スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発馬2馬身出遅れ?!! 迎春賞回顧

南関競馬回顧
01 /01 2008
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


年明け初戦。スタートダッシュを決めるはずが…

2008年1月1日(火) 迎春賞 川崎 第11競走 ダート 1600m (左) 天候:晴 馬場:重
①△ゲームメーカー 1:43:0 8人 (11-11-9-8)
②…エスプリフェザント 1:43:3 6人 (7-7-6-4)
③○カネショウバナナ 1:43:9 4人 (9-9-8-5)
⑪◎エスプリビル 1:45:9 1人 (5-4-4-10)
⑫▲ザママーベラス 1:46:2 10人 (6-5-5-9)
12.5-11.2-12.0-13.2-12.3-13.5-14.8-13.5
(35.7-25.5-41.8=1.43.0)

予想通りテンが猛烈に速くなり、意外に中盤もそこそこ速く、先行馬が総崩れとなる前傾ラップとなった。もう少し中盤が緩んでくれれば、アタマ候補の◎○▲が捲っていける展開となるはずだったが、思いのほか緩むことが無く位置を押し上げることが出来ない上に、追走に脚を使ってしまったのが痛かった。

ゲームメーカー・・・展開が巧く嵌り後方一気を決めた。かなり恵まれたので、次走、人気になるようなら疑ってかかった方がよさそう。
エスプリフェザント・・・長期休み明けで勝ちにいく競馬で僅差の2着。相当、強い内容。
エスプリビル・・・もう少し控えた位置取りを想定していたが、思ったより前になったためきつい流れとなったにしても、ここまで負けたのはだらしない。調子落ちかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。