ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


毎週のように3歳戦重賞が続くクラシックロード。この時期は予想が楽しいよ^^

2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①◎マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9)
②…ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15)
③…アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9)
⑩△ドットコム 2.03.8 6人 (7-7-8-9)
⑪△ゴールドストレイン 2.03.9 9人 (3-2-3-3)
⑫△ランチボックス 2.04.1 8人 (2-2-2-1)
12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)

ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
馬券は、この流れで最も信頼できるマイネルチャールズの単勝で渾身の勝負で的中!!(≧∇≦)b

マイネルチャールズ…ほどよく底力を問われる得意な流れとなった。直線、何度か行き馬を塞がれそうになる場面があったが、脚が十分に残っており突き抜けてきた。馬名のせいか(?)、実力の割りに人気になりづらいタイプに思われるので、皐月賞前に軽い瞬発力を問われる流れで惨敗して、人気落ちした本番で巻き返しのステップを踏んで貰えそうな注視したいキャラ。

ベンチャーナイン…前走の東京スポーツ杯(東京9F)が最も恵まれた内容で上積み無しと見ていたが、実は3走前の野路菊S(阪神9F)で、33.9-37.9-35.8と中盤緩んだもののテンがかなり速く、上がりもそれなりに掛かったこの時期の2歳馬にしてはかなりの底力を問われる流れで太めながらキャプテントゥーレに競り勝つという秀逸な内容を披露していた。流れが厳しくなれば浮上する底力タイプで、今後も流れが向けば一発やってくれそう。

アイティトップ…前走、大外一気とビジュアル的に人気になりそうな内容を見せた。前傾ラップで相当流れが向いたもので、後方からの馬で道中何があるか分からない点も勘案して、妙味を感じなかったが、このレースでも底力を見せ浮上してきた。やはり、力はある。

人気のリトルアマポーラ・ステルスソニックは、今回のレース並の底力を問われる流れをこなしたことが無く、予想通り、流れに戸惑った模様。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/125-6f276e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【京成杯】と【日経新春杯】の回顧です。
2008/01/20(日) 23:00:11 | 【血統フェスティバル】blog