ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
ある本を読んでからというもの、未勝利戦に嵌っております。
結果がなかなか出ていない現状ですが、土曜も懲りずに3鞍。

函館6R
<展開予想>
戦前の予想で逃げると思われているインテンスブルーはそれほど速くは無い。番手に控える1番人気必至の三浦J@マイネルオールは早め抜け出しを計りそうだが、そのほか先行勢の小林J@マーベラスブレイド・北村友J@ファンドリバトルは積極的に前を捉えるタイプではない。
テン・中盤とも速くなりそうに無い気配で、先行勢が圧倒的に有利な流れとなりそう。
<結論>
◎マイネルオール
前走の函館9Fでの、テン速く中盤もそこそこの前傾ラップを、前付けできるスピードと4角2番手から粘りこんだ底力は評価できる。
○マーベラスブレイド
前走の函館10Fでの、テンが猛烈に速い前傾ラップで前が総崩れとなった流れを、4角3番手から粘りこんだ底力は立派。

馬単:◎→○(1点)


福島7R
<展開予想>
ハナを切りたいミュージカルボーイが大外枠に入った。福島9Fのスタート後1角までは上り坂でスピードがのりづらく、すんなりハナを切ることは困難。下りとなる1角でもハナを狙いに行く可能性はあり、外から被せる形となれば思いのほかテンが速くなりそう。
狙いは締まった流れでも差し込める持続力型差し馬。
<結論>
◎バンダムレクス
前走の東京9Fでは、テン・中盤とも緩んだ上がりの競馬で決め手の無さを露呈したが、位置取りにしてはよく追い込んでおり、流れが向けば浮上しそう。
○ドクターアマランス
前走の福島9Fは、テン・中盤とも速い前傾ラップで流れが向いたが、大外から差し込んできた分、評価できる。
×サクレクール
前走の福島9Fは、テン・中盤とも速い前傾ラップを後方待機で内を抜けることができ、恵まれた内容ではあったが、流れの向く今回は再現も。
×トップオブオアフ
前々走の東京9Fは、テンがかなり速く中盤もそこそこの前傾ラップを内で脚を溜め、直線だけ外に出す競馬でかなり恵まれたが、この馬も流れが向いての再現を期待。

馬連:◎-○,×(3点)
3連複2軸:◎,○-×(2点)


阪神7R
<コース特徴>
スタート後、すぐに急坂に差し掛かるためテンが速くなることは無い。これはスピードのある馬がポジショニングによるアドバンテージを握りづらい舞台とも言える。先行勢がどのくらいの圧を掛けるかで中盤・上がりの
比重が変わり、これにより狙いのタイプも変えられる。
<展開予想>
テン・中盤とも速くなる気配は無く、こうなると瞬発力のある馬が一蹴する流れとなりそう。持続力型でも前でアドバンテージを握れそうな馬はヒモまで。
<結論>
◎サバース
前走の中京10Fでの、テンが緩み、このコースにしては上がりの速い流れの中、出遅れて4角で大外を回しながら差し込んできた瞬発力は秀逸。
×ロードフラッシュ
前走の中京10Fでの、中盤締まった流れを、4角4番手から粘りこんだ底力は評価できる。
×アルトップラン
前走の阪神9Fでの、速いテンを先行できるスピードと、粘りこんだ底力を評価。

馬単:◎→×(2点)
馬連:◎-×(2点)

参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/215-ae3a7750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック