ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


てか、京都5R・7Rの芝レースが、ダートにコース変更されとるし。
みなさん、開催情報には細心のご注意を!!
このレースもダートに変わったりせんやろなw

【前日馬場傾向】
前日の古馬1000万下6F戦の勝ちタイムが1.09.4と連続開催の影響で時計が掛かっている。ただ、今週はB→Cコース変わりで内の芝が良いので、時計の掛かる割には差し馬が大きく有利というわけではなく、逃げ・差し互角のレベル程度と取りたい。
血統面からはグラスワンダー・シンボリクリスエス産駒のロベルト系が芝4Rで4連対。人気が11,3,2,10と人気薄も台頭している。また、大荒れとなった10R(芝6F)の勝ち馬はパラダイスクリーク×シェリフズスターというかなり重い系統。総じて、パワーを要す馬場でヨーロピアンの台頭できる馬場であるので、スピード勝負で苦杯を舐めてきた重い芝巧者の穴馬に狙いが立つ。日曜早朝現在で京都は小雪が待っているようで、当然、馬場への影響がありそうで、馬場の渋化に拍車がかかるのは狙いのベクトルと合っており好材料。


【展開予想】
シェルズレイがすんなりハナを切れそう。人気馬に差し馬が多く、脚を溜めて長い直線での決め手勝負に持ちたい思惑を逆手にとり、パワー型の前残りを狙ってみたい。


【結論】
◎シェルズレイ…道悪馬場未経験も、クロフネ産駒で血統的には逆にプラスに働く可能性がある。速い時計に対応してきた実績もあるが、血統面からは逆にパワー型の伸びしろも大きそうで、時計のかかる馬場も大丈夫と取りたい。折り合いに難のあるタイプでコンスタントに力は出せないが、1F短縮と、ハナをすんなり取れそうなメンバー構成はプラスに働くはず。クラシックを賑わした馬で素質は間違いなく重賞級なのに、人気になっては飛んできた戦跡に嫌気を差されたのか、今回は不当なまでの低評価。こんなに妙味あるなら、この馬の単複だけで勝負したい。

単勝:◎
複勝:◎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/131-76fd39ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【京都牝馬S】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/02/03(日) 10:44:49 | 【血統フェスティバル】blog
東京開催中止(月曜代替の予想は後ほどあらためてアップする予定です) ◎エイシンロンバード【根岸S】 昨秋の武蔵野S勝ちにはやはり多分にフロック的要素があるものの、ワイルドワンダー、フィールドルージュ、ロングプライド等の一線級を負かした実績はここでも格?...
2008/02/03(日) 17:27:39 | お馬の親子