ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


ここで差し脚を余した馬をフェブラリーSで評価するのが妙味ありそうと、勝手な目論みを持ちつつレース展望してみたい。

【過去傾向分析】
2007年 1月21日(日) 1回京都7日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第14回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①メイショウトウコン 1.51.0 9人 (15-15-15-13)
②サンライズバッカス 1.51.0 3人 (12-12- 12-9)
③シャーベットトーン 1.51.2 8人 (3-4-3-3)
12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5
(37.2-37.2-36.6=1.51.0)

2006年 1月22日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第13回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①タガノゲルニカ 1.50.2 5人 (2-2-2-2)
②ヴァーミリアン 1.50.2 2人 (3-3-3-3)
③ハードクリスタル 1.50.4 11人 (5-7-6-6)
12.2-11.2-13.0-12.8-12.8-12.7-12.0-11.5-12.0
(36.4-38.3-35.5=1.50.2)

2005年 1月23日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1800m 16頭立
①ヒシアトラス 1.50.3 4人 (7-7-8-7)
②ブラックコンドル 1.50.9 8人 (4-4-3-3)
③ジンクライシス 1.51.0 1人 (11-10-8-7)
12.2-10.7-12.8-12.4-12.8-12.7-12.1-12.2-12.4
(35.7-37.9-36.7=1.50.3)

2004年 1月25日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第11回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1800m 15頭立
①タイムパラドックス 1.51.3 5人 (3-3-3-3)
②クーリンガー 1.51.3 8人 (2-2-2-2)
③ビワシンセイキ 1.51.6 1人 (5-5-4-3)
12.4-11.7-12.7-12.3-12.6-12.3-12.4-12.4-12.5
(36.8-37.2-37.3=1.51.3)

2003年 1月26日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態: 重
11R 第10回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1800m 16頭立
①スマートボーイ 1.49.7 6人 (1-1-1-1)
②クーリンガー 1.50.2 13人 (3-3-3-2)
③マイネルブライアン 1.50.6 3人 (6-5-4-4)
12.2-11.5-12.3-12.0-12.2-12.2-12.0-12.3-13.0
(36.0-36.4-37.3=1.49.7)

京都特有の登って下る3コーナー。ここでスピードに乗ったまま進入すると外に振られ、距離損が発生するのは自明の理であるので、各馬ともスピードを絞る。この場所が5F~6Fに当たり、中盤が緩むことになる。これにより、他場の9F戦に比べると上がり偏重のレースとなる。
となると、テンがそれほど速くならなければ、中盤が緩む分、基本的に逃げ・先行馬有利と見て問題なさそう。あとは、速い上がりの繰り出せる差し馬の取り扱いになるが、人気薄ならヒモに拾うことにも妙味感じるが、人気の差し馬は危なっかしくてとても信頼する気になれないので、消せるものなら消して妙味を追ってみたくなる。

【前哨戦分析】
2008年 1月 6日(日) 1回京都2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 門松S
4歳以上・オープン(別定) (混)[指定] ダート 1400m 16頭立
①トラストジュゲム 1.23.9 7人 (12-14)
②スリープレスナイト 1.24.0 2人 (12-10)
③トーセンブライト 1.24.0 3人 (9-5)
④フェラーリピサ 1.24.2 1人 (7-8)
⑤ドンクール 1.24.2 4人 (5-5)
⑪メイショウシャフト 1.24.6 5人 (7-10)

12.0-11.0-12.0-12.1-12.0-12.2-12.6
(23.0-36.1-24.8=1.23.9)
中盤がやや緩み、この距離にしては速い上がりを出しやすくなり、瞬発力のある差し・追込馬が台頭できる流れ。
フェラーリピサ…最内枠で行き場が無く、直線では終始待たされる。進路が出来た後はもの凄い脚を使って見せた。今回は外めの枠で同じ轍は踏まない可能性が高く、妙味ある。
ドンクール…年齢的なものか、嫌々走るような印象が出てきた模様。こうなると、非常に厄介。

2007年12月23日(祝) 5回阪神8日 天候: 晴 馬場状態:不良
11R ベテルギウスS
3歳以上・オープン(別定) (混)(特指) ダート 2000m 16頭立
①ワンダースピード 2.01.0 2人 (7-8-5-4)
②メイショウサライ 2.01.0 6人 (9-9-9-6)
③クワイエットデイ 2.01.3 5人 (7-5-8-6)
⑤ハスフェル 2.01.7 15人 (11-11-11-10)
⑨ウインカーディナル 2.02.5 4人 (13-15-9-10)

12.3-11.0-11.2-12.8-12.2-12.2-12.2-12.6-12.4-12.1
(34.5-49.4-37.1=2.01.0)
中盤が猛烈に緩み、その分、上がりに偏重した流れ。
クワイエットデイ…内で脚を溜め、直線もそれなりに良い脚を使う。

2007年12月 8日(土) 5回中山3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 師走S
3歳以上・オープン(ハンデ) (混)(特指) ダート 1800m 16頭立
①サイレンスボーイ 1.51.9 14人 (1-1-1-1)
②フェラーリピサ 1.52.1 1人 (3-3-3-2)
③サヨウナラ 1.52.3 6人 (13-14-14-11)
④ドンクール 1.52.3 3人 (3-3-4-4)
⑤ボンネビルレコード 1.52.3 7人 (7-6-6-4)

12.8-11.5-12.5-12.6-12.3-12.2-12.1-12.6-13.3
(36.8-37.1-38.0=1.51.9)
平均的なラップで距離損のない分、先行有利。
フェラーリピサ…4コーナーまでは完全な勝ちパターンのように見えたが、最後は久々の影響で失速した印象。
ドンクール…内をロス無く回りこの内容なら、少し物足りない印象。

2007年11月24日(土) 5回東京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第8回ジャパンカップダート
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 2100m 16頭立
①ヴァーミリアン 2.06.7 1人 (11-11-9-7)
②フィールドルージュ 2.06.9 6人 (10-9-7-7)
③サンライズバッカス 2.07.5 7人 (14-14-12-10)
④メイショウトウコン 2.07.7 4人 (16-16-15-12)
⑥ドラゴンファイヤー 2.07.9 2人 (13-13-12-10)
⑭ボンネビルレコード 2.12.0 14人 (8-12-12-14)

7.1-10.7-11.9-11.7-11.5-11.9-12.6-12.3-12.5-12.0-12.5
(41.4-48.3-37.0=2.06.7)
00年~06年JCDラップ平均(02年中山開催除く)が、(41.7-48.9-37.3=2.07.9)。高速馬場となった今年と比較すると、テン・上がりが0.3秒速いのに対して中盤は0.6秒速く、中盤が締まった底力を問われるレースとなった。
サンライズバッカス…この流れとメンバーで4着は、格という面から見れば相当。
ドラゴンファイヤー…当時、未だ3歳でこのレース経験が生きてくる可能性はある。

2007年11月17日(土) 5回京都5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R トパーズS
3歳以上・オープン(ハンデ) (国際)(特指) ダート 1800m 16頭立
①ロングプライド 1.51.3 1人 (10-10-11-7)
②メイショウシャフト 1.51.6 4人 (9-9-9-7)

③サヨウナラ 1.51.6 9人 (10-10-9-7)
④ウインカーディナル 1.51.7 7人 (13-13-14-11)
⑦ドンクール 1.52.0 2人 (7-7-7-4)

12.5-10.9-12.8-13.0-13.0-12.9-12.4-11.8-12.0
(36.2-38.9-36.2=1.51.3)
中盤が緩んだ中弛みラップで、瞬発力を問われる流れ。
ロングプライド…外を回りながら突き抜けた力は相当。
メイショウシャフト…ロングプライドが前を潰した分、流れが向いた。
ウインカーディナル…この馬は更に流れが向いた。

2007年 9月22日(土) 4回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ながつきS
3歳以上・1600万下(ハンデ) (混) ダート 1800m 16頭立
①テイエムファンキー 1.53.6 11人 (10-10-10-8)
②ガイアレーサー 1.53.6 4人 (8-8-8-8)
③オメガエンドレス 1.53.7 5人 (2-2-2-2)
④ウインカーディナル 1.53.7 12人 (14-15-15-15)
⑫サトノスローン 1.54.9 2人 (5-5-5-6)

12.6-11.6-12.6-12.6-12.5-12.4-12.7-12.9-13.7
(36.8-37.5-39.3=1.53.6)
テン・中盤が速く、上がりが掛かり差し・追込馬が台頭する流れ。
ウインカーディナル…流れが向いて準OPでこの結果なら、重賞では厳しい。

2007年 9月17日(祝) 2回札幌4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第12回エルムS
3歳以上・オープン・G3(別定) (混)(指定) ダート 1700m 13頭立
①メイショウトウコン 1.43.3 2人 (10-9-8-3)
②マコトスパルビエロ 1.43.9 3人 (2-2-2-1)
③ロングプライド 1.43.9 1人 (4-4-3-5)
⑦ドンクール 1.44.9 5人 (6-6-5-6)
⑨ハスフェル 1.44.9 8人 (8-9-9-11)

6.9-11.4-12.1-12.3-12.8-12.6-12.1-11.3-11.8
(42.7-25.4-35.2=1.43.3)
04年~06年エルムSラップ平均が(41.9-24.9-36.9=1.43.7)。馬場が速く、時計こそ平均を超えた今年のレースではあるが、テン・中盤ともに緩んだ流れで瞬発力を問われる流れ。
メイショウトウコン…緩んだ流れを捲って圧勝する瞬発力は相当。
マコトスパルビエロ…流れが相当向いた。

2007年 9月 9日(日) 4回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R オークランドレーシングクラブT
3歳以上・1600万下(定量) (混)(特指) ダート 1800m 8頭立
①ドラゴンファイヤー 1.53.2 1人 (7-8-6-4)
②クリーン 1.53.4 2人 (4-3-5-1)
③ガイアレーサー 1.53.7 7人 (5-6-2-6)
④メイショウシャフト 1.53.8 4人 (2-2-3-2)
12.9-11.3-14.4-13.5-12.3-12.4-11.7-12.1-12.6
(38.6-38.2-36.4=1.53.2)
テン・中盤ともかなり緩んだ瞬発力に偏重した流れ。


【結論】
◎フェラーリピサ…前走、大きなロスがあって力を出せなかった面からの上積みと、実力馬の中では最も前に位置取れる先行力を評価。

△ドラゴンファイヤー、メイショウトウコン、ロングプライド

馬連:◎-△(3点)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/126-cea2ec74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【平安S】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/01/27(日) 10:42:01 | 【血統フェスティバル】blog