ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 1月 5日(土) 1回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第46回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①○エイシンデピュティ 1.33.6 3人 (2-3)
②◎アドマイヤオーラ 1.33.6 1人 (12-11)
③…カネトシツヨシオー 1.33.7 9人 (14-11)
12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1
(35.3-23.7-34.6=1.33.6)

戦前の想定どおり、昨年・一昨年並みのスローで瞬発力勝負に。ここまで緩むと逃げ・先行馬の位置取りによるアドバンテージと、瞬発力型追込馬のキレ味が互角となる舞台。
馬券は馬連2点で仕留める会心のヒット。ここまで流れの想定がドンピシャで馬券が取れるレースは珍しい^^;そしてなにより、万歳!!JRAプレミアム。

エイシンデピュティ…先行して瞬発力を活かせるベストの流れ。3~4角で暴走してきたキンシャサノキセキに絡まれた時はひやっとしたが、少し下げて釣られるのを防いだ鞍上の好プレーも光った。
アドマイヤオーラ…ぎりぎりまで追い出しを我慢し、末の脚に賭けた。ベストの騎乗と言っていい。
カネトシツヨシオー…本質的に厳しいラップで差し込んでくる底力型ではあるが、緩んだ流れで驚くほどのキレを見せた。よほど今の出来が良いのかもしれない。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/111-23f4f3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック