ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【過去傾向分析/展開予想】
2007年 5月13日(日) 2回東京8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第2回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定) 芝 1600m 18頭立
①2枠4番コイウタ 1.32.5 12人 (6-6) pci:56.9
②2枠3番アサヒライジング 1.32.6 9人 (1-1) pci:49.2
③8枠16番デアリングハート 1.32.6 8人 (6-6) pci:57.2
12.3-10.8-11.7-11.8-11.6-11.2-11.2-11.9
(34.8-23.4-34.3=1.32.5)

2006年 5月14日(日) 2回東京8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
11R 第1回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定) 芝 1600m 18頭立
①1枠1番ダンスインザムード 1.34.0 2人 (5-6) pci:58.1
②8枠18番エアメサイア 1.34.2 3人 (11-12) pci:62.0
③7枠13番ディアデラノビア 1.34.4 4人 (10-9) pci:59.3
12.6-11.2-11.6-12.1-12.2-11.4-11.3-11.6
(35.4-24.3-34.3=1.34.0)

(参考)
良馬場限定 安田記念(03,05,06,07年)平均
34.32-23.35-34.66=1.32.32

テン・中盤とも緩み上がりの競馬となった06年。一貫した流れとなり底力を問われる流れとなった07年。
直線部の長い過酷な東京コースでの牝馬G1からは余力をできるだけ残そうとする騎手心理が影響して流れが落ち着くのが定石。その前提の中、過去2年でラップの違いが現れたのは逃げ馬の存在による。結論から言うと底力に特化したアサヒライジング、もしくは準ずるハイラップで逃げる逃げ馬がいるかどうかということ。

今年のメンバーを見渡して見るとハナを切りそうなのは藤田@エイジアンウインズ。このジョッキーですんなりハナを切るならペースが落ち着くのは必定。ならば、瞬発力に突出したタイプを当然中心視し、さらに牡馬とも渡り合ってきた底力のある馬なら鬼に金棒だ。って・・・、予想する前から人気馬中心のシルシになりそうなので、絞った買い目で勝負したい。


【結論】
◎ウォッカ
瞬発戦となったダービー、JCでの牡馬一線級と互角以上に渡り合った力はここではどうしようもない。穴党でもどうしようもない・・・

○ニシノマナムスメ
3歳時は◎に蹴散らされたが、前走のマイラーズCの内容は秀逸。牡馬一線級との瞬発戦で見せた力は本格化の証。ここに向けて仕上げられたアドバンテージでアタマまで考えたい。

▲ブルーメンブラット
△ジョリーダンス
両馬とも攻めは良く動いているが、格の面から上記2頭にはやや劣る。あっと言わせて2着までのイメージが良く似合う。

×ベッラレイア
休み明けで外枠。スローになりそうな今回は距離損が響きそう。元来、厳しい流れを得意とする底力型で、あって3連単の3着まで。


<本線>馬連:◎-○(1点)
<色気>3連単F:◎,○→◎,○→▲,△,×(6点)
<色気>3連単F:◎,○→▲,△→◎,○(4点)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/181-2c51c727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【ヴィクトリアマイル】の予想。出走馬・過去2年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/05/18(日) 10:58:42 | 【血統フェスティバル】blog
◎ローブデコルテ 【ヴィクトリアM】 海外遠征帰り、長期休養明け、G1初挑戦となる馬がそれぞれ1~3番人気。雰囲気的には紛れる可能性高く、もう一頭の5月府中のG1馬ローブデコルテの復活に期待。今年に入って距離短縮路線を使われ、同斤量キンシャサノキセキを?...
2008/05/18(日) 13:28:30 | お馬の親子