ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析】
直線比率高く、コーナーリングで利を取れないので、前の組にはコース形態。
直線での決めて勝負で、過去、差し・追込馬が圧倒。


◎18 ヒプノティスト
新馬勝ちでの、前有利の展開を、4角9番手から外を回り、差しきった瞬発力を評価。胴短めの体型・クロフネ産駒を勘案すると、距離短縮もプラス。

×1 タニセンビクトリー
キレよりは持続力で勝負するタイプ。今回の舞台では一瞬の切れ味も求められるので、やや求められる適正とズレる。抑えまで。
×2 ロードクエスト
大きく出遅れながら、追い込んで差しきった瞬発力は目を見張る。ただ、今回まともに発馬するのか不安な馬を1番人気で買うにはリスクが高い。抑えまで。
×10 トウショウドラフタ
新馬勝ちで見せたスピード&底力を活かしにくいコース。抑えまで。

単勝:18(1点)
馬単:18→1,2,10(3点)
3連複:18-1,2,10(1頭軸・3点)
3連単:18→1,2,10→1,2,10(6点)
スポンサーサイト
【想定展開】
逃げ馬不在。それほど速くならず、直線平坦でもあり、前が残る流れ。軸馬(1)が前の組を潰し、その分、差し馬が相手に突っ込む展開を想定。

◎1 ティーエスバラ
×2 トリンカファイブ
×7 デビュタント
×13 テイエムセキハン
×18 ジューンブラジリエ

単勝:1(1点)
馬単:1→2,7,13,18(4点)
3連複:1-2,7,13,18(1頭軸・6点)
【想定展開】
逃げ馬不在で淡々とした流れ。先行馬(5)マイネルヘルックが勝ち切る競馬を想定しているので、他の前の組は潰され、差し馬が突っ込んでくる展開。

◎5 マイネルヘルック
前走、前傾ラップを、早め先頭から粘り込んだ底力を評価。スタミナ十分のヨーロピアンで、この距離は合う。

×2 トワノキラメキ
×3 ショウナンマンゲツ
×7 グランデクオーレ
×10 ジャングルスコール
×14 マイヒレン
×16 ブランダルジャン

単勝:5(1点)
馬単:7→2,3,7,10,14,16(6点)
◎16 ディスグラース
調教映像からは、頭高く走りも硬いが、3歳未勝利馬をアオってみせた。推進力・加速力感じたし、新潟外回りであれば、頭高い・硬い走りでも勝負になると見る。人気ないし、妙味十分。

△17 ブライトガーランド
調教映像からは、柔らかみある走りで推進力感じた。3歳未勝利馬をアオっており、能力ありそう。

×1 アンフレシェ
調教映像からは、まずまず柔らかみある走りで、推進力も感じた。
×2 フロンテアクイーン
調教映像からは、頭高めも柔らかみある走りで、推進力も感じた。
×6 プロイエット
調教映像からは、それほど柔らかみのある走りではないが、推進力感じた。古馬500万馬をアオっており、力ありそう。
×13 サプルマインド
調教映像からは、頭高いが、推進力感じる走り。

-3 ニシノオウレイ
調教映像からは、古馬500万馬に完全にアオられた。
-4 ホッコーパフューム
調教映像からは、頭高く、硬い走り。3歳未勝利馬にアオられていた。
-7 コルコバード
追いきりで古馬500万馬にアオられたのは不満。
-11 ソット・ヴォーチェ
調教映像からは、まずまず柔らかみある走りではあるが、推進力感じない。

馬連:16-17(1点)
ワイド:16-17(1点)
3連複:16-17-1,2,6,13(2頭軸・4点)
◎6 シンシアズブレス
調教映像からは、まずまず柔らかみある走りで、推進力感じた。

△1 オーヴィレール
調教映像からは、頭高めもまずまず柔らかみある走り。古馬1000万馬をアオっており、力ありそう。

-2 ゴーフォワード
調教映像からは、それほど柔らかみ感じない。
-4 スイフトアタック
調教映像からは硬めの走りだし、3歳未勝利馬にアオられた。
-9 シゲルシマカツオ
調教映像からは走りは柔らかいが、新馬に完全にアオられた。最後はフットワークもバタバタになっていた。

馬単:6→1(1点)
馬連:1-6(1点) 的中!(11.4倍)
【想定展開】
テンの3Fが下り坂で、直線平坦コース。内の芝も良いので、前の組が雪崩れ込む展開を想定。

◎10 ジェントルヴァウ
2走前、前傾ラップを先団で流れに乗り、粘り込んだ底力を評価。芝戻りで持ち前のスピード&底力を見せれば勝ち負け。

×2 ティーエスナイン
×15 エイシンパライソ
×18 ホーリーエンジェル

単勝:10(1点) 的中!(2.5倍)
馬単:10→2,15,18(3点) 的中!(38.1倍)
【想定展開】
(6)ショウザイシンホーが引っ張る流れは平均ペース程度はありそう。この馬を軸にしているので、追いかける馬は潰され、差し馬が2着に突っ込む展開を想定。

◎6 ショウザイシンホー
今回もハナを奪えそうなメンバー。前走、前傾ラップを粘り込んでみせた底力は見どころあり、コース変わりで内の良い今の馬場なら、押しきれる。

△1 キャンディバローズ
札幌7.5Fの最内枠は魅力。
×8 キサナドゥ-
×10 アズミノニフクカゼ
×11 エフティスパークル
×12 マザックヤース

単勝:6(1点)
馬単:6→1,8,10,11,12(5点)
3連単:6→1-8,10,11,12(2・3着マルチ・8点)
◎1 シゲルエイサー
前々走の7着はハイラップを早め先頭から粘り込んだ競馬で、着順以上に好内容。前走は3角の不利で棒に振ったが、今回、適距離戻りで大駆けを期待。

単勝:1(1点)
複勝:1(1点)

【想定展開】
(15)トウカイストラーダが引っ張ってくれる分、ヨーイドンの競馬を心配する必要はなさそう。瞬発力と、相応のスタミナを求められる。

◎7 ニシノハッスル
間を空けた前走も硬さが見られたので、立て直した今回は巻き返して来れそう。この馬の持つスタミナと切れ味を長い直線で活かせそう。

×5 シードパール
出遅れ癖が心配だし、前々走、前に進んでいかずズブさを見せたのも気がかり。抑えまで。


単勝:7(1点)
馬単:7→5(1点)
馬連:5-7(1点)
ワイド:5-7(1点)
【想定展開】
逃げ馬不在で、テンは淡々と流れる。スロー見え見えなので各馬とも向正面から仕掛ける捲り合いとなる。3/4角の勝負どころで上がっていけるコーナーリングの巧拙と、長く脚を使う持続力が求められる展開。

◎1 ダブルフラワー
コーナーリング4回は得意な部類。ただ、最内枠に入ったので捌けるかどうか。他に買いたい馬もいないので、捌ける方に賭けたい。

×16 リュウノースジョイ
距離が1F長い。抑えまで。


単勝:1(1点)
馬単:1→16(1点)
馬連:1-16(1点)
ワイド:1-16(1点)
◎1 ウェーブランチャン
6Fでも行きたがる馬なので、テンが上り坂となる函館は前半に負荷が掛かった。終始平坦の札幌に変われば、粘りが増すはずで、その割に人気しておらず、妙味ある。

×5 フクノグローリア
平坦で、しかも内の芝が良い馬場では、脚質的に差し届かない可能性ある。本質的に6Fは忙しい印象もあり、抑えまで。

△10 ユアインマイハート
2走前に見せた決め手は見どころあり、抑えが必要。人気なく、妙味十分。


単勝:1(1点)
複勝:1(1点)
馬単:1→5,10(2点)
馬連:1-5,10(2点)
ワイド:1-5,10(2点)
3連複:1-5-10(1点)
3連単:1→5,10→5,10(2点)
◎17 プラントアゲン
リフレッシュ効果見込めそう。決め手があって差し切る力あるので、頭からの馬券も買える。この馬から、スピード上位馬に流したい。

馬単:17→1,6,11,13(4点) 的中!(11.3倍)
馬連:17-1,6,11(3点)
ワイド:17-1,6,11(3点)
3連複:17-1,6,11,13(1頭軸・6点)
◎2 ニシノクラレット
近走はズブさを見せていたが、初ブリンカーで行く気を見せれば、昨年夏に小倉3着した時の底力なら勝負になる。人気なく、妙味十分。

単勝:2(1点)
複勝:2(1点)
【想定展開】
(5)ニシノインシュアラがハナを主張すれば、最初のコーナーまでの距離が短いし、他にハナにこだわる馬はおらず、テンが落ち着く。淡々とした流れで前有利も、馬群が固まるので、捲りも決まる展開。

◎11 ウインアーマー
この距離合う。1角までの距離短いコースの外枠なので控える形を取りそうで、馬群固まり捲りが嵌る展開。スピードの違いで先行できた場合、底力あるのでこの形なら尚良い。勝ち切れないところがある(人馬とも)ので、連軸に指名。

馬連:11-4,5,6,10,12,13,14(7点)
3連複:5,11-4,6,10,12,13,14(2頭軸・6点)
◎7 スミレ
調教映像からは、まずまず柔らかみあり、推進力感じる走り。

×6 ルーレットクイーン
調教映像からは、まずまず柔らかみあり、推進力のある走り。
×9 メイショウボーテ
調教映像からは、頭高いがまずまず柔らかみある走り。
×10 レーヌドコロール
調教映像からは、まずまず柔らかみあり、推進力のある走り。

消1 サトノサンシャイン
調教映像からは、走り硬い。
消8 コンサバ
調教映像からは、頭の高い走り。
消12 ポッドガゼール
調教映像からは、硬めの走り。

馬単:7→6,9,10(3点)
馬連:7-6,9,10(3点)
ワイド:6-7(1点)
3連複:7-6,9,10(1頭軸・3点)

◎7 マイネルプロンプト
行きたがるところがあるので、距離短縮がプラスに働く可能性ある。

×12 ウインエスパシオ
札幌7.5Fの外枠は距離損大きい。抑えまで。

×14 パーフェクトビュー
札幌7.5Fの外枠は距離損大きい。抑えまで。

単勝:7(1点)
馬単:7→12,14(2点)
3連単:7→12,14→12,14(2点)
◎15 ダイワスキャンプ
前走、前有利の展開を、4角5番手から外を回り、差し込んだ瞬発力を評価。距離損を勘案すると、強い内容だった。スロー濃厚のメンバー構成で、直線でのヨーイドンの競馬は、決め手に勝るこの馬にとって臨むところ。

単勝:15(1点)
→人気し過ぎで、妙味無し。見送り。
【想定展開】
内から(2)が行く構えを見せそう。こうなるとテンがそれなりに速くなる。開幕週でもそこそこ差しの決まる、逃げ・差し互角の展開を想定。

◎8 カリテスグレース
控えても競馬ができるタイプなので、(2)が行く気を見せるなら控えることも可能。陣営が前走は重い馬場を敗因に挙げていたように、血統の字面よりも、細め長めの繋から連想されるとおり、軽い馬場が合うタイプなのかも。それなら、開幕週のパンパン馬場は良いし、必要以上に緩むことがない流れならキレ負けを心配するもない。勝ち負けを期待。

単勝:8(1点)

【想定展開】
逃げ馬不在。淡々と流れ、前有利の展開。

◎9 リュウノースジョイ
前走の敗因を受け、今回は積極的な競馬をしてくれそう。流れが落ち着くので、前に位置取れるメンバー構成で、これなら力を発揮できる展開。

単勝:9(1点)

◎4 ティソーナ
調教映像からはまずまず柔らかみあり、推進力ある走り。

単勝:4(1点)

◎5 ダイメイチャンプ
前走、前傾ラップを、番手から粘り込んだ底力を評価。平坦変わりでより良さが活きる。

×15 エスペランサルル
2走前に見せた決め手は見どころあるが、開幕週・小回り・平坦の前有利な条件で中心視するのは無理筋。抑えまで。

単勝:5(1点)
馬単:5→15(1点)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。