ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【想定展開】
逃げ馬不在。馬群が固まり決め手勝負。内の芝が良い状態でコーナー4回、距離ロス小さくすることが求められる。

◎3 ルノートル
前走の新馬戦は、大外枠で終始外を回らされながら、前有利の流れを、4角7番手から外を回り、差しきった瞬発力を評価。距離損を勘案すると強い内容。下見所ではうるさい様子を見せていたが、レースでは折り合っており、折り合い面に問題はないと見たい。前走に比べると内めの枠を引けて更に前進。手頃な人気でもあり、妙味ある。中心視したい。

△9 プランスシャルマン
終いに確実に決め手を繰り出せる。ただ、外枠で距離損が心配なので、相手候補まで。

×1 ストロングタイタン
機敏さを感じない歩様で、オープンクラス相手では切れ負けしそう。抑えまで。
×2 ロジストーム
機敏さ感じない歩様だし、前捌きも硬い。血統面からもダート向き。ただ、内枠を引けて距離ロスはないので、抑えておく。

単勝:3(1点)
馬単:3→1,2,9(3点)
ワイド:3-1,2(2点)
3連複:3-1,2,9(1頭軸、3点)
3連単:3→9→1,2、3→1,2→9(4点)
スポンサーサイト
【想定展開】
逃げ馬不在。スロー濃厚で、前有利。

◎6 フィンガーポスト
×3 マイネルビッグバン
×5 ミュゼリバイアサン
×9 ファータグリーン
ここでは能力上位も、外目の枠で距離損心配な上に、展開も向かない。抑えまで。

3連単:6→3,5,9→3,5,9(6点)
馬単:6→3,5,9(3点) 的中!(11.6倍)
◎4 リップルトウショウ
内の3頭がどれもスピードがないので、先手を取ってインを回ってこれそう。

×6 ダイワダッチェス
×7 タニマサガール
×9 ラブリーアモン
×10 オールプリュネル
×11 ワンダフルラッシュ
×12 サバイバルポケット

消13 ニケトップラン
外枠でハナに立つには内の先行馬より脚を使う必要あるし、控えると中山8Fで距離損でる。

馬連:4-6,7,9,10,11,12(6点)
3連複:4-6,7,9,10,11,12(1頭軸、15点)
【想定展開】
(3)が前走同様ハナに行きそうだが、この馬はスピードないし、少頭数でもあり、流れが落ち着く。決め手の活きる展開。

◎7 ゼンノタヂカラオ
前走の新馬戦で負けた相手が、野路菊S 2着のブラックスピネル。3着以下は離したように、ここに入ると別格。前走は馬場が悪く、この馬の切れ味を出し損ねた印象もあり、決め手が活かせる今回の馬場で、より良さが活きる。圧倒的人気でも逆らえない。

△2 ワンスインアライフ
前走、厳しい流れを番手で流れに乗り、粘り込んだ底力を評価。ただ、今回は相手が悪く、(7)ゼンノタヂカラオの良い目標にされてしまいそう。

×3 リッチーリッチー
前走の新馬2着は、押して押してハナに行き、4角でも追い通しでズブい印象を受けた。芝のパンパン馬場で勝ちきれるタイプには思えない。

3連単:7→2→3(1点)
馬単:7→2(1点)
【想定展開】
逃げ馬不在。1角までの距離が短いのでテンが速くなることはなく、淡々と流れ、前有利の展開。前・内を意識したい。

◎1 ミライヘノサイン
前走、外枠で終始外を回らされ、距離損あった。今回は最内枠に入れ、インをピッタリ回れ、条件大幅好転。まずまず柔らかみのある走りでコーナー比率の高いコース変わりもプラスだし、折り合いも付くので勝ち負けを期待。

単勝:1(1点)
◎6 ストーミーシー
2走前、前傾ラップを、番手から粘り込んだ底力を評価。前走は疲れが出たが、間を空けて立て直した今回は勝ち負け。

△2 ソニックタイガー
×15 スピードムテキ

馬単:6→2,15(2点)
ワイド:2-6,15(2点)
3連複:2-6-15(1点)
3連単:6→2,15→2,15(2点)
【想定展開】
(2)がハナを狙いたいが、距離短縮でハナを奪えるかは疑問。他にハナを主張するタイプはおらず、テンは落ち着く。前有利の展開を想定。

◎6 キンシロケット
スピードあるので先手を取れる。流れには乗れたが6Fは忙しかったとの陣営の弁から1Fは延長はプラスに働きそうだし、減量騎手起用も良い。中心視したい。

○3 メイショウトキン
前走の札幌6Fでの未勝利戦は、内の良い馬場の中、4角6番手から大外を回って差し込んだ。距離損を勘案すると、着順以上の結果。直線急坂でより差しが決まるので、コース変わりはプラス。末を活かせる豊Jへの乗り替わりも良い。人気しすぎなければ、中心視したい。

×1 ジョーマイク
硬めの走りなので、コーナー比率高いコースでは強く押せない。それに、前走の新馬戦で番手に位置取っているものの、押して押してやっと前に行けたもので、スピードあるとも言えない。抑えまで。
×2 ウインハートビート
ハナさえ奪えれば、一発の魅力はある。抑えておく。
×9 ポッドシルビア
外目の枠の分、距離損を勘案して狙い下げ。

消11 フィールドシャルム
7Fは忙しい。
消12 トウケイドライヴ
大外枠で距離損心配。

馬連:3-6(1点)
3連複:3,6-1,2,9(2頭軸、3点)、3-1,2,9(1頭軸、3点)、6-1,2,9(1頭軸、3点) 的中!(31.5倍)
3連単:3,6→3,6→1,2,9(6点)
【想定展開】
(2)か(4)がハナ。少頭数でもあり、阪神9F外回りらしく緩んだ流れ。道中、距離損なく脚を溜め、決め手のある馬が狙い。

◎2 オーヴィレール
好枠で、距離損なくレースを進められる。前走の追い切りでは古馬1000万馬をアオって能力あると感じていたが、実際、レースでも展開向いたとはいえ、2着に影をも踏ませなかった逃げ切り勝ちは強い内容。脚質的に目標になる立場も、この馬を捕まえられるだけの切れる馬は今回のメンバーには見当たらないので、中心視できる。鞍上強化も魅力だし、大トビ・硬めの走りなので、直線長いコース変わりでより良さが活きそう。

×3 ロスカボス
発馬が悪く心配。その上、前走のレースは、テン・中盤とも猛烈に緩んだ割に、上がりが速くならなかった凡ラップの中、前有利の流れも、上がりが速くならなかったことにより、差し馬も台頭した展開だっただけに、人気ほど切れる脚を使えるタイプにも思えない。抑えまで。
▲4 メイショウゴテツ
初芝も、ハナを切りさえすれば、一発の魅力はある。
×8 ユウチェンジ
前走、前有利の展開を中団で流れに乗り、4角6番手から外を回って差しきった瞬発力を評価。ただ、外枠で距離損心配だし、展開も向くとはいえず、抑えまで。


単勝:2(1点)
馬単:2→3,4,8(3点)
馬連:2-4(1点)
3連複:2-3,4,8(1頭軸、3点)
3連単:2→3,4,8→3,4,8(6点)
◎11 コパノアラジン
血統・体型、それに機敏さ感じない歩様からは、ダートで良さがでそう。

×12 アテンフェスタ
機敏な歩様で、芝の方が良さそうなタイプ。人気もしており、抑えまで。

単勝:11(1点) 的中!(4.5倍)
馬単:11→12(1点) 的中!(17.2倍)
【想定展開】
前走6Fでも逃げた(1)が引っ張る流れは緩くはならない。多少速くなっても開幕週の馬場なので差し有利とまではいかず、逃げ・差し互角の展開を想定。必要以上に緩まないので、底力求められ、キレだけでは対応できない。

◎14 サクラティンクル
3走前に見せた、前傾ラップを番手で流れに乗り、粘り込んだ底力を評価。4走前に中京8Fで2着しているし、父・体型から距離は問題ないと見たい。大幅鞍上強化で勝ち負けを期待。

×1 ノースピーディング
×11 エスペランサルル
血統的にも、小柄な体型的にも距離延長がプラスとは思えない。

単勝:14(1点)
馬単:14→1,11(2点)
ワイド:1,11,14(ボックス、3点)
3連複:1-11-14(1点)
3連単:14→1,11→1,11(2点)

◎7 コンゴウノカガヤキ
調教映像からは、まずまず柔らかみあり、推進力感じる走り。2歳未勝利馬をアオって見せた。

○3 ラニ
調教映像からは、走りにそれほど柔らかみはないが、大柄な体型から繰り出すい大トビの走りで、推進力感じた。坂路を真っ直ぐに駆け上がって古馬500万馬をアオって見せており、能力高そう。

-2 ダイシンアレッタ
調教映像からは、古馬オープン馬にアオられた。それほど走りに推進力も感じなかった。
-9 メイケイレジェンド
調教映像からは、それほど柔らかみを感じない走法。

単勝:7(1点)
馬連:3-7(1点)
ワイド:3-7(1点)
◎16 アドマイヤホーク
機敏さなく一瞬の切れ味では劣るが、パワーのある体型で流れに乗れるスピードもあるので、ダート変わりがプラスに働くタイプ。

単勝:16(1点)
◎4 サイモンジェッター
調教映像からは、まずまず柔らかみのある走り。古馬500万より手応え良かった。

-1 ヤマニンリュウセイ
調教映像からは、頭の高い走り。
-5 レッドリュンヌ
調教映像からは、硬めの走り。

単勝:4(1点)
馬単:4→2,3,6,7,8,9(6点)
◎11 ハリケーンバローズ
調教映像からは、まずまず柔らかみのある走り。

-1 ロジクライ
調教映像からは、頭高く、硬い走り。
-2 グランノーブル
調教映像からは、頭高く硬い走り。3歳未勝利馬にアオられた。

単勝:11(1点)
馬単:11→3,4,5,6,7,8,9,10(8点)
【想定展開】
逃げ勝って来た馬ばかりが集まる2歳重賞で、前傾ラップがデフォルト。馬場が軽ければ外差し馬場も相まって差し馬が台頭する。ただ、今年のように道悪で馬場が重くなると、後ろの組も鋭い脚を使えず、前の組が雪崩れ込む展開。当日の馬場傾向からは、差し馬の出番は難しそうなので、スピード&底力を重視した予想に。

◎13 サイモンゼーレ
前走、前傾ラップをハナに立ちながら、終いも突き抜けた底力を評価。内の馬場が悪くなってきたので、この枠もプラス。不思議なほど人気しておらず、妙味十分。

×4 レッドラウダ
×5 ファビラスヒーロー
×6 レッドカーペット
×7 オウケンダイヤ
×8 コウエイテンマ
×9 ブンブンブラウ
×14 ジュンゲル

-3 シュウジ
逃げて結果を出してきた馬が、距離短縮。ハナを取れるか疑問だし、取れたとしてもそれまでに脚を使わされる。そんな馬が断然人気なら、消して妙味を追いたい。

単勝:13(1点)
馬単:13→4,5,6,7,8,9,14(7点)
馬連:13-4,5,6,7,8,9,14(7点)
ワイド:13-4,5,6,7,8,9,14(7点) 的中!(28.6倍)
【想定展開】
道悪競馬で、基本は前の組が雪崩れ込む展開を想定。

◎7 カリテスグレース
ハナを切っても良いし、控えても力をだせることを前走証明した。馬場渋化したことにより一瞬の切れ味が必要なくなったのもこの血統にはプラス。前走2着でも人気しづらい馬で、中心視できる。

×1 パラベンス
×4 アゼリア
×5 ヴァフラーム → 人気し過ぎで妙味なし。買い目から外す。
×8 シームストレス
×10 トワイライトキッス
×12 ショウナンライム
×16 アクアブルーハート

単勝:7(1点)
馬連:7-1,4,8,10,12,16(6点)
ワイド:7-1,4,8,10,12,16(6点)
◎11 トモジャポルックス
調教映像からは、柔らかみのある走り。同じ新馬をアオって見せた。

×1 タマワイドベガ
調教映像からは行きたがるところがあるが、まずまず柔らかみのある走り。
×4 マイネルラフレシア
調教映像からは、頭高めもまずまず柔らかみのある走り。

-2 アイスクリン
調教映像からは頭高めの走り。同じ新馬にアオられた。
-8 エアワイバーン
調教映像からはそれほど柔らかみ感じないし、同じ新馬にアオられた印象。

単勝:11(1点)
馬単:11→1,4(2点)
3連単:11→1,4→1,4(2点)
◎9 タムロゴーゴー
調教映像からはまずまず柔らかみあり、推進力感じる走り。

△13 イリデッセンス
調教映像からは、柔らかみのある走り。同じ新馬をアオって見せた。ただ、人気しており、軸からは買いづらい。

-12 ロードスター
調教映像からは、硬めの走り。

単勝:9(1点)
複勝:9(1点)
馬連:9-13(1点)
ワイド:9-13(1点)
【想定展開】
(13)オールマイアイがハナを狙う構え。この馬が引っ張る流れはハイラップなので、展開利は差し馬にある。

◎13 オールマイアイ
前走は囲まれてハナに行けなかったが、それでも大崩れしなかった。今回は外目の枠で他に速い馬もいないので、行き切れそうなメンバー構成。行き切れれば、この馬の渋とさが活きる。

△3 ダブルフラワー
×4 マイネルフレッチャ
×5 サルガッソ
×6 オーバースト
×7 ピアノコンチェルト
×9 マインリーバー
×10 ハギノパトリオット
×11 エアルナ
×15 ガニメード
×16 スターチェイサー

単勝:13(1点)
馬連:13-3,4,5,6,7,9,10,11,15,16(10点)
3連複:3-13-4,5,6,7,9,10,11,15,16(9点)
【想定展開】
生粋の逃げ馬はいないが、馬場重く前が残る展開が予想されるので、どの馬もテンから仕掛ける。テンが下り坂・直線平坦の道悪馬場なので、前の組が雪崩れ込む。テンのスピード比べ。

◎17 ティーエスバラ
2走前、前傾ラップを番手で流れに乗り、粘り込んだ底力を評価。大型馬なのでこの外枠は競馬がしやすいし、内の前の組を見ながら競馬できるのも良い。人気しすぎなさそうで様相で、それなら中心視できる。

×1 ティーエスナイン
×5 ノッツダルジェント
×8 エイシンパライソ

単勝:17(1点)
馬単:17→1,5,8(3点)
3連単:17→1,5,8→1,5,8(6点)
【想定展開】
(6)が引っ張る流れはハイラップ。道悪競馬も相まって、底力比べのサバイバルレース。馬場が重く、さらに速い流れでの追走が求められるため、後ろの組も決め脚を繰り出せず、前の組が雪崩れ込む展開を想定。

◎12 ルサリエ
前走、前傾ラップを、番手から粘り込んだ底力を評価。前に行ければ結果を残せるはずなのに、前走2着はフロック視されてか思いのほか人気しておらず、妙味ある。強い(4)がいるので、頭からは狙いづらく、連軸で。

▽4 プレミオテーラー
前走、厳しい流れを、番手で流れに乗り、早め先頭から粘り込んだ底力を評価。ただ、人気しており、妙味なし。抑えまで。
×6 ブーケオブローズ

馬連:12-4,6(2点)
ワイド:12-4,6(2点)
3連複:4-6-12(1点)
◎4 キングライオン
調教映像からは、行きたがる面があるが、外を回って2歳オープン馬と互角以上の走りで、能力感じる。思いのほか、(7)が人気したので狙っていける人気になった。
△2 アポロノホウリン
調教映像からは、まずまず柔らかみあり、推進力感じる走り。人気なく、妙見追える。

▽7 メートルダール
調教映像からは、頭高いがまずまず柔らかみあり、推進力感じる走り。ただ、人気しすぎており、妙味なし。抑えまで。

-1 ディーマジェスティ
調教映像からは、柔らかみ感じない走法。
-5 ラブミーリル
調教映像からは頭高く、硬めの走り。
-6 ケイツートール
調教映像からは頭高く、硬い走り。
-9 パーリオミノル
調教映像からは新馬にアオられた印象。
-14 アーススピード
調教映像からは頭高め・硬めの走り。

単勝:4(1点) 的中!(4.1倍)
複勝:2(1点)
馬単:4→2,7(2点)
ワイド:2-4(1点)
3連複:2-4-7(1点)
3連単:4→2,7→2,7(2点)