ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【過去傾向分析/展開予想】
'07良:42.6-50.5-37.4=2.10.5
'06稍:42.0-49.1-38.6=2.09.7
'05良:41.6-50.4-37.8=2.09.8
'04稍:43.2-49.6-36.3=2.09.1
'03良:44.9-52.2-35.5=2.12.6

まず、東京10.Fの特徴として挙げられるのが内枠の差し馬が不利な点。芝コースと違って4角から直線に入って瞬間的なスピードで馬群を割るのが難しく、包まれる可能性が高いためだ。更にコーナーを4度回るコースであるので、外枠の馬は外々を回らされ距離損が大きい。相対的に中枠の有利なコースと言える。

過去の傾向として、基本的に先行有利。テンが41.6とかなり速くなり、中盤もそこそこの流れとなった05年こそ後方一気で10番人気馬が勝ち波乱となったが、例年は4角3番手以内の馬が大勢を占め、4人気以内の人気サイドで決着する傾向の高いレース。

今年の場合、1人気必至のロングプライドが最悪の最内枠に入った。同馬は出遅れ癖のある馬で、突如、先行策にでるとも考えづらい。包まれることを警戒して最後方まで下げて、道中外を回る作戦しか取ることができないと思われ、先行有利の過去傾向を勘案すると、かなりロスの多い競馬となりそうだ。この馬が飛ぶようだと配当も大幅に上がりそうで面白いことになりそう。

逃げ馬不在。得てしてこういう場合は先行争いが激しくなりペースが上がることもあるが、今回の場合は距離を考慮して、各馬とも前半からビュンビュン飛ばすことはなさそうで、テンは落ち着きそう。こうなれば圧倒的に前有利な流れが見込めるので、底力上位の先行馬のチョイスはもちろんのこと、前でアドバンテージを握れる人気薄にもチャンスがありそう。


【結論】
◎タガノエクリプス
前々走の総武S(中山9F)での、前傾ラップを4角4番手から早め抜け出した底力は立派。前走は少し忙しいマイルで、しかもスタート地点の芝で置かれてしまったが、今回、適距離でスタート地点もダートなら前にいけるはずで、人気面からも妙味ある。

○ドンクール
前々走の仁川S(阪神10F)は、ペースは緩かったが、先行して突かれる展開を粘りこんだ底力はそれなりに評価できる。一気の距離延長も、楽に先行でき自分の一定ラップを刻み、底力を活かせたのが良かったよう。転厩初戦となる今回、陣営も気合が入っているようで休み明けでもビッシリ追ってきており、状態に不安はなさそう。

▲マルブツリード
前走の東海S(中京11.5F)では、上がり5Fから持続力を問われる流れを、前でこの馬なりに粘ってはいる。前々走のアンタレスS(京都9F)でも、テンから行きっぷりは良く、中盤から速くなる持続力を問われる流れをそれなりに前で粘りこんだ。オープンクラスでもそこそこやれており、展開利のある今回はアンカツ乗り変わりで更に前進見込めそう。

△マイネルボウノット
近走は不振が続いているが、ダート長距離の実績は抜群の馬なので、展開利を活かし外から自分のペースを守れれば馬券圏内に入ってきても驚けない。

消ロングプライド
前述のとおりロスの大きい競馬となりそうだし、ユタカ乗り変わりで人気集中するのは確実で、妙味の面から全く触手が動かない。


<本線>馬連B:◎,○,▲(3点)
<色気>3連単F:◎,○,▲→◎,○,▲→◎,○,▲,△(12点)
<抑え>ワイドF:◎-○,▲,△(3点)


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/208-5039b681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【東京ハイジャンプ】の系統色分け出馬表 東京で結果を残しているコンビ重視で。たしかそういう予想だったような・・・ 買い目:3連複13,2-13,2,1,4,7,8,9,14-13,2,1,4,7,8,9,14(36点) 【ブリリアントS】の系統色分け出馬表 このコースはパワー・スタミナ型が...
2008/06/14(土) 09:36:38 | 【血統フェスティバル】blog