ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


狙い目が多くて、絞るのも大変∑( ̄□ ̄;)

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 3月18日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第56回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 11頭立
①フライングアップル 1.49.0 1人 (9-10-11-10) pci:50.4
②マイネルシーガル 1.49.1 3人 (2-2-2-2) pci:44.4
③エーシンピーシー 1.49.2 6人 (3-3-3-4) pci:45.3
12.7-11.6-11.7-11.9-12.0-12.4-12.2-11.9-12.6
(36.0-36.3-36.7=1.49.0)

2006年 3月19日(日) 2回中山8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第55回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①メイショウサムソン 1.48.9 4人 (3-3-2-2) pci:47.3
②フサイチリシャール 1.48.9 1人 (3-3-4-4) pci:48.7
③ドリームパスポート 1.48.9 2人 (14-14-12-10) pci:55.2
13.0-11.9-12.0-11.8-11.6-12.2-12.1-12.0-12.3
(36.9-35.6-36.4=1.48.9)

2005年 3月20日(祝) 2回中山8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第54回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ダンスインザモア 1.47.3 5人 (14-14-10-8) pci:55.8
②ウインクルセイド 1.47.5 8人 (11-12-13-12) pci:57.0
③トップガンジョー 1.47.7 7人 (5-5-4-2) pci:50.9
12.4-11.1-12.2-12.1-11.9-12.2-11.8-11.8-11.8
(35.7-36.2-35.4=1.47.3)

2004年 3月21日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第53回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ブラックタイド 1.48.3 2人 (16-16-15-9) pci:53.0
②キョウワスプレンダ 1.48.5 6人 (14-15-15-11) pci:52.0
③ダイワメジャー 1.48.5 11人 (2-2-2-2) pci:45.7
12.5-11.6-11.9-11.9-11.8-12.4-11.9-12.0-12.3
(36.0-36.1-36.2=1.48.3)

2003年 3月23日(日) 3回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第52回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①ネオユニヴァース 1.48.2 2人 (8-8-7-2) pci:56.5
②サクラプレジデント 1.48.4 1人 (4-4-4-4) pci:54.0
③マイネルイェーガー 1.48.8 5人 (7-7-7-7) pci:53.5
12.4-11.1-12.0-12.4-12.2-12.8-12.1-11.6-11.6
(35.5-37.4-35.3=1.48.2)

テンが速く中盤もそこそこで追込の決まった07年・05年・04年。
テンはそこそこで中盤が速く底力を問われることになった06年。
テンは速いが中盤が緩んだ分、やや瞬発力に偏重した流れとなった03年。

今年のメンバーを見渡すとハナに行きそうなのが人気のショウナンアルバと、レッツゴーキリシマ。前者は1番人気が確実で本番に繋がる折り合いの境地を見せておきたいところ、後者はやや長いと思われる距離を勘案して折り合いたいという、お互いに馬の気持ち任せに行かせてしまうことが出来ない立場。よって、テンが猛烈に速くなることは考えづらい。ただ、サンデー無き世代の象徴的なところでもあるように、切れ味比べにしたくない他馬が中盤での緩みを許すはずもなく前2頭は目標にされる分きつく、流れが向くのは先団で展開をコントロールできる立場の馬。狙いは、この辺りに位置取れる先行力と折り合いに問題のない底力上位馬。過去5年では、06年に近い流れか。


【前哨戦分析】
2008年 2月17日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 15頭立
①レインボーペガサス 1.48.8 8人 (7-7) pci:57.9
②スマイルジャック 1.48.9 5人 (6-4) pci:55.9

③ヤマニンキングリー 1.48.9 7人 (11-11) pci:58.9
④レッツゴーキリシマ 1.49.0 3人 (4-4) pci:54.7
⑥アルカザン 1.49.0 2人 (7-7) pci:56.9

12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
(36.1-36.8-35.9=1.48.8)
テンはそこそこ、中盤は過去5年と比べて最も速く、上がりの掛かる底力を問われる流れ。外差し馬場で、長く良い脚を使った馬が上位に入線した。
レインボーペガサス…行きたがる面を見せたがなんとか折り合う。この流れを差しきる底力は評価できる。
スマイルジャック…4角4番手と前に馬にはややきつい流れを粘りこんだ底力と先行力は評価できる。
レッツゴーキリシマ…折り合いでやや難を見せたにしても、4角4番手からここまで粘りこんだ底力は立派。

2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6
③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑤サダムイダテン 1.48.0 1人 (11-14-13) pci:53.0
12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
ショウナンアルバ…差し馬が台頭する中、4角4番手から抜け出した底力は認めるも、前走はショウナン僚馬のアシストがあってのもので、今回これほどスムーズな折り合いは期待できない。

2008年 1月26日(土) 1回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 若竹賞
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ショウナンアルバ 1.49.1 4人 (1-1-1-1) pci:44.4
②アサクサダンディ 1.49.2 5人 (9-8-7-5) pci:49.4
③スマイルジャック 1.49.4 1人 (5-5-3-3) pci:45.0

12.1-11.6-11.4-12.7-11.9-12.7-12.7-11.8-12.2
(35.1-37.3-36.7=1.49.1)
テンが猛烈に速く、その分中盤はひと息入ったが、上がりはテンの分だけ掛かり底力を問われる流れ。
ショウナンアルバ…行きたがったので行かせる。この流れでの逃げ切りは底力の証であるものの、折り合いの面に難あり。
アサクサダンディ…流れが向いたにせよ、この流れで差し込めた底力は立派。
スマイルジャック…勝ち馬と0.3秒差は追い不足の影響か。

2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9) pci:53.1
②ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15) pci:57.2
③アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9) pci:53.9

12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)
ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
ベンチャーナイン・アイティトップ…流れが向いての差し込み。ただ、後方からの位置取りでは流れが余程向かないと厳しい。

2008年 1月 6日(日) 1回中山2日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R ジュニアカップ
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1600m 13頭立
①スマートファルコン 1.34.1 5人 (10-12-11) pci:53.5
②オーロマイスター 1.34.2 1人 (10-7-8) pci:43.8
③マルターズオリジン 1.34.6 3人 (5-7-6) pci:41.3
⑦アサクサダンディ 1.35.1 2人 (5-5-3) pci:38.4
12.3-10.7-10.7-11.3-12.2-12.4-12.2-12.3
(33.7-23.5-36.9=1.34.1)
テンが猛烈に速く、中盤もそこそこの前傾ラップ。
オーロマイスター…この流れを差し込めた底力は立派で、距離延長で位置取りも前に持って来れそうで、人気落ちの今回なら妙味を感じる。

2007年12月22日(土) 5回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第24回ラジオNIKKEI杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 13頭立
①サブジェクト 2.07.0 4人 (3-3-3-3) pci:65.5
②サダムイダテン 2.07.0 1人 (12-13-12-11) pci:70.0
③メイショウクオリア 2.07.0 6人 (3-3-3-4) pci:66.2
⑧フローテーション 2.07.4 3人 (10-9-9-8) pci:66.3
12.5-11.6-13.4-13.4-13.6-13.9-13.1-11.5-11.4-12.6
(37.5-54.0-35.5=2.07.0)
テン遅く、中盤が更にとんでもなく遅い上がりに偏重した流れ。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
④ドリームシグナル 1.34.1 8人 (9-5-6) pci:45.8
⑪アポロドルチェ 1.35.0 2人 (9-10-8) pci:43.1

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。
レッツゴーキリシマ…マイルをこの流れで前に位置取れるスピードに、今回の距離での折り合いの難しさを感じる。
ドリームシグナル…忙しい流れから差し込んだ底力は立派。

2007年11月17日(土) 5回東京5日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第12回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(指定) 芝 1800m 15頭立
①フサイチアソート 1.47.4 9人 (9-8-8) pci:58.3
②スズジュピター 1.47.6 3人 (9-9-8) pci:58.1
③スマイルジャック 1.47.6 5人 (5-7-7) pci:56.5
⑥ベンチャーナイン 1.48.1 6人 (15-15-15) pci:60.8

13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
(35.2-37.0-35.2=1.47.4)
テン速く、中盤もそこそこの底力を問われる流れ。
スマイルジャック…4角7番手から差し込んだ底力は立派。

2007年11月10日(土) 5回東京3日 天候:小雨 馬場状態:稍重
11R 第43回京王杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 1400m 15頭立
①アポロドルチェ 1.22.7 1人 (9-9) pci:51.2
②ドリームシグナル 1.23.0 12人 (9-10) pci:50.5
③レッツゴーキリシマ 1.23.0 4人 (1-2) pci:45.6

12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-11.4-12.2
(23.3-35.8-23.6=1.22.7)
テン速く一貫したラップで、底力勝負。
アポロドルチェ…この流れを差し切って、ドリームシグナルに0.3秒差は立派。今回人気無く、妙味感じる。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
①フローテーション 1.47.9 3人 (4-3) pci:51.4
②ダンツキッスイ 1.47.9 2人 (1-1) pci:47.8
③マイネルスターリー 1.48.0 11人 (10-11) pci:56.0
⑥ベンチャーナイン 1.48.2 4人 (5-5) pci:51.3
13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8=1.47.9)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。
フローテーション…この流れを抜け出した底力&先行力は立派。好時計。

2007年10月20日(土) 4回東京6日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R いちょうS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1600m 10頭立
①アロマキャンドル 1.36.2 4人 (2-2) pci:61.3
②スマイルジャック 1.36.2 1人 (5-2) pci:62.1
③アポロドルチェ 1.36.3 3人 (5-5) pci:63.2

12.1-11.5-12.2-12.6-13.1-11.3-11.3-12.1
(35.8-25.7-34.7=1.36.2)
テン遅く、中盤がかなり遅い上がり偏重レース。


【結論】
◎ドリームシグナル
○スマイルジャック
▲レイボーペガサス

単勝:◎,○,▲(3点) 的中!! ○ 14.1倍
馬連B:◎,○,▲(3点)
ワイドB:◎,○,▲(3点)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/152-dd6ff1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【スプリングS】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/03/23(日) 09:17:02 | 【血統フェスティバル】blog
妙味ある馬と信頼できそうな馬を探します。
2008/03/23(日) 10:14:20 | 競馬SevenDays
◎トウカイエリート 【阪神大賞典】 どんなコース・展開でもバテないスタミナは見せるものの、先行しても後ろから行っても結局最後のゴール前で切れ負け。この手のタイプはクラス(相手関係)を下げるよりも、その持久力のみを頼りにじっくり構えられる長距離戦でこそ一?...
2008/03/23(日) 14:04:17 | お馬の親子