ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生粋の逃げ馬は不在。勝負どころのコーナーで動ける器用な馬の出し抜けに、人気の不器用2騎(ルーラーシップ・ウインバリアシオン)が足元を救われるシーンを描いた印にしたい。


【軸馬候補】
(10)フェイトフルウォー
休み明けのセントライト記念を好時計勝ちした内容からは、ポン駆けは利くし持ち前の持続力からは中山コースへの適性も高い。攻めも良く動いており、狙いが立つ。蹄が厚く、道悪も得意のはず。

【相手候補】
(6)ユニバーサルバンク
スロー必至の今回は、小回りでこの馬の器用さを活かせる可能性はある。輸送されてどうか、当日の状態に注視が必要。

【当日の馬場・状態次第】
(2)ネヴァブション
時計の掛かる馬場になってくると、軽い走りをするので狙いづらい。

【軽視して妙味を追いたい】
(5)マイネルキッツ
叩いた後にここで仕上げてくるのが例年のパターン。得意条件で人気次第で積極的に狙える。

(7)ウインバリアシオン
叩いて状態面の上積み十分も、大トビで器用さに欠けるので小回り変わりはマイナス。人気にもなるだろうし、抑えまで。

(13)ルーラーシップ
非凡な能力であっさりの可能性も十分あるが、元来直線長いコースの方が競馬がしやすい。器用さを活かせる馬に足元を救われる可能性に賭けたいので、馬券戦略上、評価を下げる。

【消し】
(8)ネコパンチ
時計の掛かる馬場は合うが、近走の不振ぶりでは手がでない。

(9)ヤングアットハート
柔らかい走りでコーナー数は多いほど良いし、捲っていって長く脚を使える持ち前の持続力を活かしやすい展開が見込まれる。距離を不安視した前走ダイヤモンドでも問題なかったのは好感持てるし、なにより今季は状態面が高い位置で安定している。ただ、軽い走りをする馬なので、道悪では良さを活かしづらい。

(14)トーセンラー
惰性をつけられる京都巧者で、急坂中山は適性面で見劣る。

スポンサーサイト
この時期の3歳戦は後のマイラーも混ざって出走してくるので、必然的にテンが速くなる。それに今回は強い先行馬も揃っており、逃げ馬に常に圧を掛け緩みを許さないので、展開は差し馬に向く。
ただ、後ろからの馬を軸に捉えるのはリスクが高く、競馬でやってはいけないことのひとつなので、最も強い先行馬から差し馬に向かってパラパラ広げる馬券構成としたい。



△(1)モンストール
昨年の夏時点ではとんでもない大物が登場してきたと思わせたほどの逸材。前走こそノド鳴りの影響で凡走したが、それも手術して改善させたよう。確かに休み明けで状態面に不安は残るが、ここまで人気がないなら、差し向きの展開利も期待して買っておきたい。

消(2)ストローハット
道悪の残る今の馬場よりも、軽い芝でこの馬のキレを活かす形がベスト。

▲(3)マイネルロブスト
折り合い面に課題があり、抑えこむ競馬となる。今回は展開が向きそうだし、終いを活かす競馬が大得意のユタカ乗り替わりは大幅鞍上強化。積極的に買っていきたい。

消(4)ロジメジャー
この馬も直線長いコースで買いたいタイプ。

消(5)バンザイ
今の重い馬場への適性は高いが、今回は早め早めにプレッシャーを受けるので楽な逃げにはなりえない。さすがにここでは底力不足。

消(7)ビービージャパン
軽い芝で買いたいタイプ。

◎(9)ディープブリランテ
掻き込み走法で今の時計の掛かる馬場は得意だし、柔らかい走りでコーナーリングも苦にいないので、コーナー4回コースも望むところ。今春1度使って体調も上昇してきており、人気でも逆らえない。

○(10)サトノギャラント
溜めればキレるのは前走証明済み。自分の競馬に徹すれば、今回は展開が向く。

△(11)アルフレード
スピードがあるし、底力&持続力も世代トップクラスの2歳チャンピオン。特にケチをつけるところはなく、人気だけに買い方の工夫をしたい。

消(12)サトノプライマシー
10Fを続けて使われてきており、速い流れが予想される9F短縮はいかにも追走に苦労しそう。それに、終いをじっくり伸ばせる直線長いコースへの適性の方が高い。

消(13)ゼロス
外枠で今回はハナを取りきれない。ここを戦える底力の裏付けも薄く、それにしては人気しているので、ここは消して妙味を追いたい。

×(14)グランデッツァ
休み明けで本数も少なめ。繋の長い体型からは良馬場がベストだし、大外枠で距離損も心配。柔らかい走りでコーナーリングはスムーズなのでこのレースへの適性はあり、抑えてはおく。


テンは流れるが、古馬1000万と比べると中盤緩むのがデフォルト。中盤が緩む事により馬群が固まり、後ろの組が差しやすい傾向。内枠の馬はゴチャつくので窮屈な競馬になりやすく、軸馬には3番から外が欲しい。
「今回距離短縮馬」が他を圧倒していることからは、一貫した流れでよりスタミナを問われるレースであることが分かる。

今回は(15)レディーメグネイトが行く構えを見せるが、外目の枠を引いたのである程度押していくはず。こうなればテンが緩むことはなく、例年並の流れに決め打って問題なさそう。




【軸馬候補】
(9)プレノタート
前走のクイーンCでの、超スローの流れの中、4角9番手から大外を回り差し込んだ瞬発力を評価。着差以上に強い内容。厳しい流れになる7F内回りはベストの条件だし、時計が速くなりすぎなければ十分戦える。人気もないので、妙味を勘案して中心視したい。

(13)ラシンティランテ
行きたがる気性の馬なので、距離短縮は競馬がしやすい。3走前の白菊賞での直線で馬群を捌いてきたときの瞬発力は優秀。最後は流していたように、好時計でもまだ余力は十分あった。攻めも良く動いてきており、賞金的にボーダーラインにいるので陣営もここは勝負の仕上げをしてくるはず。

【相手候補】
(5)ビウイッチアス
溜めればキレる瞬発力が武器の馬で、終いを伸ばせるユタカ乗り替わりは大幅鞍上強化。ここを戦える底力の裏付けはまだ無いが、人気もない事だし買っておきたい。

【抑え候補】
(2)レッドクラウディア
馬体を増やしてきてからダートで結果を残してきたが、走りは伸びやかで芝向き。芝変わりはむしろプラスのはず。2週前には追い切りでドナウブルーをアオる動きを見せているし、状態面に不安は無いと見たい。ただ、内枠に入ってしまったので競馬がしづらく、その分、少し評価を下げたい。

(4)アイムユアーズ
器用な馬で大崩れは考えにくいタイプ。ただ、賞金は十分に持っているのでここは明らかに叩き台で、人気にもなっているし積極的には買いたくない。

(8)アンチュラス
追い切りで古馬500万クラスの馬に完全にアオられており、状態面がどうか。ただ、器用な馬で小回りを巧く立ち回れるし、結果が示しているとおり力もあるので無視はできない。抑えが必要。

【軽視】
(16)イチオクノホシ
直線長いコースで長く脚を使って差し込む競馬がベストで、小回りコースでは差し届かない危険性を常に孕む。そんな馬が人気の一角を形成するなら、軽視して妙味を追った方がコストパフォーマンスは高い。

【消し】
(6)エイシンキンチェム
この馬の先行力を活かすには、もう少し軽い馬場で前が残りやすい場面で買いたい。

(7)ファインチョイス
スピードに勝ったタイプで今回も前に行きそう。7Fでそこから粘り込める底力の裏付けがなく、しかも賞金を持っており、休み明けから仕上げてくるテキでもないので、ここは叩き台にしてきそう。今回は見送りたい。


例年、中盤緩むのがこのレースのデフォルトだが、今年のメンバーの顔ぶれを見る限り異なる流れになりそう。

ハナに行きたい馬が複数おり、テンが速くなる可能性。最内のメイショウカドマツがすんなりハナを取りきってテンが落ち着いたとしても、つつかれる形になり例年のように12秒後半から13秒台が現れるラップにはならなそう。これに前に圧をかける強い先行馬フェノーメノもおり、展開は差し向き。



○(2)トリップ
時計の掛かる今の馬場は合うし、瞬発力&反応も水準以上。入念に乗り込まれており、陣営のここに対する意気込みも感じる。

消(4)アーデント
行きたがる気性なので後方から抑えこんでくる。それに、頭の高い走りでコーナーリングで加速できないので、直線だけに賭ける競馬。さすがにこれでは間に合わない。

×(5)コスモオオゾラ
前走の共同通信杯はキレ負けしたが、今回は流れが締まる小回りなので、この馬の底力が活きてくる。人気もないことだし、抑えておきたい。

消(7)アーカイブ
発馬に難があり後方からの競馬になるし、この馬の芯のある末脚は直線長いコースで活かしたい。

◎(8)フェノーメノ
前走の500万下勝ちは、内容・時計ともに底力&持続力を認められる優秀なもの。追い切りでは古馬をアオる動きを見せており、状態面に問題もない。余程のハイペースにでもならない限りは自身で圧を掛けられる立場にあり、アドバンテージを握る。

?(10)ジョングルール
伸びやかな走りで、軽い芝が合う。道悪が残るようだと買いづらい。

消(11)ブリスアウト
超スローを逃げた後に、揉まれるきつい競馬への転戦。普通に考えれば、かなりハードル高い。

▽(12)アダムスピーク
この馬の器用さを活かすにはもっと内の枠が欲しかった。賞金を持っているこの馬にとってここは明らかな叩き台で、実際、追い切りの動きも物足りない。妙味を勘案して、他の組から勝負をかけたい。

消(13)クラレント
直線長いコースで終いを活かす競馬がベスト。


'12弥生賞


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。