ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


荒れる重賞のイメージが高い金杯で、東西とも堅い馬券になってもうた。。

【過去傾向分析】
2007年 1月 6日(土) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第45回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①マイネルスケルツィ 1.33.9 7人 (1-1)
②エイシンドーバー 1.34.1 8人 (9-7)
③サクラメガワンダー 1.34.1 2人 (2-2)
12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3
(35.2-23.8-34.9=1.33.9)

2006年 1月 5日(木) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第44回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①ビッグプラネット 1.34.0 6人 (1-1)
②ニューベリー 1.34.0 12人 (2-2)
③アルビレオ 1.34.0 9人 (14-14)
12.2-11.1-11.8-12.2-11.8-11.2-11.4-12.3
(35.1-24.0-34.9=1.34.0)

2005年 1月 5日(水) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第43回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①ハットトリック 1.34.0 1人 (13-12)
②アルビレオ 1.34.0 7人 (11-7)
③アズマサンダース 1.34.1 6人 (4-4)
12.7-10.8-11.5-11.7-11.7-11.6-11.8-12.2
(35.0-23.4-35.6=1.34.0)

2004年 1月 5日(月) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①マイソールサウンド 1.33.3 9人 (7-7)
②サイドワインダー 1.33.3 1人 (16-16)
③ユートピア 1.33.3 6人 (3-3)
12.2-11.0-11.2-11.6-11.6-11.8-11.5-12.4
(34.4-23.2-35.7=1.33.3)

2003年 1月 5日(日) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第41回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (混)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①サイドワインダー 1.33.7 3人 (16-15)
②グラスワールド 1.33.8 4人 (5-3)
③ローズバド 1.33.9 6人 (12-11)
12.3-10.5-11.8-12.2-12.1-11.6-11.5-11.7
(34.6-24.3-34.8=1.33.7)

06年,07年はテンそこそこ、中盤が23秒台後半から24秒台と緩んで前残りの展開となり波乱を呼んだ。逆に04年,05年は中盤が23秒台前半に突入し、京都外回りらしく差し馬が台頭している。鍵を握る中盤に当たる4F目は、京都名物の登って下る3コーナーの登りで、この難所は”ゆっくり登ってゆっくり下る”がセオリー。にもかかわらず速くなる年があるのは、ハナ争いが落ち着かずスピードに乗ったまま坂の登りに突入しているためと思われる。結局のところ、今回メンバーの組み合わせでテン争いが激しくなるかどうかを精査することにより、狙い脚質が前の組なのか後ろの組なのかを決定する手がかりとなりそう。


【前哨戦分析】
2007年12月16日(日) 5回阪神6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第2回阪神カップ
3歳以上・オープン・G2(定量) (国際)(特指) 芝 1400m 18頭立
①スズカフェニックス 1.20.6 1人 (11-9)
②ジョリーダンス 1.20.7 10人 (9-9)
③ブルーメンブラット 1.20.7 5人 (15-12)
④ローレルゲレイロ 1.20.8 9人 (1-1)
④エイシンドーバー 1.20.8 2人 (5-4)
⑦カネトシツヨシオー 1.20.9 15人 (12-12)

12.2-10.9-11.3-11.6-11.2-11.3-12.1
(23.1-34.1-23.4=1.20.6)
昨年に比べてテンが0.2秒遅く、中盤も0.4秒遅く、上がりが0.6秒速くなる。このクラスにしては道中のラップが緩んだやや瞬発力に偏重した流れ。
エイシンドーバー…瞬発力に振れた分キレ負けした印象。昨年の京都金杯2着は出来の良さでこなした可能性が高く、本質的には一貫したラップで脚を使う流れが向くタイプ。
カネトシツヨシオー…距離が短く、追走に苦労。底力タイプで一貫した流れで末を活かすのが合いそう。

2007年12月 8日(土) 5回阪神3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第60回鳴尾記念
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 16頭立
①ハイアーゲーム 1.47.5 8人 (3-3)
②エイシンデピュティ 1.47.5 3人 (1-1)
③アドマイヤフジ 1.47.6 5人 (13-12)
③アドマイヤオーラ 1.47.6 4人 (10-12)
⑨フィールドベアー 1.47.8 10人 (5-3)
⑪ナスノストローク 1.48.2 15人 (6-8)
⑭クランエンブレム 1.49.2 7人 (2-2)
⑮セフティーエンペラ 1.49.2 16人 (14-14)

12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
(35.9-37.4-34.2=1.47.5)
中盤が緩んで上がり勝負。先行して速い上がりを繰り出す先行瞬発力型が最強の舞台となった。
エイシンデピュティ…怖がりな馬でハナを切れたのは良かったし、展開的にも恵まれた。
アドマイヤオーラ…中盤緩んで、瞬発力を存分に活かせた。切れ味はやはり一級品。

2007年10月 6日(土) 4回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 夕刊フジ杯大原S
3歳以上・1600万下(定量) (混)(特指) 芝・外 1800m 13頭立
①クランエンブレム 1.46.0 1人 (6-6)
②ゴールドキリシマ 1.46.1 6人 (3-3)
③ファランドール 1.46.1 8人 (2-2)
④カネトシツヨシオー 1.46.2 7人 (8-8)
⑨フィールドベアー 1.46.5 2人 (6-7)

12.8-10.9-11.2-11.7-11.5-11.6-11.8-12.4-12.1
(34.9-34.8-36.3=1.46.0)
テン・中盤とも速い前傾ラップ。
クランエンブレム…前傾ラップをきっちり差しきった点は底力を評価できるも、時計が平凡。

2007年 4月21日(土) 3回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R オーストラリアT
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝・外 1800m 12頭立
①エイシンデピュティ 1.46.2 5人 (1-1)
②ブラックタイド 1.46.3 6人 (2-2)
③ブライトトゥモロー 1.46.4 4人 (5-4)
⑦ナスノストローク 1.46.7 7人 (6-7)
12.7-11.6-11.8-12.2-12.7-12.1-11.1-10.8-11.2
(36.1-37.0-33.1=1.46.2)
テン・中盤とも緩んだ上がり勝負。
エイシンデピュティ…鳴尾記念と同様、ハナを切れたのが良かったし展開的にも恵まれた。


【展開予想】
オースミダイドウがハナを切りエイシンデピュティが控え、隊列はすんなり決まりそう。有力馬は全て末を活かしたい差し馬で積極的に前を潰す動きはなさそう。展開利のある逃げ・先行馬と最も切れる差し馬の組み合わせを買いたい。


【結論】
◎アドマイヤオーラ
外枠で内の馬の出方を見れるアドバンテージがあるし、スタート後、直線の長い京都16なら距離損の心配もそれほどない。末を最大限に活かせる鞍上で、最も切れ味のある馬の組み合わせ。
○エイシンデピュティ
▲オースミダイドウ

馬連:◎-○,▲ 的中!!◎-○ 9.7倍

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/108-84293630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【京都金杯】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/01/04(金) 23:40:00 | 【血統フェスティバル】blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。