スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京2歳優駿牝馬回顧

南関競馬回顧
12 /31 2007
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


今年最後のレースくらいしっかり回顧しておこう。

2007年12月31日(月) 東京2歳優駿牝馬(S1) 大井 第10競走 ダート 1600m (内コース・右) 天候:晴 馬場:重
①○マダムルコント 1:42:5 2人 (8-7-2-1)
②△ブライズメイト 1:42:5 4人 (14-14-3-3)
③…カクテルラウンジ 1:43:3 6人 (3-3-4-4)
⑦◎トミノプラネット 1:44:4 1人 (2-2-1-2)
12.3-11.4-13.3-13.3-13.1-13.0-13.0-13.1
(37.0-26.4-39.1=1.42.5)

テン速く中盤やや緩んだラップ。◎トミノプラネットが中盤でもう少し脚を溜めて末脚に賭けたい所を、○マダムルコントがそれを許さず13秒台の続く緩んだ中盤を利して3角から早めの進出。さらにその後ろから△ブライズメイトが大捲りを打って、前の馬にはきつい展開となった。
展開がやや向かなかったにせよ、枠に恵まれた◎が距離損の無い最内を回ってきたにも関わらず、○に前哨戦に続き2度までも後塵を拝したのは決定的な力の差とも感じられるレースだった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。