ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
時間がないので、簡略バージョンで。

◎ルースリンド
3走前の東京大賞典(大井10F)での、過去6年で最も道中が緩み、上がりに偏重した流れを、4角9番手から差し込んで来た瞬発力は評価できる。休み明け2走目の今回、緩んだ流れなら自ら捲れる瞬発力を活かせ、手薄な中央勢が相手なら馬券圏内に十分入ってこれそう。

×フリオーソ
×ヤマトマリオン
×ボンネビルレコード
×ワンダースピード
×コウエイノホシ


3連複1軸:◎-×-×(10点)



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
【展開予想】
最内枠のブローオブサンダーがハナを主張するも、7F戦からの延長でザレマが行き脚がつき外枠から被せて行きそうで、スローはないだろう。有力どころの先行勢レインダンス・ホウショウループは切れ味勝負に持ち込みたいクチであるので、積極的に前に圧を掛けるとも思えず中盤はそれほど速くなることはなさそう。
狙いは展開の恵まれる先行馬で、切れ味タイプを自身が動くことで封じることが出来る持続力型。雨模様も手伝って、可能なはずだ。
相手には切れ味タイプの先行・差し馬。持続力型差し馬にはもう少し展開の助けと時計の掛かる馬場が必要なので、瞬発力型の決め手に屈する可能性が高く、評価下げる。


【結論】
◎ザレマ
3走前の京都牝馬S(京都8F)での、テンは緩いが、中盤から一貫した流れを前で踏ん張った持続力と、マイルで前に行けるスピードは評価できる。また、前々走の福島牝馬S(福島9F)での、中盤締まった底力を問われる流れを4角3番手から粘りこんだ底力も評価できる。
前に行けるスピードを持ち合わせ、自身で持続力を活かせる流れに持ち込めば勝機は十分。道悪は得意な方ではないが、開幕週で路盤は固いはずなので大きな減点にはならないと見る。

○ベッラレイア
先行力が無いだけに、先行馬に比べて外を回らざる得ない。元来持続力を武器にする馬の印象はあるが、G1でもそれなりに通用する瞬発力も兼ね備えているだけに、このメンバーなら能力で間に合わせてくる。ザレマとはスピードの差で○評価。

▲ピースオブラヴ
3走前の愛知杯(中京10F)での、テンがやや速く、中盤やや緩んだ所で捲りが決まる展開&コースで、先団で早めに来られるきつい展開だったにしては前でよく踏ん張った底力を評価。
前に行けるスピードはあるので、折り合いさえ付けば軽量を活かし、浮上する可能性は十分ある。

消ブリトマルティス
前走のパールS(中京9F)は流れが向いた中での差しきり勝ち。流れが落ち着きそうな今回、決め手に欠ける面を露呈しそうで、人気と天秤にかけると買いづらい。

消レインダンス
前走・前々走と得意のはずの瞬発力戦での大敗。まだ本調子には戻りきれていない。

消ソリッドプラチナム
昨年の3着馬ではあるが、これは暴走特急シェルズレイが作った前傾ラップを後方から差し込んできたもので、流れの落ち着く今回にはスピードと切れ味が不足。


<本線>馬単F:◎→○,▲(2点)
<色気>3連単F:◎→○,▲→○,▲(2点)
<色気>ワイド:◎-▲(1点)
<抑え>馬連F:◎-○,▲(2点)


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
6.8- 10.8- 12.2- 13.2- 12.4- 13.4- 14.8- 11.9- 13.0- 13.6- 12.6
(43.0-52.5-39.2=2:14:7)

カレイジャスミンがハナを切りペースが落ち着くと思いきや、ユキチャンが抜群の手ごたえで緩みを許さず、思いのほかペースが上がった。中盤52.5秒は最も締まった'05年(51.5秒)に次ぐ速さで、これでは力の無い先行馬にはかなりきつい流れとなってしまった。

◎プロヴィナージュ →2着
痛恨の出遅れ。スタートでジエンド(#゚Д゚)ゴルァ!!

△インカローズ →6着
ある程度控える競馬を期待していたが、思ったよりも前で競馬を進める。これによりユキチャンの圧に屈する形となりきつい競馬になってしまった。前に行ったのは鞍上の作戦であったのか、はたまたこの距離にしては前向き過ぎる気性が影響したのか。後者であれば、この辺りの距離ではもう買えない。

△トミノプラネット →8着
いつもどおりの先行力で前付けするも、やはりこの馬もユキチャンの圧に屈する結果に。まぁ、流れが落ち着いた場合の前残りとして算段していた馬だけに諦めはつくけど。。

×ユキチャン →1着
ブリンカー効果か、いつにもまして行き脚がつき、先行勢を全部潰してしまった。それにしても強かったが、これで人気に拍車がかかれば次走以降も更なる過剰人気が見込め、消して妙味を感じれそう・・・って強がるしかないよw


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
週中の過去傾向分析はこちら

【展開予想】
ハナに行くのはカレイジャスミンかトミノプラネットか。どちらかがハナを取りきれば、ペースは落ち着き淡々と流れそう。となれば、後方で脚を溜める展開頼みの南関差し馬勢には流れが向かず、出番がなさそう。


【結論】
◎プロヴィナージュ
前走の500万下(東京8F)での、古馬1000万クラス並に中盤締まり上がりの掛かり過ぎない底力を問われる流れを、持ち前のスピードで先団に位置取り、長く脚を使って抜け出した底力&持続力は相当。
関東オークスのこれまでの中央勢上位馬には、前走8F~9Fを先行して押しきった馬の転戦も目立っているように、額面上の距離延長と言っても、直線部の長い中央コースはコーナー比率の高い地方コースの長距離に匹敵するほどのスタミナを要求されるようで距離不安の心配は無い。

△インカローズ
3走前のユングフラウ賞(浦和7F)での、テンがかなり速く中盤もそこそこも、上がりもそれほど掛かることのない底力を問われる好ラップを中団から抜け出してきたレースを評価。前走の東京プリンセス賞(大井9F)での失速は距離不安を感じさせる内容であったにしても、前向き過ぎる気性が祟っての距離不安ではないので、思い切り後方で脚を溜め一発狙いの騎乗をすればごまかしは利く筈。鞍上はそれができる的場Jなのも心強い。前出のとおり、今年の東京プリンセス賞組、特に流れの向いた差し・追込勢は低レベルと捉えているので、その中では未だ底を見せていない同馬に触手が動く。

△トミノプラネット
前走の東京プリンセス賞(大井9F)での、速いテンを先行できるスピード、上がりの掛かるきつい流れを前で粘りこみ、それほどバテなかった底力は優秀。例年であれば中央勢の早めの追い上げに苦しむ南関先行勢ではあるが、今年の中央勢はやや手薄で、圧の掛かりが緩まるようならこの馬の底力が花開く可能性はある。

×ユキチャン
中央でのダート勝ちがあるし、牝馬限定戦とは言え500万下勝ちがあり、ここでは格の面からは一枚上。人気でも仕方ない。

消カレイジャスミン
週中は初ダートであっても、同馬の持続力&底力であれば狙ってみたいと考えていたが、想像以上に人気になってしまい、妙味を感じない。ここは、前走のオークスがピークの仕上げだったことによる調子の下降線、初ダートをこなせない方に張ってメイチ消し。


<本線>馬単F:◎→×(3点)
<色気>3連単F:◎→△,×→△,×(6点)
<抑え>ワイドF:◎-△(2点)


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
地方馬が台頭するには、どのレベルが必要なのか?
このテーマに主眼を置いて、過去傾向分析を行ってみたいと思います。


'07良:43.3-52.8-40.4=2:16.5
'06稍:43.0-55.4-40.1=2:18.5
'05不:43.3-51.4-41.8=2:16.5
'04重:43.5-53.3-39.1=2:15.9
'03稍:42.9-53.2-39.5=2:15.6

<前走位置取り>
'07 
①ホワイトメロディー(中京8.5F:3-3-4-4(3着)) 
②ケアレスウィスパー(中京8.5F:8-8-9-7(6着)) 
③アルヴィス(京都芝7F:4-7(9着))
'06 
①チャームアスリープ(大井9F:12-12-6-7(1着)) 
②グレイスティアラ(園田9.35F:7-6-4-2(1着)) 
③モンヴェール(東京芝9F:3-5-4(9着))
'05 
①テンセイフジ(大井9F:15-15-6-3(1着)) 
②シールビーバック(東京8F:4-3(1着)) 
③エイシンサンバレー(東京芝8F:3-2(1着))
'04 
①トーセンジョウオー(東京8F:3-2(1着)) 
②アクイレジア(京都9F:3-3-2-3(1着)) 
③ピュアブラウン(京都芝11F:7-7-7-7(9着))
'03 
①レマーズガール(中京9F:3-3-6-3(2着)) 
②ディーエスメイドン(大井8.95F:8-8-5-1(1着)) 
③モエギノマズル(大井8.95F:10-10-7-6(2着))
JRA馬であれば、前走、先行してスピードで押し切るような競馬をした馬でも上位に来れる。
しかし、地方馬に関しては、前走脚質が差しの馬しか上位に来られない。これは今回延長になり、しかも交流重賞で厳しいラップとなる以上、地方の先行馬には非常に厳しい流れとなるため太刀打ちできないことを表している。

<地方馬台頭タイム>
'06 チャームアスリープ(東京プリンセス賞(大井9F):12-12-6-7(1着))~1:53.9
'05 テンセイフジ(東京プリンセス賞(大井9F):15-15-6-3(1着))~1:55.2
平均的な流れとなった'06年を制したチャームアスリープの前走、東京プリンセス賞の勝ちタイムは古馬Bクラスを上回る好タイム。捲りからJRA馬を負かしたのは、この馬の地力によるものと見て取れる。
それに比べ、中盤が過去5年で最も締まり、上がりが最も掛かった'05年を制したテンセイフジの前走、東京プリンセス賞の勝ちタイムは馬場差を勘案すると古馬Bクラスと比べて1.7秒程度遅いタイムで、JRA馬に勝てたのは展開による後押しも大きかったように思える。

'08 ブライズメイト(東京プリンセス賞(大井9F):16-16-5-3(1着))~1:56.3
今年の東京プリンセス賞の勝ちタイムは馬場差を勘案すると古馬Bクラスと比べて1.7秒程度遅いタイムで、'05年と同水準のレベル。JRA馬に渡り合うには展開が恵まれる必要があるだろう。

ブライズメイトを物差しに見ていくと、今年の南関勢はかなり低レベル。JRA勢中心の組み立てに成らざる得ないのが、現段階での見解です。


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
【過去傾向分析/展開予想】
過去は梅雨時期に行われることもあり道悪でのレースとなることが多かったが、今年はお天気の心配は必要なさそう。前日の馬場状態を見る限り、最終週であるにもかかわらず内の馬場がまだまだ良い状態。余程のハイペースにならない限り後方一気とはいかないだろう。

ハナにこだわる馬はおらず、行くとしたら内枠に入ったイクスキューズか。東京上級クラスらしい中盤もある程度締まり、キレも要求される、底力&瞬発力の総合力を試される実力勝負となりそう。


【結論】
◎ブライトトゥモロー
前々走の大阪杯(阪神10F)は、一貫した流れとメンバーを勘案すると0.3秒差はかなりの底力。このレースを勝ったダスカは休養に入ってしまうほどの消耗ぶりで、2着のエイシンデピュティが金鯱賞制覇。アサクサキングスも春天3着と、かなりレベルの高いレースで、ここで僅差でやれた力なら今回大意張り。前走は恐らくこれだけのハイレベルレースをこなした後の反動だろう。攻めは動いているようだし、状態さえ戻ればやれるはず。

○ファストロック
前走の1600万下(東京10F)では、コースなりの一貫した流れを、先団に位置取れるスピードと折り合える行儀の良さ、上がり4F→3Fで0.6秒ラップの速くなりキレが要求される面にも対応できるところを見せた。

×マイネルキッツ
前走の1600万下(東京9F)での、中盤やや緩んだ流れを中団から2着に0.4秒差の瞬発力は相当。

×ヒカルオオゾラ
前走の1600万下(京都8F)での、前傾ラップを前に位置取れるスピードと、粘りこんだ底力は立派。ただ、距離実績は8Fにシフトしており、東京での重賞レースでは額面よりもスタミナを問われるだけに、やや心配なため評価下げた。

×トーホウアラン
長期休み明け後はパッとしないが、中日新聞杯で見せた底力と、京都新聞杯で見せた瞬発力は秀逸で、攻め強化してきた今回走ってきても不思議は無い。

×サンライズマックス
3走前の中日新聞杯(中京10F)での、出遅れながら長く脚を使った持続力は評価できる。


<本線>3連単F:◎,○→◎,○→×(8点)
<本線>3連単F:◎,○→×→◎,○(8点)
<抑え>3連複2軸:◎,○-×(4点)
<抑え>馬単F:◎→○,×(5点)

参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
【過去傾向分析/展開予想】
'07良:42.6-50.5-37.4=2.10.5
'06稍:42.0-49.1-38.6=2.09.7
'05良:41.6-50.4-37.8=2.09.8
'04稍:43.2-49.6-36.3=2.09.1
'03良:44.9-52.2-35.5=2.12.6

まず、東京10.Fの特徴として挙げられるのが内枠の差し馬が不利な点。芝コースと違って4角から直線に入って瞬間的なスピードで馬群を割るのが難しく、包まれる可能性が高いためだ。更にコーナーを4度回るコースであるので、外枠の馬は外々を回らされ距離損が大きい。相対的に中枠の有利なコースと言える。

過去の傾向として、基本的に先行有利。テンが41.6とかなり速くなり、中盤もそこそこの流れとなった05年こそ後方一気で10番人気馬が勝ち波乱となったが、例年は4角3番手以内の馬が大勢を占め、4人気以内の人気サイドで決着する傾向の高いレース。

今年の場合、1人気必至のロングプライドが最悪の最内枠に入った。同馬は出遅れ癖のある馬で、突如、先行策にでるとも考えづらい。包まれることを警戒して最後方まで下げて、道中外を回る作戦しか取ることができないと思われ、先行有利の過去傾向を勘案すると、かなりロスの多い競馬となりそうだ。この馬が飛ぶようだと配当も大幅に上がりそうで面白いことになりそう。

逃げ馬不在。得てしてこういう場合は先行争いが激しくなりペースが上がることもあるが、今回の場合は距離を考慮して、各馬とも前半からビュンビュン飛ばすことはなさそうで、テンは落ち着きそう。こうなれば圧倒的に前有利な流れが見込めるので、底力上位の先行馬のチョイスはもちろんのこと、前でアドバンテージを握れる人気薄にもチャンスがありそう。


【結論】
◎タガノエクリプス
前々走の総武S(中山9F)での、前傾ラップを4角4番手から早め抜け出した底力は立派。前走は少し忙しいマイルで、しかもスタート地点の芝で置かれてしまったが、今回、適距離でスタート地点もダートなら前にいけるはずで、人気面からも妙味ある。

○ドンクール
前々走の仁川S(阪神10F)は、ペースは緩かったが、先行して突かれる展開を粘りこんだ底力はそれなりに評価できる。一気の距離延長も、楽に先行でき自分の一定ラップを刻み、底力を活かせたのが良かったよう。転厩初戦となる今回、陣営も気合が入っているようで休み明けでもビッシリ追ってきており、状態に不安はなさそう。

▲マルブツリード
前走の東海S(中京11.5F)では、上がり5Fから持続力を問われる流れを、前でこの馬なりに粘ってはいる。前々走のアンタレスS(京都9F)でも、テンから行きっぷりは良く、中盤から速くなる持続力を問われる流れをそれなりに前で粘りこんだ。オープンクラスでもそこそこやれており、展開利のある今回はアンカツ乗り変わりで更に前進見込めそう。

△マイネルボウノット
近走は不振が続いているが、ダート長距離の実績は抜群の馬なので、展開利を活かし外から自分のペースを守れれば馬券圏内に入ってきても驚けない。

消ロングプライド
前述のとおりロスの大きい競馬となりそうだし、ユタカ乗り変わりで人気集中するのは確実で、妙味の面から全く触手が動かない。


<本線>馬連B:◎,○,▲(3点)
<色気>3連単F:◎,○,▲→◎,○,▲→◎,○,▲,△(12点)
<抑え>ワイドF:◎-○,▲,△(3点)


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【展開予想】
まずは、先週予想分から同コース傾向の抜粋リサイクル(;゚∀゚)ゝ”

中京8.5Fは、ダート8.5F戦の中では1角までの距離が最も長く、3角から下り続けることによるロングスパートコースなだけに額面よりもスタミナを問われるコース。現に、準OP・OPでの複勝圏内馬の前走距離を見てみると、3着内48頭中45.8%に当たる22頭が9Fからの転戦馬。(検索期間:040523~080524)

ハナに行きたいスペラーレ・ゴールドイモン・ワイルドソニックと外枠に集まった。見るからにハナ争いが激化しそうでテンがかなり速くなる。狙いはこの先団より一歩後ろで折り合える先行馬で、思いのほか速くなるようなら後方からの馬にも出番がありそう。


【結論】
◎エイシンハンコック
前々走の伊良湖特別(中京8.5F)での、コースなりの一貫したラップで、上がりもまとまった底力を問われる流れを4角先頭から粘りこんだ底力は相当。

○ニッシンテースト
前走の中ノ岳特別(新潟9F)は、テン・中盤とも速い前傾ラップを4角4番手とかなりきつい展開となったが、上がりもそれなりまとめて良く粘りこんでおり、底力を評価できる。
前々走の1000万下(京都9F)での、テン速く中盤もそこそこの前傾ラップで上がりのかかりすぎない底力を問われる流れを、内々をロス無く走れたにしても差し込めた点も評価できる。

×シルクパスワード
前走の1000万下(京都7F)での、この距離にしてはテン・中盤ともやや緩んだ前に有利な流れを差し込んできた瞬発力は評価できる。

×アールヌーヴォー
前走の桃山特別(京都9F)での、中盤締まり上がりも掛かり過ぎない底力を問われる流れを差し込んだ底力は評価できる。

×スペラーレ
前走の1000万下(中京8.5F)での、テン・中盤ともそこそこの割には上がりもまとまった好ラップを、ハナを奪い粘りこんだ底力は評価できる。ただ、今回は同型が多く前走のようにすんなりハナを奪うのは難しそうなので、相手評価まで。


<本線>馬単F:◎,○→◎,○,×(8点)
<色気>3連複2軸:◎,○-×(3点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【過去傾向分析/展開予想】
'07良:34.1-23.4-34.8=1.32.3
'06良:34.8-23.3-34.5=1.32.6
'05良:33.9-23.5-34.9=1.32.3
'04稍:33.7-23.8-35.1=1.32.6
'03良:34.5-23.2-34.4=1.32.1

さすがは東京マイルで行われる国際G1だけに、過去5年1度も緩んだ流れにはならず、底力を問われる。さらに、テン・中盤とも速い流れであるのに上がりも掛かり過ぎておらず、長く脚を使う持続力も試される。軽い瞬発力だけで戦跡を残してきた馬にはかなりきつい流れとなりそうだ。
直線部の長いコースでこれだけの厳しい流れとなるからには、相当なスタミナが必要となるはずで、10Fくらいまでの距離適正は必要だろう。逆に、ギリギリ8Fまでといった馬は最後の直線で脚が上がることになる。

コンゴウリキシオーが楽にハナに立てそうなメンバー構成。例年であれば、スプリント色の強い逃げ馬がレースを引っ張るか、昨年のようにハナ争いがやや激しくなってテンが速くなるかが通例であるが、今年はどうもテンが落ち着きそうな気配。となると、中盤から速くなることに対応できる持続力は必須としても、テンが緩む分だけ最後の直線でのキレも必要になりそうで、スタミナに偏重したヨーロピアンはキレ負けする分だけ、やや分が悪い流れと言えそう。


【結論】
◎スズカフェニックス
4走前の阪神C(阪神7F)では、コースなりの一貫した流れで差し切った底力&瞬発力を。3走前の阪急杯(阪神7F)でも、テンはやや緩んだが中盤締まった持続力を問われる流れで、59kgでこの流れを差し込める底力&持続力を披露。前走の京王杯SC(東京7F)では逆に、究極の瞬発力勝負で遅れるところを見せた。
要は、ある程度締まった流れの中で瞬発力&長く良い脚を使う持続力を持った馬で、今回の流れにはぴったり。

△ハイヤーゲーム
2走前の中京記念(中京10F)は、一貫した流れを早め抜け出した分、きつい展開に。それにしては良く粘りこんでおり、底力を評価できる。

△ニシノマナムスメ
前々走のマイラーズC(阪神8F)は、中盤締まった底力を問われる流れで、カンパニーにクビ差は相当な底力。前走のヴィクトリアマイル(東京8F)では究極の上がり勝負でキレ負けしたが、前々走見せた底力なら、流れの締まる今回は逆に浮上する可能性がある。

△ジョリーダンス
昨年の3着馬で、流れが厳しくなる混合戦で浮上する底力型。この馬も前走のヴィクトリアマイル(東京8F)では究極の上がり勝負でキレ負けしたが、今回は持ち前の底力を活かせる流れになる。

△コンゴウリキシオー
昨年はトラックバイアスに恵まれた感はあるも2着。今年は昨年より更に楽に逃げられそうで、復調さえしていれば、持ち前の底力でそこそこやれて当然。

△エアシェイディ
4走前のキャピタルS(東京8F)での、一貫した流れで差しこんで見せた底力&瞬発力はなかなか。

×スーパーホーネット
3走前のマイルCS(京都8F)での、一貫した流れを差し込めた底力&瞬発力は立派。ただ、元来、前走の京王杯SC(東京7F)で見せた究極の瞬発力が武器の馬で、流れの締まってくる今回は人気ほどの信頼は置けない。

消ウオッカ
前走のヴィクトリアマイル(東京8F)は、得意の瞬発戦。今回は逆に一線級との対戦では得意とは言えない締まった流れになるし、なにより大幅馬体減での好走後だけに反動をかなり疑われる。

消グッドババ
昨年はスズカフェニックスより前にいながら、前有利な馬場でも差された点は、瞬発力の低さだろう。今年は更に道中が緩みキレを要求されるだけに厳しい展開になりそう。5連勝中と見た目のインパクトが強烈だけに消して妙味を追いたい。


<本線>馬単:◎→△,×(6点)
<色気>3連複:◎-△,×-△,×(15点)
<抑え>ワイド:◎-△(5点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【過去傾向分析/展開予想】
'07良:34.4-25.4-37.1=1.36.9
'06良:34.1-24.8-38.3=1.37.2
'05良:34.7-24.4-37.4=1.36.5
'04良:34.3-24.7-37.0=1.36.0
'03良:33.5-24.4-37.9=1.35.8

まず、全体を通して目に付くのが、テンの速さ。東京8F古馬1000万クラスのテン3Fの平均が35.3であるのに対し、過去5年ともそれを大きく上回るテンの速さ。これは、この時期3歳ダート路線の距離のバリエーションが乏しいため、スプリント色の強い逃げ馬が出走し、テンから飛ばしていく為と考えられる。

その他、気づいた点を以下に羅列してみる。

①前走距離
今回延長(0,0,0,16/16)
同距離 (1.1.1.14/17)
今回短縮(4,4,4,34/46)
の結果が示すとおり、圧倒的に距離短縮馬が有利。これは、直線部の長い東京8F戦は額面よりもスタミナが要求されることを物語っている。

②脚質
4角2桁番手から3着内に入線したのは前崩れの流れとなった06年だけで、残りの年は、ほぼ先団から中団の2~7番手くらい。直線長いと言っても、ダートコースではある程度追走できるスピードが無いと勝負にならないことを証明している。

③その他ラップ
4角→直線に当たる、上がり4F→3Fのラップが0.4秒以上速くなった07年・04年。中盤の緩み方により直線長いコースらしい瞬発力を問われる流れになることも展開のバリエーションとして認識しておく必要がありそう。


以上を踏まえた上で、今回の展開予想を行う。
シルクビッグタイムがハナを主張すれば、ユビキタスは無理にハナにこだわることはせず折り合いを付け、テンは落ちつきそう。そうなれば、コースなりに中盤は流れ、長く良い脚を使える持続力が最も重要な要素となる。中盤が思いのほか緩むようなことがあれば、直線に入ってからの加速力を持った馬にも台頭の余地はある。この辺は、どちらかのパターンに決め打つのは難しいので、どっちに転んでも良いように馬券を組み立てた方が無難か。いずれにせよ、テンが猛烈に速くならない以上、ある程度前に行ってのポジショニングのアドバンテージ確保は必須で、スピード能力の把握も重要な要素となる。


【結論】
◎ユビキタス
前走の昇竜S(中京8.5F)は、テンは緩んだが、中盤からは12秒台前半のラップが続く持続力を問われる流れを自ら刻みながら押しきった持続力&瞬発力は秀逸。
前々走の端午S(京都9F)は、中盤がかなり締まるも、上がりはそれほど掛からない底力を問われる流れで、右回りでコーナーでモタれるところがありながら、前で粘りこんだ底力は相当。
この近2走の走りからは、このメンバーでなら一枚上の実力。人気でも中心視。

○ドリームスカイラブ
前走の500万下(東京7F)は、中盤やや緩んだものの、概ね古馬1000万クラス並の一貫した流れで、先団に位置取れるスピード、長く良い脚を使った持続力はなかなかの内容。

▲ナンヨーヒルトップ
3走前のヒヤシンンスS(東京8F)は、テンがかなり速く中盤も締まった前傾ラップで、前に相当きつい流れをここまで粘りこんだ底力は立派。

△アンダーカウンター
3走前の500万下(阪神7F)は、中盤がやや緩み上がりの速くなった流れで前に向く展開を、中団から差し切った瞬発力は評価できる。

△スカーレットライン
前々走の500万下(中山9F)は、テン速く中盤もそこそこの前傾ラップで、上がりがかなり掛かった消耗戦で結局前に行った馬が残る形。テンのスピードがモノをいったレースを前に行けた点を評価。

×シルクビッグタイム
前々走のバイオレットS(東京7F)は、中盤がかなり緩み上がりが速くなり、瞬発力を問われる流れで、一瞬にして抜け出した瞬発力は相当。

×ドリームシグナル
シンザン記念で見せた厳しい流れから差し込んだ底力と、抜群のマイル適正は評価でき、初ダート馬の中ではこの馬だけは拾っておこう。

消サダムイダテン
人気先行の馬にユタカ騎乗。初ダートでしかも芝のレースでの好走は瞬発戦ばかりで今回の流れは真逆。父フォーティーナイナーということでダート適正はあるはずにしても、これだけ妙味の無い馬には、仮にダートで怪物だったとしても、ここで身銭を投じる価値を全く感じない。


<本線>馬単:◎→○,▲,△,×(6点) 的中!! ◎→× 11.4倍
<色気>3連単F:◎→○,▲→△,×(8点)
<色気>3連単F◎→△,×→○,▲(8点)
<色気>3連単F◎→○,▲→○,▲(2点)
<抑え>ワイド:◎-○,▲,△(4点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【コース特性・展開予想】
中京8.5Fは、ダート8.5F戦の中では1角までの距離が最も長く、3角から下り続けることによるロングスパートコースなだけに額面よりもスタミナを問われるコース。現に、準OP・OPでの複勝圏内馬の前走距離を見てみると、3着内48頭中45.8%に当たる22頭が9Fからの転戦馬。(検索期間:040523~080524)

ゴッドヘイローがハナを切るならテンは緩まない。断然人気のシルクウィザードも先団から早め進出の競馬を見せそうで、他馬もそれに合わせて仕掛けるはずで厳しい流れとなりそう。底力に突出した先行馬と、穴なら流れが向きそうな差し・追込馬に狙いが立つ。


【結論】
◎ドリーミーペガサス
前走の1000万下(中京8.5F)での、1角でかなり外を回らされながら、一貫した流れを前で押しきった底力は立派。攻めも良く動いているしポン駆けも利くタイプで、絶好枠から先行できれば勝機はある。

○シルクウィザード
前走の1000万下(東京8F)は、長期休み明けながら楽にハナを切り、直線も突き放す強い内容。休み前は8.5F以上でも成績を残していた馬でスタミナにも不安は無い。

×アグネスネクタル,フォグキャスケード,ヤマタケゴールデン,ビッグカポネ,アクセルホッパー


<本線>3連単F:◎,○→◎,○→×(10点)
<本線>3連単F:◎,○→×→◎,○(10点)
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【過去傾向分析/展開予想】
女傑ウォッカが勝った07年こそ上がり4F→3Fが0.8秒速くなる瞬発力を問われる流れとなったが、例年は中盤の締まった流れで、長く良い脚を使う持続力と底力を問われるのがデフォルト。

前走、ハイラップで逃げ粘ったアグネススターチがハナを切り、サクセスブロッケン・レッツゴーキリシマが続き、ショウナンアルバも早めに前を捕まえにいく競馬を見せそうで、思いのほか厳しい流れとなりそう。流れは差し馬向きで、東京で問われる底力と瞬発力の総合力を見せた馬に狙いが立つ。重馬場が残りそうなので、道悪下手には手をださないように注意したい。


【結論】
◎アドマイヤコマンド
前々走の毎日杯(阪神9F)は、前の馬がフラフラしていて何度かブレーキをかける場面がありながら、デビュー2戦目で厳しい流れを差し込める底力を披露。前走の青葉賞(東京12F)では、緩い流れを前で折り合い、速い上がりを繰り出す行儀の良さと瞬発力を見せた。この2戦で東京で必要な底力と瞬発力の証明は済んだと見たい。

○ディープスカイ
前走のNHKマイルC(東京8F)での、内目の荒れ馬場を苦にせず、一瞬で差し込んできた瞬発力は秀逸。前々走の毎日杯(阪神9F)では、厳しい流れを差し切った底力も披露。力は最上位も人気的な妙味から○評価に。

△ブラックシェル
前走のNHKマイルC(東京8F)は、内を回り、究極の上がり勝負で4角5番手と上位入線馬の中では最も前の位置取りで、瞬発力で劣る分をポジショニングでカバー。勝ち馬には0.3秒差離されたが良く粘っており、底力とある程度の瞬発力も見せた。距離伸びてなお良さそうな感。前々走の弥生賞(中山10F)では、中盤が緩んだことで瞬発力を繰り出せた。この遅いペースであっても中団の位置取りとなってしまう先行力の乏しさは小回り中山では致命的も、広いコースに変われば武器となる。

△タケミカヅチ
前走の皐月賞(中山10F)は、行くところ前が開き恵まれた感はあるが、この流れでも差し込める瞬発力は優秀。厳しい流れとなった共同通信杯(東京9F)でも実績はあるだけに、やれる下地は十分。

△モンテクリスエス
前走の青葉賞(東京12F)での、開幕週の緩い流れで外を回ってここまで差し込める瞬発力は相当。

△レインボーペガサス
前走の皐月賞(中山10F)は、馬群をスムーズに捌くことは出来なかったが、4角13番手からの決め手は目を惹いた。

△エーシンフォワード
前々走のNZT(中山8F)は、流れも向いたが、前傾ラップを差し込める底力は評価できる。3走前のアーリントンC(阪神8F)での、久々の状態でディープスカイ・ノットアローンを差し切った瞬発力は秀逸。距離に不安は確かにあるが、ここまで人気がないならこなせる方に妙味を感じる。

×マイネルチャールズ
言わずもがなの底力特化型。弥生賞などでもある程度の瞬発力を披露しており、この馬が勝っても不思議は無い。ただ、能力は既に周知されており、人気の面からの妙味は追いづらい。


<本線>馬単:◎→△,×(7点)
<色気>馬連:◎-○(1点)
<抑え>ワイド:◎-△(5点)