ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
WS000026.JPG


【展開予想】
展開を読むまでも無く、ハイペース。向正面で延々と続く登り坂の中、どれだけ長く脚を使えるか。また、バテたあとの底力がどのくらいあるか。少ない戦跡から見極めたい。


【狙い目】
(○:軸候補)

○(4)コパノマユチャン…前々走の新馬戦(函館6F)での、テンがかなり速いが上がりはそれほど止まっておらずハイレベルの流れを、差し切った持続力&底力は立派。
○(7)ナムラミーティア…前走のラベンダー賞(函館6F)での、テンが速い割には上がりも止まっておらずハイレベルな流れを、4角4番手から差し切った瞬発力&底力は立派。
○(9)ディーズハイビガー…前走の新馬戦(函館6F)は、テンが速いのにその割には上がりも止まらないハイレベルな流れを、自ら刻んだものだけに評価できる。
○(10)メジロチャンプ…前走の新馬戦(函館6F)は、テンがやや緩い流れではあったが、上がりは止まっておらず持続力をある程度評価できる。


【買い目】
函館2歳S


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/230-415b61d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【函館2歳S】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/08/10(日) 10:37:10 | 【血統フェスティバル】blog
【関屋記念】新潟11R ◎マイケルバローズ 昨年6歳にして初めて使われた夏場の競馬で躍進。中でも、圧勝したカンパニーとこの馬だけが抜けた上がり時計を繰り出した当レースが秀逸で、舞台への適性の高さに加えてこの季節への適性をも感じさせたレース内容。過去4度...
2008/08/11(月) 01:24:01 | お馬の親子