R 第24回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 1600m 16頭立
①サンライズバッカス 1.34.8 3人 (10-10) pci:50.8
②ブルーコンコルド 1.35.0 2人 (12-12) pci:51.4
③ビッググラス 1.35.4 9人 (8-8) pci:45.7
12.4-10.6-11.6-12.0-12.3-12.0-11.5-12.4
(34.6-24.3-35.9=1.34.8)

2006年 2月19日(日) 1回東京8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第23回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量) (混)(指定) ダート 1600m 16頭立
①カネヒキリ 1.34.9 1人 (10-8) pci:45.8
②シーキングザダイヤ 1.35.4 2人 (4-3) pci:39.9
③ユートピア 1.35.4 11人 (3-3) pci:39.9
12.2-10.7-11.0-11.4-12.1-12.9-12.3-12.3
(33.9-23.5-37.5=1.34.9)

2005年 2月20日(日) 1回東京8日 天候:小雨 馬場状態:不良
11R 第22回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量) (混)(指定) ダート 1600m 15頭立
①メイショウボーラー 1.34.7 1人 (1-1) pci:36.6
②シーキングザダイヤ 1.34.9 5人 (3-4) pci:43.6
③ヒシアトラス 1.34.9 6人 (5-5) pci:44.3
12.3-10.8-11.1-11.6-12.0-11.9-12.3-12.7
(34.2-23.6-36.9=1.34.7)

2004年 2月22日(日) 1回東京8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第21回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量) (混)(指定) ダート 1600m 16頭立
①アドマイヤドン 1.36.8 1人 (7-7) pci:52.6
②サイレントディール 1.36.9 3人 (7-7) pci:52.2
③スターリングローズ 1.36.9 9人 (3-3) pci:49.9
12.7-11.2-11.9-12.4-12.6-12.5-11.7-11.8
(35.8-25.0-36.0=1.36.8)

ペースは千差万別で今回メンバーでの精査が必要。脚質的には、長い直線と坂の影響で差し有利。

展開の鍵を握りそうなのはメイショウの2頭出し。追込に賭けたいMトウコンのペースメイカーとしてMバトラーが登録してきた感がある。さらに、初ダートのヴィクトリーも逃げ気配であり、Mバトラーと競り合うようなら、かなりのハイペースになる可能性もある。
軸にはハイペースで最も展開の嵌りそうな追込馬を、思い切って取ってみたい。


【前哨戦分析】
2008年 2月 4日(月) 1回東京2日 天候: 晴 馬場状態:不良
11R 第22回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立
①ワイルドワンダー 1.22.7 1人 (11-8) pci:45.3
②タイセイアトム 1.22.9 5人 (1-1) pci:38.1
③アドマイヤスバル 1.23.0 3人 (13-13) pci:46.4
⑥メイショウバトラー 1.23.2 8人 (2-2) pci:37.6
⑦ノボトゥルー 1.23.4 16人 (15-12) pci:43.7
⑬リミットレスビッド 1.24.2 10人 (8-6) pci:37.1
⑭ビッググラス 1.24.6 13人 (8-13) pci:40.0

12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5
(22.9-35.3-24.5=1.22.7)
一貫した流れ。
ワイルドワンダー…差しにくい馬場を考慮して、4角8番手とやや早く動く。きっちり突き抜けた決め手はさすが。
ノボトゥルー…それなりに伸びている。
ビッググラス…不利を受けた。状態は上がってきているよう。

2008年 1月27日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第15回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①クワイエットデイ 1.51.0 6人 (6-4-3-3) pci:46
②メイショウトウコン 1.51.0 1人 (13-13-10-8) pci:51.5

③マコトスパルビエロ 1.51.0 5人 (3-3-3-3) pci:46.0
④ロングプライド 1.51.1 4人 (13-13-10-8) pci:51.0
⑨ドラゴンファイヤー 1.51.5 2人 (11-12-14-13) pci:51.9

12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
(36.1-37.5-37.4=1.51.0)
テン・中盤ともやや速い一貫したラップ。
クワイエットデイ…内々をロス無く回る。有力差し馬勢がワンテンポ遅らせて仕掛けたことにより、それほど厳しい流れにならなかったのも良かった。ただ、この流れで粘りきったのだから、底力は評価したい。
メイショウトウコン…外から捲って出て差し込んだ。さすがの瞬発力で、この流れでも差し込める底力も評価できる。本番は直線が長くなる分、上積みは当然ありそうだが、左回り適正が気になる。
ロングプライド…出遅れ。4角もメイショウトウコンの更に外を回り、トウコンには僅差。ロスの大きいレースだったし、左回り適正にも問題は無いので、本番への巻き返しという点では、この馬に最も妙味を感じる。

2007年12月29日 (土) 大井 第10競走 ダート 2000m (外コース・右) 天候:曇 馬場:不良
農林水産大臣賞典(指定交流) 第53回 東京大賞典JpnI3上
①ヴァーミリアン 2:03:2 1人 (5-5-5-3) pci:52.6
②フリオーソ 2:03:9 2人 (3-3-3-1) pci:50.3
③メイショウトウコン 2:04:9 4人 (13-14-6-5) pci:48.8
⑤ブルーコンコルド 2:05:0 3人 (6-6-6-8) pci:48.5
⑧アンパサンド 2:05:6 7人 (9-10-6-6) pci:47.0

12.3-11.0-12.3-13.2-12.8-12.5-12.5-12.8-11.4-12.4
(35.6-51.0-36.6=2:03:2)
過去6年で最も道中が緩み、上がりに偏重した流れ。

2007年12月5日(水) クイーン賞JpnIII 船橋 第10競走 ダート 1800m (左) 天候:晴 馬場:稍重
①ホワイトメロディー 1:51:6 2人 (2-2-2-2) pci:58.7
②メイショウバトラー 1:52:4 1人 (1-1-1-1) pci:43.0
③デアリングハート 1:52:5 4人 (3-3-3-3) pci:43.5

11.8-11.5-12.3-12.4-12.6-12.5-12.4-12.9-13.2
(35.6-37.5-38.5=1.51.6)

2007年11月24日(土) 5回東京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第8回ジャパンカップダート
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 2100m 16頭立
①ヴァーミリアン 2.06.7 1人 (11-11-9-7) pci:46.6
②フィールドルージュ 2.06.9 6人 (10-9-7-7) pci:45.1

③サンライズバッカス 2.07.5 7人 (14-14-12-10) pci:44.3
④メイショウトウコン 2.07.7 4人 (16-16-15-12) pci:44.6
⑤ワイルドワンダー 2.07.7 8人 (11-6-4-4) pci:39.7
⑥ドラゴンファイヤー 2.07.9 2人 (13-13-12-10) pci:42.5
⑦ブルーコンコルド 2.08.2 10人 (2-2-2-3) pci:36.4

7.1-10.7-11.9-11.7-11.5-11.9-12.6-12.3-12.5-12.0-12.5
(41.4-48.3-37.0=2.06.7)
00年~06年JCDラップ平均(02年中山開催除く)が、(41.7-48.9-37.3=2.07.9)。高速馬場となった今年と比較すると、テン・上がりが0.3秒速いのに対して中盤は0.6秒速く、中盤が締まった底力を問われるレースとなった。
ワイルドワンダー…この流れで上位入線馬の中では4角4番手は最も前の位置で、強い競馬。

2007年10月27日(土) 4回東京8日 天候: 雨 馬場状態:不良
11R 第12回東京中日スポーツ杯武蔵野S
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1600m 14頭立
①エイシンロンバード 1.35.5 9人 (1-1) pci:47.5
②ワイルドワンダー 1.35.6 1人 (6-4) pci:50.0
③トーセンブライト 1.35.8 6人 (8-7) pci:49.8
④フィールドルージュ 1.35.8 3人 (14-14) pci:55.3
⑦ビッググラス 1.36.3 7人 (12-11) pci:49.7
⑨ロングプライド 1.36.9 2人 (8-9) pci:46.2

12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
(35.3-24.5-35.7=1.35.5)
テン・中盤とも遅く、不良馬場で時計も速いため前に有利な流れ。
フィールドルージュ…前に有利な展開&馬場を後方から差し込んできた決め手を評価。


【結論】
<消>ヴァーミリアン
独断と偏見で消し。昨年強すぎて圧倒的人気となりそうで、妙味追いづらい。距離適正に疑問が残る点を死角にとって消して妙味を追いたい。

◎ロングプライド
・ロスの大きかった前走からの巻き返し大。
・左回り適正○。
・ペリエ乗り変わり。

○ワイルドワンダー
・最も強い競馬をしたJCD。
・一貫した流れを差しきった前走の底力を評価。
・捌きやすい大外枠に入れたのも良かった。

×ノボトゥルー、フィールドルージュ、ドラゴンファイヤー、メイショウトウコン、ブルーコンコルド

馬単:◎,○→◎,○,△,×(12点)
ワイド:◎,○→△(2点)
3連単:◎,○→◎,○→△,×(10点)
3連単:◎,○→△,×→◎,○(10点)

スポンサーサイト
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


今週末も寒くなるそうで、順延競馬はもうゴメン><

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月17日(土) 1回東京7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第42回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①イクスキューズ 1.34.5 3人 (3-2) pci:55.5
②カタマチボタン 1.34.7 1人 (4-4) pci:56.1
③ハロースピード 1.34.8 2人 (8-11) pci:59.6
12.5-11.0-11.6-12.0-12.3-11.4-12.0-11.7
(35.1-24.3-35.1=1.34.5)

2006年 2月18日(土) 1回東京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第41回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①コイウタ 1.35.6 1人 (3-3) pci:57.9
②アサヒライジング 1.35.7 6人 (1-1) pci:55.0
③マチカネタマカズラ 1.35.7 11人 (3-3) pci:57.4
12.5-11.3-12.2-12.5-12.4-11.5-11.5-11.7
(36.0-24.9-34.7=1.35.6)

2005年 2月19日(土) 1回東京7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第40回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①ライラプス 1.38.1 1人 (4-6) pci:46.5
②ジョウノビクトリア 1.38.3 6人 (14-13) pci:50.8
③ラドランファーマ 1.38.4 4人 (4-4) pci:44.5
12.8-11.5-11.8-12.1-12.7-12.3-12.2-12.7
(36.1-24.8-37.2=1.38.1)

2004年 2月21日(土) 1回東京7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第39回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①ダイワエルシエーロ 1.34.3 1人 (13-11) pci:50.2
②クリスタルヴィオレ 1.34.5 3人 (12-11) pci:49.2
③フォトジェニー 1.34.6 5人 (16-14) pci:50.3
12.6-10.5-11.0-11.8-12.1-11.9-12.4-12.0
(34.1-23.9-36.3=1.34.3)

超スローの06年、平均ペースの07年、前傾ラップとなった04年と、常に16頭フルゲートの条件の下、千差万別のペースが展開されている。メンバー構成による展開の精査が今回も必要なよう。

ハナを切りそうなデヴェロッペに、パッションローズ・カレイジャスミンなど前に圧をかけそうな先行勢も豊富で、ペースが緩むことはなさそう。基本的に、速いペースでも差し込める底力は必須。その中で、好位に位置取れる差し馬を軸にとりつつ、ペースがさらに速くなった場合に備えて追込馬の一発も考慮に入れた馬券構成としてみたい。緩い流れで速い上がりを連発してはいるが、底力の証明がされていない人気馬は消して妙味を追うのが常套手段。


【前哨戦分析】
2008年 1月27日(日) 1回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 菜の花賞
3歳・オープン(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①デヴェロッペ 1.35.6 10人 (1-1-1) pci:41.2
②スワンキーポーチ 1.36.0 1人 (3-2-2) pci:40.8
③マルターズオリジン 1.36.0 2人 (12-12-10) pci:47.4
⑥エフティマイア 1.36.6 5人 (8-7-4) pci:40.3

12.3-10.9-11.4-11.9-12.5-12.4-11.7-12.5
(34.6-24.4-36.6=1.35.6)
テンが猛烈に速い分、中盤がやや緩んだが、上がりの掛かる底力を問われる流れ。ただ、これだけ前半が速いのに差しの決まりにくい馬場だったようで、上位入線馬はほとんどが4角5番手以内。逃げ・先行馬の底力の過大評価は禁物。
デヴェロッペ…速いラップを自ら刻み逃げ込んだ底力は立派。
スワンキーポーチ…勝ち馬と0.4秒差は、底力の比較からは逆転は難しくも感じる。
マルターズオリジン…理由は良く分からないが差しにくい馬場だった状況で、この馬だけは底力を問われる流れを差し込んできただけに評価できる。
エフティマイア…2歳時、新潟2歳Sの瞬発力レースを勝った馬だが、やはりこの流れでは厳しいようで、勝ち馬と1秒差は底力が劣ることを露呈してしまった印象。

2007年12月16日(日) 5回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第24回フェアリーS
2歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1200m 16頭立
①ルルパンブルー 1.09.8 11人 (14-15) pci:41.9
②スワンキーポーチ 1.09.9 2人 (8-8) pci:35.1

③マイネレーツェル 1.10.0 4人 (11-11) pci:36.5
⑤エフティマイア 1.10.2 7人 (12-12) pci:36.5
11.7-10.2-11.0-11.9-12.1-12.9
(32.9-36.9=1.09.8)
テンが猛烈に速く、差し・追込に向く流れ。
ルルパンブルー…後方から外を回さず馬群に突っ込み、仕掛けもワンテンポ遅らせた分、完璧に嵌った。
スワンキーポーチ…4角8番手と勝ち馬より早く動いた分、展開のアヤで敗れるも底力の証明には十分。

2007年12月 8日(土) 5回中山3日 天候: 晴 馬場状態: 良
3R
2歳・未勝利(馬齢) (牝)[指定] 芝 1800m 16頭立
①マイネウインク 1.52.5 2人 (4-4-4-4) pci:59.2
②ダッシュアキチャン 1.52.7 3人 (7-6-7-4) pci:59.7
③タイセイルンバ 1.52.8 1人 (4-4-3-2) pci:57.0
⑩オールフォーミー 1.53.9 5人 (13-14-16-14) pci:59.6
12.6-11.8-13.5-12.8-12.8-13.1-12.5-11.6-11.8
(37.9-38.7-35.9=1.52.5)
テン・中盤とも緩んだ上がりの競馬。

2007年12月 2日(日) 5回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回阪神ジュベナイルフィリーズ
2歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 18頭立
①トールポピー 1.33.8 3人 (11-8) pci:46.4
②レーヴダムール 1.33.8 8人 (17-15) pci:49.5
③エイムアットビップ 1.33.9 2人 (10-8) pci:45.2
⑤シャランジュ 1.34.1 10人 (16-17) pci:48.8
⑦カレイジャスミン 1.34.4 12人 (7-5) pci:42.2
⑩ラルケット 1.34.5 5人 (13-12) pci:44.7
⑯マイネブリッツ 1.35.3 16人 (2-2) pci:36.8
⑰エフティマイア 1.35.9 9人 (3-2) pci:35.0

12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
(34.4-23.7-35.7=1.33.8)
テン速く中盤もそこそこの前傾ラップ。
シャランジュ…後方待機から馬群を抜ける。展開が向いたのは確か。
カレイジャスミン…外々を回り早めに動いて0.6秒差なら強い内容。

2007年11月11日(日) 5回東京4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 赤松賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 11頭立
①カレイジャスミン 1.36.5 2人 (4-4) pci:60.5
②ニシノガーランド 1.36.7 5人 (6-6) pci:61.9
③マルターズオリジン 1.36.8 1人 (2-2) pci:57.3
⑩パッションローズ 1.38.9 7人 (1-1) pci:47.3

12.7-11.7-12.8-12.4-12.3-11.5-11.0-12.1
(37.2-24.7-34.6=1.36.5)
テンがかなり緩く、中盤も緩い上がりの競馬。

2007年10月13日(土) 4回東京4日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R サフラン賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1400m 16頭立
①ラルケット 1.22.1 1人 (10-7) pci:56.8
②メジロアリス 1.22.3 13人 (15-15) pci:62.1
③リーベストラウム 1.22.3 2人 (16-15) pci:61.1
⑤リーガルアミューズ 1.22.4 8人 (10-11) pci:57.0
12.4-11.1-11.4-12.5-11.8-11.4-11.5
(23.5-35.7-22.9=1.22.1)
中盤が緩んだ分、上がりが速くなる流れ。
ラルケット…不利がありながら、緩んだところを4角7番手まで押し上げた反応の良さと、直線の切れ味を評価。左回りも合うよう。

2007年 9月29日(土) 4回阪神7日 天候: 曇 馬場状態: 良
9R ききょうS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1400m 8頭立
①マイネブリッツ 1.22.4 4人 (1-1) pci:50.1
②レッツゴーキリシマ 1.22.5 3人 (2-4) pci:53.0
③ルルパンブルー 1.23.2 1人 (5-4) pci:50.4
12.5-11.1-11.7-12.2-11.7-11.4-11.8
(23.6-35.6-23.2=1.22.4)
テン遅く、中盤が更に緩んだ分、上がりの速い競馬。

2007年 9月 2日(日) 3回新潟8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第27回新潟2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝・外 1600m 18頭立
①エフティマイア 1.34.1 4人 (3-3) pci:56.7
②シャランジュ 1.34.3 16人 (18-18) pci:65.7

③ゴールドストレイン 1.34.4 9人 (9-6) pci:57.6
⑮リーガルアミューズ 1.35.5 12人 (3-4) pci:50.5
12.8-10.7-12.1-12.3-12.1-11.5-10.6-12.0
(35.6-24.4-34.1=1.34.1)
新潟外回りにしても、テン・中盤とも遅く上がりに偏重した流れで、逃げ・番手と追込に向く流れ。
シャランジュ…緩んだ流れからの上がり最速の瞬発力は非凡。

2007年 8月11日(土) 3回新潟1日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R ダリア賞
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1400m 12頭立
①スズジュピター 1.21.4 2人 (6-6) pci:48.2
②フォーチュンワード 1.21.7 11人 (3-4) pci:44.3
③ダイワマックワン 1.21.7 1人 (3-2) pci:43.5
⑤ルルパンブルー 1.21.9 8人 (2-2) pci:40.9
⑥シャランジュ 1.22.0 3人 (6-6) pci:44.5

12.4-10.5-11.1-11.9-12.0-11.5-12.0
(22.9-35.0-23.5=1.21.4)
テン速く、中盤も締まった一貫したラップ。


【結論】
◎シャランジュ
3走前の新潟2歳S(新潟8F)で見せた非凡な瞬発力。前走の阪神JF(阪神8F)でも厳しい流れをそれなりに差し込んできた底力。今回のメンバーなら総合力で優位に映る。

○リトルアマポーラ
前走、牡馬に混じって底力を問われる流れとなった京成杯での0.2秒差4着は、このメンバーなら間違いなく底力最上位。ただ、間の詰まったローテーションで今走が4走目。更に前走、厳しい競馬を消化してしまった疲れが気になり対抗評価まで。

×デヴェロッペ、カレイジャスミン、マルターズオリジン、ルルパンブルー、ラルケット、スワンキーポーチ

馬連:◎-○,×(7点)
3連単F:◎,○→◎,○→×(12点)
3連単F:◎,○→×→◎,○(12点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 2月17日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 15頭立
①…レインボーペガサス 1.48.8 8人 (7-7) pci:57.9
②▲スマイルジャック 1.48.9 5人 (6-4) pci:55.9
③◎ヤマニンキングリー 1.48.9 7人 (11-11) pci:58.9
④×レッツゴーキリシマ 1.49.0 3人 (4-4) pci:54.7
⑤×ダイシンプラン 1.49.0 4人 (14-11) pci:59.2
⑥×アルカザン 1.49.0 2人 (7-7) pci:56.9
⑦○ブラックシェル 1.49.1 1人 (14-14) pci:60.2
⑪×チョウサンデイ 1.49.6 13人 (4-6) pci:51.8
12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
(36.1-36.8-35.9=1.48.8)

テンはそこそこ、中盤は過去5年と比べて最も速く、上がりの掛かる底力を問われる流れ。外差し馬場で、長く良い脚を使った馬が上位に入線した。

レインボーペガサス…軽いキレを問われる芝のレースで惨敗を繰り返した後、道中のラップが締まるダートに活路を見出し、今回、芝への再転戦。普通に考えればダート馬の烙印を押して要らないキャラではあるものの、血統的にはタキオン×デインヒルとむしろ芝の向く血筋。今回のような締まった流れで浮上する底力型であるなら、軽い切れを問われる流れで惨敗した後、本番のG1でラップが締まったところをズドンが理想的。
スマイルジャック…4角4番手と前めの位置から差し込んできた底力は、やはり相当なものだった。前付けできる先行力もあるので、小回りコースでもある程度、計算できそう。
ヤマニンキングリー…長く良い脚を使うタイプで、広くて直線の長いコースはやはり合う。皐月賞はいかにも合わなそうだが、左回り適正次第で東京では狙いが立ちそう。
レッツゴーキリシマ…キレを要求される舞台でも持ち前の底力で粘り通した点は立派。小回りではかなり信頼できそう。
ブラックシェル…出遅れて最後方から。馬体増の影響があったにせよ、本質的にキレを持ったタイプでは無さそうで、さらにこのスタートの悪さが続くようなら小回りでも用無し。今年一番の客寄せパンダになる素質は十分(・∀・)ニヤニヤ

馬券は、レインボーペガサスのおかげで台無しorz 前哨戦を洗いなおすラップ分析を予想ウェポンとしている以上、戦跡からは読み取れない適正を暴くジャンルは最も苦手だけに仕方が無いと諦めるしかない…と、分かっちゃいるが悔しいゼ~。ペリエ~(゚Д゚#)
しかし、この馬を本命に豪語していた天才(亀谷氏@競馬予想TV!)もいるわけで、世の中広いよね~w
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


今年のクラシック戦線は混迷しているせいか、どの陣営にも色気があるようで、前哨戦から頭数が集まり、予想しがいがありますね~^^

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月11日(祝) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第47回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 8頭立
①アサクサキングス 1.48.8 3人 (1-1) pci:55.7
②ナムラマース 1.49.1 2人 (5-4) pci:64.8
③サムライタイガース 1.49.1 4人 (2-2) pci:62.5
12.8-11.3-12.3-12.9-12.4-12.1-11.3-11.4-12.3
(36.4-37.4-35.0=1.48.8)

2006年 2月12日(日) 2回京都6日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第46回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①ドリームパスポート 1.47.4 2人 (11-8) pci:58.3
②メイショウサムソン 1.47.5 1人 (2-2) pci:52.6
③マイネルスケルツィ 1.47.6 7人 (3-3) pci:52.8
12.8-11.0-11.5-12.2-12.5-12.5-11.9-11.3-11.7
(35.3-37.2-34.9=1.47.4)

2005年 2月13日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第45回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 9頭立
①コンゴウリキシオー 1.48.5 2人 (3-3) pci:58.7
②マキハタサーメット 1.48.5 6人 (1-1) pci:55.0
③アドマイヤフジ 1.48.6 1人 (8-8) pci:65.2
12.9-11.8-11.9-12.5-12.4-12.0-11.6-11.4-12.0
(36.6-36.9-35.0=1.48.5)

2004年 2月15日(日) 2回京都6日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第44回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 14頭立
①マイネルブルック 1.48.0 3人 (9-8) pci:55.3
②ブラックタイド 1.48.0 1人 (4-4) pci:53.8
③ハーツクライ 1.48.6 5人 (10-10) pci:53.7
12.9-11.3-11.5-12.1-12.5-12.5-11.8-11.7-11.7
(35.7-37.1-35.2=1.48.0)

2003年 2月16日(日) 2回京都6日 天候: 曇 馬場状態: 重
11R 第43回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 14頭立
①ネオユニヴァース 1.49.6 3人 (4-3) pci:56.1
②サイレントディール 1.49.7 2人 (12-10) pci:59.3
③マッキーマックス 1.49.7 1人 (8-7) pci:57.1
12.8-11.4-12.0-12.6-12.9-12.4-11.8-11.8-11.9
(36.2-37.9-35.5=1.49.6)

京都9Fは3角までの向正面の直線がかなり長いため、必然的に道中は緩む。さらに若駒のレースであることがペース緩化に加担する傾向にあることは間違いないが、今年は例年になく頭数が集まり15頭立てで、ペースの緩化にある程度の歯止めが利きそう。ペースが緩むといっても新馬戦直後の転戦になる馬などは、重賞レースなりのペースに戸惑う場面も見られる(オーシャンエイプス@07年)ので、まずは今回メンバーから想定されるラップを固めた上で、その基準に近いラップでのレースを経験済みか否かのチェックがキーポイントになりそう。あとは、それなりのラップの中で京都外回りに対応できる瞬発力を併せもっているかも、当然チェックポイント。

ハナにこだわる馬はいないそうで、テンはそれほど速くはならなそう。ただ、中盤緩めたくない底力上位のレッツゴーキリシマが参戦しているので、それなりに中盤ラップを締めてくれそうで上がりだけの競馬にはならないと見る。中盤ラップが締まっても対応できるある程度の底力と、京都外回り特有の速い上がりに対応できるある程度の瞬発力を併せ持つ、総合力を問われるレースに想定してみたい。


【前哨戦分析】
2008年 1月26日(土) 1回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 若竹賞
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ショウナンアルバ 1.49.1 4人 (1-1-1-1) pci:44.4
②アサクサダンディ 1.49.2 5人 (9-8-7-5) pci:49.4
③スマイルジャック 1.49.4 1人 (5-5-3-3) pci:45.0
⑧ジェントルフォーク 1.49.9 7人 (13-12-13-11) pci:51.7

12.1-11.6-11.4-12.7-11.9-12.7-12.7-11.8-12.2
(35.1-37.3-36.7=1.49.1)
テンが猛烈に速く、その分中盤はひと息入ったが、上がりはテンの分だけ掛かり底力を問われる流れ。
スマイルジャック…4角3番手の位置から崩れなかった点はある程度の底力を評価できる。なにより、勝ち馬は先週の共同通信杯勝ち馬で、それに0.3秒差なら悪くは無い。

2008年 1月26日(土) 1回京都7日 天候: 曇 馬場状態: 良
9R 若駒S
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①ジュウクリュウシン 2.04.4 4人 (3-3-3-3) pci:62.4
①アインラクス 2.04.4 3人 (5-5-5-5) pci:63.9
③キングスエンブレム 2.04.6 1人 (6-6-6-6) pci:65.0
⑦ダイシンプラン 2.05.4 2人 (7-8-8-8) pci:63.0
⑨チョウサンデイ 2.07.0 7人 (9-9-9-9) pci:60.5

12.8-12.1-13.0-12.9-12.8-12.9-12.5-12.0-11.5-11.9
(37.9-51.1-35.4=2.04.4)
テン・中盤とも遅く、上がりだけに競馬。

2008年 1月13日(日) 1回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 16頭立
①ドリームシグナル 1.35.4 1人 (14-15) pci:47.9
②ドリームガードナー 1.35.8 5人 (11-9) pci:43.9
③マヤノベンケイ 1.35.8 4人 (4-2) pci:38.2
⑦オースミマーシャル 1.36.5 9人 (9-6) pci:38.7
⑧チョウサンデイ 1.36.5 8人 (11-11) pci:42.2
⑭メジロガストン 1.37.2 10人 (3-2) pci:33.1

12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
(34.1-24.3-37.0=1.35.4)
テンが猛烈に速く、中盤もそこそこ速い超前傾ラップ。

2007年12月23日(祝) 5回中山8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
6R ホープフルS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①マイネルチャールズ 2.03.9 2人 (4-4-5-4) pci:52.3
②ブラックシェル 2.04.0 1人 (7-8-7-4) pci:53.9
③ドットコム 2.04.1 4人 (2-2-3-2) pci:50.1
⑤メジロガストン 2.04.8 5人 (1-1-1-1) pci:44.4
12.7-11.8-13.0-12.9-12.6-11.8-12.2-12.0-12.0-12.9
(37.5-49.5-36.9=2.03.9)
中盤が締まった底力を問われる流れで、テン遅い分、追込までは届かない展開。
ブラックシェル…大外を回しながら京成杯勝ち馬に僅差。この流れをこなした経験は大きい。

2007年12月15日(土) 3回中京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R スポーツ報知杯中京2歳S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ホッカイカンティ 1.47.7 6人 (2-2-3-3) pci:53.1
②ノットアローン 1.48.0 2人 (1-1-1-1) pci:45.9
③オースミマーシャル 1.48.0 8人 (6-6-5-4) pci:53.8
④チョウサンデイ 1.48.0 11人 (9-9-8-7) pci:56.0

12.4-11.2-11.9-11.7-12.0-12.7-12.1-11.8-11.9
(35.5-36.4-35.8=1.47.7)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
オースミマーシャル…この流れをこなした底力は認めるも、切れる脚が足りない印象。
チョウサンデイ…この流れでまずまずの切れる脚を使えた点は評価できる。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
⑦ヤマニンキングリー 1.34.8 5人 (3-7-6) pci:43.3
12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。
レッツゴーキリシマ…この流れを4角3番手から粘りとおした底力は相当も、このときより更に1F延長の距離と、切れを要求される舞台変わりがプラスに働く印象を持てない。
ヤマニンキングリー…忙しかった印象で、しかも外を回る。今回の舞台変わりは合いそう。

2007年11月17日(土) 5回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(指定) 芝 1800m 15頭立
①フサイチアソート 1.47.4 9人 (9-8-8) pci:58.3
②スズジュピター 1.47.6 3人 (9-9-8) pci:58.1
③スマイルジャック 1.47.6 5人 (5-7-7) pci:56.5
⑦ジェントルフォーク 1.48.3 12人 (7-5-6) pci:52.3
⑮メジロガストン 1.49.5 11人 (2-2-2) pci:43.3

13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
(35.2-37.0-35.2=1.47.4)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
スマイルジャック…この流れで瞬発力を見せスズジュピターとハナ差なら、今回、十分やれそう。

2007年11月11日(日) 5回京都4日 天候:小雨 馬場状態: 良
5R
2歳・新馬(馬齢) [指定] 芝・外 1800m 10頭立
①ダイシンプラン 1.50.9 3人 (10-10) pci:73.3
②ブラックシェル 1.50.9 4人 (4-4) pci:66.9

③ウォータクティクス 1.51.1 2人 (1-1) pci:63.4
⑤チョウサンデイ 1.51.3 6人 (4-4) pci:64.7
13.0-12.1-12.3-12.9-13.3-12.8-11.4-11.9-11.2
(37.4-39.0-34.5=1.50.9)
テン・中盤とも遅い、上がりだけの競馬。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①フローテーション 1.47.9 3人 (4-3) pci:51.4
②ダンツキッスイ 1.47.9 2人 (1-1) pci:47.8
③マイネルスターリー 1.48.0 11人 (10-11) pci:56.0
⑧ヤマニンキングリー 1.48.6 5人 (5-5) pci:49.4
⑪オースミマーシャル 1.49.6 7人 (5-5) pci:44.1

13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8=1.47.9)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。
ヤマニンキングリー・オースミマーシャル…馬場を気にしたよう。

2007年 9月29日(土) 2回札幌7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回札幌2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①オリエンタルロック 1.51.9 6人 (12-14-14-11) pci:49.3
②サブジェクト 1.52.0 1人 (6-8-5-3) pci:44.2
③ホウザン 1.52.1 13人 (9-10-2-2) pci:41.8
⑨ヤマニンキングリー 1.52.7 5人 (6-6-5-8) pci:41.2
⑬メジロガストン 1.54.1 8人 (2-3-8-14) pci:37.3

12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
(36.6-37.4-37.9=1.51.9)
テン速く中盤も締まった前傾ラップ。ただ、上位馬がその後のレースで惨敗を繰り返しているだけにレベル的には疑問なレース。


【結論】
◎ヤマニンキングリー
2走前の黄菊賞(京都9F)で、34.8-37.0-35.7とテン速く中盤もそこそこの底力を問われる流れを4角10番手から差しきったレースを評価。ワンテンポ仕掛けを遅らせた分だけ展開的に2着馬より恵まれたにせよ、この流れで2歳女王に先着した底力は立派。今回と同じ舞台でこの流れを経験しているのは大きい。

○ブラックシェル
▲スマイルジャック
×チョウサンデイ、レッツゴーキリシマ、アルカザン、ダイシンプラン

馬連B:◎,○,▲(3点)
3連単F:◎,○,▲→◎,○,▲→◎,○,▲,×(30点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 2月16日(土) 2回京都5日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R すばるS
4歳以上・オープン(ハンデ) (国際)[指定] ダート 1400m 16頭立
①◎ゼンノパルテノン 1.22.7 4人 (6-5) pci:42.9
②×トーセンブライト 1.23.2 3人 (4-4) pci:39.1
③○マイネルスケルツィ 1.23.3 1人 (2-2) pci:35.6
⑦×ハスフェル 1.23.9 13人 (14-14) pci:43.1
⑧×エアアドニス 1.24.0 7人 (8-7) pci:39.5
⑫×マイネルアルビオン 1.24.7 6人 (8-7) pci:35.8
12.2-10.8-11.4-11.7-12.0-12.1-12.5
(23.0-35.1-24.6=1.22.7)

中盤の締まった底力を問われる流れ。
ゼンノパルテノン…この流れを外を回りながら、中団から差し切り2着に0.5秒差は相当な底力。3走前の1000万下で抜群の底力を既に証明していたので、格上挑戦のここでも通用するフラグは十分だった。
トーセンブライト…内々を回り、ロスの無い競馬でMスケルツィを捕らえる。器用な馬で内枠に入ればロスのない競馬ができる模様。
マイネルスケルツィ…直線を手ごたえ良く迎えるも、相手が悪かった。やはり、ダートはそれなりに走る。

馬券はゼンノパルテノンからの馬単・3連単をゲット!!
条件戦で底力を問われる流れをこなしてきた点から、格上挑戦でも十分勝負になることを予見できたのが的中に繋がった(≧∇≦)b
勝ち方が鮮やかだっただけに、さすがにこの後は人気になりそうで妙味は追いづらいかも。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


渾身の予想をしたエントリが消えてもた(T T)
印と買い目だけ。。。

◎ゼンノパルテノン
○マイネルスケルツィ
×トーセンブライト、ハスフェル、エアアドニス、マイネルアルビオン

馬単:◎→○,×(5点) 的中!!29.3倍
3連単F:◎→○,×→○,×(8点) 的中!!108.9倍
3連単F:○→◎,×→◎,×(8点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①×ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②×タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③△マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑤◎サダムイダテン 1.48.0 1人 (11-14-13) pci:53.0
⑦▲スマートファルコン 1.48.5 2人 (16-16-15) pci:52.8
⑪○ニシノシュテルン 1.48.7 9人 (11-14-13) pci:49.7
12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)

中盤は緩んだが、テンが猛烈に速くなったことにより、上がりの掛かる底力勝負に。てか、これまで逃げて良績を残してきたショウナンアルバが差しに回り、追い込む競馬をしていたショウナンアクロスがテンを飛ばす同一馬主による作戦勝ちの気がしてならない。ハナを切る予定だった藤田@イイデケンシンがショウナンアクロスに向かって「なにしてんね~ん!!」と叫んでいるかのような場面まであった。
馬券は、厳しい流れになることを想定し、厳しい流れになったときにサダムイダテンが戸惑う可能性を指摘しながら、サダムの3連単1着固定で馬券を買うという始末。恥ずかしい限りの馬券でした。猛省(T T)

ショウナンアルバ…4角4番手と先行馬総崩れの流れで差しきった底力は相当なもの。
タケミカヅチ…1F延長がどうかと見ていたが、内枠をするすると抜けて、底力を証明。瞬発力も平均以上のものを既に証明しているだけに、クラシック戦線の中心に食い込んできそう。
マイネルスターリー…厳しい流れを差し込んでくる追込が板についてきた。流れ待ちの競馬だけに安定感は無いが、決め打ち騎乗で定期的に穴をあけそうなキャラ。
サダムイダテン…軽い瞬発力レースばかりをこなしてきただけに、初めての底力比べではやはり戸惑った。血統的にこなす可能性があると見ていたが、若駒には血統より経験ということか。良い勉強になったよorz
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


久々の南関参戦かと思っておりましたが、雪の影響で今日もJRA参戦で幸せいっぱいです
(。-∀-) ニヒ♪

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月 4日(日) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第41回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 9頭立
①フサイチホウオー 1.47.7 1人 (4-6-5) pci:59.1
②ダイレクトキャッチ 1.47.7 5人 (4-6-8) pci:60.6
③フライングアップル 1.47.8 3人 (2-3-2) pci:56.3
13.1-11.4-11.4-11.7-12.5-12.9-11.7-11.2-11.8
(35.9-37.1-34.7=1.47.7)

2006年 2月 5日(日) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第40回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 11頭立
①アドマイヤムーン 1.48.4 2人 (6-7-7) pci:63.1
②フサイチリシャール 1.48.5 1人 (2-2-2) pci:57.2
③マッチレスバロー 1.48.6 4人 (9-8-9) pci:63.6
13.0-11.5-11.5-12.2-12.8-12.6-11.7-11.4-11.7
(36.0-37.6-34.8=1.48.4)

2005年 2月 6日(日) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第39回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 9頭立
①ストーミーカフェ 1.47.8 1人 (1-1-1) pci:50.4
②ダイワアプセット 1.48.2 5人 (6-5-4) pci:56.5
③マルカジーク 1.48.4 4人 (7-7-7) pci:58.5
12.9-11.4-11.4-12.0-12.3-12.4-11.9-11.3-12.2
(35.7-36.7-35.4=1.47.8)

2004年 2月 8日(日) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第38回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 10頭立
①マイネルデュプレ 1.47.4 4人 (9-7-8) pci:65.4
②アポインテッドデイ 1.47.6 1人 (2-3-3) pci:59.6
③ナムラシーザー 1.47.6 5人 (10-9-5) pci:63.5
12.6-11.4-12.1-12.7-12.1-12.3-11.3-11.5-11.4
(36.1-37.1-34.2=1.47.4)

若駒のこの時期に開催される東京でのレースであることもあり、テン・中盤とも速くなることは無く、上がりに偏重したレース。例年の流れになれば、流れに乗ってある程度の速い上がりも繰り出せるタイプと、後方で溜めるだけ溜めて瞬発力を爆発させるタイプが本線。
ただ、今年の場合、例年と異なりフルゲートの16頭立てとなった。展開予想で流れが速くなると想定できるなら、東京上級クラスらしい底力を問われる流れになる可能性もある。

例年であれば上がりだけの競馬になる傾向が高く、人気馬がそのまま走る流れになるが、今年はイイデケンシン・ショウナンアルバの2頭がハナを主張し、テンが速くなりそうだし、例年に無く16頭の多頭数で中盤も締まりそうなので、東京上級クラスらしい底力勝負の想定とする。
展開の中心は圧倒的人気が予想されるサダムイダテン。中団に構え、直線半ばで前を捕まえに行く競馬をすると見られるので、穴を狙うなら更に後ろから競馬を進め、漁夫の利的に順位を押し上げることができる、底力のある差し・追込馬に触手が動く。


【前哨戦分析】
2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9) pci:53.1
②ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15) pci:57.2
③アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9) pci:53.9
⑥ニシノシュテルン 2.03.3 13人 (14-14-14-14) pci:54.5
⑨シングンリターンズ 2.03.6 15人 (9-11-11-12) pci:51.1
⑬ショウナンアクロス 2.04.1 10人 (11-11-11-12) pci:49.4

12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)
ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
ニシノシュテルン…未勝利を勝ったばかりでの重賞挑戦で、後方から厳しい流れを良く差し込む。ジャンポケ産駒で東京変わりはプラスなだけに妙味感じる。

2007年12月22日(土) 5回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第24回ラジオNIKKEI杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 13頭立
①サブジェクト 2.07.0 4人 (3-3-3-3) pci:65.5
②サダムイダテン 2.07.0 1人 (12-13-12-11) pci:70.0

③メイショウクオリア 2.07.0 6人 (3-3-3-4) pci:66.2
⑫ショウナンアクロス 2.08.6 9人 (12-12-11-11) pci:61.6
12.5-11.6-13.4-13.4-13.6-13.9-13.1-11.5-11.4-12.6
(37.5-54.0-35.5=2.07.0)
テン遅く、中盤が更にとんでもなく遅い上がりに偏重した流れ。
サブジェクト…テンが緩んで流れが向いた上に、道悪馬場で後方馬が速い脚を繰り出せないという2重の好材料に恵まれた。
サダムイダテン…4角11番手と、どうしようもないと思われる位置から秀逸の瞬発力で差し込んできた。能力は相当も、底力勝負になったときに戸惑う可能性は未だある。

2007年12月15日(土) 3回中京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R スポーツ報知杯中京2歳S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ホッカイカンティ 1.47.7 6人 (2-2-3-3) pci:53.1
②ノットアローン 1.48.0 2人 (1-1-1-1) pci:45.9

③オースミマーシャル 1.48.0 8人 (6-6-5-4) pci:53.8
12.4-11.2-11.9-11.7-12.0-12.7-12.1-11.8-11.9
(35.5-36.4-35.8=1.47.7)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
ホッカイカンティ…番手に位置取り反応良く抜け出すお行儀の良さはいかにも小回り向き。底力は認めるも、東京変わりがプラスに働くイメージは湧かず、出世レースを制したことで人気になるようなら嫌ってみたいタイプ。

2007年11月17日(土) 5回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(指定) 芝 1800m 15頭立
①フサイチアソート 1.47.4 9人 (9-8-8) pci:58.3
②スズジュピター 1.47.6 3人 (9-9-8) pci:58.1
③スマイルジャック 1.47.6 5人 (5-7-7) pci:56.5
⑤タケミカヅチ 1.48.1 4人 (14-14-13) pci:58.5
⑩シングンリターンズ 1.48.5 13人 (7-13-13) pci:57.2

13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
(35.2-37.0-35.2=1.47.4)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
タケミカヅチ…流れは向いたが最後はモタれていたように1F長い可能性があり、適距離変わりは好材料。

2007年11月11日(日) 5回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 黄菊賞
2歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝・外 1800m 13頭立
①ヤマニンキングリー 1.47.5 5人 (10-10) pci:53.3
②トールポピー 1.47.5 2人 (10-7) pci:51.9
③グリフィス 1.47.8 10人 (2-2) pci:46.9
④ノットアローン 1.48.0 1人 (3-3) pci:46.6
⑫サトノハピネス 1.49.5 13人 (12-10) pci:44.6

12.4-11.2-11.2-11.8-12.7-12.5-11.8-11.9-12.0
(34.8-37.0-35.7=1.47.5)
テン速く中盤もそこそこの、底力を問われる流れ。
ノットアローン…気難しさを見せる幼い面はあるが、それでいながらこの流れを前で押し切る底力は相当。

2007年11月10日(土) 5回東京3日 天候:小雨 馬場状態:稍重
11R 第43回京王杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 1400m 15頭立
①アポロドルチェ 1.22.7 1人 (9-9) pci:51.2
②ドリームシグナル 1.23.0 12人 (9-10) pci:50.5
③レッツゴーキリシマ 1.23.0 4人 (1-2) pci:45.6
⑥ホッカイカンティ 1.23.5 8人 (4-4) pci:44.9
⑭イイデケンシン 1.25.0 11人 (4-6) pci:39.8

12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2
(23.3-35.8-23.6=1.22.7)
テン速く一貫したラップで、底力勝負。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①フローテーション 1.47.9 3人 (4-3) pci:51.4
②ダンツキッスイ 1.47.9 2人 (1-1) pci:47.8
③マイネルスターリー 1.48.0 11人 (10-11) pci:56.0
④サブジェクト 1.48.0 1人 (10-8) pci:55.3

13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8=1.47.9)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。
マイネルスターリー…ノメりながら、この流れを底力で差し込む。良馬場ならもっとやれそう。

2007年 9月29日(土) 2回札幌7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回札幌2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①オリエンタルロック 1.51.9 6人 (12-14-14-11) pci:49.3
②サブジェクト 1.52.0 1人 (6-8-5-3) pci:44.2
③ホウザン 1.52.1 13人 (9-10-2-2) pci:41.8
⑫マイネルスターリー 1.54.0 9人 (6-6-8-11) pci:37.1
12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
(36.6-37.4-37.9=1.51.9)
テン速く中盤も締まった前傾ラップ。ただ、上位馬がその後のレースで惨敗を繰り返しているだけにレベル的には疑問なレース。

2007年 9月29日(土) 4回中山7日 天候: 曇 馬場状態: 良
9R 芙蓉S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1600m 9頭立
①フォーチュンワード 1.36.6 3人 (5-4-6) pci:54.4
②スマイルジャック 1.36.6 1人 (2-4-3) pci:55.2
③ショウナンアクロス 1.36.9 5人 (6-7-7) pci:55.2
⑤レオマイスター 1.37.2 6人 (7-4-3) pci:51.5

12.7-11.0-11.9-12.5-12.9-11.8-12.0-11.8
(35.6-25.4-35.6=1.36.6)
中盤が大きく緩んだ流れで、底力は計れない。


【結論】
◎サダムイダテン
○ニシノシュテルン
▲スマートファルコン
△マイネルスターリー
×タケミカヅチ、ショウナンアルバ、ノットアローン、レオマイスター、サブジェクト

3連単F:◎→○,▲,△→○,▲,△,×(21点)
3連単F:◎→×→○,▲,△(15点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


な・なんと、2週連続の東京開催延期ということで、予定に無かったシルクロードSを急いで予想しマンタ(;゚∀゚)ゝ”

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月 4日(日) 2回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回シルクロードS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 1200m 16頭立
①エムオーウイナー 1.07.8 7人 (4-3) pci:45.7
②タマモホットプレイ 1.08.0 3人 (9-8) pci:49.6
③ビーナスライン 1.08.0 4人 (7-8) pci:47.6
12.0-10.7-10.8-10.7-11.2-12.4
(33.5-34.3=1.07.8)

2006年 2月 5日(日) 2回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第11回シルクロードS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 1200m 16頭立
①タマモホットプレイ 1.08.9 4人 (5-6) pci:50.1
②マイネルアルビオン 1.08.9 7人 (5-6) pci:50.1
③アイルラヴァゲイン 1.09.0 1人 (3-3) pci:46.6
12.2-11.1-11.1-11.0-11.5-12.0
(34.4-34.5=1.08.9)

2005年 2月 6日(日) 2回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第10回シルクロードS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 1200m 16頭立
①プレシャスカフェ 1.08.1 1人 (6-5) pci:50.1
②ギャラントアロー 1.08.2 6人 (3-3) pci:47.6
③トップパシコ 1.08.2 10人 (1-1) pci:44.7
12.3-10.7-10.9-11.2-11.3-11.7
(33.9-34.2=1.08.1)

2004年 2月 8日(日) 2回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第9回シルクロードS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 1200m 16頭立
①キーンランドスワン 1.08.6 1人 (5-4) pci:51.6
②サーガノヴェル 1.08.7 9人 (7-7) pci:53.1
③サニングデール 1.08.7 6人 (9-9) pci:56.1
12.5-10.8-11.1-11.1-11.2-11.9
(34.4-34.2-=1.08.6)

2003年 2月 9日(日) 2回京都4日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第8回シルクロードS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 1200m 14頭立
①テイエムサンデー 1.08.6 6人 (12-11) pci:56.6
②カフェボストニアン 1.08.7 2人 (1-1) pci:46.1
③サニングデール 1.08.9 1人 (6-7) pci:50.1
12.6-10.9-10.8-11.2-11.1-12.0
(34.3-34.3=1.08.6)

スタート後、すぐに登って下る3コーナーにかかるため、逃げ馬はスピードを押さえざる得なく、テンがこの距離にしては速くならない。連続開催の4日目に行われるだけあって上がりも掛かりだしているので更に差しに向く傾向。やや緩んだテンで脚を溜めた分を末脚に転化できる瞬発力型が最も合いそうで、京都6F巧者の差し馬はもちろん、前哨戦で同様の適正を見せた馬のフラグを汲み取ることが重要。

断然人気のアストンマーチャンがハナを切りそうだが、アイルラヴァゲイン・ステキシンスケクン・クールシャローンなど前に圧をかけるタイプが揃ったため、流れも差しに向きそう。そもそも、大目標が先にある逃げ馬アストンマーチャンの休み明け初戦を、断然人気になることが見え見えの状況で買う気には全くなれない。そうであれば、先行馬総崩れの差し・追込馬台頭の大荒れ設定で狙ってみたい。


【前哨戦分析】
2008年 1月19日(土) 1回京都5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 淀短距離S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1200m 15頭立
①ファイングレイン 1.09.1 4人 (11-11) pci:58.1
③クールシャローン 1.09.2 2人 (2-1) pci:46.6
③ステキシンスケクン 1.09.3 3人 (3-3) pci:48.1
④プリンセスルシータ 1.09.4 10人 (6-6) pci:50.5
⑦サイキョウワールド 1.09.5 7人 (7-7) pci:53.0
⑬マルカキセキ 1.10.1 13人 (12-11) pci:52.9

12.3-11.3-11.0-11.1-11.2-12.2
(34.6-34.5=1.09.1)
テンが緩み上がり偏重のレース。
ファイングレイン…道中溜めた脚を抜群の瞬発力に繋げた。内枠でじっと我慢し、運よく開いた内を抜けてきた。今回、またも内枠。瞬発力は認めるも、前走のように捌ける保障はないので、ヒモまで。
プリンセスルシータ…中団から道中は脚を溜め、中団から早めに動くもファイグレインとは0.3秒差。ただ、今回は更に2kg減と恵まれており、妙味はかなり感じる。

2007年12月16日(日) 5回阪神6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第2回阪神カップ
3歳以上・オープン・G2(定量) (国際)(特指) 芝 1400m 18頭立
①スズカフェニックス 1.20.6 1人 (11-9) pci:50.4
②ジョリーダンス 1.20.7 10人 (9-9) pci:49.9
③ブルーメンブラット 1.20.7 5人 (15-129 pci:51.7
⑨アグネスラズベリ 1.21.0 12人 (9-9) pci:48.4
⑬ペールギュント 1.21.2 7人 (12-12) pci:49.2
⑱プリンセスルシータ 1.22.0 18人 (5-4) pci:41.3

12.2-10.9-11.3-11.6-11.2-11.3-12.1
(23.1-34.1-23.4=1.20.6)
一昨年に比べてテンが0.2秒遅く、中盤も0.4秒遅く、上がりが0.6秒速くなる。このクラスにしては道中のラップが緩んだやや瞬発力に偏重した流れ。
ペールギュント…行き場がなく、脚を余す。

2007年11月23日(祝) 5回京都9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第52回京阪杯
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝 1200m 18頭立
①サンアディユ 1.07.9 1人 (2-2) pci:46.1
②ペールギュント 1.08.0 4人 (6-8) pci:49.6
③カノヤザクラ 1.08.0 2人 (11-11) pci:50.6
⑥クールシャローン 1.08.1 6人 (2-3) pci:45.2
⑩コパノフウジン 1.08.2 12人 (4-3) pci:45.7
⑬リキアイタイカン 1.08.6 15人 (6-11) pci:47.6
⑮サイキョウワールド 1.08.7 14人 (15-16) pci:52.1

12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0
(33.8-34.1=1.07.9)
テン・上がりともバランスのよいラップで、逃げ・差し互角の流れ。
ペールギュント…京都6Fでこの上がりで差し込める点は、十分及第点。

2007年11月11日(日) 5回東京4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R オーロカップ
3歳以上・オープン(ハンデ) (国際)(特指) 芝 1400m 18頭立
①ブルーメンブラット 1.21.7 1人 (9-8) pci:53.6
②シンボリグラン 1.21.8 3人 (7-6) pci:50.5
③マイネルレーニア 1.21.9 5人 (3-2) pci:46.6
④ファイングレイン 1.22.0 4人 (4-4) pci:47.0
⑪サイキョウワールド 1.22.9 7人 (10-15) pci:51.0
⑭ダイワメンフィス 1.23.6 15人 (1-1) pci:37.4

12.6-11.1-11.3-11.6-11.2-11.5-12.4
(23.7-34.1-23.9=1.21.7)
中盤やや締まり、底力を問われる流れ。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第50回毎日放送賞スワンS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝・外 1400m 18頭立
①スーパーホーネット 1.20.7 3人 (14-12) pci:52.5
②フサイチリシャール 1.20.7 10人 (5-4) pci:44.8
③ドラゴンウェルズ 1.20.8 5人 (6-7) pci:46.0
⑦ペールギュント 1.21.5 9人 (11-11) pci:46.9
⑭アストンマーチャン 1.22.3 1人 (1-1) pci:32.3
⑮サイキョウワールド 1.22.4 14人 (14-16) pci:46.7

12.0-10.6-11.1-11.5-11.6-11.4-12.5
(22.6-34.2-23.9=1.20.7)
テンがかなり速く、中盤もそこそこ速い前傾ラップで底力を問われる流れ。

2007年10月21日(日) 3回福島2日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 福島民友カップ
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝 1200m 16頭立
①サープラスシンガー 1.09.3 3人 (1-1) pci:38.7
②クーヴェルチュール 1.09.5 1人 (3-2) pci:39.6
③アルーリングボイス 1.09.7 4人 (4-4) pci:39.6
⑧リキアイタイカン 1.10.0 10人 (14-13) pci:43.8
⑨コパノフウジン 1.10.1 6人 (6-4) pci:38.7
⑮ロイヤルキャンサー 1.10.6 14人 (14-13) pci:41.1
⑯ダイワメンフィス 1.10.9 12人 (2-2) pci:32.7

11.9-10.6-11.3-11.6-11.4-12.5
(33.8-35.5=1.09.3)
力の要す馬場で、結局前が流れ込む展開。
リキアイタイカン…向こう正面で窮屈な場面。一発狙いが今回は嵌る可能性が無くはない。

2007年 9月30日(日) 4回中山8日 天候: 雨 馬場状態:不良
11R 第41回スプリンターズS
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1200m 16頭立
①アストンマーチャン 1.09.4 3人 (1-1) pci:31.9
②サンアディユ 1.09.5 1人 (2-3) pci:34.2
③アイルラヴァゲイン 1.09.6 5人 (2-2) pci:33.7
⑩ペールギュント 1.10.1 9人 (12-12) pci:36.0
⑬アグネスラズベリ 1.10.3 10人 (15-15) pci:40.6

12.0-10.3-10.8-11.1-12.0-13.2
(33.1-36.3=1.09.4)
猛烈にテンが速くなったが、不良馬で差し馬も速い脚が使えず、結局前が残る展開。今回のレースとは適正が対極とも言えるレースで、ノーカウント。

2007年 9月30日(日) 4回阪神8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
10R 元町S
3歳以上・1600万下(ハンデ) (混)[指定] 芝 1200m 16頭立
①ニホンピロブリュレ 1.08.9 11人 (14-13) pci:52.0
②サンクスアロット 1.08.9 7人 (16-15) pci:55.1
③プリンセスルシータ 1.09.0 8人 (12-9) pci:47.6
⑥クールシャローン 1.09.3 10人 (3-4) pci:40.5

12.2-10.6-11.0-11.2-11.4-12.5
(33.8-35.1=1.08.9)
上がりがかかり、差し馬台頭の流れ。
プリンセスルシータ…3着内の馬では4角で最も前にいた分、上位2頭には屈する展開のあや。

2007年 9月 9日(日) 4回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第21回セントウルS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 1200m 16頭立
①サンアディユ 1.07.1 11人 (1-2) pci:46.1
②カノヤザクラ 1.07.9 7人 (10-8) pci:47.1
③キンシャサノキセキ 1.07.9 1人 (7-7) pci:46.1
⑤アイルラヴァゲイン 1.08.0 3人 (2-2) pci:42.8
⑨アグネスラズベリ 1.08.4 2人 (7-8) pci:43.7

12.2-10.5-10.7-10.9-11.1-11.7
(33.4-33.7=1.07.1)
アグネスラズベリ…終始、外を回る。


【結論】
◎プリンセスルシータ
○ペールギュント
△ファイングレイン
×アグネスラズベリ、ロイヤルキャンサー、リキアイタイカン、サイキョウワールド、テイエムアクション

馬連F:◎,○-◎,○,△,×(13点)
ワイド:○-×(5点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


8:30現在、こちら近畿地方の平野部でも雪が散らついております。
京都競馬で本日の勝負をお考えの方は、雪に注意をば!!

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月 3日(土) 1回東京3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 2000m 13頭立
①ネヴァブション 1.58.3 1人 (10-10-8) pci:52.8
②ジャリスコライト 1.58.4 3人 (11-10-10) pci:53.7
③コスモテナシャス 1.58.6 10人 (2-2-2) pci:46.5
12.8-11.4-11.3-11.3-11.8-12.3-12.0-11.3-11.8-12.3
(35.5-47.4-35.4=1.58.3)

2006年 2月 4日(土) 1回東京3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 2000m 14頭立
①エアシェイディ 2.01.3 4人 (4-3-3) pci:64.1
②コスモオースティン 2.01.3 9人 (1-1-1) pci:61.9
③ナイトフライヤー 2.01.4 10人 (7-6-7) pci:65.8
12.9-12.2-12.1-12.3-12.6-12.7-12.3-11.3-11.3-11.6
(37.2-49.9-34.2=2.01.3)

2005年 2月 5日(土) 1回東京3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 2000m 13頭立
①アルスブランカ 2.01.0 5人 (8-4-3) pci:63.5
②ピサノクウカイ 2.01.0 1人 (1-1-1) pci:61.3
③ユキノサンロイヤル 2.01.2 4人 (12-10-8) pci:64.7
13.1-11.5-12.2-12.5-12.6-12.4-12.5-11.3-11.2-11.7
(36.8-50.0-34.2=2.01.0)

2004年 2月 7日(土) 1回東京3日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (混)[指定] 芝 2000m 13頭立
①カナハラドラゴン 1.58.9 1人 (7-6-5) pci:53.3
②ヤマノブリザード 1.58.9 2人 (4-3-3) pci:51.2
③アルスブランカ 1.59.0 4人 (8-8-8) pci:54.2
12.9-11.8-11.6-11.8-12.1-11.8-11.5-11.4-11.7-12.3
(36.3-47.2-35.4=1.58.9)

2002年 2月 2日(土) 2回東京3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (混)[指定] 芝 2000m 14頭立
①コイントス 2.01.0 4人 (5-4-5) pci:60.5
②ゴーステディ 2.01.0 1人 (2-2-2) pci:53.4
③トーホウスパーク 2.01.2 5人 (6-6-4) pci:58.0
12.9-11.5-11.5-12.4-12.6-12.3-11.9-11.7-12.1-12.1
(35.9-49.2-35.9=2.01.0)

直線の長いコースにありがちな上がりだけの競馬になる年もあれば、東京中距離上級クラスらしく中盤が締まった底力を問われる流れになる年もある。今回のメンバー構成でどちらの流れに取るかが、第一のキーポイント。

ヨイチサウスがハナを切るなら、テンが緩むことはない。番手に控える初ブリンカー着用のサンチェッペリンは切れ味勝負に持ち込みたくないクチであるので、究極の上がり勝負となる可能性は低く、東京上級クラスらしい底力を程よく問われる流れを想定する。狙いは無難に先行・差し馬を軸とするが、テンが猛烈に速くなった場合も勘案して、追込馬もヒモに散りばめてみたい。
また、スタート後、すぐカーブに差し掛かる東京10Fでは距離損の大きい外枠はどうしても敬遠したくなるので、軸馬は内~中枠の馬から抜擢したい。


【前哨戦分析】
2008年 1月19日(土) 1回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ニューイヤーS
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 16頭立
①マルカシェンク 1.33.4 1人 (1-1-1) pci:44.6
②マヤノライジン 1.33.5 2人 (5-5-5) pci:48.6
③ゴールドアグリ 1.33.8 9人 (9-12-12) pci:52.6
⑥タガノデンジャラス 1.34.0 7人 (5-5-5) pci:45.5
⑫メテオバースト 1.34.4 3人 (9-7-8) pci:45.1

12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-11.8-11.5-12.0
(34.7-23.4-35.3=1.33.4)
中山らしい緩みの無い一貫した流れ。
ゴールドアグリ…流れに乗れず、4角12番手と致命的な位置から内有利の馬場状態であるにも関わらず、外から長く良い脚を使い差し込む。今回距離延長で追走が楽になるし、前走の決め手があれば東京変わりはプラスに働きそう。初距離となる10Fがどうかだが、それほど人気にならなそうなので、こなす方に取って妙味を追うほうにお得感を感じる。

2008年 1月 5日(土) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第57回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 16頭立
①アドマイヤフジ 2.00.7 3人 (3-4-3-2) pci:57.7
②エアシェイディ 2.01.0 2人 (12-8-7-5) pci:58.3
③メイショウレガーロ 2.01.0 9人 (1-1-1-1) pci:54.1
⑤グラスボンバー 2.01.1 14人 (9-8-10-10) pci:59.3
⑫ヤマニンアラバスタ 2.01.5 11人 (15-15-13-13) pci:58.6
⑬トウショウヴォイス 2.01.5 12人 (5-7-7-10) pci:56.5

12.4-11.4-13.3-12.5-12.4-11.9-11.9-11.4-11.0-12.5
(37.1-48.7-34.9=2.00.7)
中山10Fでの重賞とは思えない、テン・中盤とも緩んだ上がりの競馬。
グラスボンバー…このスローペースを4角10番手と致命的な位置で、外から鋭く差し込む。高齢馬ではあるが、完全に復調気配とも取れるフラグで東京変わりなら触手が動く。

2007年12月15日(土) 5回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ディセンバーS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝 1800m 16頭立
①サイレントプライド 1.47.3 1人 (3-3-3-3) pci:51.4
②スターイレブン 1.47.9 10人 (8-9-9-8) pci:58.0
③コスモマーベラス 1.47.9 3人 (5-5-5-5) pci:54.3
⑥ブラックカフェ 1.48.1 4人 (11-11-11-10) pci:58.5
⑧グラスボンバー 1.48.5 5人 (16-16-13-12) pci:58.7
⑯ヨイチサウス 1.50.1 8人 (1-1-1-2) pci:26.0

12.6-11.2-11.6-11.4-11.3-12.0-12.3-12.3-12.6
(35.4-34.7-37.2=1.47.3)
先頭2騎が飛ばし、テン・中盤ともかなり速い前傾ラップとなったが、3番手以降は大きく離れた平均ペース。
ブラックカフェ…切れる脚を一瞬だけ使うタイプで、道中緩んだ上がりのレースか、小回りコースの方が合う。道中、脚を使わされるこんなペースは合わないし、長く良い脚を使うことが問われる東京コース変わりもいかにも合わなそう。

2007年11月23日(祝) 5回東京9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R キャピタルS
3歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 18頭立
①キンシャサノキセキ 1.32.8 2人 (4-3) pci:52.1
②エアシェイディ 1.32.9 1人 (14-12) pci:60.6
③マイネルスケルツィ 1.32.9 5人 (5-5) pci:54.0
⑦トウショウヴォイス 1.33.7 8人 (14-15) pci:57.2
⑧ブラックカフェ 1.33.7 10人 (13-12) pci:55.6
⑪ヨイチサウス 1.34.2 16人 (3-3) pci:45.3

12.4-10.8-11.2-11.8-11.8-11.3-11.3-12.2
(34.4-23.6-34.8=1.32.8)
テン速く、中盤はやや緩んだメリハリのあるラップで、基本的に先行馬有利の流れ。

2007年11月10日(土) 3回福島7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回福島記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 2000m 16頭立
①アルコセニョーラ 2.00.6 5人 (13-13-13-12) pci:52.6
②ナリタプレリュード 2.00.9 16人 (11-11-9-7) pci:48.4
③ヤマニンメルベイユ 2.00.9 9人 (6-4-3-2) pci:45.1
④グラスボンバー 2.01.0 12人 (11-11-12-9) pci:49.3
⑫オースミグラスワン 2.02.4 15人 (16-16-13-14) pci:44.2
⑭ヨイチサウス 2.02.5 8人 (1-1-1-1) pci:36.4

12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
(35.7-48.4-36.5=2.00.6)
福島10Fらしいテン速く中盤も緩まない、底力を問われる流れ。
ヤマニンメルベイユ…4角2番手と上位入線馬の中では最も前に位置取る厳しい競馬。小回りコースでの底力は認めるも、東京コースで問われる一定の瞬発力には疑問が残る。

2007年11月 3日(祝) 5回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R カシオペアS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 17頭立
①サクラメガワンダー 1.45.3 1人 (3-4) pci:53.2
②ブラックカフェ 1.45.5 12人 (13-13) pci:59.1
③メテオバースト 1.45.6 7人 (10-10) pci:54.7

12.6-11.2-11.4-11.6-12.1-11.8-11.1-11.8-11.7
(35.2-35.5-34.6=1.45.3)
京都9F外回りにしては珍しく、テン・中盤ともそれほど緩まず底力を問われる流れ。
ブラックカフェ・メテオバースト…どちらも一発狙いの後方待機が巧く嵌った感。今回もこの戦法に徹する可能性は高く、ヒモ候補。


【結論】
◎ゴールドアグリ
△サンツェッペリン
×ブラックカフェ、グラスボンバー、オースミグラスワン、メテオバースト

単勝:◎(1点)
馬連:◎-△、×(5点)
ワイド:◎-×(4点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


てか、京都5R・7Rの芝レースが、ダートにコース変更されとるし。
みなさん、開催情報には細心のご注意を!!
このレースもダートに変わったりせんやろなw

【前日馬場傾向】
前日の古馬1000万下6F戦の勝ちタイムが1.09.4と連続開催の影響で時計が掛かっている。ただ、今週はB→Cコース変わりで内の芝が良いので、時計の掛かる割には差し馬が大きく有利というわけではなく、逃げ・差し互角のレベル程度と取りたい。
血統面からはグラスワンダー・シンボリクリスエス産駒のロベルト系が芝4Rで4連対。人気が11,3,2,10と人気薄も台頭している。また、大荒れとなった10R(芝6F)の勝ち馬はパラダイスクリーク×シェリフズスターというかなり重い系統。総じて、パワーを要す馬場でヨーロピアンの台頭できる馬場であるので、スピード勝負で苦杯を舐めてきた重い芝巧者の穴馬に狙いが立つ。日曜早朝現在で京都は小雪が待っているようで、当然、馬場への影響がありそうで、馬場の渋化に拍車がかかるのは狙いのベクトルと合っており好材料。


【展開予想】
シェルズレイがすんなりハナを切れそう。人気馬に差し馬が多く、脚を溜めて長い直線での決め手勝負に持ちたい思惑を逆手にとり、パワー型の前残りを狙ってみたい。


【結論】
◎シェルズレイ…道悪馬場未経験も、クロフネ産駒で血統的には逆にプラスに働く可能性がある。速い時計に対応してきた実績もあるが、血統面からは逆にパワー型の伸びしろも大きそうで、時計のかかる馬場も大丈夫と取りたい。折り合いに難のあるタイプでコンスタントに力は出せないが、1F短縮と、ハナをすんなり取れそうなメンバー構成はプラスに働くはず。クラシックを賑わした馬で素質は間違いなく重賞級なのに、人気になっては飛んできた戦跡に嫌気を差されたのか、今回は不当なまでの低評価。こんなに妙味あるなら、この馬の単複だけで勝負したい。

単勝:◎
複勝:◎
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


東京開催は雪のため中止ですって∑( ̄□ ̄;)ガーン

激しく眠気に襲われ、今日の東京新聞杯はパス。
この分の予算は明日の2重賞に回すことにしよう。まずは、ダートの方の予想から。

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 1月28日(日) 1回東京2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第21回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立
①ビッググラス 1.23.5 11人 (10-8)
②シーキングザベスト 1.23.7 1人 (4-4)
③ニホンピロサート 1.23.7 12人 (14-12)
12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9
(23.3-34.6-25.6=1.23.5)

2006年 1月29日(日) 1回東京2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第20回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立
①リミットレスビッド 1.23.7 6人 (7-6)
②タイキエニグマ 1.24.0 3人 (14-12)
③トウショウギア 1.24.0 4人 (4-4)
12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5
(23.0-36.0-24.7=1.23.7)

2005年 1月29日(土) 1回東京1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第19回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立
①メイショウボーラー 1.23.0 1人 (1-1)
②ハードクリスタル 1.24.1 9人 (4-4)
③エコルプレイス 1.24.2 5人 (4-4)
12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1
(23.4-35.8-23.8=1.23.0)

2004年 1月31日(土) 1回東京1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第18回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1400m 16頭立
①シャドウスケイプ 1.24.0 7人 (12-11)
②ヒューマ 1.24.3 10人 (13-14)
③ノボトゥルー 1.24.3 3人 (13-13)
12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7
(23.2-36.0-24.8=1.24.0)

2002年 1月26日(土) 2回東京1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第16回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1400m 14頭立
①サウスヴィグラス 1.22.8 6人 (2-2)
②ノボトゥルー 1.23.1 5人 (8-6)
③ワシントンカラー 1.23.4 9人 (6-5)
12.5-10.7-11.2-11.8-11.9-12.1-12.6
(23.2-34.9-24.7=1.22.8)

中盤3F~5Fが3~4角にあたるが、07年,02年は中盤が速くなったように、先行争いが長引くようであれば、大回りのコーナーを利してスピードを落とさずラップが締まり、後方馬の台頭もありえる。
今年のメンバーを見ると、大外枠のタイセイアトムがハナにこだわりそうだが、テンのスピードのあるシルヴァーゼットが内にいるため、すんなりハナとはいかなそう。14コースらしく3角までの距離が短いのでタイセイは更に脚を使う必要があり、テンが速くなりそう。また、番手に控える先行馬にトウショウギア・マイネルスケルツィなど豊富で、中盤を緩めてくれることもなさそう。となれば、後方待機馬でも十分間に合いそうな流れになりそうなので、穴目の追込馬を数多くヒモに取り入れて馬券を組み立ててみたい。

【前哨戦分析】
2008年 1月13日(日) 1回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回ガーネットS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(指定) ダート 1200m 16頭立
①タイセイアトム 1.10.4 3人 (1-1)
②スリーアベニュー 1.10.7 1人 (12-11)
③シアトルバローズ 1.10.8 8人 (6-4)
⑬ノボトゥルー 1.11.7 16人 (15-16)
⑯トウショウギア 1.12.6 4人 (2-4)

12.0-10.3-10.8-11.4-12.2-13.7
(33.1-37.3=1.10.4)
中山6Fはデフォルトでテンの速いコースであるが、それより更に前傾化した流れ。あまりのハイラップのため、逆に後方馬も脚を使ってしまう流れとなり、結局、テンのスピードを問われる結果になった。
タイセイアトム…自ら猛ラップを演出したスピードはかなりのものだが、スプリンターの証明をした結果で1F延長はいかにも厳しい。
トウショウギア…苦手な右回りの影響が、もろに出た模様。

2008年 1月 6日(日) 1回京都2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 門松S
4歳以上・オープン(別定) (混)[指定] ダート 1400m 16頭立
①トラストジュゲム 1.23.9 7人 (12-14)
②スリープレスナイト 1.24.0 2人 (12-10)
③トーセンブライト 1.24.0 3人 (9-5)
⑧エイシンロンバード 1.24.4 6人 (15-14)

12.0-11.0-12.0-12.1-12.0-12.2-12.6
(23.0-36.1-24.8=1.23.9)
中盤がやや緩み、この距離にしては速い上がりを出しやすくなり、瞬発力のある差し・追込馬が台頭できる流れ。
トラストジュゲム…中盤が緩んだところで脚を溜め、最後の瞬発力に繋げた。7F戦で中盤締まったときの底力勝負は未だ経験したことがなく、今走の想定している流れには戸惑う可能性がありそう。
トーセンブライト…終始外を回り、4角5番手と早めに仕掛けたこともあり最も厳しい競馬となって0.1秒差なら上出来。前走から2kg減となり斤量を気にせず受けに回れる今回はさらに前進見込めそうで、妙味感じる。

2007年12月 9日(日) 5回阪神4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ギャラクシーS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) ダート 1400m 16頭立
①マイネルスケルツィ 1.22.4 3人 (4-3)
②スリープレスナイト 1.22.5 4人 (11-12)
③トーセンザオー 1.23.0 15人 (4-5)
⑤トーセンブライト 1.23.1 1人 (11-9)
12.1-10.5-11.2-11.6-12.1-12.2-12.7
(22.6-34.9-24.9=1.22.4)
テン・中盤とも速い前傾ラップで、前の馬には相当きつい流れ。
マイネルスケルツィ…スタートが芝となる阪神7Fで、芝適正に物を言わせ先行できた感。ただ、前に相当きつい流れをしのぎきったものだけに、相当な底力があることを証明。
トーセンブライト…直線で不利。

2007年11月18日(日) 5回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 霜月S
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) ダート 1400m 16頭立
①アドマイヤスバル 1.22.8 2人 (3-3)
②トウショウギア 1.22.8 4人 (9-6)

③クィーンオブキネマ 1.23.1 10人 (5-5)
⑨ビッググラス 1.23.6 1人 (10-10)
12.4-11.1-11.5-11.8-11.7-12.0-12.3
(23.5-35.0-24.3=1.22.8)
テンが緩く、やや上がりに偏重した流れ。
アドマイヤスバル…展開と斤量利による好走だけに、流れの向かない今走は厳しそう。
トウショウギア…中盤溜める競馬ができたのは大きな収穫。この競馬が今回もできるなら、東京コースでは当然見直し要。

2007年10月31日 (水)第7回 JBCスプリントJpnI 大井 第10競走 ダート 1200m (外コース・右) 天候:曇 馬場:良
①フジノウェーブ 1:11:0 7人 (4-4-4)
②プリサイスマシーン 1:11:0 3人 (2-2-2)
③アグネスジェダイ 1:11:1 4人 (1-1-1)
④リミットレスビッド 1:11:3 2人 (4-5-5)
⑧メイショウバトラー 1:11:7 1人 (6-6-7)
⑩ノボトゥルー 1:12:1 12人 (15-15-14)

12.3-10.7-11.3-12.1-11.8-12.8
(34.3-36.7=1:11:0)
このクラスにしては、テンがそれほどでもなく、その分上がりが速くなった。

2007年10月27日(土) 4回東京8日 天候: 雨 馬場状態:不良
11R 第12回東京中日スポーツ杯武蔵野S
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1600m 14頭立
①エイシンロンバード 1.35.5 9人 (1-1)
②ワイルドワンダー 1.35.6 1人 (6-4)
③トーセンブライト 1.35.8 6人 (8-7)
⑥カフェオリンポス 1.36.1 8人 (6-7)
⑦ビッググラス 1.36.3 7人 (12-11)

12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
(35.3-24.5-35.7=1.35.5)
テン・中盤とも遅く、不良馬場で時計も速いため前に有利な流れ。
エイシンロンバード…流れ・馬場とも相当恵まれた。

2007年10月3日 (水) 第41回 東京盃JpnII 大井 第11競走 ダート 1200m (外コース・右) 天候:曇 馬場:重
①リミットレスビッド 1:11:3 2人 (6-8-6)
②メイショウバトラー 1:11:4 1人 (8-6-5)

③ベルモントサンダー 1:11:5 5人 (8-8-8)
⑥トウショウギア 1:11:8 3人 (6-1-1)
12.3-10.5-11.5-12.1-12.1-12.8
(34.3-37.0=1:11:3)
それなりにテンが速く、差しの届く流れ。


【結論】
◎トーセンブライト
△ワイルドワンダー、リミットレスビット、トウショウギア
×カフェオリンポス、ビッググラス

単勝:◎
馬連:◎-△,×(5点)
ワイド:◎-×(2点)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。