ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


2008年 1月27日(日) 1回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第15回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立
①…クワイエットデイ 1.51.0 6人 (6-4-3-3)
②△メイショウトウコン 1.51.0 1人 (13-13-10-8)
③…マコトスパルビエロ 1.51.0 5人 (3-3-3-3)
④△ロングプライド 1.51.1 4人 (13-13-10-8)
⑦◎フェラーリピサ 1.51.4 3人 (5-6-6-5)
⑨△ドラゴンファイヤー 1.51.5 2人 (11-12-14-13)
12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
(36.1-37.5-37.4=1.51.0)

テン・中盤ともやや速い一貫したラップ。

クワイエットデイ…内々をロス無く回る。有力差し馬勢がワンテンポ遅らせて仕掛けたことにより、それほど厳しい流れにならなかったのも良かった。ただ、この流れで粘りきったのだから、底力は評価したい。
メイショウトウコン…外から捲って出て差し込んだ。さすがの瞬発力で、この流れでも差し込める底力も評価できる。本番は直線が長くなる分、上積みは当然ありそうだが、左回り適正が気になる。
ロングプライド…出遅れ。4角もメイショウトウコンの更に外を回り、トウコンには僅差。ロスの大きいレースだったし、左回り適正にも問題は無いので、本番への巻き返しという点では、この馬に最も妙味を感じる。
フェラーリピサ…外めの枠から1角進入で外を回り、距離損が大きかった。それほど先行せず、脚を溜める騎乗となったが、トウコン・ロングとの瞬発力の差は歴然。差しに回っての良さが出せないことを露呈しただけに、本番は前に行ってなんぼのレースになりそう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/129-3854b491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック