ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 1月 5日(土) 1回中山1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第57回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 16頭立
①…アドマイヤフジ 2.00.7 3人 (3-4-3-2)
②…エアシェイディ 2.01.0 2人 (12-8-7-5)
③…メイショウレガーロ 2.01.0 9人 (1-1-1-1)
⑥◎サイレントプライド 2.01.2 1人 (5-4-5-5)
12.4-11.4-13.3-12.5-12.4-11.9-11.9-11.4-11.0-12.5
(37.1-48.7-34.9=2.00.7)

過去、これほど緩んだ中山金杯は無かった。特に中盤が大きく緩む中弛みラップとなり、ほぼ想定通りの先行馬有利の流れとなった。さらに暮れの有馬記念の週でもそうであったように、意外に内の芝の状態が良く先行馬有利に拍車をかけた。
馬券的には、流れは想定どおりなのに軸馬の騎乗が想定外w

アドマイヤフジ…五分のスタート後、スルスルといつもより前に位置取り結果的に好判断。前哨戦分析でも指摘しているとおり、本質的には厳しいラップで良さのでる底力型ではあるが、前走の鳴尾記念で見せた瞬発力は本物で更に流れも向いて完勝。
エアシェイディ…いつもどおり序盤は後方に位置取る。流れと小回りコースを勘案してか外から捲っていく好騎乗&馬の持続力も優秀。マイルではズブい面を見せ始めている同馬にとって芝中距離が現状でのベストディスタンスなのかもしれない。
メイショウレガーロ…すんなりハナを切り、超スローで相当恵まれた。
サイレントプライド…スタート後、前に行く気配を全く見せずいつもよりやや位置取りが後ろに。持続力>瞬発力 の馬キャラと捉えているだけに、ぎりぎりまで脚を溜める騎乗ぶりではさすがにキレ負け。
テンが緩むことを想定して、前に行けるこの馬を◎に抜擢しただけに残念。てか、チョウサンで逃げるなら、この舞台で逃げて欲しかったよノリさんorz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/110-8a1e73e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック