ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


前哨戦ではお世話になったMチャールズも、さすがにここまでの人気になると軸にするには気が引ける(;゚∀゚)ゝ”

【過去傾向分析/展開予想】
2007年 4月15日(日) 3回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第67回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(指定) 芝 2000m 18頭立
①ヴィクトリー 1.59.9 7人 (2-1-1-1) pci:47.1
②サンツェッペリン 1.59.9 15人 (1-2-2-2) pci:48.4
③フサイチホウオー 1.59.9 2人 (13-12-11-9) pci:61.2
12.2-11.2-12.1-11.6-12.3-12.3-12.3-11.6-12.0-12.3
(35.5-48.5-35.9=1.59.9)

2006年 4月16日(日) 3回中山8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第66回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(指定) 芝 2000m 18頭立
①メイショウサムソン 1.59.9 6人 (6-5-4-3) pci:52.5
②ドリームパスポート 2.00.0 10人 (9-8-6-9) pci:54.8
③フサイチジャンク 2.00.3 2人 (13-13-10-9) pci:55.5
12.3-11.3-12.0-12.1-12.3-12.0-12.2-11.8-11.7-12.2
(35.6-48.6-35.7=1.59.9)

2005年 4月17日(日) 3回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第65回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(指定) 芝 2000m 18頭立
①ディープインパクト 1.59.2 1人 (15-16-9-9) pci:59.0
②シックスセンス 1.59.6 12人 (12-11-12-13) pci:58.3
③アドマイヤジャパン 1.59.8 3人 (5-5-5-5) pci:54.4
12.1-11.0-11.9-12.2-12.4-12.6-12.5-11.8-11.4-11.3
(35.0-49.7-34.5=1.59.2)

2004年 4月18日(日) 3回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第64回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(指定) 芝 2000m 18頭立
①ダイワメジャー 1.58.6 10人 (2-2-2-2) pci:58.4
②コスモバルク 1.58.8 1人 (6-7-4-5) pci:.59.6
③メイショウボーラー 1.59.1 6人 (1-1-1-1) pci:52.3
12.1-10.9-12.3-12.2-12.2-12.5-12.0-11.6-11.3-11.5
(35.3-48.9-34.4=1.58.6)

2003年 4月20日(日) 4回中山8日 天候:小雨 馬場状態: 良
11R 第63回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量) (牡・牝)(指定) 芝 2000m 18頭立
①ネオユニヴァース 2.01.2 1人 (9-8-7-8) pci:60.9
②サクラプレジデント 2.01.2 2人 (7-8-7-4) pci:60.9
③エイシンチャンプ 2.01.8 3人 (7-6-2-4) pci:56.4
12.5-11.3-12.4-12.9-12.6-12.6-12.2-11.4-11.5-11.8
(36.2-50.3-34.7=2.01.2)

末の切れを活かしたいサンデー産駒全盛の03年~05年は中盤緩み上がりの速いレースが続いたが、サンデー産駒無き世代となった一昨年、昨年は上がりの掛かる底力勝負となった。今年も切れ味で勝負するタイプが少なく、また、道悪が残る可能性が高いため、各馬とも仕掛けが早くなり底力を問われる流れの想定で間違いないだろう。

折り合いに難のあるショウナンアルバが大外枠に入り、内にいる馬を被せながら結局ハナにたつ展開になりそうで、2番手以降もレッツゴーキリシマを始めとした持続力比べに持ち込みたい馬が早め進出をかけそう。ただ、ハイペースまではいかなそうなので、緩みのない流れで力を発揮する底力タイプで脚質は後ろ過ぎない馬を中心に狙ってみたい。


【過去傾向分析】
2008年 3月23日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第57回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1800m 16頭立
①スマイルジャック 1.48.9 6人 (1-1-2-2) pci:53.0
②フローテーション 1.48.9 11人 (9-9-8-8) pci:58.2
③ショウナンアルバ 1.49.1 1人 (3-2-1-1) pci:50.6
⑥ドリームシグナル 1.49.3 3人 (4-4-4-3) pci:53.2
⑦レインボーペガサス 1.49.4 4人 (7-7-8-8) pci:55.6
⑨レッツゴーキリシマ 1.49.4 8人 (9-9-11-11) pci:57.1
⑪ベンチャーナイン 1.49.6 13人 (16-15-14-15) pci:59.8

12.6-11.3-12.4-12.0-12.5-12.5-12.0-11.6-12.0
(36.3-37.0-35.6=1.48.9)
テン速いが中盤は緩んだラップで、結局はそこそこの底力と瞬発力の総合力を問われる流れ。
スマイルジャック…ショウナンアルバに絡まれても早め抜き出した底力は立派。
フローテーション…空いた内を突けたにしてもこの流れで差し込めた点は評価できる。
ショウナンアルバ…ハナに立つまで掛かったところは、本番でも同様の挙動を示しそう。
ドリームシグナル…速いテンを楽に追走し、最後きっちり止まったあたり、マイラーそのもの。

2008年 3月22日(土) 1回阪神7日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R 若葉S
3歳・オープン(馬齢) (指定) 芝 2000m 8頭立
①ノットアローン 2.01.6 3人 (1-1-1-1) pci:51.8
②ダンツウィニング 2.01.7 4人 (6-5-3-3) pci:52.7

③ミッキーチアフル 2.01.9 5人 (2-2-2-2) pci:51.8
12.7-11.5-12.4-12.4-12.4-12.4-12.1-11.8-11.7-12.2
(36.6-49.3-35.7=2.01.6)
コースなりの一貫したラップで、底力を問われる流れ。
ノットアローン・ダンツウィニング…時計的には今ひとつであるが、この流れをこなせたラップ適正は評価できる。本番での更なる上積みがあれば勝負になる。

2008年 3月 9日(日) 2回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第45回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.01.8 2人 (2-2-2-2) pci:56.4
②ブラックシェル 2.01.9 1人 (7-7-7-7) pci:60.2
③タケミカヅチ 2.02.0 7人 (3-4-3-3) pci:57.5
④キャプテントゥーレ 2.02.2 5人 (6-4-6-3) pci:57.2
⑥スズジュピター 2.02.3 6人 (9-9-7-6) pci:58.1
⑨ベンチャーナイン 2.02.5 10人 (12-13-13-12) pci:61.4
⑪オリエンタルロック 2.02.6 12人 (10-9-10-9) pci:58.0
⑫フサイチアソート 2.02.6 4人 (14-15-13-12) pci:60.9

12.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
(36.1-50.5-35.2=2.01.8)
中盤が緩み上がりの速い、瞬発力に偏重した流れ。
マイネルチャールズ…番手に控えて、出し抜け気味にスパートし突き放したセンスの良さと、それなりの瞬発力も証明した形で皐月賞に必要なスキルを持ち合わせている馬。
ブラックシェル…中盤が緩んだことで得意の瞬発力を繰り出せた。ただ、この遅いペースであっても中団の位置取りとなってしまう先行力の乏しさと、本番では間違いなく道中のラップが締まるだけに今回のような脚を使えるかは疑問で、人気となるだけに消して妙味を感じる。

2008年 3月 2日(日) 1回阪神2日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R すみれS
3歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2200m 11頭立
①キングスエンブレム 2.15.4 1人 (2-2-2-2) pci:59.3
②モンテクリスエス 2.15.6 2人 (9-9-9-10) pci:62.4
③ダンツウィニング 2.16.1 4人 (7-7-8-8) pci:57.8
⑦フローテーション 2.16.3 5人 (7-7-5-5) pci:55.4

13.1-11.5-11.7-12.7-12.8-12.8-12.9-12.8-11.7-11.4-12.0
(36.3-64.0-35.1=2.15.4)

2008年 3月 1日(土) 1回阪神1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第17回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 13頭立
①ダンツキッスイ 1.34.6 5人 (1-1) pci:41.3
②エーシンフォワード 1.34.9 9人 (4-7) pci:57.5
③ディープスカイ 1.34.9 10人 (10-9) pci:58.3
④ノットアローン 1.34.9 8人 (2-2) pci:52.7
⑩スマートファルコン 1.35.7 4人 (10-9) pci: 55.0

12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2
(35.2-23.2-36.2=1.34.6)
ハナを切ったダンツキッスイだけはテン・中盤ともかなり速い前傾ラップ。2番手以降はこれに付き合うことなく阪神8F外回りなりの上がり勝負に。

2008年 2月17日(日) 2回京都6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回きさらぎ賞
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 15頭立
①レインボーペガサス 1.48.8 8人 (7-7) pci:57.9
②スマイルジャック 1.48.9 5人 (6-4) pci:55.9

③ヤマニンキングリー 1.48.9 7人 (11-11) pci:58.9
④レッツゴーキリシマ 1.49.0 3人 (4-4) pci:54.7
⑦ブラックシェル 1.49.1 1人 (14-14) pci:60.2

12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
(36.1-36.8-35.9=1.48.8)
テンはそこそこ、中盤は過去5年と比べて最も速く、上がりの掛かる底力を問われる流れ。外差し馬場で、長く良い脚を使った馬が上位に入線した。
レインボーペガサス…行きたがる面を見せたがなんとか折り合う。この流れを差しきる底力は評価できる。
スマイルジャック…4角4番手と前に馬にはややきつい流れを粘りこんだ底力と先行力は評価できる。
レッツゴーキリシマ…折り合いでやや難を見せたにしても、4角4番手からここまで粘りこんだ底力は立派。

2008年 2月11日(祝) 1回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回共同通信杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 1800m 16頭立
①ショウナンアルバ 1.47.6 6人 (4-3-4) pci:49.9
②タケミカヅチ 1.47.7 5人 (11-9-9) pci:51.6

③マイネルスターリー 1.47.8 11人 (15-13-12) pci:53.3
⑦スマートファルコン 1.48.5 2人 (16-16-15) pci:52.8
⑨サブジェクト 1.48.6 3人 (6-5-6) pci:46.6
⑩ノットアローン 1.48.6 7人 (11-9-9) pci:47.3

12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4
(33.9-37.6-36.1=1.47.6)
テンが猛烈に速く中盤は落ちついたが、テンが速い分上がりの掛かる底力を問われる流れ。
ショウナンアルバ…差し馬が台頭する中、4角4番手から抜け出した底力は認めるも、ショウナン僚馬のアシストがあってのもので、今回これほどスムーズな折り合いは期待できない。
タケミカヅチ…この流れを差し込めた底力はそれなりに評価できる。

2008年 1月26日(土) 1回中山7日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 若竹賞
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
①ショウナンアルバ 1.49.1 4人 (1-1-1-1) pci:44.4
②アサクサダンディ 1.49.2 5人 (9-8-7-5) pci:49.4
③スマイルジャック 1.49.4 1人 (5-5-3-3) pci:45.0
12.1-11.6-11.4-12.7-11.9-12.7-12.7-11.8-12.2
(35.1-37.3-36.7=1.49.1)
テンが猛烈に速く、その分中盤はひと息入ったが、上がりはテンの分だけ掛かり底力を問われる流れ。

2008年 1月20日(日) 1回中山6日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第48回京成杯
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝 2000m 16頭立
①マイネルチャールズ 2.02.9 1人 (9-9-8-9) pci:53.1
②ベンチャーナイン 2.02.9 12人 (15-16-16-15) pci:57.2

③アイティトップ 2.03.0 4人 (15-11-11-9) pci:53.9
⑤ダンツウィニング 2.03.1 7人 (5-4-3-3) pci:48.8
12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
(35.8-50.5-36.6=2.02.9)
ダッシュ力に富むプラチナメーンが飛ばし、テンがかなり速くなった。逃げ馬がひと息入れた直後、ハナを奪えなかったマイネルファルケが早めに前を潰す挙動を示し、中盤もそれなりに締まり、上がりの掛かかりすぎない中山コースらしい底力を問われる流れとなった。
マイネルチャールズ…この流れを差し切った底力は評価できる。
ベンチャーナイン…かなり流れが向いたが、展開さえ嵌ればこれくらいはやれるということ。
ダンツウィニング…前に相当きつい流れを4角3番手からそれほど崩れなかった点は、相当な底力の持ち主。しかもこのときはまだ緩かったようで、仕上げてきたときの力は計り知れない。

2008年 1月13日(日) 1回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定) (混)(特指) 芝・外 1600m 16頭立
①ドリームシグナル 1.35.4 1人 (14-15) pci:47.9
②ドリームガードナー 1.35.8 5人 (11-9) pci:43.9
③マヤノベンケイ 1.35.8 4人 (4-2) pci:38.2
④タケミカヅチ 1.35.8 3人 (14-11) pci:46.1
12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
(34.1-24.3-37.0=1.35.4)
テンが猛烈に速く中盤もそこそこで上がりの掛かる超前傾ラップ。

2007年12月23日(祝) 5回中山8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
6R ホープフルS
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 2000m 9頭立
①マイネルチャールズ 2.03.9 2人 (4-4-5-4) pci:52.3
②ブラックシェル 2.04.0 1人 (7-8-7-4) pci:53.9

③ドットコム 2.04.1 4人 (2-2-3-2) pci:50.1
12.7-11.8-13.0-12.9-12.6-11.8-12.2-12.0-12.0-12.9
(37.5-49.5-36.9=2.03.9)
中盤が締まった底力を問われる流れで、テン遅い分、追込までは届かない展開。
マイネルチャールズ…ブラックシェルより一歩早く動いて叩き合いの末、押さえ切った底力&勝負根性は、父BT譲りで相当なもの。道悪馬場を苦にしていたところもあったよう。
ブラックシェル…大外を回しながら京成杯勝ち馬に僅差。この流れをこなした経験は大きい。ただ、出遅れ癖がどうか。

2007年12月22日(土) 5回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第24回ラジオNIKKEI杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 2000m 13頭立
①サブジェクト 2.07.0 4人 (3-3-3-3) pci:65.5
②サダムイダテン 2.07.0 1人 (12-13-12-11) pci:70.0
③メイショウクオリア 2.07.0 6人 (3-3-3-4) pci:66.2
⑥ダンツウィニング 2.07.2 12人 (9-10-9-8) pci:67.4
⑧フローテーション 2.07.4 3人 (10-9-9-8) pci:66.3
⑪オリエンタルロック 2.08.3 7人 (10-10-12-11) pci:63.8

12.5-11.6-13.4-13.4-13.6-13.9-13.1-11.5-11.4-12.6
(37.5-54.0-35.5=2.07.0)
テン遅く、中盤が更にとんでもなく遅い上がりに偏重した流れ。

2007年12月 9日(日) 5回中山4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第59回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢) (牡・牝)(混)(指定) 芝 1600m 16頭立
①ゴスホークケン 1.33.5 3人 (1-1-1) pci:45.6
②レッツゴーキリシマ 1.33.9 10人 (7-4-3) pci:46.0
③キャプテントゥーレ 1.33.9 4人 (3-2-2) pci:45.2
④ドリームシグナル 1.34.1 8人 (9-5-6) pci:45.8
⑤スズジュピター 1.34.7 1人 (7-10-9) pci:45.2
⑬サブジェクト 1.35.2 7人 (15-15-15) pci:45.1

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
(34.7-23.6-35.2=1.33.5)
テン速く、中盤もそこそこの前傾ラップなのに前が止まらず、結局、スプリント的なスピードが問われる結果となった印象。


【結論】
◎ダンツウィニング
△タケミカヅチ、フサイチアソート、レインボーペガサス、ベンチャーナイン、ノットアローン、レッツゴーキリシマ、フローテーション
×スマイルジャック、マイネルチャールズ、ショウナンアルバ

馬連<配分50%>:◎-△,×(10点)
ワイド<配分30%>:◎-△(7点)
ワイド<配分20%>:◎-△,×(10点)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/165-8b33ce31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◎フローテーション 【皐月賞】 時計、メンバー、レース内容ともに弥生賞よりもスプリングSを評価。勝ち負けクビの差が嘘のようにオッズ差開いた2着馬フローテーション本命。狙ったコースが嵌ったという見方が大半も、もともと新馬~OP連勝時には“クラシック”の声?...
2008/04/20(日) 09:23:21 | お馬の親子
【皐月賞】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/04/20(日) 10:13:28 | 【血統フェスティバル】blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。