ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京12Fはクラスの壁が第2・3ブロックの中盤、及び上がりに現れる。底力、持続力、それに瞬発力をバランス良く求められるチャンピオンレースを行うのに相応しいコース。
先週のオークス同様、後のマイラーも混ざって出走してくるため、テンが速くなる傾向にある。中盤緩んで上がりが速くなるか、中盤から速くなって上がりが掛かるかは年によって異なり、このあたりは過去の傾向と今回の出走馬の特性から推し量ることになる。
[2歳戦から精査してきた世代の、予想の集大成。~'12日本ダービー 予想~]の続きを読む
スポンサーサイト
東京12Fはクラスの壁が第2・3ブロックの中盤、及び上がりに現れる。底力、持続力、それに瞬発力をバランス良く求められるチャンピオンレースを行うのに相応しいコース。
ことオークスに関しては、距離適性の棲み分けがされた古馬戦に比べ、後のマイラーも混ざって出走してくるためテンが速くなる。それに、第3ブロックが緩みがちになるのが特徴。

[ごまかしの利かない力勝負の舞台で、紛れは期待できない。~'12オークス 予想~]の続きを読む
東京8Fは、クラスの壁が中盤2F(3~4角)に現れる。上がりもしっかり纏めることが要求されるので、クラスが上がるほど持続力と底力、それに直線長いコースらしく瞬発力も適度に求めれる総合力勝負となる。
[大混戦で買い目を絞れないが、妙味ある馬も結構いる。~'12ヴィクトリアマイル 予想~]の続きを読む
東京7Fは、クラスの壁が綺麗に中盤にのみ現れる、上級クラスほど底力を問われるコース。
テンよりも上がりの方が速い流れで、コース形態上、京都や阪神の7Fよりもペースが落ち着きやすく、スピードよりも上がりの瞬発力が重要となる。即ち、基本的にはスプリンターのスピードよりマイラーのキレが上回るコースの見立てで良い。
[東京7Fの重賞戦は予想しがいのある絶妙な舞台設定~'12京王杯スプリングカップ 予想~]の続きを読む
馬券を買う予定はありませんが、事前に分析していた過去傾向をアップします。
[~'12新潟大賞典 傾向分析~]の続きを読む
馬券を買う予定はありませんが、事前に分析していた過去傾向をアップします。
[~'12NHKマイルカップ 傾向分析~]の続きを読む
京都11F外のクラスの壁は、第2・3ブロックの中盤に現れる。
どのクラスにおいても、3角坂の下りから速くなる上り4Fのロングスパート戦がデフォルトで、ラスト1Fも掛かることはなく惰性で流れこむので、4角で先団にいないと厳しいことになる。3角坂の下りで加速しながら、急角度の4角を減速することなく回る必要があるので、柔らかい走りによりコーナーリングでロスのでないタイプは大幅加点。大トビの馬はストライドロスをなくすためできるだけ外を回したいが、先週の馬場同様に内が極端によいトラックバイアスだと、距離ロスが心配。現に後述する通り'09・'11とこの時期は内の良いトラックバイアスが発生することがある。
一方、4角で先団に取り付けないタイプは前の組の脚が鈍らないところを差しきる必要があるのだから、相当の瞬発力を持って直線で間に合わせてくる必要があり、かなりハードル高い。

以上の基本事項を踏まえた上で、過去5年のレースを個別に見ていこう。
[皐月賞組を素直に信頼。~'12京都新聞杯 予想~]の続きを読む
東京10Fは、クラスの壁が中盤に現れ、上級クラスほど締まった流れの中で良い脚を長く使うことが求められる。瞬発力の他に底力&持続力も同時に必要となる総合力勝負というに相応しい舞台。
更にプリンシパルSに特化した傾向として、後のマイラーも含まれるため、古馬戦に比べ例年テンが速くなる。

以上の基本事項を踏まえた上で、過去5年のレースを個別に見ていこう。
[権利取りに躍起なメンバーで、厳しい流れを決め打てる。~'12プリンシパルS 予想~]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。