ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


高松宮記念はトラックバイアスのみでの予想の方が、費用対効果が良さそうなので馬場状態を見ながらの参戦となりそう。とりあえず、最悪の最内枠に入ったスズカフェニックスの消しのみ決定しています(。-∀-) ニヒ♪
マーチSはなかなか予想しがいのあるメンバーで、こちらを熟考。


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月25日(日) 3回中山2日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第14回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①クワイエットデイ 1.51.4 9人 (15-15-13-7) pci:39.7
②トーセンブライト 1.51.6 8人 (6-6-5-6) pci:35.7
③ヒカルウイッシュ 1.51.6 4人 (13-14-13-10) pci:39.5
12.1-11.3-12.0-12.3-12.1-12.5-12.9-12.8-13.4
(35.4-36.9-39.1=1.51.4)

2006年 3月26日(日) 3回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第13回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(指定) ダート 1800m 13頭立
①ヒシアトラス 1.51.4 2人 (3-3-4-2) pci:46.9
②プライドキム 1.51.5 10人 (2-2-2-1) pci:45.1
③ベラージオ 1.51.9 7人 (6-6-6-7) pci:46.0
12.2-11.5-12.3-12.7-12.3-12.6-12.9-11.9-13.0
(36.0-37.6-37.8=1.51.4)

2005年 3月27日(日) 3回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)(指定) ダート 1800m 16頭立
①クーリンガー 1.52.0 6人 (3-3-2-3) pci:42.9
②サミーミラクル 1.52.0 8人 (16-16-15-14) pci:52.3
③ユートピア 1.52.2 3人 (2-2-2-1) pci:42.0
12.3-11.1-12.6-13.0-12.5-12.5-12.5-12.5-13.0
(36.0-38.0-38.0=1.52.0)

2004年 3月28日(日) 3回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第11回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)(指定) ダート 1800m 13頭立
①アンドゥオール 1.53.0 4人 (6-6-9-6) pci:51.1
②プリサイスマシーン 1.53.2 1人 (1-2-1-1) pci:46.9
③アグネスアラシ 1.53.6 8人 (3-3-3-2) pci:46.4
12.9-11.5-12.9-12.9-12.5-12.8-12.7-12.2-12.6
(37.3-38.2-37.5=1.53.0)

2003年 3月30日(日) 4回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第10回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)(指定) ダート 1800m 16頭立
①スマートボーイ 1.52.0 4人 (1-1-1-1) pci:32.9
②ワンモアマイライン 1.52.1 10人 (11-11-11-6) pci:41.2
③クーリンガー 1.52.1 7人 (2-2-2-2) pci:33.7
12.2-11.1-12.4-12.3-12.1-12.4-12.8-13.0-13.7
(35.7-36.8-39.5=1.52.0)

13頭立てで行われた06年・04年は中盤緩み上がりが速くなり、前に有利な流れ。16頭立てで行われた年の中でも08年・03年は前傾ラップとなり、人気薄の差し馬が台頭した。

変わって今年の場合、16頭のフルゲートでサンツェッペリンが何が何でもハナへ行くとの逃げ宣言。楽にハナに行けるだけのスピードがあるとは思えず、番手から前を執拗に追いかけてハナに立つ場面が思い浮かび、ペースは否応にも速くなりそう。
ならば、狙いは前傾ラップの年に台頭する底力に長けた差し馬で、妙味を感じる馬を狙ってみたい。


【前哨戦分析】
2008年 3月 9日(日) 1回阪神4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 仁川S
4歳以上・オープン(ハンデ) (国際)[指定] ダート 2000m 16頭立
①フィフティーワナー 2.05.1 1人 (3-3-3-2) pci:53.4
②ドンクール 2.05.3 5人 (5-5-4-2) pci:52.4
③ブラックランナー 2.05.5 2人 (11-12-7-6) pci:52.8
④アドマイヤミリオン 2.05.8 8人 (7-7-4-5) pci:50.7
⑯カフェオリンポス 2.07.6 7人 (13-13-8-11) pci:45.9

12.2-11.8-12.2-14.1-12.8-12.8-12.6-11.8-12.0-12.8
(36.2-52.3-36.6=2.05.1)
テン・中盤とも緩み上がりが速くなった分、前に有利な流れ。
ブラックランナー・アドマイヤミリオン…流れが落ち着いたにしては捲りぎみに上がって行き、ある程度差し込めた点は評価。

2008年 2月24日(日) 1回東京8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第25回フェブラリーS
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 1600m 16頭立
①ヴァーミリアン 1.35.3 1人 (5-3) pci:45.4
②ブルーコンコルド 1.35.6 7人 (4-3) pci:44.1
③ワイルドワンダー 1.35.9 3人 (8-7) pci:44.2
⑨ドラゴンファイヤー 1.37.1 6人 (14-14) pci:43.8
⑬ビッググラス 1.37.8 16人 (5-3) pci:34.0

12.4-10.9-11.5-11.9-12.4-12.4-11.7-12.1
(34.8-24.3-36.2=1.35.3)
一貫した流れでG1らしい底力を問われる流れ。
ドラゴンファイヤー…この流れで脚を溜めれなかった分、伸び切れなかったとの騎手の弁。厳しい流れで差し込める底力の証明は薄い。

2008年 2月 4日(月) 1回東京2日 天候: 晴 馬場状態:不良
11R 第22回根岸S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1400m 16頭立
①ワイルドワンダー 1.22.7 1人 (11-8) pci:45.3
②タイセイアトム 1.22.9 5人 (1-1) pci:38.1
③アドマイヤスバル 1.23.0 3人 (13-13) pci:46.4
⑤カフェオリンポス 1.23.1 15人 (11-8) pci:42.7
⑩レオエンペラー 1.23.6 7人 (5-6) pci:39.7
⑭ビッググラス 1.24.6 13人 (8-13) pci:40.0

12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5
(22.9-35.3-24.5=1.22.7)
一貫した流れ。
アドマイヤスバル…不利がありながら、この流れを差し込んできた底力は立派。
カフェオリンポス…この流れで差し込んでくる底力はG1でも良いところを見せてきた馬だけに納得できる。前走の大敗が煙幕となり全く人気にならなそうなので、妙味はある。

2008年 1月27日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第15回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①クワイエットデイ 1.51.0 6人 (6-4-3-3) pci:46.0
②メイショウトウコン 1.51.0 1人 (13-13-10-8) pci:51.5
③マコトスパルビエロ 1.51.0 5人 (3-3-3-3) pci:46.0
⑥ボンネビルレコード 1.51.3 11人 (8-8-9-8) pci:49.4
⑨ドラゴンファイヤー 1.51.5 2人 (11-12-14-13) pci:51.9
⑪アドマイヤミリオン 1.51.8 10人 (4-4-5-5) pci:44.4

12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
(36.1-37.5-37.4=1.51.0)
テン・中盤ともやや速い一貫したラップ。
マコトスパルビエロ…前に厳しい流れでも崩れない底力は立派。
ボンネビルレコード…それなりに伸びてきた点は、それなりに評価。

2007年12月 8日(土) 5回中山3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 師走S
3歳以上・オープン(ハンデ) (混)(特指) ダート 1800m 16頭立
①サイレンスボーイ 1.51.9 14人 (1-1-1-1) pci:42.0
②フェラーリピサ 1.52.1 1人 (3-3-3-2) pci:42.5
③サヨウナラ 1.52.3 6人 (13-14-14-11) pci:47.5
⑤ボンネビルレコード 1.52.3 7人 (7-6-6-4) pci:44.2
12.8-11.5-12.5-12.6-12.3-12.2-12.1-12.6-13.3
(36.8-37.1-38.0=1.51.9)
平均的なラップで距離損のない分、先行有利。
ボンネビルレコード…トップハンデで捲り気味に差し込んできた力は中々。

2007年11月24日(土) 5回東京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第8回ジャパンカップダート
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 2100m 16頭立
①ヴァーミリアン 2.06.7 1人 (11-11-9-7) pci:46.6
②フィールドルージュ 2.06.9 6人 (10-9-7-7) pci:45.1
③サンライズバッカス 2.07.5 7人 (14-14-12-10) pci:44.3
⑥ドラゴンファイヤー 2.07.9 2人 (13-13-12-10) pci:42.5
⑭ボンネビルレコード 2.12.0 14人 (8-12-12-14) pci:29.5
⑯カフェオリンポス 2.14.0 16人 (5-6-9-14) pci:22.0

7.1-10.7-11.9-11.7-11.5-11.9-12.6-12.3-12.5-12.0-12.5
(41.4-48.3-37.0=2.06.7)
00年~06年JCDラップ平均(02年中山開催除く)が、(41.7-48.9-37.3=2.07.9)。高速馬場となった今年と比較すると、テン・上がりが0.3秒速いのに対して中盤は0.6秒速く、中盤が締まった底力を問われるレースとなった。
ドラゴンファイヤー…このメンバーでここまでやれたのは、それなりに底力を評価。

2007年11月18日(日) 5回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 霜月S
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) ダート 1400m 16頭立
①アドマイヤスバル 1.22.8 2人 (3-3) pci:45.7
②トウショウギア 1.22.8 4人 (9-6) pci:49.8
③クィーンオブキネマ 1.23.1 10人 (5-5) pci:45.9
⑨ビッググラス 1.23.6 1人 (10-10) pci:49.3
⑭サイレンスボーイ 1.24.3 16人 (15-16) pci:51.0

12.4-11.1-11.5-11.8-11.7-12.0-12.3
(23.5-35.0-24.3=1.22.8)
テンが緩く、やや上がりに偏重した流れ。
アドマイヤスバル…展開と斤量に恵まれた。

2007年10月27日(土) 4回東京8日 天候: 雨 馬場状態:不良
11R 第12回東京中日スポーツ杯武蔵野S
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1600m 14頭立
①エイシンロンバード 1.35.5 9人 (1-1) pci:47.5
②ワイルドワンダー 1.35.6 1人 (6-4) pci:50.0
③トーセンブライト 1.35.8 6人 (8-7) pci:49.8
⑤イブロン 1.35.9 4人 (4-4) pci:47.8
⑥カフェオリンポス 1.36.1 8人 (6-7) pci:48.4
⑦ビッググラス 1.36.3 7人 (12-11) pci:49.7
⑩サイレンスボーイ 1.37.2 14人 (4-4) pci:42.0

12.7-10.8-11.8-12.1-12.4-12.0-11.7-12.0
(35.3-24.5-35.7=1.35.5)
テン・中盤とも遅く、不良馬場で時計も速いため前に有利な流れ。

2007年 9月17日(祝) 2回札幌4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第12回エルムS
3歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1700m 13頭立
①メイショウトウコン 1.43.3 2人 (10-9-8-3) pci:61.3
②マコトスパルビエロ 1.43.9 3人 (2-2-2-1) pci:54.4
③ロングプライド 1.43.9 1人 (4-4-3-5) pci:55.9
④イブロン 1.44.1 7人 (3-3-3-3) pci:54.9
6.9-11.4-12.1-12.3-12.8-12.6-12.1-11.3-11.8
(42.7-25.4-35.2=1.43.3)
04年~06年エルムSラップ平均が(41.9-24.9-36.9=1.43.7)。馬場が速く、時計こそ平均を超えたレースではあるが、テン・中盤ともに緩んだ流れで瞬発力を問われる流れ。


【結論】
前哨戦分析で振り返ったレースでは、それほど触手の動く馬がいなかったので、下級クラスで格負けしないラップを踏んできた昇り馬3頭に重い印を打ち、差し決着を期待。
◎パレスショットガン
○ナナヨーヒマワリ
▲ブラックランナー
×アドマイヤミリオン、カフェオリンポス、ボンネビルレコード

ワイドF:◎,○,▲→◎,○,▲,×(12点)
馬単F:◎,○,▲→◎,○,▲,×(15点)
スポンサーサイト
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


無性にダビスタがやりたくなって、夜遅くまでPSP版をやってたらチト朝寝しすぎた。
昨日気づいたんだけど、ダビスタってほとんどのレースで上がりのかかることが多く底力勝負となってる模様で、キレキレ瞬発力勝負って見たこと無い。6月にDS版で最新作がでるようだけど、この辺りが改善されて流れに幅がでてペース適正・展開の恩恵具合が明確になれば、ラップ派ゲーマーには馬鹿ウケ間違いなしなんだが。


【過去傾向分析/展開予想】
阪神外回り9F戦で行われた毎日杯は昨年の1回のみなので、同コースで行われた3歳以上のオープンクラスのレースまで分析を広げて見る。

2007年 3月24日(土) 2回阪神1日 天候: 雨 馬場状態:稍重
11R 第54回毎日杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 14頭立
①ナムラマース 1.48.0 1人 (8-9) pci:61.3
②ヒラボクロイヤル 1.48.2 6人 (12-10) pci:61.1
③ニュービギニング 1.48.4 4人 (14-13) pci:63.1
12.6-10.8-11.4-13.0-13.0-12.7-11.5-11.0-12.0
(34.8-38.7-34.5=1.48.0)

2008年 3月15日(土) 1回阪神5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 大阪城S
4歳以上・オープン(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1800m 16頭立
①オースミグラスワン 1.46.1 2人 (15-14) pci:57.4
②マヤノライジン 1.46.2 5人 (6-5) pci:.49.5
③パーフェクトジョイ 1.46.6 4人 (11-11) pci:51.9
12.6-11.0-11.3-12.2-11.9-11.8-11.9-11.3-12.1
(34.9-35.9-35.3=1.46.1)

2007年12月 8日(土) 5回阪神3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第60回鳴尾記念
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 16頭立
①ハイアーゲーム 1.47.5 8人 (3-3) pci:60.1
②エイシンデピュティ 1.47.5 3人 (1-1) pci:58.6
③アドマイヤフジ 1.47.6 5人 (13-12) pci:64.3
12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
(35.9-37.4-34.2=1.47.5)

2007年 9月16日(日) 4回阪神3日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第25回関西テレビ放送賞ローズS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1800m 14頭立
①ダイワスカーレット 1.46.1 1人 (1-1) pci:59.8
②ベッラレイア 1.46.2 2人 (5-5) pci:63.2
③レインダンス 1.46.3 3人 (3-3) pci:60.3
12.9-11.1-11.6-12.4-12.4-12.1-11.2-11.0-11.4
(35.6-36.9-33.6=1.46.1)

2007年 3月10日(土) 1回阪神5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 大阪城S
4歳以上・オープン(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1800m 12頭立
①スーパーホーネット 1.47.2 4人 (7-7) pci:57.8
②ホッコーソレソレー 1.47.2 3人 (5-5) pci:56.3
③ジャリスコライト 1.47.2 2人 (8-7) pci:57.8
12.9-11.2-11.9-12.4-11.9-12.2-11.5-11.2-12.0
(36.0-36.5-34.7=1.47.2)

2006年12月 9日(土) 3回阪神3日 天候:小雨 馬場状態: 良
11R 第59回鳴尾記念
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 17頭立
①サクラメガワンダー 1.46.9 1人 (3-3) pci:63.3
②マルカシェンク 1.47.0 2人 (1-1) pci:61.2
③ホッコーソレソレー 1.47.4 3人 (8-8) pci:63.0
12.5-11.5-11.9-12.8-12.5-12.1-11.3-10.7-11.6
(35.9-37.4-33.6=1.46.9)

直線の長い新潟外回りでも稀に見られる古馬上級クラスでの中盤の締まった底力勝負が、阪神外回りでも見られることがあるが、ほとんどの場合は長い直線を勘案して各馬とも脚を溜めて上がりの競馬となることが多い傾向。

今回のメンバーではクリノダイシスが一人旅で前を飛ばす可能性が高いが、人気が低く他馬がこれに付き合うことは無いため、2番手以降は阪神外回りなりの上がり勝負に徹する可能性が高い。
狙いは4コーナー出口から直線に差し掛かった辺りで急激にスピードアップされるので、ここで置かれることのない瞬発力を持つことは必須で、更に長い直線でも良い脚を使い続けることのできる持続力があればなお良い。脚質的に恵まれるのは逃げ・番手と追込馬。


【前哨戦分析】
2008年 3月 1日(土) 1回阪神1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第17回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 13頭立
①ダンツキッスイ 1.34.6 5人 (1-1) pci:41.3
②エーシンフォワード 1.34.9 9人 (4-7) pci:57.5
③ディープスカイ 1.34.9 10人 (10-9) pci:58.3
⑦オースミスパーク 1.35.1 12人 (12-12) pci:59.7

12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2
(35.2-23.2-36.2=1.34.6)
ラップ的には昨年を上回る前傾ラップであるが、これは大逃げを打ったダンツキッスイが踏んだものであって、2番手以降はこれに付き合うことなく阪神8F外回りなりの上がり勝負に。
ディープスカイ…瞬発力に長けた馬で、このレースでは人気も無く妙味追えたが、今回は人気になりそうで妙味の観点からは薄いが、力は当然、上位。
オースミスパーク…最速上がりを計時してはいるが、スピードアップした地点でついていけず、ワンテンポ遅れた上で良い脚を使ったもので、加速力で劣る面がいただけない。

2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑨サブジェクト 1.48.6 3人 (6-5-6) pci:46.6

12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
マイネルスターリー…流れがかなり向き、底力を問われることになった点も良かった模様。今回とは流れが逆なだけに評価はしづらく、ウチパク乗り替りで大人気必至なら妙味は薄い。

2008年 1月26日(土) 1回京都7日 天候: 曇 馬場状態: 良
9R 若駒S
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①ジュウクリュウシン 2.04.4 4人 (3-3-3-3) pci:62.4
①アインラクス 2.04.4 3人 (5-5-5-5) pci:63.9
③キングスエンブレム 2.04.6 1人 (6-6-6-6) pci:65.0
④ロスペトリュス 2.04.6 5人 (3-3-3-3) pci:61.4
⑥テイエムチーター 2.04.8 9人 (2-2-2-2) pci:58.9

12.8-12.1-13.0-12.9-12.8-12.9-12.5-12.0-11.5-11.9
(37.9-51.1-35.4=2.04.4)
テン・中盤とも遅く、上がりだけの競馬。
ロスペトリュス・テイエムチーター…緩い流れで完全にキレ負け。

2007年12月22日(土) 5回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第24回ラジオNIKKEI杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 13頭立
①サブジェクト 2.07.0 4人 (3-3-3-3) pci:65.5
②サダムイダテン 2.07.0 1人 (12-13-12-11) pci:70.0
③メイショウクオリア 2.07.0 6人 (3-3-3-4) pci:66.2
⑪オリエンタルロック 2.08.3 7人 (10-10-12-11) pci:63.8
12.5-11.6-13.4-13.4-13.6-13.9-13.1-11.5-11.4-12.6
(37.5-54.0-35.5=2.07.0)
テン遅く、中盤が更にとんでもなく遅い上がりに偏重した流れ。
サブジェクト…緩い流れで差しにくい馬場で、前が相当恵まれただけで評価しづらい。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
⑦ヤマニンキングリー 1.34.8 5人 (3-7-6) pci:43.3
⑬サブジェクト 1.35.2 7人 (15-15-15) pci:45.1

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①フローテーション 1.47.9 3人 (4-3) pci:51.4
②ダンツキッスイ 1.47.9 2人 (1-1) pci:47.8
③マイネルスターリー 1.48.0 11人 (10-11) pci:56.0
④サブジェクト 1.48.0 1人 (10-8) pci:55.3
⑧ヤマニンキングリー 1.48.6 5人 (5-5) pci:49.4

13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8=1.47.9)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。

2007年 9月29日(土) 2回札幌7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回札幌2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①オリエンタルロック 1.51.9 6人 (12-14-14-11) pci:49.3
②サブジェクト 1.52.0 1人 (6-8-5-3) pci:44.2

③ホウザン 1.52.1 13人 (9-10-2-2) pci:41.8
⑨ヤマニンキングリー 1.52.7 5人 (6-6-5-8) pci:41.2
⑫マイネルスターリー 1.54.0 9人 (6-6-8-11) pci:37.1

12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
(36.6-37.4-37.9=1.51.9)
テン速く中盤も締まった前傾ラップ。ただ、上位馬がその後のレースで惨敗を繰り返しているだけにレベル的には疑問なレース。


【結論】
◎ディープスカイ
前走・前々走の決め手は秀逸で、人気になるが適正面から◎評価。

△ヤマニンキングリー、ロスペトリュス

×アドマイヤコマンド、マイネルスターリー

馬単:◎→△,×(4点) 的中!! ◎→× 37.8倍
3連単F:◎→△,×→△,×(12点)
ワイド:◎-△(2点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


狙い目が多くて、絞るのも大変∑( ̄□ ̄;)

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月18日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第56回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 11頭立
①フライングアップル 1.49.0 1人 (9-10-11-10) pci:50.4
②マイネルシーガル 1.49.1 3人 (2-2-2-2) pci:44.4
③エーシンピーシー 1.49.2 6人 (3-3-3-4) pci:45.3
12.7-11.6-11.7-11.9-12.0-12.4-12.2-11.9-12.6
(36.0-36.3-36.7=1.49.0)

2006年 3月19日(日) 2回中山8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第55回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①メイショウサムソン 1.48.9 4人 (3-3-2-2) pci:47.3
②フサイチリシャール 1.48.9 1人 (3-3-4-4) pci:48.7
③ドリームパスポート 1.48.9 2人 (14-14-12-10) pci:55.2
13.0-11.9-12.0-11.8-11.6-12.2-12.1-12.0-12.3
(36.9-35.6-36.4=1.48.9)

2005年 3月20日(祝) 2回中山8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第54回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ダンスインザモア 1.47.3 5人 (14-14-10-8) pci:55.8
②ウインクルセイド 1.47.5 8人 (11-12-13-12) pci:57.0
③トップガンジョー 1.47.7 7人 (5-5-4-2) pci:50.9
12.4-11.1-12.2-12.1-11.9-12.2-11.8-11.8-11.8
(35.7-36.2-35.4=1.47.3)

2004年 3月21日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第53回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ブラックタイド 1.48.3 2人 (16-16-15-9) pci:53.0
②キョウワスプレンダ 1.48.5 6人 (14-15-15-11) pci:52.0
③ダイワメジャー 1.48.5 11人 (2-2-2-2) pci:45.7
12.5-11.6-11.9-11.9-11.8-12.4-11.9-12.0-12.3
(36.0-36.1-36.2=1.48.3)

2003年 3月23日(日) 3回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第52回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ネオユニヴァース 1.48.2 2人 (8-8-7-2) pci:56.5
②サクラプレジデント 1.48.4 1人 (4-4-4-4) pci:54.0
③マイネルイェーガー 1.48.8 5人 (7-7-7-7) pci:53.5
12.4-11.1-12.0-12.4-12.2-12.8-12.1-11.6-11.6
(35.5-37.4-35.3=1.48.2)

テンが速く中盤もそこそこで追込の決まった07年・05年・04年。
テンはそこそこで中盤が速く底力を問われることになった06年。
テンは速いが中盤が緩んだ分、やや瞬発力に偏重した流れとなった03年。

今年のメンバーを見渡すとハナに行きそうなのが人気のショウナンアルバと、レッツゴーキリシマ。前者は1番人気が確実で本番に繋がる折り合いの境地を見せておきたいところ、後者はやや長いと思われる距離を勘案して折り合いたいという、お互いに馬の気持ち任せに行かせてしまうことが出来ない立場。よって、テンが猛烈に速くなることは考えづらい。ただ、サンデー無き世代の象徴的なところでもあるように、切れ味比べにしたくない他馬が中盤での緩みを許すはずもなく前2頭は目標にされる分きつく、流れが向くのは先団で展開をコントロールできる立場の馬。狙いは、この辺りに位置取れる先行力と折り合いに問題のない底力上位馬。過去5年では、06年に近い流れか。


【前哨戦分析】
2008年 2月17日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 15頭立
①レインボーペガサス 1.48.8 8人 (7-7) pci:57.9
②スマイルジャック 1.48.9 5人 (6-4) pci:55.9

③ヤマニンキングリー 1.48.9 7人 (11-11) pci:58.9
④レッツゴーキリシマ 1.49.0 3人 (4-4) pci:54.7
⑥アルカザン 1.49.0 2人 (7-7) pci:56.9

12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
(36.1-36.8-35.9=1.48.8)
テンはそこそこ、中盤は過去5年と比べて最も速く、上がりの掛かる底力を問われる流れ。外差し馬場で、長く良い脚を使った馬が上位に入線した。
レインボーペガサス…行きたがる面を見せたがなんとか折り合う。この流れを差しきる底力は評価できる。
スマイルジャック…4角4番手と前に馬にはややきつい流れを粘りこんだ底力と先行力は評価できる。
レッツゴーキリシマ…折り合いでやや難を見せたにしても、4角4番手からここまで粘りこんだ底力は立派。

2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑤サダムイダテン 1.48.0 1人 (11-14-13) pci:53.0
12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
ショウナンアルバ…差し馬が台頭する中、4角4番手から抜け出した底力は認めるも、前走はショウナン僚馬のアシストがあってのもので、今回これほどスムーズな折り合いは期待できない。

2008年 1月26日(土) 1回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 若竹賞
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ショウナンアルバ 1.49.1 4人 (1-1-1-1) pci:44.4
②アサクサダンディ 1.49.2 5人 (9-8-7-5) pci:49.4
③スマイルジャック 1.49.4 1人 (5-5-3-3) pci:45.0

12.1-11.6-11.4-12.7-11.9-12.7-12.7-11.8-12.2
(35.1-37.3-36.7=1.49.1)
テンが猛烈に速く、その分中盤はひと息入ったが、上がりはテンの分だけ掛かり底力を問われる流れ。
ショウナンアルバ…行きたがったので行かせる。この流れでの逃げ切りは底力の証であるものの、折り合いの面に難あり。
アサクサダンディ…流れが向いたにせよ、この流れで差し込めた底力は立派。
スマイルジャック…勝ち馬と0.3秒差は追い不足の影響か。

2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9) pci:53.1
②ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15) pci:57.2
③アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9) pci:53.9

12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)
ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
ベンチャーナイン・アイティトップ…流れが向いての差し込み。ただ、後方からの位置取りでは流れが余程向かないと厳しい。

2008年 1月 6日(日) 1回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R ジュニアカップ
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1600m 13頭立
①スマートファルコン 1.34.1 5人 (10-12-11) pci:53.5
②オーロマイスター 1.34.2 1人 (10-7-8) pci:43.8
③マルターズオリジン 1.34.6 3人 (5-7-6) pci:41.3
⑦アサクサダンディ 1.35.1 2人 (5-5-3) pci:38.4
12.3-10.7-10.7-11.3-12.2-12.4-12.2-12.3
(33.7-23.5-36.9=1.34.1)
テンが猛烈に速く、中盤もそこそこの前傾ラップ。
オーロマイスター…この流れを差し込めた底力は立派で、距離延長で位置取りも前に持って来れそうで、人気落ちの今回なら妙味を感じる。

2007年12月22日(土) 5回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第24回ラジオNIKKEI杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 13頭立
①サブジェクト 2.07.0 4人 (3-3-3-3) pci:65.5
②サダムイダテン 2.07.0 1人 (12-13-12-11) pci:70.0
③メイショウクオリア 2.07.0 6人 (3-3-3-4) pci:66.2
⑧フローテーション 2.07.4 3人 (10-9-9-8) pci:66.3
12.5-11.6-13.4-13.4-13.6-13.9-13.1-11.5-11.4-12.6
(37.5-54.0-35.5=2.07.0)
テン遅く、中盤が更にとんでもなく遅い上がりに偏重した流れ。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
④ドリームシグナル 1.34.1 8人 (9-5-6) pci:45.8
⑪アポロドルチェ 1.35.0 2人 (9-10-8) pci:43.1

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。
レッツゴーキリシマ…マイルをこの流れで前に位置取れるスピードに、今回の距離での折り合いの難しさを感じる。
ドリームシグナル…忙しい流れから差し込んだ底力は立派。

2007年11月17日(土) 5回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(指定) 芝 1800m 15頭立
①フサイチアソート 1.47.4 9人 (9-8-8) pci:58.3
②スズジュピター 1.47.6 3人 (9-9-8) pci:58.1
③スマイルジャック 1.47.6 5人 (5-7-7) pci:56.5
⑥ベンチャーナイン 1.48.1 6人 (15-15-15) pci:60.8

13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
(35.2-37.0-35.2=1.47.4)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
スマイルジャック…4角7番手から差し込んだ底力は立派。

2007年11月10日(土) 5回東京3日 天候:小雨 馬場状態:稍重
11R 第43回京王杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 1400m 15頭立
①アポロドルチェ 1.22.7 1人 (9-9) pci:51.2
②ドリームシグナル 1.23.0 12人 (9-10) pci:50.5
③レッツゴーキリシマ 1.23.0 4人 (1-2) pci:45.6

12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2
(23.3-35.8-23.6=1.22.7)
テン速く一貫したラップで、底力勝負。
アポロドルチェ…この流れを差し切って、ドリームシグナルに0.3秒差は立派。今回人気無く、妙味感じる。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①フローテーション 1.47.9 3人 (4-3) pci:51.4
②ダンツキッスイ 1.47.9 2人 (1-1) pci:47.8
③マイネルスターリー 1.48.0 11人 (10-11) pci:56.0
⑥ベンチャーナイン 1.48.2 4人 (5-5) pci:51.3
13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8=1.47.9)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。
フローテーション…この流れを抜け出した底力&先行力は立派。好時計。

2007年10月20日(土) 4回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R いちょうS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1600m 10頭立
①アロマキャンドル 1.36.2 4人 (2-2) pci:61.3
②スマイルジャック 1.36.2 1人 (5-2) pci:62.1
③アポロドルチェ 1.36.3 3人 (5-5) pci:63.2

12.1-11.5-12.2-12.6-13.1-11.3-11.3-12.1
(35.8-25.7-34.7=1.36.2)
テン遅く、中盤がかなり遅い上がり偏重レース。


【結論】
◎ドリームシグナル
○スマイルジャック
▲レイボーペガサス

単勝:◎,○,▲(3点) 的中!! ○ 14.1倍
馬連B:◎,○,▲(3点)
ワイドB:◎,○,▲(3点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


同じ中山9Fでも、明日のスプリングSの方が触手が動くメンバー構成ではあるが、明日の資金稼ぎの位置づけという意味では是非とも取っておきたいレースではあるという、こっちの都合。


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月17日(土) 2回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第21回フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンタレント 1.49.6 1人 (1-1-1-1) pci:51.0
②ホクレレ 1.49.8 6人 (8-7-6-9) pci:54.4
③クロコレーヌ 1.49.9 12人 (5-7-6-6) pci:53.9
12.5-11.3-12.6-12.4-12.2-12.7-12.1-11.6-12.2
(36.4-37.3-35.9=1.49.6)

2006年 3月18日(土) 2回中山7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第20回フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①キストゥヘヴン 1.48.9 6人 (5-6-6-7) pci:52.3
②フサイチパンドラ 1.49.1 1人 (2-2-2-1) pci:40.4
③ブルーメンブラット 1.49.2 8人 (9-9-8-4) pci:51.5
12.3-11.3-11.9-12.0-11.8-12.4-12.0-12.3-12.9
(35.5-36.2-37.2=1.48.9)

2005年 3月19日(土) 2回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第19回時事通信杯フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①シーザリオ 1.49.0 1人 (3-2-3-2) pci:60.7
②スルーレート 1.49.4 5人 (1-1-1-1) pci:57.1
③アルフォンシーヌ 1.49.8 7人 (6-6-8-4) pci:58.8
12.8-11.7-12.9-12.4-12.1-12.5-11.7-11.3-11.6
(37.4-37.0-34.6=1.49.0)

2004年 3月20日(祝) 2回中山7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第18回時事通信杯フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 15頭立
①ダンスインザムード 1.50.9 1人 (2-2-2-2) pci:49.8
②ヤマニンアラバスタ 1.51.1 3人 (13-12-8-3) pci:53.1
③メイショウオスカル 1.51.4 5人 (1-1-1-1) pci:46.9
12.4-11.8-12.9-12.2-12.4-12.6-12.0-12.0-12.6
(37.1-37.2-36.6=1.50.9)

2003年 3月22日(土) 3回中山7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第17回時事通信杯フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①マイネヌーヴェル 1.49.5 2人 (15-14-14-14) pci:53.0
②トーセンリリー 1.49.7 7人 (2-2-1-1) pci:40.4
③セイレーンズソング 1.49.7 1人 (3-3-5-3) pci:43.7
12.7-11.8-11.9-11.7-11.6-12.5-12.1-12.4-12.8
(36.4-35.8-37.3=1.49.5)

テン・中盤とも緩み瞬発力レースとなった05年を除いて、中山9Fらしく締まった流れとなる傾向。
今年のメンバーではハナにこだわる馬はおらず、テンが速くなることはなさそう。ただ、瞬発力比べに持ち込みたくないヨーロピアンが小回りコースを利して積極的に動く可能性は高い。それであるなら、素直に中盤あたりから長く脚を使える持続力に長けた先行馬を中心に取りたい。


【前哨戦分析】
2008年 3月 8日(土) 1回阪神3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第15回チューリップ賞
3歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 16頭立
①エアパスカル 1.35.8 5人 (1-1) pci:57.6
②トールポピー 1.35.8 1人 (6-5) pci:60.9
③オディール 1.35.8 2人 (13-11) pci:65.9
④スペルバインド 1.36.0 3人 (9-8) pci:62.3
⑥ムードインディゴ 1.36.3 10人 (8-5) pci:59.1

12.6-11.2-12.3-12.6-12.6-12.0-10.7-11.8
(36.1-25.2-34.5=1.35.8)
中盤がかなり緩み、瞬発力比べ。
スペルバインド…このレースで切れ負けしたように、血統的には元来、瞬発力勝負が得意なタイプではないはず。デビュー以来、厳しい流れの底力勝負を経験したことはないが、中山9Fで突然、適正を見せる可能性はある。

2008年 3月 1日(土) 2回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R きんせんか賞
3歳・500万下(馬齢) (牝)(特指) 芝 1600m 16頭立
①ブラックエンブレム 1.35.1 1人 (7-5-3) pci:40.5
②ミサトバレー 1.35.8 16人 (10-8-5) pci:39.6
③マイネフルーレ 1.36.0 11人 (16-14-14) pci:43.0
④スペシャルディナー 1.36.0 4人 (12-12-12) pci:41.5
⑮マロンティアラ 1.37.6 14人 (2-3-5) pci:29.6

12.4-11.0-11.2-11.6-12.1-12.3-11.9-12.6
(34.6-23.7-36.8=1.35.1)
テン速く、中盤もそこそこで底力を問われる流れ。
ブラックエンブレム…厳しい流れを4角3番手から圧勝した底力は相当。
マイネフルーレ・スペシャルディナー…展開が向いたにしても、この流れで差し込めた底力には一定の評価。

2008年 2月23日(土) 1回東京7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①リトルアマポーラ 1.35.5 1人 (10-10) pci:57.6
②ライムキャンディ 1.35.7 8人 (7-6) pci:54.2
③ラルケット 1.35.7 4人 (2-2) pci:50.3
⑤マイネウインク 1.35.9 13人 (12-12) pci:56.3
⑪カレイジャスミン 1.36.4 6人 (3-3) pci:48.5
⑯ラヴドシャンクシー 1.38.4 11人 (16-16) pci:52.5

12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
(35.3-24.9-35.3=1.35.5)
テンがやや速くなった分、長い直線を勘案して中盤が緩み、上がりはそこそこの平均的な流れ。全体として見ると瞬発力と底力の総合力を問われることに。

2007年12月 2日(日) 5回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回阪神ジュベナイルフィリーズ
2歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 18頭立
①トールポピー 1.33.8 3人 (11-8) pci:46.4
②レーヴダムール 1.33.8 8人 (17-15) pci:49.5
③エイムアットビップ 1.33.9 2人 (10-8) pci:45.2
⑦カレイジャスミン 1.34.4 12人 (7-5) pci:42.2
⑬アロマキャンドル 1.34.7 4人 (7-10) pci:43.0

12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
(34.4-23.7-35.7=1.33.8)
テン・中盤とも速くなった前傾ラップ。
カレイジャスミン…前に厳しい流れを4角5番手からそれほど負けなかった底力は評価できる。

2007年11月11日(日) 5回東京4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 赤松賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 11頭立
①カレイジャスミン 1.36.5 2人 (4-4) pci:60.5
②ニシノガーランド 1.36.7 5人 (6-6) pci:61.9
③マルターズオリジン 1.36.8 1人 (2-2) pci:57.3
④マイネフルーレ 1.37.2 8人 (6-7) pci:60.1
12.7-11.7-12.8-12.4-12.3-11.5-11.0-12.1
(37.2-24.7-34.6=1.36.5)
テンがかなり緩く、中盤も緩い上がりの競馬。


【結論】
◎ブラックエンブレム
×アロマキャンドル、カレイジャスミン、シングライクバード、ハイエストホワイト、スペルバインド

どうひねっても荒れそうに無い。3連単しか買えんわな。

3連単F:◎→×→×(20点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【展開予想】
メンバーを見渡して見て想定されるいくつかのバージョンを挙げてみる。

①1番人気と見られるダンスソーランが逃げる展開で、追いかける先行勢が追走に脚を使いすぎたところに差し馬の台頭。
②1番人気と見られるダンスソーランが逃げるところに、どの馬も競りかけることをせず、結局、行った行ったで前が残る展開。
③1番人気と見られるダンスソーランが逃げるところを、捲りぎみに先行勢を全て潰す動きを見せる馬が現れ、差しに向く展開。

前哨戦を洗い出し、実力的にどの馬がキーとなるかを見定めた後、上記のどの展開となるかを設定したい。


【前哨戦分析】
2008年03月06日 船橋12R ダ1600m (11頭) B3(三) 晴 良
①8枠10番 ジェットコマチ 1:42:1 (2-2-2-2) 3人 pci:49.5
②5枠5番 デザートレジーナ 1:42:1 (1-1-1-1) 1人 pci:49.5
③6枠7番 ハルクホース 1:43:5 (3-3-3-3) 4人 pci:46.4
⑥8枠11番 ブチカマシ 1:43:8 (7-6-5-5) 5人 pci:46.1
⑦7枠9番 テネシー 1:43:9 (10-10-10-10) 11人 pci:49.0
⑧4枠4番 マイネルシーワ 1:44:0 (4-4-4-4) 7人 pci:45.2
⑪1枠1番 ソウシュウペガサス 1:45:0 (9-9-8-8) 10人 pci:44.4

12.1-12.5-13.4-12.9-12.8-12.5-12.7-13.2
(38.0-25.7-38.4=1:42:1)
テン・中盤とも緩く、上がりが速くなったことにより前に有利な展開。
マイネルシーワ…今回出走するメンバーの中では、4角10番手と最も向かない流れをある程度差し込めた決め手には一定の評価。

2008年02月25日 川崎9R ダ1500m (10頭) 観梅(かんばい)特別 B3(三) 晴 良
①2枠2番 ファストインパルス 1:34:2 (4-3-3-3) 1人 pci:48.2
②7枠7番 ミヤビツヨシオー 1:34:6 (1-1-1-1) 2人 pci:46.3
③7枠8番 ロードオブザスター 1:35:0 (2-2-2-2) 3人 pci:45.3
④3枠3番 ペプチドジャスパー 1:35:5 (8-8-8-4) 5人 pci:47.0
⑤5枠5番 コードテレグラム 1:36:4 (7-9-10-8) 4人 pci:46.0
⑦8枠9番 チャンスダミズキ 1:37:3 (5-5-5-6) 8人 pci:40.8
⑨8枠10番 ラブプリモニション 1:37:4 (3-4-4-5) 6人 pci:40.6

6.1-11.2-12.8-14.0-11.8-12.6-13.6-12.1
(30.1-38.4-25.7=1:34:2)
テンが緩い分、上がりが速くなって前が残る展開。
ペプチドジャスパー…捲りを打って、今回出走メンバーには大きな差をつけたレース振りは評価できる。

2008年02月14日 浦和12R ダ1500m (11頭) バレンタイン特別 B3C1(四)選抜馬 晴 重
①2枠2番 エースオブタッチ 1:34:9 (1-1-1-1) 2人 pci:46.4
②6枠6番 メイプルラブチャン 1:35:9 (3-3-3-3) 3人 pci:46.0
③7枠9番 オンワードワールド 1:36:1 (8-7-5-4) 4人 pci:48.0
④6枠7番 テネシー 1:36:2 (6-5-4-5) 10人 pci:46.9
⑦3枠3番 チャンスダミズキ 1:37:5 (5-6-8-7) 5人 pci:46.2

7.3-11.0-12.1-12.5-13.2-12.1-14.1-12.6
(30.4-37.8-26.7=1:34:9)
中盤の締まった底力を問われる流れ。

2008年02月08日 船橋10R ダ1600m (13頭) 風来(ふうらい)特別 C1(一) 晴 重
①6枠9番 マクロプラネット 1:41:0 (11-11-10-9) 4人 pci:43.0
②7枠10番 レオタツオー 1:41:3 (10-8-7-7) 1人 pci:40.4
③5枠7番 ブチカマシ 1:41:3 (6-6-6-6) 2人 pci:40.4
④4枠4番 マイネルシーワ 1:41:4 (1-1-1-1) 3人 pci:39.9

12.2-12.1-12.3-12.2-12.0-12.8-13.5-13.9
(36.6-24.2-40.2=1:41:0)
テン・中盤ともかなり速く、前には相当きつい流れ。
マイネルシーワ…この前にきつい流れを自ら演出し、それほど負けなかった底力は立派。

2008年01月21日 浦和11R ダ1500m (12頭) 福寿草(ふくじゅそう)特別 C1(三) 曇 良
①1枠1番 ブチカマシ 1:36:9 (5-5-2-2) 3人 pci:47.3
②7枠10番 ダンスソーラン 1:36:9 (2-3-1-1) 1人 pci:46.1

③7枠9番 スペースシップ 1:37:7 (6-7-6-7) 7人 pci:48.6
⑪5枠5番 ジョーリゴラス 1:38:6 (11-11-12-12) 2人 pci:51.0
7.6-11.3-12.3-12.9-13.1-12.1-14.7-12.9
(31.2-38.1-27.6=1:36:9)
テンは相当緩んだが、中盤は締まっており底力を問われる流れ。
ブチカマシ…ダンスソーランを潰しに行って勝ちきる、強い内容。

2008年01月04日 川崎12R ダ1500m (12頭) 初詣(はつもうで)特別 B3(二) 晴 稍重
①3枠3番 ユウコウエース 1:36:1 (1-1-1-1) 3人 pci:38.8
②5枠6番 ツインイーグル 1:36:1 (7-6-5-6) 4人 pci:41.1
③7枠9番 アイウィルウイン 1:36:4 (4-4-4-3) 8人 pci:39.7
④7枠10番 ソウシュウペガサス 1:36:7 (8-8-6-5) 6人 pci:40.6
⑧5枠5番 チャンスダミズキ 1:37:9 (9-9-11-9) 2人 pci:41.0

5.9-10.8-12.1-13.7-12.4-13.2-14.6-13.4
(28.8-39.3-28.0=1:36:1)
テン速く中盤緩んだ流れで、上がりもそこそこ掛かる展開。

2007年12月19日 川崎7R ダ1500m (14頭) C1(三)(四) 曇 良
①3枠4番 コードテレグラム 1:35:8 (1-1-1-1) 6人 pci:43.4
②2枠2番 アオイハル 1:35:8 (4-2-4-2) 14人 pci:45.0
③7枠11番 ブチカマシ 1:36:5 (7-7-5-5) 3人 pci:43.4
6.5-11.4-12.6-13.3-12.1-12.8-13.9-13.2
(30.5-38.2-27.1=1:35:8)
テンが緩んだ分、前の残れる展開。


【結論】
ダンスソーランは突出した実力上位とまではいかず、目標になる分、かなりきつい展開となりそう。ならば、この馬を潰しに動く底力上位の先行・差し馬ボックスで良さそう。

◎ブチカマシ
○ペプチドジャスバー
▲コードテレグラム
△マイネルシーワ

馬連B:◎,○,▲,△(6点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


中山小回りで瞬発力型2騎が人気する、年にそれほどお目にかかれないお祭りレース(。-∀-) ニヒ♪

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月11日(日) 2回中山6日 天候: 曇 馬場状態: 重
11R 第25回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)[指定] 芝 1800m 16頭立
①マイネサマンサ 1.50.2 8人 (10-11-13-12) pci:49.6
②ウイングレット 1.50.2 3人 (7-9-9-7) pci:47.5
③ヤマニンメルベイユ 1.50.2 12人 (1-1-1-1) pci:43.5
12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8
(37.0-36.0-37.2=1.50.2)

2006年 3月12日(日) 2回中山6日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第24回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)[指定] 芝 1800m 16頭立
①ヤマニンシュクル 1.47.8 1人 (12-12-11-9) pci:57.0
②ディアデラノビア 1.48.0 2人 (7-10-13-12) pci:58.3
③ヤマニンアラバスタ 1.48.3 8人 (15-15-15-12) pci:57.5
12.4-11.4-12.1-12.0-12.2-12.5-11.8-11.8-11.6
(35.9-36.7-35.2=1.47.8)

2005年 3月12日(土) 2回中山5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第23回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(混)[指定] 芝 1800m 16頭立
①ウイングレット 1.49.7 1人 (2-2-2-2) pci:57.1
③メイショウオスカル 1.49.7 9人 (8-8-8-5) pci:60.8
③チアフルスマイル 1.49.8 10人 (9-8-8-9) pci:60.3
12.7-12.3-12.7-12.5-12.1-12.2-11.8-11.5-11.9
(37.7-36.8-35.2=1.49.7)

2004年 3月13日(土) 2回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第22回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(混)[指定] 芝 1800m 16頭立
①オースミコスモ 1.46.1 9人 (8-8-10-8) pci:53.7
②ハッピーパス 1.46.2 6人 (15-15-14-11) pci:55.4
③フラワーチャンプ 1.46.3 10人 (15-16-16-12) pci:55.6
12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-12.2-12.0-11.5-12.1
(35.2-35.3-35.6=1.46.1)

2003年 3月15日(土) 3回中山5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第21回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(混)[指定] 芝 1800m 16頭立
①レディパステル 1.46.7 3人 (9-10-8-7) pci:49.2
②テンエイウイング 1.46.8 14人 (12-13-11-10) pci:50.9
③ショコット 1.47.1 4人 (6-6-5-7) pci:45.9
12.4-11.3-11.7-11.7-11.5-11.9-11.9-12.2-12.1
(35.4-35.1-36.2=1.46.7)

毎年フルゲート16頭で行われる中山9F戦にしてはペースが緩むことも間々ある。今年は瞬発力型に人気馬が偏重しているので、底力勝負を期待したい思惑を持ちつつ、今回メンバーの展開予想に望もう。
シェルズレイがハナを切る。この馬が逃げる場合、大逃げの形となって2番手以降は実はペースが落ち着くことも十分考えられそうなメンバー構成ではある。ただ、前述のとおり人気馬に瞬発力型が集まっただけに、小回りコースで上がり3Fだけのレースには捉えたくない。中心は上がり4F目くらいから良い脚を長く使える持続力型先行馬。


【前哨戦分析】
2008年 2月16日(土) 1回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R 初音S
4歳以上・1600万下(定量) (牝)(混)[指定] 芝 1600m 16頭立
①ハロースピード 1.35.1 1人 (10-11) pci:63.8
②ダンスオールナイト 1.35.1 6人 (14-14) pci:67.3

③ミルクトーレル 1.35.4 2人 (10-11) pci:62.2
④マイネカンナ 1.35.4 4人 (5-6) pci:60.6
⑦エリモファイナル 1.35.8 5人 (10-10) pci:59.3

12.9-11.4-12.3-12.2-12.1-11.3-11.1-11.8
(36.6-24.3-34.2=1.35.1)
テンがかなり緩く、中盤も緩んだ上がり勝負。

2008年 2月 9日(土) 1回東京3日 天候:小雪 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 2000m 14頭立
①ヨイチサウス 2.00.6 13人 (1-1-1) pci:54.7
②ピサノパテック 2.00.6 11人 (5-3-2) pci:56.1
③ヤマニンメルベイユ 2.00.6 14人 (2-2-2) pci:56.1
③オースミグラスワン 2.00.6 4人 (13-9-9) pci:61.2
⑧ヤマニンアラバスタ 2.00.9 8人 (6-6-5) pci:56.7
12.9-11.9-11.7-12.0-12.4-12.7-12.0-11.4-11.2-12.4
(36.5-49.1-35.0=2.00.6)
中盤がやや緩んだ分、前の組に有利な流れ。
ヤマニンメルベイユ…瞬発力に偏重した流れにならなかった分、キレ負けせずに済み粘りこんだ。流れが向いたにせよ、このメンバーでこれだけやれたのは立派。

2008年 2月 3日(日) 2回京都2日 天候: 曇 馬場状態: 重
11R 第43回京都牝馬S
4歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(国際)[指定] 芝・外 1600m 14頭立
①アドマイヤキッス 1.36.0 2人 (4-4) pci:57.4
②ザレマ 1.36.1 9人 (2-2) pci:53.0
③キストゥヘヴン 1.36.3 6人 (8-7) pci:58.3
⑦コスモマーベラス 1.36.9 8人 (6-4) pci:53.7
⑬シェルズレイ 1.37.5 5人 (1-1) pci:42.8

12.9-11.5-11.9-12.2-11.9-11.7-12.0-11.9
(36.3-24.1-35.6=1.36.0)
テンは緩んだが道悪馬場も影響して京都8F外回りデフォルトの究極の上がり勝負にはならず、長く良い脚を使う持続力を問われる流れ。
キストゥヘヴン…先行馬有利の流れをよく差し込んできた。底力勝負の桜花賞を制した馬で、それほど向いた流れでもないのにここまで頑張れた点に復調気配を感じる。

2007年12月15日(土) 3回中京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第45回愛知杯
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 芝 2000m 16頭立
①ディアデラノビア 1.58.9 4人 (7-7-7-7) pci:58.3
②ニシノマナムスメ 1.59.0 2人 (10-10-9-7) pci:60.0
③アドマイヤキッス 1.59.0 1人 (5-6-5-5) pci:57.1
⑤マイネカンナ 1.59.2 10人 (13-13-15-14) pci:62.7
⑦アルコセニョーラ 1.59.3 5人 (10-12-12-12) pci:59.9
⑨ヤマニンアラバスタ 1.59.5 9人 (15-13-12-12) pci:58.1
⑭シェルズレイ 1.59.9 7人 (1-1-1-1) pci:41.9

12.6-10.9-11.5-12.2-11.9-11.9-12.2-12.2-11.9-11.6
(35.0-48.2-35.7=1.58.9)
ラップの上では中盤の締まった形となっているが、これは大逃げを打ったシェルズレイが踏んでのもので番手以降は平均的な流れ。
ニシノマナムスメ…ポッカリ開いた内をロス無く抜けてきたもので、人気になるだろうし着順ほどの評価はできない。

2007年12月 2日(日) 5回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ターコイズS
3歳以上・オープン(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 芝 1600m 15頭立
①コスモマーベラス 1.33.4 6人 (6-4-4) pci:52.3
②ザレマ 1.33.5 5人 (7-6-6) pci:53.4
③カタマチボタン 1.33.7 4人 (3-4-4) pci:50.0
④ハロースピード 1.33.7 7人 (10-10-9) pci:53.9
⑥マイネカンナ 1.33.9 10人 (14-15-13) pci:57.0
⑨ヤマニンメルベイユ 1.34.1 8人 (3-3-3) pci:46.5
⑪タイキマドレーヌ 1.34.2 3人 (7-6-9) pci:49.9
⑬キストゥヘヴン 1.34.5 1人 (10-10-9) pci:50.0

12.4-11.1-11.6-11.8-11.7-11.7-11.2-11.9
(35.1-23.5-34.8=1.33.4)
中山コースにしてはやや中盤が緩んだ流れ。
ハロースピード…追い出してからの反応の鈍さがあり、小回りはきつい。

2007年11月11日(日) 5回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第32回エリザベス女王杯
3歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定) 芝・外 2200m 14頭立
①ダイワスカーレット 2.11.9 1人 (1-1-1-1) pci:59.2
②フサイチパンドラ 2.12.0 3人 (5-5-3-3) pci:60.8
③スイープトウショウ 2.12.2 2人 (6-6-6-) pci:61.2
⑥キストゥヘヴン 2.12.6 12人 (9-9-6-5) pci:59.1
⑨コスモマーベラス 2.12.9 11人 (10-11-10-11) pci:61.1
⑩タイキマドレーヌ 2.13.0 10人 (6-8-12-11) pci:60.5

12.7-11.1-12.4-12.1-12.3-12.6-12.8-11.8-11.1-11.4-11.6
(36.2-61.6-34.1=2.11.9)
テン・中盤とも遅く上がりの速い競馬。

2007年11月10日(土) 3回福島7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回福島記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 2000m 16頭立
①アルコセニョーラ 2.00.6 5人 (13-13-13-12) pci:52.6
②ナリタプレリュード 2.00.9 16人 (11-11-9-7) pci:48.4
③ヤマニンメルベイユ 2.00.9 9人 (6-4-3-2) pci:45.1
12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
(35.7-48.4-36.5=2.00.6)
福島らしい一貫した流れ。
アルコセニョーラ…展開が向いたにしてもこの流れで差し切った底力は立派。
ヤマニンメルベイユ…外差し馬場で差し・追込馬が台頭する中、4角2番手から粘りこむ底力は相当。

2007年11月10日(土) 5回東京3日 天候:小雨 馬場状態:稍重
10R ユートピアS
3歳以上・1600万下(定量) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 17頭立
①ニシノマナムスメ 1.48.5 1人 (4-4-4) pci:58.7
②ザレマ 1.48.5 7人 (2-2-2) pci:56.4
③ハロースピード 1.48.5 8人 (16-14-14) pci:63.3
⑦マイネカンナ 1.48.9 6人 (10-10-9) pci:58.9

13.1-11.5-12.2-12.4-12.4-12.0-11.4-11.2-12.3
(36.8-36.8-34.9=1.48.5)
テンがかなり緩んだ上がりの競馬。

2007年10月14日(日) 4回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第55回府中牝馬S
3歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(国際)(指定) 芝 1800m 16頭立
①デアリングハート 1.45.4 4人 (4-4-4) pci:55.7
②アサヒライジング 1.45.7 1人 (3-2-2) pci:51.9
③アドマイヤキッス 1.45.8 2人 (8-10-9) pci:57.5
⑤タイキマドレーヌ 1.45.9 5人 (6-6-6) pci:55.4
⑥コスモマーベラス 1.46.0 7人 (12-13-14) pci:59.5
⑩ヤマニンアラバスタ 1.46.6 6人 (16-16-14) pci:57.1
⑯ヤマニンメルベイユ 1.47.4 9人 (2-2-2) pci:43.9

12.8-10.9-11.4-12.2-12.0-11.8-11.2-11.2-11.9
(35.1-36.0-34.3=1.45.4)
やや中盤の緩んだ流れで前に向く展開。

2007年10月14日(日) 4回京都5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回秋華賞
3歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝 2000m 18頭立
①ダイワスカーレット 1.59.1 2人 (1-2-2-1) pci:59.5
②レインダンス 1.59.3 7人 (7-7-4-4) pci:61.4
③ウオッカ 1.59.3 1人 (15-15-12-12) pci:65.2
⑧ハロースピード 1.59.8 13人 (12-12-10-10) pci:62.5
⑪アルコセニョーラ 2.00.0 10人 (12-12-14-14) pci:63.6

12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5
(34.2-51.0-33.9=1.59.1)
テンは速いが中盤が猛烈に緩み、上がりの速い瞬発力レース。

2007年 9月16日(日) 4回阪神3日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第25回関西テレビ放送賞ローズS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1800m 14頭立
①ダイワスカーレット 1.46.1 1人 (1-1) pci:59.8
②ベッラレイア 1.46.2 2人 (5-5) pci:63.2
③レインダンス 1.46.3 3人 (3-3) pci:60.3
⑤ニホンピロシェリー 1.46.7 11人 (5-5) pci:61.3
⑪ハロースピード 1.47.3 6人 (11-11) pci:61.2

12.9-11.1-11.6-12.4-12.4-12.1-11.2-11.0-11.4
(35.6-36.9-33.6=1.46.1)
中盤がかなり緩み上がりの速い瞬発力レース。
ニホンピロシェリー…ダートを勝ち上がってきたように厳しい流れでこその馬で、苦手な瞬発力勝負でこのメンバーの中ここまで頑張れたのは地力強化の証。

2007年 8月25日(土) 3回新潟5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 三面川特別
3歳以上・1000万下(定量) (牝)(特指) 芝・外 1800m 11頭立
①レインダンス 1.45.7 2人 (7-6) pci:63.6
②タイキマドレーヌ 1.45.9 4人 (3-3) pci:58.5

③スルーレート 1.45.9 7人 (1-1) pci:48.1
12.8-11.4-11.5-11.8-11.6-11.7-11.5-11.2-12.2
(35.7-35.1-34.9=1.45.7)
ラップは大逃げ馬が作り出しもので、2番手以降はスローの上がり勝負。

2007年 8月12日(日) 1回札幌2日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 第55回北海道新聞杯クイーンS
3歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1800m 12頭立
①アサヒライジング 1.46.7 2人 (1-1-1-1) pci:52.9
②イクスキューズ 1.47.0 6人 (4-3-3-2) pci:52.9
③ディアチャンス 1.47.0 5人 (11-12-12-11) pci:58.9
⑧ヤマニンメルベイユ 1.47.5 9人 (3-3-3-2) pci:50.4
⑩4シェルズレイ 1.47.8 7人 (8-8-6-6) pci:50.4

12.3-11.3-12.5-12.0-12.1-11.8-11.5-11.2-12.0
(36.1-35.9-34.7=1.46.7)
小回り札幌にしてはテンが緩んだ分、前に有利な流れ。


【結論】
◎ヤマニンメルベイユ
先行馬総崩れの前に相当厳しい流れを粘りきった3走前の福島記念が秀逸。前走、得意とは言えない瞬発力に偏重した流れでも崩れなかった点も評価できる。

○キストゥヘヴン
底力比べとなった桜花賞を制したように小回りで流れが厳しくなればこそ。前走、苦手の瞬発力レースとなった京都牝馬Sで差し込んできただけに、復調気配。

▲ニホンピロシェリー
3歳牝馬でありながら底力ラップの1000万下で古馬を押さえた力は相当。苦手な瞬発力レースとなったローズSでもダイワスカーレットに0.6秒差は立派。

△アルコセニョーラ、エリモファイナル、タイキマドレーヌ、シェルズレイ

×イクスキューズ、コスモマーベラス


馬単F:◎,○,▲→◎,○,▲,△,×(24点)
ワイド:◎-▲,△(5点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


深酒明けにしては朝風呂で頭がスッキリした状態での、まずまず纏まった予想を実感(。-∀-) ニヒ♪

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月10日(土) 2回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R アネモネS
3歳・オープン(馬齢) (牝)(指定) 芝 1600m 16頭立
①エミーズスマイル 1.35.8 1人 (6-7-3) pci:58.5
②フローラルカーヴ 1.36.0 3人 (11-9-8) pci:58.2
③パッションレッド 1.36.1 4人 (9-9-8) pci:57.7
12.4-11.3-12.1-12.5-12.6-11.9-11.4-11.6
(35.8-25.1-34.9=1.35.8)

2006年 3月11日(土) 2回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R アネモネS
3歳・オープン(馬齢) (牝)(指定) 芝 1600m 16頭立
①アサヒライジング 1.35.1 1人 (1-1-1) pci:47.1
②グレイスティアラ 1.35.4 6人 (8-6-6) pci:53.3
③ラピッドオレンジ 1.35.6 2人 (2-3-3) pci:50.0
12.8-11.3-11.8-11.9-11.7-11.9-11.5-12.2
(35.9-23.6-35.6=1.35.1)

2005年 3月12日(土) 2回中山5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R アネモネS
3歳・オープン(馬齢) (牝)(指定) 芝 1600m 13頭立
①ペニーホイッスル 1.35.5 2人 (4-4-5) pci:46.7
②マイネコンテッサ 1.35.7 5人 (11-6-5) pci:48.0
③アンブロワーズ 1.35.8 1人 (6-6-9) pci:46.8
12.4-10.8-11.3-12.4-12.5-12.2-12.0-11.9
(34.5-24.9-36.1=1.35.5)

2004年 3月13日(土) 2回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R アネモネS
3歳・オープン(馬齢) (牝)(指定) 芝 1600m 16頭立
①レディインブラック 1.34.7 5人 (16-15-5) pci:58.5
②ギミーシェルター 1.35.3 1人 (2-2-2) pci:50.7
③タケショウレジーナ 1.35.5 6人 (7-8-5) pci:51.3
12.1-11.1-11.9-12.8-12.1-11.6-11.4-11.7
(35.1-24.9-34.7=1.34.7)

2003年 3月15日(土) 3回中山5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R アネモネS
3歳・オープン(馬齢) (牝)(指定) 芝 1600m 16頭立
①センターアンジェロ 1.34.6 7人 (7-7-8) pci:45.7
②ヤマニンスフィアー 1.34.8 5人 (15-12-12) pci:50.1
③タイキチャペル 1.35.0 6人 (3-3-3) pci:40.2
12.0-11.3-11.4-11.8-11.7-11.8-12.3-12.3
(34.7-23.5-36.4=1.34.6)

スローの瞬発力勝負となった昨年を除いては、テンまたは中盤が速くなり上がりのかかる中山コースらしい底力レース。
デヴェロッペがハナにこだわりそうでテンは速く流れそう。16頭立てでこのコースなら中盤が大きく緩むことも考えにくく底力レースとなることは必定。中山8Fは楕円型のコースを回る形態であり内枠が圧倒的に有利なので、軸は底力上位で不利なく回れる先行馬が最も信頼度が高い。


【過去傾向分析】
2008年 2月23日(土) 1回東京7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回デイリー杯クイーンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①リトルアマポーラ 1.35.5 1人 (10-10) pci:57.6
②ライムキャンディ 1.35.7 8人 (7-6) pci:54.2
③ラルケット 1.35.7 4人 (2-2) pci:50.3
④デヴェロッペ 1.35.8 2人 (1-1) pci:49.1
⑩シャランジュ 1.36.3 5人 (14-15) pci:56.7

12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
(35.3-24.9-35.3=1.35.5)
テンがやや速くなった分、長い直線を勘案して中盤が緩み、上がりはそこそこの平均的な流れ。全体として見ると瞬発力と底力の総合力を問われることに。

2008年 2月17日(日) 1回東京6日 天候: 曇 馬場状態: 良
7R
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1600m 16頭立
①コウヨウマリーン 1.36.7 7人 (2-2) pci:61.1
②ディープスカイ 1.36.7 3人 (16-12) pci:69.5
③ステラーホープ 1.36.9 2人 (10-10) pci:65.8
④サクラカスケード 1.36.9 9人 (1-1) pci:59.2

12.5-11.5-12.5-13.0-12.7-11.3-11.4-11.8
(36.5-25.7-34.5=1.36.7)
テン・中盤とも緩んだ上がりの競馬。

2007年12月 2日(日) 5回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回阪神ジュベナイルフィリーズ
2歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 18頭立
①トールポピー 1.33.8 3人 (11-8) pci:46.4
②レーヴダムール 1.33.8 8人 (17-15) pci:49.5
③エイムアットビップ 1.33.9 2人 (10-8) pci:45.2
⑤シャランジュ 1.34.1 10人 (16-17) pci:48.8
⑩ラルケット 1.34.5 5人 (13-12) pci:44.7
⑪ハートオブクィーン 1.34.5 14人 (13-12) pci:44.7

12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
(34.4-23.7-35.7=1.33.8)
テン・中盤とも速くなった前傾ラップ。
シャランジュ…内を詰まるところなく進め恵まれたにしても、この流れで差し込める底力は一定の評価ができる。

2007年11月 4日(日) 5回京都2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回KBS京都賞ファンタジーS
2歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1400m 14頭立
①オディール 1.21.1 4人 (3-2) pci:51.4
②エイムアットビップ 1.21.3 1人 (1-1) pci:39.6
③エイシンパンサー 1.21.4 2人 (7-6) pci:52.5
⑤チェレブリタ 1.21.9 8人 (13-13) pci:55.2
⑦サマーファインデイ 1.22.0 11人 (10-8) pci:52.1

12.5-10.9-11.0-11.2-11.3-11.6-12.6
(23.4-33.5-24.2=1.21.1)
逃げ馬の大逃げで2番手以降はラップほどの前傾した流れではないが、緩んだ流れではなくある程度の底力を問われる流れ。
チェレブリタ・サマーファインデイ…この流れでそれなりに差し込めた点はまずまず。

2007年10月13日(土) 4回東京4日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R サフラン賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1400m 16頭立
①ラルケット 1.22.1 1人 (10-7) pci:56.8
②メジロアリス 1.22.3 13人 (15-15) pci:62.1
③リーベストラウム 1.22.3 2人 (16-15) pci:61.1
⑥サマーファインデイ 1.22.4 5人 (6-4) pci:52.7
12.4-11.1-11.4-12.5-11.8-11.4-11.5
(23.5-35.7-22.9=1.22.1)
中盤がやや緩んだ瞬発力レース。
サマーファインデイ…中盤が緩んだ分、一瞬のキレが活かせる追込馬が恵まれる流れで4角4番手と半端な位置となるもそれほど負けなかった点は、着順ほど悪くは無い。


【結論】
◎メイショウマリア
前走の未勝利戦でクイーンCを上回る好時計。ラップもテンの速い底力を問われる流れのものであり評価できる。大人気必定のブーケフレグランスには絶好枠での距離得も手伝って今回はこちらが上回る方に一票。

○デヴェロッペ
前々走の同コースでの圧勝は自ら演出した底力を問われる流れのもので評価できる。また、時計も優秀。今回も自ら展開を作れる強みがあり対抗評価。

▲ブーケフレグランス
下級クラスでのレースはどれも底力を問われる流れのものだけに、ここに入っても見劣る点はない。ただ、人気ほどの強さがあるとも思えず投資対効果の観点から3番手評価まで。

△サマーファインデイ、チェレブリタ、ブリリアントマリー、シャランジュ

×ラルケット


馬単:◎→○,▲,△,×(7点)
3連単:◎→○,▲→○,▲,△,×(12点)
ワイドB:△(6点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


混戦ムードで適正で決め打てる予想しがいのあるレース。


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月 4日(日) 2回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第44回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 14頭立
①アドマイヤオーラ 2.00.5 1人 (6-6-6-5) pci:55.9
②ココナッツパンチ 2.00.5 6人 (10-10-11-10) pci:58.7
③ドリームジャーニー 2.00.8 2人 (9-9-9-9) pci:55.8
12.3-10.6-11.6-12.8-12.5-12.6-12.9-11.8-11.7-11.7
(34.5-50.8-35.2=2.00.5)

2006年 3月 5日(日) 2回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第43回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 10頭立
①アドマイヤムーン 2.01.5 1人 (9-9-8-8) pci:58.6
②グロリアスウィーク 2.01.6 6人 (5-7-6-4) pci:56.0
③ディープエアー 2.02.1 5人 (8-8-8-8) pci:54.9
12.4-11.3-12.5-12.6-12.4-12.0-12.7-12.3-11.7-11.6
(36.2-49.7-35.6=2.01.5)

2005年 3月 6日(日) 2回中山4日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第42回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 10頭立
①ディープインパクト 2.02.2 1人 (8-7-7-3) pci:64.5
②アドマイヤジャパン 2.02.2 3人 (4-3-3-3) pci:60.8
③マイネルレコルト 2.02.4 2人 (2-2-2-2) pci:59.0
13.0-11.9-12.5-12.3-12.5-12.6-12.5-11.6-11.4-11.9
(37.4-49.9-34.9=2.02.2)

2004年 3月 7日(日) 2回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第41回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 10頭立
①コスモバルク 2.00.5 2人 (2-2-2-2) pci:57.3
②メイショウボーラー 2.00.7 3人 (1-1-1-1) pci:54.9
③メテオバースト 2.00.9 6人 (4-4-3-3) pci:56.7
12.6-11.8-12.1-12.2-12.2-12.3-12.5-11.6-11.3-11.9
(36.5-49.2-34.8=2.00.5)

2003年 3月 9日(日) 3回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第40回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 11頭立
①エイシンチャンプ 2.02.3 2人 (5-4-4-3) pci:51.9
②スズノマーチ 2.02.3 4人 (3-4-5-6) pci:52.6
③コスモインペリアル 2.02.3 7人 (8-8-7-6) pci:53.9
12.6-11.0-11.8-12.3-12.0-12.0-12.7-12.7-12.5-12.7
(35.4-49.0-37.9=2.02.3)

小回りで厳しい流れとなるのがデフォルトの中山10Fにあって、弥生賞だけは不思議と流れが落ち着く傾向にある。その理由にまずひとつ考えられることは、重要ステップであるにも関わらず10~11頭立てに落ち着くことが多い点が挙げられる。

今年の場合、例年以上に馬が集まりフルゲートの16頭立て。ハナにこだわる馬はおらずテンが速くなることはまず無い。ただ頭数が集まり混戦ムードであり、見え見えのスローを突いて早め進出する馬も要る筈で1頭動けば堰を切ったように各馬に伝染し中盤から速くなるロングスパートレースになる可能性も十分に考えられる。
狙いは展開的に恵まれそうな逃げ・先行馬でロングスパートが可能な持続力に長けた馬になる。それに小回りコースだけに反応の良さも重要なチェックポイントだ。特に差し馬の場合は反応の良さは必須。


【前哨戦分析】
2008年 2月17日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 15頭立
①レインボーペガサス 1.48.8 8人 (7-7) pci:57.9
②スマイルジャック 1.48.9 5人 (6-4) pci:55.9
③ヤマニンキングリー 1.48.9 7人 (11-11) pci:58.9
⑤ダイシンプラン 1.49.0 4人 (14-11) pci:59.2
⑦ブラックシェル 1.49.1 1人 (14-14) pci:60.2

12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
(36.1-36.8-35.9=1.48.8)
テンはそこそこ、中盤は過去5年と比べて最も速く、上がりの掛かる底力を問われる流れ。外差し馬場で、長く良い脚を使った馬が上位に入線した。

2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
④シングンリターンズ 1.48.0 15人 (9-9-6) pci:49.4
⑥ホッカイカンティ 1.48.3 4人 (6-5-6) pci:48.0
12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
タケミカヅチ…流れが向き長い直線の後押しもあっての浮上だけに、今回は厳しそう。
シングンリターンズ…4角6番手と早めに動きながらそれほど負けていない持続力を評価。折り合いつくのも心強い。

2008年 1月26日(土) 1回京都7日 天候: 曇 馬場状態: 良
9R 若駒S
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①ジュウクリュウシン 2.04.4 4人 (3-3-3-3) pci:62.4
①アインラクス 2.04.4 3人 (5-5-5-5) pci:63.9
③キングスエンブレム 2.04.6 1人 (6-6-6-6) pci:65.0
⑦ダイシンプラン 2.05.4 2人 (7-8-8-8) pci:63.0
12.8-12.1-13.0-12.9-12.8-12.9-12.5-12.0-11.5-11.9
(37.9-51.1-35.4=2.04.4)
テン・中盤とも遅く、上がりだけの競馬。

2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9) pci:53.1
②ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15) pci:57.2

③アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9) pci:53.9
⑨シングンリターンズ 2.03.6 15人 (9-11-11-12) pci:51.1
12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)
ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
マイネルチャールズ…流れが速くなるのを見越していつもよりやや後ろから。この流れで差しきるあたり底力は一枚上。
ベンチャーナイン…この流れで差し込む底力は認めるも後方からの位置取りでは今回厳しい。

2007年12月23日(祝) 5回中山8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
6R ホープフルS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①マイネルチャールズ 2.03.9 2人 (4-4-5-4) pci:52.3
②ブラックシェル 2.04.0 1人 (7-8-7-4) pci:53.9

③ドットコム 2.04.1 4人 (2-2-3-2) pci:50.1
④シングンリターンズ 2.04.6 7人 (4-6-6-6) pci:50.4
12.7-11.8-13.0-12.9-12.6-11.8-12.2-12.0-12.0-12.9
(37.5-49.5-36.9=2.03.9)
中盤が締まった底力を問われる流れで、テン遅い分、追込までは届かない展開。
マイネルチャールズ…ブラックシェルより一歩早く動いて叩き合いの末、押さえ切った底力&勝負根性は、父BT譲りで相当なもの。道悪馬場を苦にしていたところもあったよう。
ブラックシェル…大外を回しながら京成杯勝ち馬に僅差。この流れをこなした経験は大きい。ただ、出遅れ癖がどうか。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
⑤スズジュピター 1.34.7 1人 (7-10-9) pci:45.2

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。
キャプテントゥーレ…先行力があり、この流れで粘りこんだ底力は評価できる。
スズジュピター…小回りコースでは致命的な反応の悪さを持つ。

2007年12月 1日(土) 5回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R 葉牡丹賞
2歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 10頭立
①ミステリアスライト 2.03.2 2人 (1-1-1-1) pci:60.7
②マイネルチャールズ 2.03.4 1人 (3-3-5-4) pci:61.8
③ブラックエンブレム 2.03.5 6人 (5-5-7-6) pci:63.5
⑥シングンリターンズ 2.03.9 7人 (9-9-7-8) pci:60.7
12.5-11.4-12.2-13.8-13.3-12.6-12.5-12.2-11.3-11.4
(36.1-52.2-34.9=2.03.2)
中盤がかなり緩んだ瞬発力を問われる流れ。
マイネルチャールズ…勝負どころで外に出せず手間取った間に、勝ち馬と差をつけられる。瞬発力に特化した血筋ではないだけに、これは痛かった。

2007年11月17日(土) 5回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(指定) 芝 1800m 15頭立
①フサイチアソート 1.47.4 9人 (9-8-8) pci:58.3
②スズジュピター 1.47.6 3人 (9-9-8) pci:58.1

③スマイルジャック 1.47.6 5人 (5-7-7) pci:56.5
⑤タケミカヅチ 1.48.1 4人 (14-14-13) pci:58.5
⑥ベンチャーナイン 1.48.1 6人 (15-15-15) pci:60.8
⑩シングンリターンズ 1.48.5 13人 (7-13-13) pci:57.2

13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
(35.2-37.0-35.2=1.47.4)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
フサイチアソート…この流れを差しきる底力と瞬発力の総合力は評価できる。

2007年10月13日(土) 4回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回デイリー杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝・外 1600m 13頭立
①キャプテントゥーレ 1.35.6 3人 (2-2) pci:57.1
②タケミカヅチ 1.35.9 6人 (12-12) pci:65.4

③ウイントリガー 1.35.9 7人 (6-7) pci:61.2
12.3-11.3-11.9-13.1-12.4-12.0-11.0-11.6
(35.5-25.5-34.6=1.35.6)
テン・中盤とも緩み、上がりに偏重した流れ。
キャプテントゥーレ…この流れは直結しないが、スローで折り合えた点は評価。


【結論】
◎マイネルチャールズ
前走・前々走見せた中山10Fでの底力をもってすれば、人気でも中心視。怖いのはこの馬より前に位置取る馬の前残りだけ。

○ホッカイカンティ
前々走の中京2歳Sで底力を証明。前走度外視すれば、このコースは合いそう。初の右回りがどうか。

▲キャプテントゥーレ
前走の朝日杯FSで、先行力&底力を証明。ハナを切れそうで折り合いもつくので一発あるならこの馬。

△ブラックシェル
3走前のホープフルSは外を回ってマイネルチャールズと僅差で、相当強い内容。出遅れ癖がどうか。

×フサイチアソート
東京スポーツ2歳Sでのセンスが光る。ただ、4ヶ月休み明けの馬に重い印はさすがに打てない。

注シングンリターンズ
前走の共同通信杯で早めに動いた割にはよく粘っており、力を見せた。

3連単F:◎→○,▲,△→○,▲,△,×,注(12点)
馬単:◎→○,▲,△(3点) 的中!! ◎→△ 21.5倍
馬単:○,▲→◎(2点)
ワイド:◎-○,注(2点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


桜の開花予想を耳にするここ最近。
いよいよクラシックの足音が聞こえてきましたな~。


【過去傾向分析/展開分析】
2007年 3月 3日(土) 1回阪神3日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第14回チューリップ賞
3歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 16頭立
①ウオッカ 1.33.7 1人 (5-5) pci:59.7
②ダイワスカーレット 1.33.7 2人 (1-1) pci:56.4
③レインダンス 1.34.7 5人 (7-7) pci:56.9
12.4-10.9-12.1-12.2-12.2-11.1-11.0-11.8
(35.4-24.4-33.9=1.33.7)

昨年初めて行われた8F外回りでのチューリップ賞は、中盤がかなり緩んで上がりに特化したレースとなった。その後、同条件で行われた桜花賞でも(35.7-24.1-33.9=1.33.7)と上がりに偏重したところを見ると、3歳牝馬限定のカテゴリーにおいては各馬とも脚を溜める傾向が伺い知れる。

先週行われた3歳混合アーリントンカップの(35.2-23.2-36.2=1.34.6)、昨年の阪神JFの(34.4-23.7-35.7=1.33.8)と逆に中盤の締まった底力レースは、前者がハイレベル牡馬の織り成す厳しい流れ、後者が折り合いに難のある短距離馬が出走してくる2歳重賞特有のハイペースにより、前述の3歳牝馬限定での阪神8F外回りとは趣が異なるレースとなったとも考えられる。
そうであるなら、短距離にシフトしたスピード馬が今年のメンバーにいるかをチェックし、いなければ昨年同様のスローペースになる可能性が高そう。てか、底力上位も速い上がりを繰り出すレースをしたことが無い、人気のトールポピーを軽視したいというこっちの都合もあるが( ̄∀ ̄)

で、展開予想。ざっと見たところハナにこだわる馬はいなそう。最内枠に入ったダート7Fを先行したレースだけを経験しているマルチメトリックの出方が多少気にはなるが、上がり偏重のレースにこだわりたいこっちの都合もあるので、このメンバーであれば昨年同様の中盤緩んだスローペースにとりたい。狙いはもちろん速い上がりで高いパフォーマンスを示した馬で間違いは無いが、新馬・未勝利で時折見られるとんでもなく道中が緩んだレースしか経験したことの無い馬は、逆に今回の方がペースが上がることになり戸惑う可能性があることを一考しておきたい。
今回の上がり偏重レースで恵まれる脚質は逃げ・番手と、追込脚質。このあたりを勘案して印の重みをジャッジしたい。


【前哨戦分析】
2008年 1月20日(日) 1回京都6日 天候:小雨 馬場状態: 良
9R 紅梅S
3歳・オープン(別定) (牝)(混)(特指) 芝・外 1400m 12頭立
①エーソングフォー 1.23.7 2人 (3-2) pci:50.5
②エアパスカル 1.23.8 3人 (5-5) pci:50.9
③チェレブリタ 1.23.8 7人 (11-6) pci:53.4
⑧コウヨウマリーン 1.24.1 11人 (8-10) pci:52.8
⑪ジョイフルスマイル 1.24.3 9人 (3-2) pci:47.7

12.2-11.3-12.2-12.4-11.6-11.5-12.5
(23.5-36.2-24.0=1.23.7)
テン速く中盤緩んだが、上がりがそれなりに掛かった全体的に見ればそれなりに底力を問われる流れ。

2007年12月 2日(日) 5回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回阪神ジュベナイルフィリーズ
2歳・オープン・G1(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1600m 18頭立
①トールポピー 1.33.8 3人 (11-8) pci:46.4
②レーヴダムール 1.33.8 8人 (17-15) pci:49.5
③エイムアットビップ 1.33.9 2人 (10-8) pci:45.2
④オディール 1.34.1 1人 (6-2) pci:42.8
⑫ヤマカツオーキッド 1.34.6 15人 (3-5) pci:41.3

12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7
(34.4-23.7-35.7=1.33.8)
テン・中盤とも速くなった前傾ラップ。
トールポピー…流れが向き、この流れで差し切ったのは底力の証。
オディール…上位入線馬が差し・追込ばかりの中で、4角2番手で粘った点はかなり強い内容。底力という点では相当。

2007年 9月 8日(土) 2回札幌1日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R コスモス賞
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1800m 6頭立
①ヤマカツオーキッド 1.55.5 2人 (1-1-1-1) pci:69.3
②リッカロイヤル 1.55.7 4人 (5-5-5-6) pci:72.9
③グリフィス 1.55.7 3人 (3-3-3-4) pci:71.3
④メジロアースラ 1.55.7 6人 (6-6-5-4) pci:72.1
13.3-12.8-13.6-13.5-13.7-13.3-12.4-11.3-11.6
(39.7-40.5-35.3=1.55.5)
テン・中盤とも猛烈に緩んだ流れでの上がりレース。時計は平凡。


【結論】
◎スペルバインド
○コウヨウマリーン
▲ムードインディゴ
△ギュイエンヌ、エアパスカル、メイショウジェイ、ヤマカツオーキッド、ハイカックウ
×トールポピー、オディール

3連複:◎-○,▲-△,×(15点)
ワイド:○,▲-△(11点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


今日は有給休暇取得で、南関を打つ。
毎日馬券を買えるんだから、ほんと良い時代になりましたね~(。-∀-) ニヒ♪


【展開予想】
頭数が集まり、人気馬に前々で勝負するタイプが揃った。激しい捲りあいとなりそうでワンテンポ仕掛けを遅らせられる差し馬に流れが向きそう。これに捲りあいを制すことが可能な底力上位の先行馬の組み合わせで馬券を組み立てたい。


【前哨戦分析】
2008年2月8日 (金) 船橋 第12競走 ダート 1600m (左) 天候:晴 馬場:重
B3二
①2枠2番 ベルモントオメガ 1:38:8 (4-4-4-3) 1人 pci:42.8
②6枠10番 ライジングウェーブ 1:39:1 (3-3-3-2) 3人 pci:39.0

③4枠6番 ヤマタカボウシ 1:39:1 (8-7-6-5) 5人 pci:43.2
11.9-11.7-11.3-12.4-11.9-12.5-13.3-13.8
(34.9-24.3-39.6=1:38:8)
テンが猛烈に速く中盤も速い前傾ラップ。
ライジングウェーブ…4角で先頭に並びかけるきつい競馬で0.3秒差は、かなり強い競馬。

2008年2月7日 (木) 船橋 第11競走 ダート 1600m (左) 天候:晴 馬場:不良
中央競馬交流
フレンドリービット特別B2 B3選抜馬中央競馬会所属馬
①6枠6番 ノムラサッカーオー 1:39:2 (7-8-8-4) 2人 pci:43.8
②5枠5番 エーピーレジェンド 1:39:7 (4-4-2-2) 7人 pci:41.1
③6枠7番 ボーナスフィーバー 1:39:8 (6-6-7-5) 1人 pci:41.6
④1枠1番 キャプテンシーオー 1:39:8 (9-9-9-7) 4人 pci:42.4
⑥2枠2番 マスラタケヲ 1:40:0 8人 (11-11-11-9) pci:44.6
11.9-11.4-12.0-12.2-12.3-13.1-13.1-13.2
(35.3-24.5-39.4=1:39:2)
テンが猛烈に速く中盤も速い前傾ラップ。
エーピーレジェンド…4角2番手と前傾ラップを早めに進出し、かなりきつい競馬で2着は立派。

2008年2月6日 (水) 船橋 第10競走 ダート 1800m (左) 天候:雪 馬場:不良
中央競馬交流
フレンドリーサドル特別B2 B3選抜馬中央競馬会所属馬
①5枠7番 サンダーオブハード 1:51:5 (9-9-11-11) 7人 pci:44.8
②6枠9番 マイネルマルス 1:51:6 (5-4-4-3) 12人 pci:41.6
③4枠4番 チノハテマデモ 1:51:6 (2-2-2-2) 8人 pci:40.9
⑤5枠6番 コウヨウウェーブ 1:52:2 (4-5-5-6) 10人 pci:41.7
⑥8枠13番 リスティアプロトス 1:52:2 (7-6-6-5) 3人 pci:41.7
⑧6枠8番 ロングウェーブ 1:52:7 (10-11-12-10) 1人 pci:41.9

11.6-11.0-12.4-12.4-12.4-12.2-12.8-13.1-13.6
(35.0-37.0-39.5=1:51:5)
テン・中盤とも速い前傾ラップ。

2008年1月7日 (月) 船橋 第10競走 ダート 1600m (左) 天候:曇 馬場:良
白富士(しらふじ)盃B2二
①7枠8番 ブラックサーボ 1:41:0 (2-2-2-1) 1人 pci:47.4
②7枠9番 グローリーソング 1:41:7 (3-3-3-3) 4人 pci:46.5
③8枠10番 ロングウェーブ 1:42:1 (7-4-6-4) 3人 pci:46.3
④2枠2番 キャプテンシーオー 1:42:5 (1-1-1-2) 2人 pci:43.0

12.3-12.2-12.9-12.6-12.3-12.5-13.0-13.2
(37.4-24.9-38.7=1:41:0)
コースなりの一貫した流れ。


【結論】
ベルモント・ライジング・エーピーの先行3強の取捨がひとつのポイント。前走直接対決のベルモントとライジングは、流れが相当きつく0.3秒差で負けたライジングの方に実は強さを感じる。この3強勢で唯一17を克服しているし、叩き2戦目で反動がなければ最上位とみる。というわけで、先行3強からはライジングをチョイスし、残り2頭を潰したところに漁夫の利的に差し馬が台頭する展開を想定。

◎ライジングウェーブ
×ロングウェーブ、キャプテンシーオー、エチケイタイガー

馬連:◎-×(3点)
3連単M:◎→×(18点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


昨年は、グリーンベルトを駆け抜けた老兵ローエングリンが勝ったレース。
忘れたわけではありませんぞ(。-∀-) ニヒ♪


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月25日(日) 2回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第81回中山記念
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)[指定] 芝 1800m 16頭立
①ローエングリン 1.47.2 6人 (1-1-1-1) pci:44.8
②エアシェイディ 1.47.4 3人 (16-14-12-12) pci:53.1
③ダンスインザモア 1.47.4 5人 (14-16-16-16) pci:56.1
12.9-11.7-12.0-11.6-11.3-11.7-11.7-11.4-12.9
(36.6-34.6-36.0=1.47.2)

2006年 2月26日(日) 2回中山2日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第80回中山記念
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)[指定] 芝 1800m 12頭立
①バランスオブゲーム 1.48.9 6人 (1-1-1-1) pci:51.5
②ダイワメジャー 1.49.7 1人 (2-2-2-2) pci:48.5
③エアメサイア 1.50.0 4人 (2-2-3-3) pci:49.2
13.3-11.8-12.0-12.0-11.8-12.4-12.0-11.6-12.0
(37.1-36.2-35.6=1.48.9)

2005年 2月27日(日) 2回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第79回中山記念
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)[指定] 芝 1800m 14頭立
①バランスオブゲーム 1.46.5 4人 (2-2-3-3) pci:51.7
②カンパニー 1.46.6 2人 (10-10-11-12) pci:59.5
③アルビレオ 1.46.8 7人 (3-4-4-4) pci:52.4
12.6-12.2-11.9-11.3-11.2-11.8-11.9-11.7-11.9
(36.7-34.3-35.5=1.46.5)

2004年 2月29日(日) 2回中山2日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第78回中山記念
4歳以上・オープン・G2(別定) (混)[指定] 芝 1800m 15頭立
①サクラプレジデント 1.44.9 1人 (8-7-7-6) pci:50.0
②サイドワインダー 1.45.3 3人 (12-12-12-14) pci:53.2
③ローエングリン 1.45.3 2人 (1-1-1-1) pci:42.4
12.4-11.5-11.4-11.2-11.1-12.0-11.9-11.5-11.9
(35.3-34.3-35.3=1.44.9)

2003年 3月 2日(日) 3回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 重
11R 第77回中山記念
4歳以上・オープン・G2(別定) (混)[指定] 芝 1800m 12頭立
①ローエングリン 1.47.6 1人 (1-1-1-1) pci:43.6
②バランスオブゲーム 1.47.9 4人 (3-4-4-4) pci:46.4
③ダイワジアン 1.48.4 9人 (3-3-3-2) pci:43.4
12.8-11.7-11.9-11.6-11.5-11.8-11.8-11.9-12.6
(36.4-34.9-36.3=1.47.6)

中山で行われるハイレベルG2で、しかもスタート後すぐに1角に突入するためテン・中盤とも速くなる傾向。今回も多頭数な上に、ハナを切りたいヨイチサウスが13番枠と内の馬を制すのに序盤から脚を使いそうでペースは速くなりそう。
この時期の中山はいつもそうだが、今開催はAコース変わりで内にグリーベルトができるので基本的に内を通れる先行有利。前に位置取れる底力型を本線に、底力系差し馬は相手までの馬券構築をしてみたい。


【前哨戦分析】
2008年 2月 9日(土) 1回東京3日 天候:小雪 馬場状態: 良
11R 白富士S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 2000m 14頭立
①ヨイチサウス 2.00.6 13人 (1-1-1) pci:54.7
②ピサノパテック 2.00.6 11人 (5-3-2) pci:56.1
③ヤマニンメルベイユ 2.00.6 14人 (2-2-2) pci:56.1
③オースミグラスワン 2.00.6 4人 (13-9-9) pci:61.2
⑦グラスボンバー 2.00.9 5人 (8-9-9) pci:58.8
12.9-11.9-11.7-12.0-12.4-12.7-12.0-11.4-11.2-12.4
(36.5-49.1-35.0=2.00.6)
中盤がやや緩んだ前に有利な流れ。

2008年 2月 9日(土) 1回小倉7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第42回小倉大賞典
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混) 芝 1800m 16頭立
①アサカディフィート 1.47.7 6人 (14-16-14-10) pci:53.1
②マルカシェンク 1.47.9 1人 (8-7-3-3) pci:47.1

③シルクネクサス 1.47.9 7人 (10-13-8-9) pci:49.2
12.2-11.4-12.2-11.9-12.1-12.0-11.8-11.9-12.2
(35.8-36.0-35.9=1.47.7)
小回りコースらしい一貫した流れでしかも外差し馬場で、差し有利。
アサカディフィート…大外をブン回して流れ・馬場とも嵌った印象。
マルカシェンク…4角3番手と差し有利の流れを前でよく粘りこんだ底力を評価。道中、内目の馬場を通らされたのも応えたか。

2008年 2月 2日(土) 1回東京1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第58回東京新聞杯
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 16頭立
①ローレルゲレイロ 1.32.8 6人 (1-2) pci:45.9
②リキッドノーツ 1.32.8 13人 (13-13) pci:57.8
③タマモサポート 1.32.8 12人 (4-3) pci:51.3
④カンパニー 1.33.0 1人 (13-13) pci:56.8
⑪リザーブカード 1.33.3 10人 (8-7) pci:51.2

12.4-11.0-11.6-11.5-11.2-11.5-11.7-11.9
(35.0-22.7-35.1=1.32.8)
中盤速く底力を問われる流れ。
リキッドノーツ…締まった流れを底力で差し込む。
カンパニー…スタートの出が悪くなっているようで、開幕週の小回りコースでは致命的。

2008年 1月 5日(土) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第57回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 16頭立
①アドマイヤフジ 2.00.7 3人 (3-4-3-2) pci:57.7
②エアシェイディ 2.01.0 2人 (12-8-7-5) pci:58.3
③メイショウレガーロ 2.01.0 9人 (1-1-1-1) pci:54.1
⑤グラスボンバー 2.01.1 14人 (9-8-10-10) pci:59.3
⑦アサカディフィート 2.01.2 7人 (14-13-13-15) pci:60.9

12.4-11.4-13.3-12.5-12.4-11.9-11.9-11.4-11.0-12.5
(37.1-48.7-34.9=2.00.7)
中山10Fでの重賞とは思えない、テン・中盤とも緩んだ上がりの競馬。

2008年 1月 5日(土) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第46回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①エイシンデピュティ 1.33.6 3人 (2-3) pci:52.1
②アドマイヤオーラ 1.33.6 1人 (12-11) pci:58.5
③カネトシツヨシオー 1.33.7 9人 (14-11) pci:58.8
⑦エイシンドーバー 1.34.2 6人 (8-8) pci:53.0
⑫リキッドノーツ 1.34.6 10人 (6-7) pci:49.5

12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1
(35.3-23.7-34.6=1.33.6)
京都外回りらしい瞬発力レース。

2007年12月15日(土) 5回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ディセンバーS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝 1800m 16頭立
①サイレントプライド 1.47.3 1人 (3-3-3-3) pci:51.4
②スターイレブン 1.47.9 10人 (8-9-9-8) pci:58.0
③コスモマーベラス 1.47.9 3人 (5-5-5-5) pci:54.3
⑧グラスボンバー 1.48.5 5人 (16-16-13-12) pci:58.7
⑯ヨイチサウス 1.50.1 8人 (1-1-1-2) pci:26.0

12.6-11.2-11.6-11.4-11.3-12.0-12.3-12.3-12.6
(35.4-34.7-37.2=1.47.3)
先頭2騎が飛ばし、テン・中盤ともかなり速い前傾ラップとなったが、3番手以降は大きく離れた平均ペース。

2007年11月23日(祝) 5回東京9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R キャピタルS
3歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 18頭立
①キンシャサノキセキ 1.32.8 2人 (4-3) pci:52.1
②エアシェイディ 1.32.9 1人 (14-12) pci:60.6
③マイネルスケルツィ 1.32.9 5人 (5-5) pci:54
⑪ヨイチサウス 1.34.2 16人 (3-3) pci:45.3
12.4-10.8-11.2-11.8-11.8-11.3-11.3-12.2
(34.4-23.6-34.8=1.32.8)
テン速く、中盤はやや緩んだメリハリのあるラップで、基本的に先行馬有利の流れ。

2007年11月18日(日) 5回京都6日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第24回マイルチャンピオンシップ
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝・外 1600m 18頭立
①ダイワメジャー 1.32.7 1人 (3-2) pci:48.7
②スーパーホーネット 1.32.7 4人 (8-7) pci:51.8
③スズカフェニックス 1.32.8 5人 (14-13) pci:54.5
⑤カンパニー 1.33.0 3人 (15-15) pci:55.9
⑦エイシンドーバー 1.33.4 8人 (8-10) pci:48.4

12.6-10.6-11.2-12.0-11.6-11.5-11.3-11.9
(34.4-23.6-34.7=1.32.7)
テンが速く中盤がやや緩むも、G1らしい底力を問われる流れ。

2007年11月10日(土) 3回福島7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回福島記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 2000m 16頭立
①アルコセニョーラ 2.00.6 5人 (13-13-13-12) pci:52.6
②ナリタプレリュード 2.00.9 16人 (11-11-9-7) pci:48.4
③ヤマニンメルベイユ 2.00.9 9人 (6-4-3-2) pci:45.1
④グラスボンバー 2.01.0 12人 (11-11-12-9) pci:49.3
⑭ヨイチサウス 2.02.5 8人 (1-1-1-1) pci:36.4
⑯アサカディフィート 2.02.9 10人 (15-15-16-16) pci:43.9

12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
(35.7-48.4-36.5=2.00.6)
福島10Fらしいテン速く中盤も緩まない、底力を問われる流れ。

2007年10月28日(日) 4回東京9日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第136回天皇賞(秋)
3歳以上・オープン・G1(定量) (牡・牝)(国際)(指定) 芝 2000m 16頭立
①メイショウサムソン 1.58.4 1人 (5-4-4) pci:53.0
②アグネスアーク 1.58.8 7人 (7-7-7) pci:53.1
③カンパニー 1.58.8 6人 (10-10-10) pci:53.8
⑧チョウサン 1.59.2 5人 (16-16-15) pci:56.8

12.9-11.5-11.7-11.6-11.9-11.9-11.9-11.5-11.4-12.1
(36.1-47.3-35.0=1.58.4)
中盤締まった底力を問われる流れ。

2007年10月20日(土) 4回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第10回サウジアラビアロイヤルカップ富士S
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) 芝 1600m 18頭立
①マイネルシーガル 1.33.3 4人 (3-3) pci:49.6
②マイケルバローズ 1.33.3 7人 (6-6) pci:52.8
③トウショウカレッジ 1.33.3 8人 (13-12) pci:55.2
④エアシェイディ 1.33.4 1人 (17-18) pci:59.6
⑰グラスボンバー 1.34.7 17人 (8-6) pci:45.2

12.5-10.8-11.6-11.5-11.8-11.2-11.9-12.0
(34.9-23.3-35.1=1.33.3)
テン・中盤ともやや速く、それなりの底力を問われる流れ。

2007年10月 7日(日) 4回東京2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第58回毎日王冠
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 1800m 14頭立
①チョウサン 1.44.2 8人 (10-9-8) pci:52.0
②アグネスアーク 1.44.4 5人 (8-9-11) pci:51.8
③ダイワメジャー 1.44.5 1人 (2-3-2) pci:46.9
⑥コンゴウリキシオー 1.44.8 3人 (1-2-2) pci:45.4
12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8
(34.4-35.0-34.8=1.44.2)
テン・中盤とも速く底力を問われる流れ。
チョウサン…この流れで差し切った底力は立派。
コンゴウリキシオー…ストーミーカフェに競りかけられるきつい展開も、大きくは負けていない底力を評価。


【結論】
「底力型先行馬」→「底力型先行馬」or「底力型差し馬」
グリーンベルトを最大限に考慮した馬単馬券中心で。コンゴリはちょっと人気しすぎて妙味感じないので、流れは向くも得意とは言えない休み明けにはきつい流れで頭は無しと、こっちの都合で評価下げた(;゚∀゚)ゝ”

◎ヨイチサウス
○マルカシェンク
▲プリサイスマシーン
△リキッドノーツ
×チョウサン、エアシェイディ、コンゴウリキシオー、カンパニー

馬単F:◎,○,▲→◎,○,▲,×(21点)
ワイドF:◎,○,▲-◎,○,▲,△(6点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 3月 1日(土) 1回阪神1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第17回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 13頭立
①…ダンツキッスイ 1.34.6 5人 (1-1) pci:41.3
②△エーシンフォワード 1.34.9 9人 (4-7) pci:57.5
③◎ディープスカイ 1.34.9 10人 (10-9) pci:58.3
④○ノットアローン 1.34.9 8人 (2-2) pci:52.7
⑤…ミッキーチアフル 1.35.0 7人 (8-9) pci:57.7
⑥×ドリームガードナー 1.35.1 2人 (3-4) pci:54.0
⑦△オースミスパーク 1.35.1 12人 (12-12) pci:59.7
⑧×ポルトフィーノ 1.35.2 1人 (4-3) pci:52.7
⑨△アポロドルチェ 1.35.4 3人 (4-4) pci:53.3
12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2
(35.2-23.2-36.2=1.34.6)

ラップ的には昨年を上回る前傾ラップであるが、これは大逃げを打ったダンツキッスイが踏んだものであって、2番手以降はこれに付き合うことなく阪神8F外回りなりの上がり勝負に。

ダンツキッスイ…もう少し溜める逃げを打つと想定していたが、もはや暴走特急化しており1頭だけ違うレースをした印象で前傾ラップを踏む。スケールは別としてサイレンススズカのようなレース振りで、逃げることが出来ればこれくらいは走れる底力を改めて証明した。今回のラップで勝ちきる点を見てもダートは相当合いそう。
エーシンフォワード…行儀の良い馬で掛かることなく脚を溜める。4角で位置取りが下がった点、他馬よりも早めに騎手の手が動いていた点を見ると少し反応の悪い面があるのかも。長く良い脚を使っているので今回のような直線の長いコースが合うのかもしれない。
ディープスカイ…タキオン産駒らしくやはり決め手は一枚上で、後方から鋭く差し込む。今回は2番手以降がスローで流れたため脚を溜めることができたが、道中、厳しい流れとなった場合にこの脚が使えるかは疑問。
ノットアローン…スピードのある馬で楽に番手に控える。道中も掛かるところなく脚をためしぶとく脚を使った。スピードと一瞬のキレも併せ持つので小回りで最大限の力を発揮しそうな印象。
ドリームガードナー…流れの影響かいつもより前の競馬になったが、やはりこの流れではキレ負けする印象で、厳しいラップを差し込むイメージがしっくりくる。
ポルトフィーノ…道中からガツンガツン引っかかり終いはアラアラで、デビューから2戦とも逃げたことしかなく馬群で折り合った経験の無い点が悪く出た印象。姉アドマイヤグルーヴもそうだったが、スローで掛かる面を露呈しただけに今後のクラシック牝馬路線で人気するようなら、この点を死角に取れることを確認できた。

馬券はエーシン-ディープのワイド47.1倍が的中。ダンツがいなければ馬連&ワイド3通り的中の爆発だっただけに残念…って、土曜競馬が黒字で終われただけで御の字だろw
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


先週は赤っ恥をかいたアマノジャク派(ヴァーミリアン@フェブラリーS)が、今週もポルトフィーノに赤っ恥をかかされるかが最大の争点となるレース。
私は当然、アマノジャク派w


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 2月24日(土) 1回阪神1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第16回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 16頭立
①トーセンキャプテン 1.33.9 2人 (4-3) pci:50.6
②ローレルゲレイロ 1.33.9 1人 (4-3) pci:50.6
③マイネルレーニア 1.34.6 3人 (2-1) pci:45.0
12.6-11.4-11.5-11.5-11.9-11.3-11.5-12.2
(35.5-23.4-35.0=1.33.9)

阪神外回りコースで初めて行われた昨年は、中盤がかなり速い底力を問われる流れとなった。ただ、これまでの阪神8F外回りレースのペースは多種多様で、コースなりの決め打ちは難しい。それなら、定石どおり今回メンバーでのペースを想定する必要がある。

ハナを切るのは藤田@ダンツキッスイ。この男がハナを切ったときは誰も競りかけようとせず道中のペースは落ち着く。となれば、長い直線を意識して各馬とも脚を溜めるので上がりの速い瞬発力レースにとってみたい。


【前哨戦分析】
2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑦スマートファルコン 1.48.5 2人 (16-16-15) pci:52.8
⑩ノットアローン 1.48.6 7人 (11-9-9) pci:47.3

12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
スマートファルコン…得意な流れで凡走。連戦の疲れがでたのかもしれない。調教を見る限り復調気配ではあるが、軽い瞬発力を問われる流れを経験したことが無くまた血統的にも苦手とするジャンルの気がしてならない。
ノットアローン…後述するテンが速く中盤もそこそこの中京2歳Sで底力を証明してはいるが、この流れでの惨敗は本質的にはデビュー2戦めの阪神8F外で新馬戦らしいドスローを最速上がり33.9で1頭だけ後方から差し込んできた瞬発力が、血統面からも武器なのかも。ならば、末を活かす藤岡佑乗り変わりで今回一変の可能性がありそう。

2008年 1月19日(土) 1回京都5日 天候: 晴 馬場状態: 良
6R
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1600m 15頭立
①ヴェルザンディ 1.35.5 2人 (7-7) pci:50.5
②ルールプロスパー 1.35.7 9人 (2-2) pci:42.2
③ダノンゴーゴー 1.35.8 1人 (6-5) pci:48.3
④ダンツキッスイ 1.36.1 3人(1-1) pci:29.6
⑧フェイムロバリー 1.36.5 8人 (11-9) pci:46.5

12.4-11.0-11.0-11.6-11.6-12.1-12.5-13.3
(34.4-23.2-37.9=1.35.5)
テン・中盤とも速く上がりの掛かるダートレース並の消耗戦。
ルールプロスパー…この流れを番手から粘りこんだ底力は評価するも、今回の流れは真逆。
ダンツキッスイ…暴走気味にハナに立つ。前走、きっちりダートで結果を残しているとおり、気性的にもダートの方が合いそう。

2008年 1月13日(日) 1回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 16頭立
①ドリームシグナル 1.35.4 1人 (14-15) pci:47.9
②ドリームガードナー 1.35.8 5人 (11-9) pci:43.9
③マヤノベンケイ 1.35.8 4人 (4-2) pci:38.2
⑤ミッキーチアフル 1.35.9 2人 (11-9) pci:43.4
12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
(34.1-24.3-37.0=1.35.4)
テンが猛烈に速く中盤もそこそこで上がりの掛かる超前傾ラップ。
ドリームガードナー…追走に苦しんだ分、逆に流れが嵌る。この流れで差し込んだ底力は評価するも軽い瞬発力を問われる流れではどうか。
ミッキーチアフル…このレースを含め、底力を問われる流れを相手なりに走る馬。ただ、瞬発力レースの経験が無い分、今回は狙いづらい。

2007年12月15日(土) 3回中京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
10R スポーツ報知杯中京2歳S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ホッカイカンティ 1.47.7 6人 (2-2-3-3) pci:53.1
②ノットアローン 1.48.0 2人 (1-1-1-1) pci:45.9
③オースミマーシャル 1.48.0 8人 (6-6-5-4) pci:53.8
⑥ダンツキッスイ 1.48.3 3人 (3-2-2-2) pci:48.7
12.4-11.2-11.9-11.7-12.0-12.7-12.1-11.8-11.9
(35.5-36.4-35.8=1.47.7)
テン速く中盤もそこそこの底力を問われる流れ。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
⑨エーシンフォワード 1.34.9 6人 (3-7-9) pci:42.8
⑪アポロドルチェ 1.35.0 2人 (9-10-8) pci:43.1
⑫ドリームガードナー 1.35.1 11人 (12-16-15) pci:46.4

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。

2007年12月 9日(日) 5回阪神4日 天候: 晴 馬場状態: 良
7R
2歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1400m 9頭立
①ラベ 1.22.3 2人 (9-9) pci:52.3
②ミッキーチアフル 1.22.4 1人 (3-4) pci:46.7
③デューン 1.22.4 4人 (3-2) pci:45.9
⑥フェイムロバリー 1.22.8 3人 (2-2) pci:43.3
12.5-11.1-11.5-11.7-11.7-11.6-12.2
(23.6-34.9-23.8=1.22.3)
7Fにしては落ち着いた流れ。

2007年11月10日(土) 5回東京3日 天候:小雨 馬場状態:稍重
11R 第43回京王杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 1400m 15頭立
①アポロドルチェ 1.22.7 1人 (9-9) pci:51.2
②ドリームシグナル 1.23.0 12人 (9-10) pci:50.5
③レッツゴーキリシマ 1.23.0 4人 (1-2) pci:45.6
⑤ミッキーチアフル 1.23.2 3人 (8-6) pci:47.1
12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2
(23.3-35.8-23.6=1.22.7)
テン速く一貫したラップで、底力勝負。
アポロドルチェ…後のシンザン記念勝ち馬に先着した底力は評価できる。今回想定される瞬発力レースとなった、いちょうSでは共同通信杯2着馬にクビ差とそれなりの適応力を見せている。

2007年11月 3日(祝) 5回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
7R
2歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1400m 9頭立
①エーシンフォワード 1.23.0 2人 (2-2) pci:55.7
②マリエンベルク 1.23.1 1人 (7-4) pci:58.7
③サマーエタニティ 1.23.3 4人 (1-1) pci:52.5
④フェイムロバリー 1.23.3 5人 (9-8) pci:60.3
12.6-11.4-12.1-12.2-11.6-11.4-11.7
(24.0-35.9-23.1=1.23.0)
テン・中盤とも緩んだ瞬発力レース。
エーシンフォワード…この流れでも番手で折り合う。掛かるところが無いので、瞬発力レースでも脚を溜められ巧く立ち回れそう。

2007年10月 8日(祝) 4回京都3日 天候:小雨 馬場状態: 良
4R
2歳・新馬(馬齢) (混) 芝 1400m 8頭立
①エーシンフォワード 1.23.6 1人 (2-2) pci:53.5
②マックスバリハイ 1.23.9 5人 (1-1) pci:37.6
③マーブルファイブ 1.24.1 3人 (6-6) pci:55.3
④ディープスカイ 1.24.4 2人 (4-4) pci:52.1
12.6-11.0-11.6-11.6-12.1-12.3-12.4
(23.6-35.3-24.7=1.23.6)
中盤がそれなりに締まった底力を問われる流れ。


【結論】
◎ディープスカイ
前走、スローを出遅れながら差し込んできた瞬発力は秀逸。タキオン産駒で血統的にも上がり勝負はドンと来い。

○ノットアローン
デビュー2戦めの阪神8F外で新馬戦らしいドスローを最速上がり33.9で1頭だけ後方から差し込んできた瞬発力が、血統面からも武器なのかも。ならば、末を活かす藤岡佑乗り変わりで今回一変の可能性がありそう。

△エーシンフォワード、アポロドルチェ、オースミスパーク

×ドリームガードナー、ポルトフィーノ

馬連F:◎,○-◎,○,△,×(11点)
ワイドF:◎,○-◎,○,△(7点) 的中!!◎-△47.1倍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。