ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイでウオッカが強い逃げ馬を追いかけたばっかりにバッタリ止まったレースが、イメージ的に合うこのレース。
[090329中山12R マーチS(G3)予想]の続きを読む
スポンサーサイト
ドバイ観戦の前に、まずは1鞍。
[090329阪神9R 四国新聞杯(1000万下)予想]の続きを読む
吉田兄と後藤が揃って外枠。
なんかありそう。。
[090322中山10R 下総S予想]の続きを読む
小回り中山9F戦で皐月賞にも繋がる底力レース。
人気の瞬発力型が飛ぶ流れに想定できそうで、楽しみ多い(・∀・)ニヤニヤ
[090322中山11R スプリングS予想]の続きを読む
最近のお天気も相まって馬場状態の想定が難解な芝レースは、土曜競馬では全スルー。
前哨戦でのラップ適正が千差万別に表れる中距離レースが好きなのもあって、平場と言えどもココをチョイス。
[090321中山12R 1000万下予想]の続きを読む
東西メインよりも、馬券的にはこっちの方が面白そう。
[090315阪神10R 甲南S予想]の続きを読む
道悪・混戦のG3。
それほど熱くなる必要も無いレースで、なぜか過去最高クラスの長文エントリw
[090315中山11R 中山牝馬S予想]の続きを読む
残業帰りで眠い目を擦りながら、なんとか予想を仕上げマスタ。。
結果よりこの労力に賛辞を!
[080314阪神11R ポラリスS予想]の続きを読む
道悪の残りそうな中山で、底力上位のロジユニヴァースが断然の人気を被りそうな弥生賞よりは、こちらのレースの方が実力拮抗しており馬券的な楽しみありそう。


【展開予想】
フリートアドミラルの単騎逃げが濃厚。好位に位置取るマコトスパルビエロは厳しい流れに持ち込むタイプではないし、他に強力な先行馬も不在で流れは落ち着きそう。この流れになれば前に有利なコースだけに、先行力の無い後ろの馬にはかなりきつい流れ。更に馬場も速いので前はなかなか捕まらない。


【見解】
消(1)タイキヴァンベール
先行力不足。

×(2)クリーン
それほどスピードがあるわけでも無いが、このコースに相性の良いリファール系でこの鞍上だけに3着までなら。

△(3)イブロン
前走のアルデバランS(京都9F/3着)での、テン・中盤とも速い前傾ラップを前に行けたスピードは評価できる。

◎(4)フリートアドミラル
前走の名鉄杯(中京8.5F/3着)は、テンがかなり速い分、中盤緩んだ流れで逃げ馬が早い段階で失速したため、早めに先頭に立たされた中、捲くられる厳しい流れ。そんな流れで前に行けるスピードと4角2番手からそれほど止まらなかった持続力は評価できる。3走前の準OP(福島8.5F/1着)で見せた、テンやや緩んだ流れを、ハナを切り2着に0.5秒差をつけて逃げ切った持続力もなかなか評価できる。
今回と同じ舞台となった前々走は出遅れで参考外の内容だけに、逆にこれで人気落ちするようなら妙味十分。

消(5)ユウキタイティ
前には行けそうだが、さすがに力不足。

△(6)アロンダイト
長期休み明けも、さすがにG1馬をこのクラスでは軽視できない。

○(7)マコトスパルビエロ
スピードのある方ではないので流れが落ち着く分、先手を取りやすくなる。前で流れに乗れればしぶといタイプで安定感ある。

消(8)エイシンロンバード
前走、長期休み明けで大幅馬体減。陣営からも筋肉が戻りきっていないとの弁がでるようでは。

消(9)エスケーカントリー
この脚質を今回の想定・舞台では買いたくない。

△(10)ドラゴンファイヤー
芝向きではない馬を前2走で芝を使ったのは、いかにも調教代わり。ここでのダート変わりは何とも臭い。

△(11)トーセンアーチャー
前走の準OP(京都9F/1着)での、テンがやや速い流れを捲くって抜け出した底力&持続力は評価できる。

×(12)サトノコクオー
4連勝でアンカツ騎乗の馬が、休み明けでロスの多い外枠。妙味は薄く、積極的には買いたくないタイプ。

消(13)タガノエクリプス
緩い流れの中、後ろからの競馬でロス大きい大外枠はかなり不利。


【買い目】
090308阪神10R





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
【過去傾向分析】
中山記念

・グリーンベルトを通れる逃げ馬が穴を開ける。
・3着内に入線した馬の戦跡を見ると、東京コースではキレ・持続力に劣る馬が、速い流れの中山で底力を活かして浮上するのが定石。


【展開予想】
キングストレイルがハナを切れば隊列は落ち着き、テンはそれほど速くならない。ただ、少頭数で流れが速くなることのなさそうなメンバーであることは誰の目にも明らかなので、人気どころは早めに前を捕まえに行く競馬をするはず。そうなれば、中盤は締まってくるのでキレを求められるようなレースにはならなそう。前半楽ができグリーンベルトを通れる逃げ馬にはかなりのアドバンテージがある。


【見解】
◎(3)キングストレイル
前走のAJCC(中山11F/5着)は、テンがやや速い分、中盤やや緩んだ流れで、擬似直線となる3角→4角の8F→9Fで急激にラップが上がり、そこからの持続力が問われるレース。この速いテンで前に行ける先行力と早めに捲くられる厳しい流れとなったがそれなりに粘り込んだ底力には一定の評価を与えられる。今回のメンバーならハナを切れそうだし、馬場の手助けがある分、前走より前進あっておかしくない。

○(6)アドマイヤフジ
前走の中山金杯(中山/1着)は、テンそこそこで中盤がかなり締まった流れで上がりも纏めた好ラップ。番手で流れに乗った先行力、この流れで4角2番手から58kgを背負って抜け出した持続力&底力は秀逸。

△(7)エアシェイディ
前走のAJCC(中山11F/2着)での、58kgを背負い4角6番手から大外を回り差し込んできた底力と中山巧者振りはさすが。

△(8)トウショウシロッコ
前走のAJCC(中山11F/3着)での、擬似直線に当たる3角から4角で一気に位置を押し上げ4角3番手から粘りこんだ持続力&底力は優秀。

消(5)ドリームジャーニー
時計の掛かる馬場は苦手なタイプ。開幕週とはいえ、週中の雨・雪の影響で重くなった今の芝は不得手で、人気になるだけに消して妙味を感じる。

消(2)カンパニー
この馬も軽い芝の向くタイプ。昨年の勝ち馬ではあるが、今とは違う馬場での結果。


【買い目】
090301中山11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。