ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 4月29日(祝) 1回新潟2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 谷川岳S
4歳以上・オープン(別定) (国際)(指定) 芝 1400m 16頭立
①2枠3番キンシャサノキセキ 1.20.1 1人 (2-2) pci:40.2
②4枠8番ペールギュント 1.20.2 4人 (6-5) pci:42.2
③6枠11番ラッシュライフ 1.20.4 9人 (6-5) pci:41.3
12.1-10.4-10.9-11.4-11.3-11.9-12.1
(22.5-33.6-24.0=1.20.1)

2006年 4月30日(日) 1回新潟2日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 谷川岳S
4歳以上・オープン(別定) (国際)(指定) 芝 1400m 15頭立
①4枠6番チアフルスマイル 1.21.1 4人 (11-11) pci:45.4
②8枠14番アイルラヴァゲイン 1.21.1 2人 (4-3) pci:41.3
③6枠11番スナークスズラン 1.21.4 5人 (6-4) pci:40.8
12.4-10.3-11.1-11.5-11.5-12.0-12.3
(22.7-34.1-24.3=1.21.1)

2005年 5月 1日(日) 1回新潟2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 谷川岳S
4歳以上・オープン(別定) (国際)(指定) 芝 1400m 16頭立
①5枠9番フジサイレンス 1.21.1 3人 (9-9) pci:48.0
②6枠11番ナイトフライヤー 1.21.1 9人 (9-11) pci:48.8
③8枠15番ウインラディウス 1.21.2 1人 (6-7) pci:46.6
12.1-10.7-11.4-11.6-11.7-11.9-11.7
(22.8-34.7-23.6=1.21.1)

先行争いが3F目まで続き中盤が締まるとスプリント色の強いレースとなり、中盤が緩むと瞬発力をより活かせる流れとなりマイラーが台頭する。想定する流れ次第で狙い馬のキャラを決め打てる。

マイネルレーニアがハナを主張すれば、ステキシンスケクンは控えてペースが落ち着きそう。とすれば、05年のような中盤緩んでマイラーが瞬発力を活かせる流れに決め打ってみたい。ならば思い切って、前哨戦はマイル以上のレースのみに絞って検証してみたい。

【前哨戦分析】
2008年 3月23日(日) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
10R 東風S
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 16頭立
①3枠6番ステキシンスケクン 1.33.6 1人 (1-1-1) pci:47.4
②7枠13番リザーブカード 1.33.9 2人 (7-5-2) pci:49.8
③5枠9番マイネルフォーグ 1.34.1 5人 (9-6-6) pci:50.4
⑬2枠3番ロイヤルキャンサー 1.35.2 16人 (4-3-5) pci:42.2

12.8-11.4-11.1-11.5-11.8-11.7-11.2-12.1
(35.3-23.3-35.0=1.33.6)
中山8Fにしてはテン・中盤がやや緩み上がりに偏重した流れ。
ステキシンスケクン…マイルで折り合えた点は評価できる。
マイネルフォーグ…この流れを4角6番手から差し込んできた瞬発力は評価でき、新潟変わりは合いそう。

2008年 1月20日(日) 1回京都6日 天候:小雨 馬場状態: 良
10R 石清水S
4歳以上・1600万下(ハンデ) (混)[指定] 芝・外 1600m 16頭立
①2枠3番ニルヴァーナ 1.35.1 3人 (4-4) pci:47.9
②3枠6番コスモスペシャリー 1.35.3 15人 (1-1) pci:44.0
③6枠11番ハイソサエティー 1.35.3 4人 (6-6) pci:48.4
12.5-10.9-11.5-12.1-12.2-11.8-11.9-12.2
(34.9-24.3-35.9=1.35.1)
テンがかなり速い分、上がりの掛かる流れ。
ハイソサエティー…前に厳しい流れを4角4番手から粘った底力は評価できるも、キレ負けした点は新潟がどうか。

2008年 1月19日(土) 1回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R ニューイヤーS
4歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 16頭立
①2枠3番マルカシェンク 1.33.4 1人 (1-1-1) pci:44.6
②1枠2番マヤノライジン 1.33.5 2人 (5-5-5) pci:48.6
③6枠11番ゴールドアグリ 1.33.8 9人 (9-12-12) pci:52.6
④8枠15番マイネルフォーグ 1.33.8 8人 (9-10-10) pci:49.5
12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-11.8-11.5-12.0
(34.7-23.4-35.3=1.33.4)
中山らしい緩みの無い一貫した流れ。

2007年12月23日(祝) 5回阪神8日 天候: 晴 馬場状態:稍重
12R 2007ファイナルS
3歳以上・オープン(ハンデ) (国際)(特指) 芝・外 1600m 18頭立
①4枠8番アンブロワーズ 1.34.6 2人 (15-15) pci:52.6
②8枠17番マイネルフォーグ 1.34.6 11人 (10-10) pci:48.0
③5枠9番マヤノライジン 1.34.8 5人 (8-7) pci:45.5
⑫6枠12番コスモシンドラー 1.35.4 13人 (12-13) pci:45.7
⑮3枠5番サイキョウワールド 1.36.4 7人 (1-1) pci:34.3

12.6-10.7-11.1-11.7-12.4-11.9-11.5-12.7
(34.4-24.1-36.1=1.34.6)
テン速く、中盤も締まった前傾ラップ。しかも最終週で外差し馬場となり差し・追込馬に相当向いた。

2007年12月 1日(土) 5回阪神1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 2007ゴールデンホイップT
3歳以上・1600万下(定量) (混)[指定] 芝・外 1600m 15頭立
①6枠10番カネトシツヨシオー 1.33.1 4人 (8-7) pci:44.5
②7枠13番ワイルドファイアー 1.33.1 11人 (11-7) pci:43.7
③6枠11番ハイソサエティー 1.33.2 2人 (5-4) pci:42.5
12.3-10.7-11.3-11.4-11.7-11.3-11.6-12.8
(34.3-23.1-35.7=1.33.1)
テン・中盤とも速い前傾ラップ。

2007年11月23日(祝) 5回東京9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R キャピタルS
3歳以上・オープン(別定) (国際)[指定] 芝 1600m 18頭立
①8枠18番キンシャサノキセキ 1.32.8 2人 (4-3) pci:52.1
②3枠6番エアシェイディ 1.32.9 1人 (14-12) pci:60.6
③6枠12番マイネルスケルツィ 1.32.9 5人 (5-5) pci:54
④6枠11番シンボリグラン 1.33.0 4人 (9-6) pci:55.1
⑤7枠14番ステキシンスケクン 1.33.5 9人 (2-2) pci:47.1

12.4-10.8-11.2-11.8-11.8-11.3-11.3-12.2
(34.4-23.6-34.8=1.32.8)
テン速く、中盤はやや緩んだメリハリのあるラップで、基本的に先行馬有利の流れ。

2007年11月 3日(祝) 5回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R カシオペアS
3歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 芝・外 1800m 17頭立
①2枠3番サクラメガワンダー 1.45.3 1人 (3-4) pci:53.2
②5枠9番ブラックカフェ 1.45.5 12人 (13-13) pci:59.1
③7枠13番メテオバースト 1.45.6 7人 (10-10) pci:54.7
⑥4枠7番インセンティブガイ 1.45.7 5人 (2-2) pci:49.7
⑨7枠14番ステキシンスケクン 1.46.1 9人 (1-1) pci:46.4

12.6-11.2-11.4-11.6-12.1-11.8-11.1-11.8-11.7
(35.2-35.5-34.6=1.45.3)
京都9F外回りにしては珍しく、テン・中盤ともそれほど緩まず底力を問われる流れ。


【結論】
◎マイネルフォーグ
×ハイソサエティー、ステキシンスケクン

馬連<配分:55%>:◎-×(2点)
馬単<配分:15%>:◎→×(2点)
単勝<配分:15%>:◎(1点) 的中!! 13.5倍
ワイド<配分:15%>:◎-×(2点) 的中!! 15.9倍
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/173-78c4b5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◎アイポッパー 【天皇賞】 長距離G2戦を連勝して、ようやく本格化したのがわずか1年前。直後挑んだ天皇賞が4着惜敗も、前残りの流れを後方から追い上げた脚はさすがと言えるもの。8歳馬とあってその後の骨折休養による能力減がどうかも、一度叩いてガラっと変わっ?...
2008/05/06(火) 23:18:17 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。