ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナにこだわる馬はいないし、押してまで玉砕的に逃げる馬もこの距離ならいないだろう。それでも3歳限定戦らしく、後々には、この距離を主戦場にしないスピードタイプも多く含まれており、例年通り、テンが古馬戦に比べると速くなる。その分、向正面から4角途中まではかなり流れが落ち着き、直線入口から瞬発力を求められる。
纏めると、
・速いテン⇒流れに乗れるスピードが必要。ただ、スピードがありすぎる必要はない。
・3F毎に4分割した内の、緩む区間の第3ブロック⇒行きたがらず、終いの脚に繋げられる折り合い。
・上がり3F⇒直線入口から一気にギアチェンジする瞬発力。
・それなりに流れる前半⇒ヨーイドンの競馬にはならないので、道中脚を使っても、終いに切れる脚を使える底力。

あとは15時台の展開が微妙で、馬場にどのくらいの影響がでるのか注視が必要。


【軸馬】
(12)ホエールキャプチャ
クロフネ産駒で距離の不安が頭をよぎるが、同配合の兄ドリームセーリングは、長距離を主戦場にしているように母系からスタミナを伝えられており、12Fはこなせると見たい。桜花賞では勝ったマルセリーナとは通ったコースが全く違い、こちらはかなり距離ロスがありながら、良く差し込んできた着差以上に強い内容。スピードがありながら、折り合いがつき、反応の良さ&瞬発力もトップレベル。それに前走の桜花賞で前傾ラップを外々を回しながら差し込んで僅差と、底力の裏付けも十分で、それで2番人気なら積極的に狙える。

【相手】
(1)ハブルバブル
底力の裏付けを持った芯のある末脚が持ち味で、直線長いコースで力を最大限に発揮する。ディープ産駒にしてはスピードもあり、流れに乗れるのもいい。2走前のフラワーCでは、勝ったトレンドハンターに比べて展開不利になった上に、直線では前をカットされるところがありながら僅差で、能力に遜色はない。桜花賞ではヴィジュアル的には力負けを感じさせる結果にも映るが、馬体が減り状態面がイマイチだった点、3~4角で一気に来られて位置取りを悪くした展開面を勘案すると、悲観する内容ではない。中間、良化の気配を感じ取れるし、距離延長は望むところの血統面。妙味十分。

(9)マルセリーナ
前走の桜花賞は、2・3着馬に比べると明らかに距離損が少なく、立ち回りの巧さの分だけ着差が開いた。勝負付けは未だ終わっていない段階であるのに、アンカツ騎乗の桜花賞馬という箔がつき、人気先行になるのも無理はない。芯のある末脚で直線長いコースが合うのは間違いなく、適正面でケチをつける気は無いが、この人気を加味すると互角の力を持つと見ているホエールの方から買うのが得策。

【馬場次第でジャッジしたい】
(3)バウンシーチューン
小回りで小脚を使うのがベストなので、普通に考えればここでは要らない。ただし、ステイゴールド産駒らしい道悪巧者で、雨で恩恵を受けられる馬場になるようなら、当然、無視できなくなる。

(8)マイネソルシエール
瞬発力勝負では分が悪いヨーロピアンだが、馬場渋化・ハイペースで上がりの掛かる流れになれば突っ込んでくる。馬場が悪化してくるようだと狙いが立つ。

(17)マイネイサベル
回りの違いが成績に明確に表れるサウスポー。前走のフローラSでは道悪馬場でノメってしまい、残念な競馬になったが、馬場さえ良ければ、父・祖父譲りの長く良い脚で、東京コースで勝負になる。馬場の注文付きで評価したい。

【消し】
(2)メデタシ
前走の桜花賞での競馬ぶりは、残念ながら上位3頭には力負けを感じさせる内容。その上位勢を今回は積極的に買いにでるだけに、ここまでは手を回せない。

(4)エリンコート
この馬のスピード・持続力を活かすには小回りでこそ。

(7)ライステラス
高い水準にあるスピード・持続力・底力を活かすには小回りでこそ。力勝負の直線長いコースでは手が出ない。

(10)デルマドゥルガー
押しても掛かるところが無く制御が利くし、瞬時にトップスピードに乗れる瞬発力を持つ。小回りで器用さを活かす形がベストで、直線長いコースでの力勝負には分が悪い。

(11)アカンサス
瞬発力だけ見れば一線級であることは認めるも、現状では出遅れ癖・折り合いと課題が多い。その上、フジキセキ産駒であることを勘案すると、適正面を度外視可能なこの時期の3歳戦を加味しても、手が出ない。

(13)シシリアンブリーズ
気持ちが前向きで、その気性を瞬発力に昇華できそうな楽しみな馬ではあるが、現時点ではその気性がネックで、狙えるのはもう少し先になってからか。

(14)スピードリッパー
持ち前のスピード&立ち回りの巧さで狙いが立つのは小回りでこそ。

(16)グルヴェイグ
前々走のエルフィンSではマルセリーナに軽く捻られたように、現時点では上位勢と能力差を感じる。その割にディープ×エアグルーヴという血統背景から人気しちゃってるだけに、妙味を考えると一銭も要らない。今回は消し評価になったが、晩成傾向の両親だけに先々が楽しみな馬であることは間違いない。


スポンサーサイト
ハナにこだわる馬はおらず、どの馬がハナを切ってもテンは落ち着く。ただ、前に位置取るブラボーデイジーは底力を活かした競馬に持ち込みたいので、前に圧をかけ、一貫した流れに。ヨーイドンの上がりだけの競馬とはならず、底力もそれなりに求められる。ただ、昨年('10)を除けば、牝馬限定G1ということもあり、このレースは混合G1に比べて道中は緩み、上がり重点の競馬。

先に言っておくと、近走で長めの距離ばかり使われ、後方からの競馬が予想されるブエナビスタ。この馬はゆっくり追走して終いの脚に賭ける競馬がベストで、テンから急がされるマイルが決して得意ではないというのが私の見立て。
ブエナを沈めるにはどうするかを考えた場合、前述のレース展開を勘案すると、位置を取れるスピード&終いの瞬発力&瞬発力を繰り出す折り合いに、ある程度の底力を持つ馬が最有力。この条件に達しているタイプは当然買えるし、そうは言っても、このレベルにまで達した能力の馬はそうはいないので、前で勝負できる馬の粘りこみ(&有力どころの差し損ね)も一考したい。


◎(16)アパパネ
水準以上の瞬発力&持続力を持ち、騎手の指示にも従順で捲ることも可能。競馬が巧く、大崩れしないタイプ。初めての牡馬混合重賞となったマイラーズCでは、正直、底力不足を心配したが、意外にも厳しい流れを後ろの組では最先着となる差し込みを見せた。やはり力があるのを感じたし、ブエナが過剰に売れているだけに、このオッズで買えるというのも妙味ある。

▲(17)ブラボーデイジー
スピードがあり、9Fも走れるスタミナも兼ね備えており、一貫した流れを自ら刻んで粘りこむ東京マイルがベスト条件。今回はマイペースで行けそうで楽しみな存在。

△(1)ワイルドラズベリー
多少カッカするところはあるが、スピードがあり、溜めれば切れる瞬発力を持つので、マイルはベストディスタンス。ここまで人気落ちするなら積極的に買える。

△(2)アニメイトバイオ
テン・上がりが速く、中盤緩んだ中弛みの流れとなったローズSで、中団で流れに乗りやや不利な位置取りとなった中、差し込んできた。このときに見せたスピード&折り合い&瞬発力のコンビネーションは、今回の舞台で求められるところ。

△(15)アプリコットフィズ
3歳時のクイーンC@東京で、高い水準のスピード&折り合い&瞬発力を披露しており、マイル適正あり。攻めを見る限り復調気配を感じられるし、今のユタカなら過剰人気を心配する必要もなく、買える。

×(6)オウケンサクラ
前走の福島牝馬S@新潟では、前崩れの展開を唯一前で粘りこみ、初ブリンカーの効果絶大。今回も有力どころが差し損ねてくるようなら、雪崩れ込める可能性ある。

×(9)ショウリュウムーン
安定感はないが、ハミを変えた'11京都牝馬Sで一変して見せた、瞬時の反応&瞬発力は大きな武器。見限る訳にはいかない。

▽(13)ブエナビスタ
近走、中長距離ばかり使われていること、終いの脚に賭ける競馬をしたいのでテンから仕掛けることはしないことを勘案すると、今回も後方からの競馬となる。ベストはテンゆっくり出して、終いに持ち前の瞬発力を発揮できる中長距離戦。テンから速い展開になったり、スピードも求められるマイル戦では、意外と脆さを見せる印象。

'11ヴィクトリアマイル
メンバーを見渡してみると、逃げ・先行馬多数。このレースは過去7年中4年が前傾ラップとなっているように、元々前のめり気味の傾向があるだけに、今回も速い流れの見立てで間違いないだろう。
前述の前傾ラップとなった4年のレースで3着内に入線した馬の、前3走での距離成績を見ると面白い傾向が垣間見える。前傾ラップの東京マイルだけに、少し長めの9Fで良積が目立つできるのは納得できる。にも関わらず、6Fで良積の割に、10F成績は不振。すなわちこれが意味するところは、速い道中で流れに乗れるスピードは必要となるが、過剰なスタミナは不要であるということ。スタミナがありすぎてスピードが足りないタイプだと、追走に脚を使わされ苦戦するとも言い換えられる。纏めると、スピード・スタミナをバランス良く併せ持つことが必要で、どちらかに偏重するとよくない。これにプラスして、G1の厳しい流れを戦える底力が当然必要になってくる。


【軸馬候補】
(6)ダンスファンタジア
追走スピードはあるが、ムキになって前に行くタイプではない。フェアリーS@中山8Fでの前傾ラップを受けて差し切った好時計勝ちは、底力&持続力を認められ、今回も差しに回る競馬に徹すれば十分通用する可能性がある。前走のフローラSは道悪馬場に殺された面もあるようでノーカウントにできるし、この大敗で人気ガタ落ちなら逆に妙味ビンビン。

(17)コティリオン
「掛かる気性があるので、一貫した流れで、不器用さを相殺できる直線長いコース」がスイートポイントのこの馬にとって、流れが速くなる東京G1はベストの舞台。掛かる気性があるので、スタートから抑えて後方待機の競馬となるが、逆にこの位置取りがハイペースの流れに嵌って好都合。いかにも大舞台で浮上するタイプで、妙味ある。あとはパドックで入れ込んでいないかは注視が必要。

【相手候補】
(1)リアルインパクト
最内枠で距離ロスなくきっちり8Fを回ってくる競馬になるが、包まれても反応の良さがあるので、内から抜けてこれる。ディープ産駒にしてはスタミナに偏重したタイプではなく、マイルこそベストにも感じられる。

(4)エーシンジャッカル
追走スピードがあるし、前走のニュージーランドT@阪神8Fでは前残りの展開を、唯一後ろから差し込み、瞬発力を見せた。500万勝ちの際に前傾ラップを捲って差し切る競馬も披露しているように、底力にそれほど不安は無いと見たい。

(9)ヘニーハウンド
マイルの力勝負に対応できるスタミナがあるかは未知数も、キャリア1戦で臨んだ前走のファルコンS@阪神6Fでの、終始外を回りながら力でねじ伏せた内容は秀逸。まだまだ上積みがありそうで、末恐ろしい存在。

【穴で一考】
(18)オメガブレイン
前走のニュージーランドT@阪神8Fでの大敗は不可解も、500万好時計勝ち@中山8Fでの、前傾ラップを捲り上げた底力&持続力はこの舞台にも繋がりそうな文脈。ノリさん乗り替わりで、終いに賭ける競馬に徹すれば間に合っても不思議は無い。

【軽視して妙味を追いたい】
(13)グランプリボス
持ち前のスピードで前に位置取り、粘りこむ競馬が得意で、小回りの方が合う。速い9F戦となったスプリングSでは抑えが利かず行ってしまい、厳しい流れに飲まれた。スピードに偏重したタイプで、今回は更に厳しい流れが予想され、急流に巻き込まれる可能性が高い。人気になるだけに軽視して妙味を追いたい。

【消し】
(2)リキサンマックス
ハナにこだわる競馬となるので厳しい逆流の展開となる上に、直線に坂があると失速しがちなこの馬にはきついレース。

(3)エイシンオスマン
適距離変わりではあるが、スピードがありすぎる感じで、急流に飲み込まれる。

(5)マイネルラクリマ
スピードに偏重しており、急流に飲み込まれる可能性大。

(7)クリアンサス
スピードがありすぎると言うのもあるが、そもそも牡馬混合戦のG1を戦える底力があるようには思えず。

(8)プレイ
自然に前に行ってしまえば急流に飲み込まれるし、差しに回ったとしても、東京コースで戦えるだけの瞬発力は持ち合わせていない。

(10)フォーエバーマーク
スピードに勝ちすぎたタイプで、牡馬混合戦の厳しい展開ではさすがに荷が重い。

(11)テイエムオオタカ
いくら底力がある馬といっても、スピードがありすぎて急流に飲み込まれるのが目に浮かぶ。

(14)アイヴィーリーグ
前走の500万勝ちは中弛みの流れを捲り差し、持続力を見せた。ただ、G1の厳しい流れをいきなり乗り越えられるほどの底力の裏づけは無く、他にも買いたい馬が多いだけに、ここまで手が回らない。

(16)アドマイヤサガス
直線長いコースでのハイペース力勝負には分が悪い。この馬の切れる脚は、今回想定している流れでは発揮できない。

まず、過去の傾向を振り返っておこう。
向正面~坂の上りで緩み、坂の下りからラップが上がる、上がり4Fのロングスパート戦が毎年の傾向。同様のロングスパート戦となるコースが直結し、同コースの京都が合うのは勿論、阪神内回りコースの直結具合が目を引く。阪神内回りはスパイラルコーナーで長く脚を使え、さらに急坂で距離以上にスタミナを問われる形態が、今回の舞台に合ってくるのは合点がいく。(スタミナが活きてくる点については後述。)
また、このレースのもうひとつの特徴として、「スピード<<スタミナ」の構図が光る。本レース過去6年の3着内馬の血統を勝ち星順に調べてみると、上からマンカフェ・スペシャル・ダンスとスタミナ型サンデーが並び、4着以下もジャンポケ・ホワイトマズルとヨーロピアンが続く。スタミナを求められることが滲み出た、分かりやすい傾向。ついでに、その過去6年3着内馬の前3走を集計してみると、マイル以下の出走はほとんどなく、数少ないマイル成績を見ても不振。すなわち、スピードがありすぎるのは、邪魔にさえなると言うこと。早くもネタバレになるが、マイルで強い競馬で結果を残しているスピード感溢れる圧倒的一番人気の馬は危ないってこと!! >って、宣言しちゃって、大丈夫か?俺っ!

続いて、展開予想。
ハナにこだわるのは(6)サンビーム@藤田Jだけで、無理に押していかなくても先手を取れそうな面子&枠。この馬&鞍上が逃げると速い流れになることはなく、淡々とした流れ。先団から長く脚を使えるタイプが最も得をしそうな展開。


最後に、現時点での見解。

【軸馬候補】
(1)ダノンフェニックス
高評価のクレスコグランドに、前走の500万(京都12F)ではクビ差まで迫った。この馬も道悪でノメって前に行けず、4角では大外を回ったことを考えると、着差以上に強い内容とも言える。中1週で追い切り5本と、状態面の良さが伺えるし、ヤリの気配。クレスコと甲乙付けがたい存在。

(5)クレスコグランド
前走の500万(京都12F)勝ちは、上がり4Fのロングスパート戦を、道中ノメりっぱなしながら勝ちきった持続力&精神面の強さを感じさせる好内容。未勝利勝ちも、阪神内回りでクラスなりに一貫した流れを先団から徐々に加速して勝ちきったもので、まさに今回求められるイメージにピッタリ。鞍上のユタカJは、脚を溜めて瞬発力勝負を好む騎手と巷では見られがちだが、実はこういう長く脚を使える馬を駆って捲りあげるのも得意分野。前走と比較して馬場は合うわ、鞍上強化だわ、人気2頭に不安点があるわの三重の後押しで、自信の本命評価。

【相手候補】
(2)ルイーザシアター
前走の未勝利(中山11F)@好時計勝ちで見せた、捲って抜け出す持続力がこの馬の真骨頂。瞬時に反応できないが、長く脚を使えるので、今回の舞台にも合うはず。人気はないが、積極的に買いたい。

(9)パッションダンス
新馬勝ち(阪神10F)の内容は、このクラスにしては中盤それほど緩むことなく、上がり4Fから速いロングスパート戦で差し有利の展開を、先団から抜け出す着差以上に強い内容でしかも好時計勝ち。やや間隔開いたが、中間も念入りで状態面に不安もなく、経験の浅さを露呈する可能性があっても、積極的に買いたい。

【穴で一考】
(14)コスモヘイガー
近2走は大敗続きで状態面に不安を感じるのは確かも、切れ味勝負に分が悪いこの馬にとって、今回の舞台は手が合うのは間違いない。ここまで人気がないなら、連闘使いで状態が変わってくる方にベット。

【軽視して妙味を追いたい】
(3)レッドセインツ
反応の鈍さがあり、どうしても差し遅れる可能性。そんなタイプでも間に合う可能性がある今回のレースなので無視はできないが、やや人気過剰気味。抑えまでで、飛べば万歳の評価。

(12)レッドデイヴィス
スピードと器用さを武器にする馬で、ロングスパート戦のスタミナ勝負となる今回はベクトルが合わない。この人気で中心視する必要は全く無い。

【状態面に不安が残り、下見所でジャッジを下したい】
(11)ユニバーサルバンク
ハイレベルの前傾ラップ若葉S@今回直結する阪神10Fコースでは、位置取りが後ろからになり、何度かぶつけられたにしては格好をつけており、高評価。ただ、如何せん追い切りがあまりにも不甲斐なく、状態が下降線に入った可能性がある。無視はできないが、この人気で中心視するには不安を感じる。パドックで要注視。

【消し】
(4)マーベラスバロン
掛かる面がある分、重賞の長距離戦では終いにお釣りを残せない。

(6)サンビーム
ハナを切れる展開利を見込めるが、重賞で勝ち負けできる底力の裏づけはなく、手が出ない。

(7)サトノシュレン
持ち前の持続力から適正はあるが、何しろ休み明けには笑けるくらい仕上げてこないテキ。明らかに叩き台と思われ。

(10)サウンドバスター
ダートも走れるし、前走は荒れ馬場を苦にもせず快勝。ただ、重賞を戦うには幾らなんでも重過ぎる印象で、他に買いたい馬が多く、ここまでは手が回らない。

'11京都新聞杯

スピードの違いでピュアオパールがハナで、この馬が引っ張るとテンは速くなる。中盤は例年通り緩むと見て、中弛みの瞬発力戦。

【軸馬候補】
(6)ピュアオパール
9Fは長いのは確かも、それでもこの馬のスピード&底力なら、今回の面子なら前残りを期待できそう。新馬・カンナS勝ちで見せた性能で、ハナを切って自分の競馬に徹して欲しい。前走は馬体減が響いたようなので、当日の状態に注視が必要。

【相手候補】
(3)アカンサス
瞬発力はこの中に入れば抜群だが、現状ではスタート・折り合いと課題も多い。出遅れて後方から直線だけでブッコ抜くシーンも十分可能性はあるが、人気を勘案すると差し遅れる方に賭けて中心視するのは避けたい。

(11)アドマイヤアロング
瞬発力勝負では分が悪いが、スピードがあるので、先団で流れに乗れそう。持続力はそこそこありそうで、今回のメンバーなら前残りを期待できる。

(13)オースミマイカ
東京9Fの大外枠で外を回らされるし、四位Jから三浦Jへの乗り替わりは、終いの脚が鈍化しそう。差し遅れる可能性が高く、アタマからは買いたくない。

【軽視して妙味を追いたい】
(5)シシリアンブリーズ
確かに前走の忘れな草賞は、直線で前が終始壁で脚を余したが、それにしても人気しすぎ。瞬発力が目を見張るほどあるようにも思えず、ここまで人気するなら軽視して妙味を追いたい。

【消し】
(4)エスクルシーヴァ
いかにもヨーロピアン臭のする馬で、さすがにキレ負けしそう。

(8)マイネクイーン
びっしり攻めないと競馬でも動かないズブいタイプで、今回は中8週で5本とやや足りない。瞬発力勝負にそもそも適正は薄いので、ここはケン。

(9)メロークーミス
この馬もヨーロピアンで、軽いキレが求められる流れは不向き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。