ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


南関で吸い取られた分は、JRAで取り返さなきゃw

【過去傾向分析】
2007年 1月 6日(土) 1回中山1日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第56回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 16頭立
①シャドウゲイト 2.02.4 3人 (2-2-1-1)
②アサカディフィート 2.03.6 10人 (15-16-16-15)
③ブラックタイド 2.03.7 2人 (12-13-11-5)
12.6-10.8-12.6-11.6-12.2-12.1-12.5-12.6-12.2-13.2
(36.0-48.4-38.0=2.02.4)

2006年 1月 5日(木) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第55回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 15頭立
①ヴィータローザ 1.59.4 7人 (7-7-8-7)
②アサカディフィート 1.59.4 6人 (13-13-13-14)
③カナハラドラゴン 1.59.4 9人 (8-7-7-7)
12.7-11.5-12.9-11.9-11.6-11.4-11.4-11.6-11.7-12.7
(37.1-46.3-36.0=1.59.4)

2005年 1月 5日(水) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第54回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 2000m 15頭立
①クラフトワーク 1.59.0 1人 (12-10-8-5)
②マイネヌーヴェル 1.59.2 6人 (12-13-12-12)
③キーボランチ 1.59.2 8人 (12-13-12-10)
12.6-11.5-12.7-12.0-11.4-11.0-11.6-11.7-12.0-12.5
(36.8-46.0-36.2=1.59.0)

2004年 1月 5日(月) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第53回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 2000m 16頭立
①アサカディフィート 1.59.2 4人 (7-6-7-7)
②ワールドスケール 1.59.8 5人 (8-8-8-8)
③ダンツジャッジ 1.59.9 3人 (8-9-8-8)
12.5-11.6-12.5-12.1-11.9-11.7-11.7-11.4-11.7-12.1
(36.6-47.4-35.2=1.59.2)

2003年 1月 5日(日) 1回中山1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第52回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝 2000m 16頭立
①トーホウシデン 2.00.0 1人 (8-8-8-7)
②トーアメイウン 2.00.1 12人 (1-1-1-1)
③カンファーベスト 2.00.3 10人 (5-5-4-4)
12.7-11.9-12.1-12.0-11.9-11.9-11.8-11.8-11.8-12.1
(36.7-47.6-35.7=2.00.0)

毎年多頭数で緩くなることは無く、中山20らしい中盤締まったラップで持続力を問われる。連続開催による外差し馬場に直線急坂も手伝い、基本的に差し有利。


【前哨戦分析】
2007年12月15日(土) 5回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ディセンバーS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝 1800m 16頭立
①サイレントプライド 1.47.3 1人 (3-3-3-3)
②スターイレブン 1.47.9 10人 (8-9-9-8)
③コスモマーベラス 1.47.9 3人 (5-5-5-5)
⑧グラスボンバー 1.48.5 5人 (16-16-13-12)
⑨トウショウナイト 1.48.5 7人 (6-6-6-7)
⑬ブラックタイド 1.49.3 6人 (14-15-13-12)

12.6-11.2-11.6-11.4-11.3-12.0-12.3-12.3-12.6
(35.4-34.7-37.2=1.47.3)
先頭2騎が飛ばし、テン・中盤ともかなり速い前傾ラップとなったが、3番手以降は大きく離れた平均ペース。
サイレントプライド…ここでは格上らしく圧勝で、時計も優秀。
グラスボンバー…流れが向かず。理想は前崩れの前傾ラップで、展開待ち。

2007年12月 8日(土) 5回阪神3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第60回鳴尾記念
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 16頭立
①ハイアーゲーム 1.47.5 8人 (3-3)
②エイシンデピュティ 1.47.5 3人 (1-1)
③アドマイヤフジ 1.47.6 5人 (13-12)
③アドマイヤオーラ 1.47.6 4人 (10-12)
⑫シルクネクサス 1.48.3 6人 (6-6)
12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
(35.9-37.4-34.2=1.47.5)
中盤が緩んで上がり勝負。先行して速い上がりを繰り出す先行瞬発力型が最強の舞台となった。
アドマイヤフジ…スタートで位置取りが悪くなり直線でも進路をなかなか見つけられないレースとなったが、このペースで差し込んできた瞬発力は見事。本来、ハイラップの底力勝負となった宝塚記念で激走したように底力勝負を得意とする馬で、瞬発力勝負となった鳴尾記念での好走は目下の充実振りを証明している。
シルクネクサス…上がり勝負は本質的に合わない。

2007年11月23日(祝) 5回東京9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R キャピタルS
3歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 18頭立
①キンシャサノキセキ 1.32.8 2人 (4-3)
②エアシェイディ 1.32.9 1人 (14-12)
③マイネルスケルツィ 1.32.9 5人 (5-5)
⑦トウショウヴォイス 1.33.7 8人 (14-15)
12.4-10.8-11.2-11.8-11.8-11.3-11.3-12.2
(34.4-23.6-34.8=1.32.8)
テンが速く追込も決まる流れではあるが、時計が速く前の馬もなかなか止まらない馬場。
エアシェイディ…流れも向き、軽い芝も合うタイプで得意とする条件が揃った。恵まれただけに、人気必至な今回、時計の掛かる中山変わりは評価を下げる材料に取ってみたい。
トウショウヴォイス…エアシェイディと同じような位置から追い込む競馬をするもエアと0.8秒差。こちらはもう少し時計のかかる馬場の方が向きそうで、今回、時計のかかる中山で評価を上げて妙味を追ってみたいタイプ。

2007年11月10日(土) 3回福島7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第43回福島記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 2000m 16頭立
①アルコセニョーラ 2.00.6 5人 (13-13-13-12)
②ナリタプレリュード 2.00.9 16人 (11-11-9-7)
③ヤマニンメルベイユ 2.00.9 9人 (6-4-3-2)
④グラスボンバー 2.01.0 12人 (11-11-12-9)
⑯アサカディフィート 2.02.9 10人 (15-15-16-16)

12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
(35.7-48.4-36.5=2.00.6)
荒れ馬場での小回り福島らしい底力を問われる流れ。
グラスボンバー…直線は馬場の悪い内を狙い伸び切れなかったが、流れさえ向けばこのくらいはやれる馬。

2007年10月20日(土) 4回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第10回サウジアラビアロイヤルカップ富士S
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) 芝 1600m 18頭立
①マイネルシーガル 1.33.3 4人 (3-3)
②マイケルバローズ 1.33.3 7人 (6-6)
③トウショウカレッジ 1.33.3 8人 (13-12)
④エアシェイディ 1.33.4 1人 (17-18)
⑦トウショウヴォイス 1.33.5 10人 (11-12)
⑰グラスボンバー 1.34.7 17人 (8-6)

12.5-10.8-11.6-11.5-11.8-11.2-11.9-12.0
(34.9-23.3-35.1=1.33.3)
テン・中盤ともやや速く、それなりの底力を問われる流れ。
エアシェイディ…勝負どころで反応が鈍い面を見せる。歳を重ねる度にズブくなっている模様。

2007年 9月23日(祝) 4回中山6日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第53回産経賞オールカマー
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 2200m 16頭立
①マツリダゴッホ 2.12.5 1人 (8-8-5-2)
②シルクネクサス 2.12.6 5人 (4-4-3-1)
③エリモハリアー 2.13.0 7人 (13-14-13-8)
⑩センカク 2.13.7 12人 (15-15-15-15)
12.6-11.5-12.4-12.3-12.2-12.6-11.8-11.8-11.3-11.4-12.6
(36.5-60.7-35.3=2.12.5)
上がり5F目から速くなる持続力を問われる流れ。
シルクネクサス…切れ味勝負では分が悪いので、積極的に捲りにでる持続力に長けた馬。持ち味を最大限に生かせる騎乗。

2007年 9月 2日(日) 1回札幌8日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 第43回札幌記念
3歳以上・オープン・G2(定量) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①フサイチパンドラ 2.00.1 5人 (1-1-1-1)
②アグネスアーク 2.00.1 12人 (5-6-5-5)
③サクラメガワンダー 2.00.3 3人 (10-11-11-10)
⑤シルクネクサス 2.00.3 10人 (2-2-2-2)
⑥アサカディフィート 2.00.4 14人 (14-13-14-13)
⑨アドマイヤフジ 2.00.8 4人 (7-6-5-5)
⑪サイレントプライド 2.01.0 2人 (3-3-5-5)

12.7-10.9-11.9-12.7-12.5-12.5-12.1-11.7-11.4-11.7
(35.5-49.8-34.8=2.00.1)
中盤が緩み上がり偏重ラップ。
シルクネクサス…この流れではこの馬の良さは活きない。
サイレントプライド…馬インフルエンザの影響など中間順調さを欠いたよう。

2007年 8月26日(日) 3回新潟6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第43回農林水産省賞典新潟記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝・外 2000m 18頭立
①ユメノシルシ 1.57.8 2人 (2-3)
②トウショウヴォイス 1.57.9 10人 (13-13)
③ヤマニンアラバスタ 1.58.1 7人 (11-11)
⑦センカク 1.58.5 11人 (8-8)

12.8-11.2-11.1-11.1-11.9-12.3-11.9-11.8-10.9-12.8
(35.1-47.2-35.5=1.57.8)
高速馬場を勘案しても中盤速く、底力・持続力の問われる流れ。
トウショウヴォイス・ヤマニンアラバスタ…流れが向いたとはいえ、この流れで差し込めるのは底力の証。

2007年 7月22日(日) 2回函館4日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 第43回農林水産省賞典函館記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)(特指) 芝 2000m 11頭立
①エリモハリアー 2.02.8 7人 (7-6-6-6)
②ロフティーエイム 2.03.0 9人 (5-4-4-4)
③サクラメガワンダー 2.03.0 2人 (7-8-8-9)
④アドマイヤフジ 2.03.1 1人 (2-2-2-2)
⑦シルクネクサス 2.03.4 4人 (7-8-8-8)

12.6-11.8-12.7-13.0-12.9-11.9-12.0-11.9-11.7-12.3
(37.1-49.8-35.9=2.02.8)
かなりテンの緩んだ上がり勝負。
アドマイヤフジ…本質的に底力勝負に持ち込みたい馬でこの流れは向かないし、洋芝も合わないか。


【展開予想】
カオリノーブルがすんなりハナを切りそうでテンは速くならない。内枠に入ったシルクネクサスが先行して早めに動く挙動を見せ、サイレントプライドもそれに続き中盤緩くなることは無い。ただ、テンが緩い分、例年通りの差し有利とまではいかなそうで、外差し馬場を勘案しても持続力型先行馬が優位に映る。


【結論】
◎サイレントプライド
脚質的に自在に動けるし、一頓挫あって大敗した札幌記念から完全に立て直してきた。前走以上とも言われる出来のよさなら人気でも仕方ない。
同じく持続力型先行馬のシルクネクサスは内枠に入ったのが痛い。この枠では積極的に前に行かざるを得なく、サイレントの絶好の標的になるし馬場の悪い内を終始走らされるのも辛い。

単勝:◎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/107-399f86e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【中山金杯】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/01/04(金) 23:03:58 | 【血統フェスティバル】blog
ビバ!!JRAプレミアム 中山金杯予想2007年 7月22日(日) 2回函館4日 天候: 晴 馬場状態: 良 9R 第43回農林水産省賞典函館記念3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)(特指) 芝 2000m 11頭立 ?エリモハリアー 2.02.8 7人 (7-6-6-6) ?ロフティーエイム 2.03.0 9人 (5-4-...
2008/01/14(月) 09:32:08 | 競馬予想ソフトで稼ぐ!もうける!