ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


【展開予想】
まずは、先週予想分から同コース傾向の抜粋リサイクル(;゚∀゚)ゝ”

中京8.5Fは、ダート8.5F戦の中では1角までの距離が最も長く、3角から下り続けることによるロングスパートコースなだけに額面よりもスタミナを問われるコース。現に、準OP・OPでの複勝圏内馬の前走距離を見てみると、3着内48頭中45.8%に当たる22頭が9Fからの転戦馬。(検索期間:040523~080524)

ハナに行きたいスペラーレ・ゴールドイモン・ワイルドソニックと外枠に集まった。見るからにハナ争いが激化しそうでテンがかなり速くなる。狙いはこの先団より一歩後ろで折り合える先行馬で、思いのほか速くなるようなら後方からの馬にも出番がありそう。


【結論】
◎エイシンハンコック
前々走の伊良湖特別(中京8.5F)での、コースなりの一貫したラップで、上がりもまとまった底力を問われる流れを4角先頭から粘りこんだ底力は相当。

○ニッシンテースト
前走の中ノ岳特別(新潟9F)は、テン・中盤とも速い前傾ラップを4角4番手とかなりきつい展開となったが、上がりもそれなりまとめて良く粘りこんでおり、底力を評価できる。
前々走の1000万下(京都9F)での、テン速く中盤もそこそこの前傾ラップで上がりのかかりすぎない底力を問われる流れを、内々をロス無く走れたにしても差し込めた点も評価できる。

×シルクパスワード
前走の1000万下(京都7F)での、この距離にしてはテン・中盤ともやや緩んだ前に有利な流れを差し込んできた瞬発力は評価できる。

×アールヌーヴォー
前走の桃山特別(京都9F)での、中盤締まり上がりも掛かり過ぎない底力を問われる流れを差し込んだ底力は評価できる。

×スペラーレ
前走の1000万下(中京8.5F)での、テン・中盤ともそこそこの割には上がりもまとまった好ラップを、ハナを奪い粘りこんだ底力は評価できる。ただ、今回は同型が多く前走のようにすんなりハナを奪うのは難しそうなので、相手評価まで。


<本線>馬単F:◎,○→◎,○,×(8点)
<色気>3連複2軸:◎,○-×(3点)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/207-ed214ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。