ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析】
フェブラリーS

'08年:テン・中盤ともそこそこ速く上がりも纏めた好ラップ。スピードに加え、底力・持続力・スタミナまでも試されるハイレベルレース。

'07年:中盤緩んだ流れ。東京の長い直線で、瞬発力を試されるレースとなった。

'06年:テン・中盤ともかなり速い前傾ラップ。

'05年:テン・中盤とも速い前傾ラップ。

'04年:テン・中盤とも緩んだ流れ。


【展開予想】
エスポワールシチーがハナを切れば隊列は落ち着き、テンが激化することはない。先行勢は豊富でフェラリーピサ・カジノドライブ・バンブーエールそれに後藤J騎乗のキクノサリーレあたりも早めに動き出す競馬をしそうで中盤は締まってきそう。G1らしい厳しい流れとなるので、底力と持続力を兼ね備えた馬でなければ勝ち負けは難しい。
前日馬場傾向を見ると金曜の雨の影響で馬場はかなり速いので、そこそこの位置は取れるスピードは欲しい。


【見解】
◎(9)ヴァーミリアン
過去傾向分析でも見たように昨年のフェブラリーSは秀逸の内容。前々走・前走は展開面で向かなかった分だけカネヒキリに後塵を拝しているだけで、その割には人気落ちしており妙味は十分。特に前々走のJCD(阪神9F/3着)は、1角でぶつけられて位置取りが後ろに。そこから、テンが緩んだが中盤かなり締まった流れを外を回り位置を押し上げ4角5番手から差し込んできた持続力&底力は秀逸の内容でもあり、力の衰えなど感じられない。

○(10)ビクトリーテツニー
前々走のカペラS(中山6F/1着)での、テンの速い流れを4角12番手から上がりも纏めて差しきった底力&持続力は秀逸。前走の根岸SはノリJの一発狙いの騎乗も、馬群を捌けず不完全燃焼で、人気落ちする分だけ逆に妙味がある。

▲(7)ヒシカツリーダー
前々走のジャニュアリーS(中山6F/1着)での、コースなりの一貫した流れを、4角10番手から外を回り上がりも速い好ラップで勝ちきった底力&持続力は秀逸。前走の根岸Sで力を証明してしまった分だけ妙味が落ちるので、○との序列に。

△(1)カフェオリンポス
前走のアルデバランS(京都9F/2着)での、テン・中盤とも速い前傾ラップを流れに乗り、4角2番手から粘りこんだ底力は評価できる。長期休み明けで余裕残しであったこともあり、更に上積み見込める。

△(2)カネヒキリ
力があることは認めるも、前走の川崎記念(川崎10.5F/1着)は、テン・中盤ともかなり緩んだ流れを番手で流れが向いただけで時計も平凡だし、前々走の東京大賞典(大井10F/1着)もテン猛烈に緩み中盤も緩んだ流れを3番手で流れに乗れて展開向いた分だけヴァーミリアンの上にこれた。3走前のJCD(阪神9F/1着)は、テンが緩んだが中盤かなり締まった流れを、4角5番手から抜け出した底力は秀逸ではあるが、ぽっかり開いた最内を回れた運もあったのも事実。
近3走のG13連勝はヴィジュアル的に鮮烈な印象を受けるが、とにかくどのレースも恵まれたもので上積みは見込みようがない今回は、この人気なら評価を下げるのが定石。

△(3)サンライズバッカス
前々走のJCD(阪神9F/4着)での、例年に比べ中盤がやや緩んだ流れを、4角11番手から大外を回り差し込んだ瞬発力は秀逸。

△(8)キクノサリーレ
3走前の準OP(中山9F/1着)での、中盤がかなり締まった割りに上がり掛かりすぎない好ラップを、捲って4角2番手から粘りこんだ持続力&底力は秀逸。

△(12)エスポワールシチー
3走前の準OP(東京8F/1着)での、テン・中盤とも一貫した流れで上がりの速い好ラップを自ら刻み逃げ切ったスピード&持続力は秀逸。ただ、前走の平安S(京都9F/2着)は、中盤が大きく緩んだ流れを自ら刻みながら勝ちきれなかった点は不満で、少し評価下げた。

△(16)フェラーリピサ
前走の根岸S(東京7F/1着)での、テンやや速いが、その分中盤が緩み上がりの速い流れを、前に位置取れるスピードは優秀。


【買い目】
090222東京11R



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト
【展開予想】
コウジンアルスが何が何でもハナにこだわりそうだし、先行勢も多く、アクセルファイヤーも毎度おなじみ捲くりを打ちそう。先行有利の馬場は百も承知もこれだけ前が速くなりそうなら、展開向く人気薄の差し馬を狙いたい。


【見解】
◎(3)スペースフライト
前走の1000万下(京都7F/1着)での、この馬場にしてはテン・中盤ともやや緩んだ流れを、4角9番手から差しきった瞬発力は評価できる。流れが向きそうな今回は更に前進見込めそうだし、小回り内枠得意のこの馬にとって、今回の舞台は絶好。

○(1)タートルベイ
前々走の1000万下(京都9F/1着)での、テンが猛烈に速い分、中盤緩んだがテンの速さは強烈で前崩れの展開が嵌ったのは確かも、この流れを差しきった底力は評価できる。


【買い目】
090215小倉11R






参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
【展開予想】
大外枠のメイショウダグザが行く気を見せる鞍上で譲らない構えを見せれば、他馬は折り合いをつけそれほどテンが速くなることはなさそう。ただ、先行馬は多く前に圧が掛かり前傾化しそうなので、流れが向くのは差し馬か。


【見解】
◎(5)カネトシコウショウ
前走の500万下(京都9F/2着)での、テン・中盤とも速い前傾ラップで上がりも纏めた好ラップを、4角先頭から粘りこんだ底力&持続力は秀逸。古馬1000万下並の好時計。
ハナにこだわるタイプでもないし、距離短縮でもう少し位置を下げられれば展開が向く分、更にプラス。

○(10)キクノアポロ
前々走の500万下(中京8.5F/1着)での、テン緩んだ流れを、向正面から位置を押し上げ差しきった持続力は優秀。大トビで広いコースが合いそうなので、東京変わりはプラス。

▲(3)アドバンスウェイ
前走の500万下(東京8F/1着)での、テンやや緩んだ分、中盤締まった流れを、出遅れて4角10番手から大外を回り差し込んだ瞬発力は秀逸。

△(4)リスペクトキャット
△(7)レッドヴァンクール
△(8)グラスキング
△(9)ラヴェリータ
△(11)エイシナマデウス
△(12)ゼットサンサン
△(13)メイショウダグザ


【買い目】
090215東京9R






参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
【過去傾向分析】
きさらぎ賞

'08:中盤締まった流れ。
'07:テン緩く中盤は更に緩んだ割りに上がりの掛かった凡ラップ。馬場良くこの流れになると、後ろの馬ではどうにもならない。
'06:テンかなり速く中盤もそこそこの前傾ラップで上がりも纏めた好ラップ。
'05:テン緩んだ分、中盤締まった流れで、勝ち馬のコンゴウリキシオーが持続力を活かしきったレース。
'04:テン速く中盤もそこそこの前傾ラップで、上がりも掛かり過ぎない好ラップ。

※京都外回りコースだけに上がりだけの競馬になりがちな印象を持ちえそうだが、実際は'07年を除きどのレースも中盤締まってくる傾向がある。これなら、激緩の流れを上がりだけの競馬で人気なるような馬は、軽視して妙味を追える。


【展開予想】
スピードの違いでリーチザクラウンがハナを切りそう。少頭数でもあるし、断然人気のリーチに競りかける馬もおらなそうなので、流れは落ち着く。ただ、前日段階で馬場はかなり重いので、キレで勝負するタイプは決め手を削がれそう。


【見解】
◎(7)リーチザクラウン
前々走の500万下(阪神8F/1着)での、テン緩んだ分、中盤締まった流れを自ら刻み逃げ切った持続力は秀逸。古馬準OP並の好時計。
今回主導権を握れるメンバーだし、この馬場なら一瞬のキレのある馬に足をすくわれることもなさそうで順当勝ち濃厚。

△(4)キタサンガイセン
前走の500万下(中京10F/1着)での、テンがかなり速く中盤も速い前傾ラップを、4角7番手から外を回り差しきった底力は評価できる。

△(6)ハイローラー
前走の京成杯(中山10F/5着)での、テン速く中盤大きく緩んだ中弛みラップで、逃げ・番手と追込に向く流れを、緩んだところで位置を押し上げ大外から差し込んだ持続力は評価できる。

△(8)スズノハミルトン
3走前の500万下(京都7F/1着)での、中盤やや緩み上がりの速い流れを、坂の下りを利用して加速し外を回り差し切った持続力は評価できる。

△(10)ベストメンバー
前走の500万下(中山10F/1着)での、テン・中盤ともかなり速い前傾ラップを、4角6番手から大外を回り差しきった底力は優秀。古馬1000万下を上回る好時計。

消(2)ダノンカモン、(3)リクエストソング
中盤緩んだ流れを一瞬のキレで勝負してきたタイプで、重い馬場では良さが削がれそう。両馬とも人気になりそうなので、ここは消して妙味を追いたい。

◎アタマ固定の馬単で買ってみたいと思います。


【買い目】
090215京都11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
【前日馬場傾向】
4R:C3(7F) 1:32:1/1:30:7(平均)
6R:C2(8F) 1:44:1/1:44:4(平均)
7F:C2(7.5F) 1:37:6/1:37:0(平均)
9R:C2(8F) 1:43:6/1:44:4(平均)
11R:C1(7.5F) 1:35:8/1:36:8(平均)
※バラツキがあり傾向をつかみ辛い面はあるが、やや時計の出やすい馬場と言えそう。



【前哨戦分析】
2009年01月22日 ダ1600m (内) ’09桃花賞 3歳牝馬オープン 準重賞 (稍重)
C1(6F)1:14:5/1:13:5、C2(8F)1:43:5/1:43:3、C2(7F)1:29:1/1:28:5 ~低速(+0.6)~
12.6-11.8-12.9-13.0-12.7-13.3-13.7-13.3 (37.3-25.7-40.3=1.43.3)
※中盤緩んだ割りに上がりの掛かった凡ラップ。時計も平凡。


2009年01月14日 浦和ダ1600m 第52回 ニューイヤーカップ(SIII) 3歳オープン (良)
C2(7.5F)1:38:4/1:37:0、C2(8F)1:45:2/1:44:4 ~低速馬場(+0.8)~
12.7-11.3-12.1-13.3-13.2-13.1-14.8-13.0 (36.1-26.5-40.9=1.43.5)
※猛烈にテン速く中盤もそこそこの前傾ラップ。勝ちタイムは古馬Bクラスを大きく上回る好時計。
7着タッチブライト・8着クラフィンライデン:猛烈な前傾ラップに飲み込まれる格好となったが、この流れで前に行けたスピードは評価できる。
1着モエレエターナル:前傾ラップを向正面から一気に捲くって差しきった持続力&底力は秀逸。


2008年12月31日 大井ダ1600m (内) 第32回 東京2歳優駿牝馬(SⅠ) 2歳牝馬オープン 重賞 (良)
C2(6F)1:14:0/1:14:1、C2(8F)1:44:1/1:43:3、C3(6F)1:15:1/1:15:4 ~標準馬場~
12.2-11.6-13.0-13.2-13.0-13.0-12.8-13.0 (36.8-26.2-38.8=1.41.8)
※テン速い分、中盤緩んだ流れ。
2着クラフィンライデン:速いテンを前に位置とったスピードは評価できるも中盤緩んだ割には上がりがやや掛かり過ぎた印象。
3着エロージュ:流れに乗り、4角4番手からそれなりに差し込んできた持続力は評価できる。
5着ロマ:流れには乗れなかったが、4角12番手から差し込んできた瞬発力は見所ある。



【見解】
前走圧巻の内容だったモエレエターナルが捲くって前を捉える展開で間違いなさそう。あとはどのくらいのタイミングで前を捕まえるかが前の組と後ろの組の展開利に影響を与えることになる。小回り浦和なら、それほど速くはならなそうな今回のメンバーなら前に行っていた方が良いに決まっているので、1着:モエレ→2着:前残り→3着:前残りor差込み くらいの感じで。

◎(7)モエレエターナル
○(3)クラフィンライデン
▲(10)エロージュ
△(4)タッチブライト
×(6)ロマ

3連単:◎→○,▲,△→○,▲,△,×(9点)



【買い目】
090211浦和11R



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
共同通信杯

12.4-11.5-11.7-12.2-12.6-12.0-11.6-11.6-11.7
(35.6-36.8-34.9=1.47.3)
テン速く中盤も例年に比べればそこそこ流れた中、上がりも纏めた好ラップで、好時計。


1着△ブレイクランアウト
最内をロスなく回ったとはいえ4角8番手から一気に抜け出した瞬発力&持続力は秀逸。

2着△トーセンジョーダン
3番手に位置取れたスピードは流石。ただ、勝ち馬には完全にキレ負けした印象でやはり小回り向き。

3着…トップカミング
前走マイル戦で先行できるスピードがあるはずも、今回はなかなか流れに乗れなかったのは連戦による使い詰めの影響か。そんな中でも、4角10番手から相手なりに差し込んできた瞬発力は評価できる。



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
【過去傾向分析】
・スタート後の2角ですぐにコーナーに差し掛かるので、多頭数になったときの大外枠は距離損大きく不利。内枠も馬群が内に寄ってくるので不利を受けることがある。
・中盤が3~4角にあたりスピードを上げづらいのと、長い直線を勘案してココでは緩む傾向。その分、4角から直線入口に当たる6F→7Fでのラップの上がり方は強烈で、ココで離されることのない瞬発力があるかが、ひとつのポイント。


【展開予想】
内からスピードのあるフレンドケントがハナを主張すれば隊列はすんなり決まりそうでオーバーペースになることはない。中盤は例年通り緩む傾向になるとすると、ある程度流れにの乗れて瞬発力に勝る馬が最も有利。


【狙い目】
◎(7)ショウナンアルディ
前走の中京2歳S(中京9F/2着)での、中盤かなり緩んだ流れを、外を回り4角9番手から差し込んだ瞬発力は優秀。ネオユニヴァース×トニービンの配合で東京変わりは好材料のはずで、持ち前の瞬発力を持ってすれば台頭する可能性は十分ある。

△(3)トーセンジョーダン
前走のホープフルS(中山10F/1着)は、テンかなり速く中盤そこそこの前傾ラップも、上がりも纏めた好ラップ。4角→直線入口にあたる8F→9Fで1.2秒ラップが上がっている。これは先頭に立ったトーセンジョーダンが計時したラップであり、この厳しい流れの中での底力&瞬発力は秀逸。近5年で最も優秀な時計で、'07マイネルチャールズ/ブラックシェル、'06ニュービギニング/サンツェッペリンを圧倒。
ただ、前走はかなり仕上げた感があるし、持続力&底力で勝負するタイプで新馬でキレ負けしていただけに東京変わりで上積みは厳しそう。

△(5)ブレイクランアウト
△(6)シェーンヴァルト
ともに広いコースが向きそうなタイプ。


【買い目】
090208東京11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。