ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念は割と傾向が分かりやすく、穴が取れるレースと自負しています。

【傾向①】ローテーション
古馬最高峰G1の秋天・JCに続いての3戦目で、3戦とも皆勤の馬にはお釣りがあまり残っていない。それに、前哨戦で秋にもう1戦使っているようだと、完全にempty。

【傾向②】枠
発馬位置後すぐにコーナーに入るため、外枠の距離ロスは遺憾ともしがたい。外に入った時点で残念感がある。

【傾向③】ヨーロピアンの復権
中山12.5Fは、日本にありながらスピード重視の"日本競馬"とは一線を画す舞台。急坂・小回り・長距離と所謂ヨーロピアンが泣いて喜ぶ場所。
…有馬記念なので、普段は馬券を買わない方々にも一応説明しておくと、"ヨーロピアン"とは中山のような起伏の激しいコースが溢れるヨーロッパ競馬で一世を風靡した種牡馬から生まれた馬に多い、一瞬の瞬発力(←これが日本競馬ではよく求められる性能)はないが、どこまで行ってもバテないスタミナを武器にできる馬たちの総称です。尚、父が日本出身の種牡馬・アメリカ出身の種牡馬であっても、中山が合うような馬はヨーロピアンに含みます。逆に、ヨーロッパ出身種牡馬の産駒であっても、キレッキレの馬はヨーロピアンとは呼びません。



消(1)ブエナビスタ
今秋3度目で言わせて頂きますが、残念ながらブエナのピークは過ぎています。この言葉を初めて言い放った秋天では見事に飛んだが、次走のJCで最も得意な形&究極の仕上げで激走。今回が3度目の正直となる。能力的な問題の他に、今回は適正面からも疑問符が付く。この馬のベスト条件は言わずもがな直線長いコースで、終いにキレを使う形。それが小回り中山で、更に最内枠なら前に出して行かざるを得ず、そうなると持ち前の終いのキレが鈍る。ここまでの名馬の引退レースで申し訳ない気もするが、有終の美はそう簡単には飾れません。消します。

▲(2)ヴィクトワールピサ
中3週で10本と意欲的な攻め内容。前走のJCは試走でここ目標は明らか。前年のチャンピオンホースに適正うんぬんを言っても今更感があるが、兎に角、小回り巧者。持続的に脚を使わせたらドバイWCを制すレベルにまであるということ。絶好枠に入れたし、当然圏内。

◎(3)ヒルノダムール
今春最高レベルのG2戦といえば、言わずもがな大阪杯。この時、2着したダークシャドウは秋天こそ2着だったが、G3・G2と2連勝して見せた。そして、その時の勝ち馬がヒルノダムールで、力はここに入っても見劣らない。凱旋門賞こそ残念な結果に終わったが、前哨戦のフォワ賞2着の通り欧州の競馬にもフィットできたのは、マンカフェ×ラムタラの血統背景からも納得。日本の疑似欧州競馬である中山コースが合わない訳はなく、JCをパスしてここまで待ったのも頷ける。人気もなく、妙味十分。

○(5)エイシンフラッシュ
2走前の秋天は、テン・中盤とも猛烈に速く、上がりの掛かった前傾ラップで差し・追込有利の展開を、離れた先団で流れに乗り、最後はさすがに止まったが底力は優秀。ペースを考えると強い内容だった。その秋天予想時のコメントは以下の通り。
「今年の春シーズンでトップクラスのハイレベルレースとなった春天・大阪杯ともに底力を示す強い競馬。後塵を拝したヒルノダムールとは、外枠で内に入れられず、4角で内外離れた分の位置取りの差が出たもので、決して力負けではない。宝塚記念(阪神11F)も速い流れを早めに動くきつい競馬で底力を評価できる」
スローのダービーを制したように水準以上の瞬発力をもっており、直線で馬群を切り裂くことも可能。なにより、乗り難しい馬に秋天以来のルメールJを迎えられたのが大きい。今や伝説ともなりつつある、'05有馬記念でディープに初めて黒星をつけたのはこの鞍上。そのときは乗り難しいハーツクライを突然前で折り合わせた離れ業を見せてのもの。今回も同じくらい乗り難しいエイシンフラッシュをピタリと御してくれることを期待。現に、秋天時は先団で折り合わせているのだから、今回も名手に心配はないだろう。

△(7)トゥザグローリー
前年タイム差無しの3着が示す通り、持ち前の持続力を活かせる中山コースは合う。秋天は外枠が響いた割に0.6秒差の5着と力を見せたが、前走のJCはリラックスして走らせられなかったとの鞍上の弁。折り合いに難のあるタイプで、今回どちらに転ぶか分からないが、折り合えたとしたら適正&能力ともに問題なく、浮上してくる。

消(9)オルフェーヴル
ドリームジャーニーの全弟なのに、戦績は真逆。兄は小回り巧者で特に東京コースが全くダメだったのに対し、この馬は東京開催皐月賞を制した後、ダービー馬になってのけた。その違いは脚の使い方によるもので、兄はコーナーでも加速できる俊敏さから、トップスピードに入るまでの速さで勝負したのに対し、この馬は良い脚を長く使うタイプ。現に、デビュー2戦目の中山芙蓉Sではホエールキャプチャに後塵を拝しているように、直線長いコースがベスト。この時は未だ気性的な問題があっての敗戦でノーカウント…と、後で回顧している予感もするが、今年の皐月賞が当初通り中山で行われていたら決して印を打たなかったキャラに、1番人気で印を回そうなんてとても思えず、"直線長いコース向き!!"を言い張って消して妙味を追う。

消(10)トーセンジョーダン
中山はベスト条件なのは間違いないが、これで今秋4戦目。近2走は、超好時計秋天勝ちの後、JCでも2着激走。中間の攻めが手ぬるいところを見ると、もうお釣りがない。そんな馬が3番人気なら、枠も外目だし消して妙味を追いたい。

△(12)アーネストリー
今春のグランプリ宝塚記念を勝ったように、小回りの一貫した流れでは滅法強い。秋天は東京10Fで大外枠を引かされた時点で終了し、JCをスキップしてベストの舞台まで待機した臨戦態勢に好感持てる。正直、もう少し内の枠が欲しかったが、枠以外は十分評価できるレベルなので、買っておきたい。

消(13)レッドデイヴィス
当初は◎を考えていたほどの逸材も、鞍上&枠を見た瞬間、買う気が失せた。今年の成績が示す通り、ユタカJはキャリアの下降線に入って久しい。その最大の要因は、腕力の衰えにより、依然にも増して前で折り合うことが出来なくなったこと。この馬のセールスポイントは前に位置取って終いも纏められるダイワスカーレットのようなレースができることなのに、この鞍上&枠では後ろに構えるしかない。中山でしかもこの相手をひっくり返すほどの瞬発力を求めるのは酷。


スポンサーサイト
以下、古馬500万下との比較。
・2歳戦だけに後のマイラーも混ざっており、テンが速くなる傾向。
・中盤は全体としては緩んでいるように見えるが、ラップ単独で見ると12秒台が一貫して続いており、この時期の2歳馬にとっては厳しい流れ。底力の裏付けが欲しい。
・ラップが速くなる8F目は4角にあたる。内回りのコーナーで加速する機動力が求められるということ。

'07年こそテン・中盤とも大きく緩み、上がりだけの競馬で後の短距離馬が上位に来れたが、その他の年はクラシックに直結するレースらしく中距離を走れるスタミナをしっかり問われた印象。テン・中盤とも速くなると'08のようによりスタミナを問われ、テン・上がりがともに速くなると、スピード&瞬発力をバランスよく求められ、マイルも走れる中距離馬が台頭してくることは覚えておきたい。

さて、今年のメンバーを見渡すとまず分かることは逃げ馬不在で、こうなるとテンが緩む。それでも番手に位置取るグランデッツァが前に圧をかけるので、中盤は一貫したラップで流れ底力が求められる。テン緩い分、後ろからではさすがに届きづらく、前目で折り合って、4角で出し抜けられる機動力があれば最強。


消(1)エタンダール
小回り変わりはプラスだが、ここまで瞬発力がないとさすがに厳しい。

消(2)アダムスピーク
超スローの新馬を平凡な時計で勝っただけの馬が、次走、ラップの締まる重賞に挑戦。普通に考えればハードルはかなり高く、ここを拾い出すと収拾がつかなくなる。この手に来られたら事故と割り切る。

消(3)ゴールドシップ
発馬で後手を踏んでしまうので、先行有利の想定の中では買いづらい。

消(4)シンゼンレンジャー
(1)と同じく、小回り変わりはプラスだが、ここまで瞬発力がないとさすがに厳しい。ダート変わりを狙いたいタイプ。

△(6)エーシングングン
前走の京都2歳Sは発馬のロスがありながら、最後は間に合わせてきた。血統面からは決して瞬発力を武器にするタイプではないのに結果を残してきたあたり、能力を感じる。前で折り合える川須Jが積極的な競馬を見せてくれるなら、良い競馬ができそう。

消(7)サンライズマヌー
大トビの大型馬で、新馬のときのように広いコースをノビノビ走らせた方が競馬がしやすく、小回りコースのコーナーで機動力を求められると辛い。

消(8)タガノグーフォ
小回りコースとは言えテンが緩む分、終いはそれなりに速い脚を使えるタイプを買いたいが、前走の京都2歳Sでキレ負けするようでは手が出ない。

△(9)ハッピーウィーク
新馬戦はスローの流れを、向正面から位置を押し上げ、差しこんだ持続力を評価できる着差以上に強い内容。この時の勝ち馬が今回評価しているエーシングングンで、レース内容はこちらの方が上だったことを勘案すると、買わないわけにはいかない。

◎(10)ブライトライン
前走の500万勝ち(京都9F外)での、2歳戦にしては中盤締まった流れで逃げ・差し互角の展開を、先団で流れに乗り、ロングスパート戦を押し切った底力&持続力は優秀。母方の影響が色濃く出ている印象で、フジキセキ産駒ではあるが距離伸びて良さが出てきた。前に位置取れるスピード、底力&持続力を武器にするので小回りでより結果が残せるタイプで、内回り変わりもプラス。デビュー2戦目で見せた瞬発力は水準に達しているのも心強い。

消(12)トリップ
折り合って終いの反応&キレが光ったこれまでの戦歴。クロフネ×サンデーの血統背景からは、これまでより流れが締まった場合に更に良さを引き出せるスタミナの素地は感じられない。外目の枠でイン差しも難しいだろうし、人気を勘案すると小回りコースで積極的に買いたいタイプではない。

○(13)グランデッツァ
先団で流れに乗れる先行力は魅力だし、近2走の連勝はいづれも先行馬にはきつい流れを前に位置取って抜け出す強い競馬で、底力&持続力は優秀。今回は展開の鍵を握れる立場で大崩れは考えづらく、人気でも中心視。

消(14)マイネルエクレウス
出遅れ癖を内包しているのは頂けないし、ちょっと重すぎる印象で手がでない。

消(16)エネアド
瞬発力を武器にするタイプで、"ラップが締まり決め手が殺がれる流れ&直線短い小回り変わり"は良くない。前走の東スポ杯で折り合いに課題を見せた中、大外枠では前に壁を作れず掛かってしまう危険性も孕む。


中山2週目から3週目開催にスライドした'08年以降に至っても、外枠不利は明白。また、4角2桁番手以下で3着内に入着した馬は'06年ドリームジャーニー・'04年ペールギュントにまで遡らなければならず、流れに乗れるスピードは必須。

例年は2歳戦らしく後にスプリント戦線を主戦場にする馬が混ざってくるため、テンが速くなる傾向となるが、今年の場合は逃げ馬不在。例年よりはテンが落ち着くと想定すると、前半の距離ロスがますます響いてくるはずで、外枠不利に拍車がかかる。4角までに位置を押し上げたい差し馬にとって、中盤でラップが落ち着いたところを捲っていきたいが、今回はテンが落ち着くと見ているだけに、この部分でラップが落ちるかどうかは不明。これを勘案すると、不確定要素のある差し馬よりは、先行馬の方を安心して買える。
小回り向きのスピード・底力・持続力を高い次元で求められる一戦で、瞬発力だけで競馬をしてきた馬を軽視するのが予想の基本線。


◎(1)サドンストーム
スピードがあって流れに乗れるし、前に位置取って底力で粘りこむ形がベストで、小回りがいかにも合うタイプ。発馬さえまともにでれば、6F・7Fで流れに乗れるスピードを武器に、枠も活かして前目で立ち回れる。当然ながら距離ロスもなく、展開的な恩恵を得られそう。

○(2)ローレルブレット
前走の500万勝ちの内容を見る限り、押して行っても掛かる心配はなさそうだし、今の馬場なら瞬発力を問われる馬場にはならないので、こなせる範囲。その前走は、中盤かなり速く、その割に上がりも纏めた好ラップ&好時計決着を、3角から外を回り位置を押し上げ差し切った底力&持続力は優秀。枠も良いところを引けたし、一発あってもおかしくない。

消(3)アルフレード
デビュー2連勝した内容は、いずれも瞬発力こそ評価できるが平凡な時計。G1で初めて厳しい流れで持ち前の瞬発力を殺がれるとなれば、抵抗できる可能性は低く、そんな馬がダローネガが大外枠に入った影響か、一番人気に祭り上げられているなら、消して妙味を追いたい。

△(4)マイネルロブスト
札幌2歳Sで見せた捲りから、小回りでの機動力&持続力を認められる。それに、クローバー賞勝ちでは水準以上の瞬発力も見せた。前走の東スポ杯では折り合いを欠いた点を勘案すると、小回り8Fコースへの短縮はプラスで、巻き返してくる可能性は十分ある。

消(7)クラレント
溜めれば切れる脚を使えるが、スタートが速くないので直線長いコースの方が競馬がしやすい。人気にもなっていることを勘案すると、ここはケンして妙味を追いたい。

△(9)ニンジャ
前走の500万勝ちでの、残り4Fにあたる3角から外を回り位置を押し上げ、差し切った底力&持続力は優秀。人気ほどの力差はなく、妙味を考えると十分買える。

△(12)トウケイヘイロー
前走の500万勝ちは、テン緩い分、中盤締まった流れで内の馬場が良く、前有利の展開。これを先団で流れに乗り、内の良いところをロスなく走れたにしても、長く脚を使えた持続力は優秀。スピードに勝ったタイプではなく、1Fの距離延長はむしろプラスにも感じられる。

消(15)レオアクティブ
掛かる気性なので、がっちり抑えて後方からの競馬。折り合いさえつけば切れる脚を使えるので、直線長いコースの方が競馬がしやすい。1F延長で更に前に壁を作りづらい外枠はマイナスで、前走のような終いに脚を使える可能性は低い。それなら人気にもなることだし、消して妙味を追いたい。

消(16)ダローネガ
押しても掛かるところがなく位置を取れるし、そこから終いにも脚を使え、好位差しができるタイプ。それでも、中山マイルでこの大外枠は最悪で、距離ロスとこの人気を考えると消しておくのが馬券戦略上の定石。

2歳戦は後のスプリンターも混在してレースが行われるため、テンが速くなるのがデフォルト。それに、急坂+長い直線の舞台設定から2歳牝馬にはかなりタフな舞台設定。現に過去好走した馬は8F以上での好走歴がある。

(7)レディーメグネイトが逃げたいが、内に速い馬も数頭おり、すんなりハナとはいかない。先手を取るためにある程度推進する必要があり加速がつくので、過去傾向の通りテンは速くなると見る。テンが速くなると加速のついたこの時期の2歳馬がすんなり抑えが利くと考えるのは難しく、そのままの流れで中盤も雪崩れ込む。
直線に入って加速し、ラスト2Fで最速ラップを踏んだ後、ラスト1Fの急坂でラップを落としすぎない長く脚を使う能力&底力が求められる。


?(1)アンチュラス
スピードがあるので先団で流れに乗れるし、次第に折り合えるようになってきて、緩んだ流れでも脚を溜められる。当日のトラックバイアスが大きくものをいう枠で、内が良く前が止まりづらい馬場になった場合にのみ、大きく加点して買いにいく方向。

△(2)エイシンキンチェム
制御の利く馬。スピードがあるので、この鞍上なら前目で折り合って終いに切れ味を繰り出す形を取れそう。前走は明らかに試走で、中間の調教過程・2歳牝馬らしからぬ筋肉隆々のフォトパドックからは、上積みも大きいと見たい。余程の外差し馬場にでもならなければ、中心視できる。

消(5)ファインチョイス
持ち前のスピードで前に位置取り、底力で粘りこむ形がベストで、現状ではスプリンター。緩急のあるラップに対応できるかは現段階では疑問。

消(7)レディーメグネイト
前走ですらバッタリ止まったのに、今回はさらにラスト急坂でしかもG1の流れでは、とても逃げ切れるものではない。

○(8)イチオクノホシ
デビュー戦から折り合いはついていたし、2戦めで距離延長のさらに緩んだ流れでも脚を溜められたように折りあえるタイプで、制御が利く。そこから終いに繰り出す瞬発力・長く脚を使える持続力が武器で、阪神外回りは望むところ。発馬が速くない分、距離延長はむしろプラス。

△(10)アナスタシアブルー
新馬戦での、中盤かなり速く上がりも速い好ラップ&好時計決着を、先団で流れに乗り、突き抜けた底力&持続力は優秀。その新馬勝ちを評価され1番人気に押された萩Sでは、スローの流れで折り合っていたのに伸びきれなかったあたり、血統的に見ても瞬発力を武器にできるタイプでないことは明らか。今回は前走ほどの緩い流れにはならないことを勘案すると、巻き返しが期待できる割に人気しておらず、妙味十分。

△(11)アイムユアーズ
制御が利くし、これにより脚が溜まるので瞬発力に繋がっている。速い流れの中、差しこんでくる一定の底力も示しており、競馬が上手で大崩れしないタイプ。これまで、6F・7Fと使われてきており、8Fへの距離延長がどうかだが、デビュー来、急がせる競馬はさせていないし、前述のとおり制御が利くので後方で脚を溜められると見る。前哨戦ファンタジーS勝ちの割に思いのほか人気しておらず、妙味も追える。

◎(12)ラシンティランテ
札幌で勝ち上がって来た馬ではあるが、3戦目の白菊賞での切れ味を見ると軽い芝で決め手を活かす形がベスト。その白菊賞は中盤かなり締まった分、上がりがやや掛かった流れの中、直線で馬群を捌いてきたときの瞬発力は優秀。最後は流していたように、好時計でもまだ余力は十分あった。8Fの中盤締まった流れを勝ち上がってきての阪神マイルG1への臨戦態勢も好感持てるし、中心視できる。

消(13)ジョワドヴィーヴル
ブエナビスタの下で新馬の勝ちっぷりから、1戦馬でもいわゆる大物感から人気に祭り上げられているが、その新馬の時計の価値は平凡。経験がものをいう2歳戦でこれだけ過剰人気なら、消して妙味を追うのが定石。

△(16)エピセアローム
右回りで4角・直線で外にモタれたり、スタートが安定していなかったりと若さを見せる。それでも、荒削りの競馬で結果を見せており、かなり能力がある。前走6F勝ちしているが、フォトパドックの馬体からは距離伸びて良さそうに見えるし、調教でも次第に折り合えて来ており、距離延長は問題なさそう。

△(18)サウンドオブハート
新馬で見せたスピードに、2戦目での折り合いからの瞬発力からはマイラー色が強い。特に新馬戦は時計もよく価値の高いもので、1番人気に押されるのも頷ける。人気しすぎているので、他に買いたい馬もおりここから入ることはないが、当然無視はできない。


中山8F・開幕週からの連想通り、過去傾向から内・前有利で、外枠とくに8枠不利。中山コースらしく道中にラップが緩む所はなく、一貫した流れを乗り切れる底力&持続力を求められる展開。

逃げ馬タイプは(5)クリアンサスと(11)フォーエバーマークだが、(5)は距離に不安があり陣営も溜める必要性のコメントを出しており、今回は控える公算大。こうなればハナを奪うのは(11)となる。ただ、内に速い馬も多数いるので、ハナを取りきるまでに出していかざるを得ず、それなりにテンが速くなる。勝負どころの4角あたりで番手に居そうな(6)アンシェルブルーの動きだしが展開の鍵を握りそうだが、前走は溜めて終いに良い脚を使えた実績がある上に、カツハルJだけに積極的に前を潰す動きは考えづらい。

以上を踏まえての見解。


消(1)エオリアンハープ
エンジンの掛かりが遅く長い直線向きなのに、今回は小回りで最内枠と真逆のベクトル。それに加え、夏場の方が良い馬でもあり、ここは消し。

△(2)クーデグレイス
3歳時の実績を考えると、体調さえ戻っていればここに入っても中心的存在。前走の内容を見る限り、復調一歩手前の感はあるが、内枠を引けたし、ハンデ差を活かして粘りこんでこれないか。人気がないので、ここでは買っておいて損はない。

消(4)レジェトウショウ
気性的にうるさい面があるこの馬にとって、距離延長は明らかにマイナス。

消(5)クリアンサス
怖がりの面がありハナを奪う形がベストも、今回は不安な距離で溜めることに専念せざるを得ない。ハナを奪えない・距離不安の二重苦では手が出ない。

○(6)アンシェルブルー
前走のパラダイスS(東京7F)では、出遅れたが4角13番手から最速上がりで差しこみ、溜めれば切れるところを見せた。元来、発馬が良く前に位置とって勝負できるタイプで、今回は捲ってくる馬の心配もなさそうな展開を想定しているだけに、先団で流れに乗り、前走見せた瞬発力で前を捉える戦法が嵌る可能性は十分ある。

消(7)カルマート
この距離は忙しいし、パンパン馬場でこそ良さの出る馬で、昨日の雨の影響で道悪が残る今回は力を発揮できない。

▲(8)エーシンハーバー
スピードある上に制御も利くので、大崩れは考えづらいタイプ。前々走の1000万勝ちは、中盤締まった流れを自ら刻み、後続を突き放した強い内容。人気でも買わざるを得ない性能。

◎(11)フォーエバーマーク
同型が距離に不安があり、折り合いに専念してくる公算が高い今回も、ハナを奪えそう。内にスピードのある馬が多いのでテンからある程度出して行く必要はあるが、折り合えるタイプなので、ハナを取りきれば中盤で一息つかせることは可能。番手に位置取りそうなアンシェルブルーの鞍上なら前に圧を掛けてくる感じはしないので、展開的にも楽ができる可能性高い。そうなれば、中山変わりでこの馬の持続力・底力が遺憾なく発揮できるし、叩き2走目の上積みも多く、前走6着からの巻き返し必至で妙味十分。

消(12)デルマドゥルガー
今ならマイルはやや忙しい印象で、捲って良さを出すことは難しそう。例年通りの内有利の展開なら、距離損も大きくなり厳しい。人気になるだけに、ここは軽視して妙味を追いたい。

消(14)ダンスファンタジア
外枠で距離損が大きいのはマイナスだし、道悪が残りそうな今の馬場への適正も薄い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。