ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析/展開予想】
080920阪神11R

阪神外回り9Fで初めて行われた昨年のレースは、2歳戦にありがちな、スプリンターが前を飛ばし外回りコースであるにも関わらずテンがかなり速くなる流れ。中盤はかなり緩んだものの、テンでの消耗は激しく上がりの掛かる底力勝負となり、いかにも決め手勝負では分が悪い底力型のオースミマーシャルが5人気1着で穴をあけた。
今年の場合、大人気必至のプロスアンドコンズがデビュー2戦で持ち前の瞬発力を発揮したレース振りを見せており、控えて瞬発力勝負に賭けてくるのはほぼ間違いない。とすると、穴をあけるには決め手勝負に持ち込みたくない馬が、道中のラップを締めて底力勝負に持ち込む流れしかない。今年のメンバーを見渡すと、6F戦をビュンビュン前で飛ばしていたスピード偏重型はおらず、テンはそれほど速くなることはなさそう。であれば、中盤から早めに動き出し流れを締めたい馬キャラ&それを好む鞍上の組み合わせとなると…ちょっと見あたらない。ただ、前日の雨による馬場の渋化の影響で、決め手を削がれる流れになることも十分に考えられ、そうなれば自ら積極的に流れを締めるタイプが不在であっても相対的に流れは前傾化するので、バリバリの瞬発力特化型が決め手を削がれる可能性はある。よって、馬場状態の不明な前日段階では以下2パターンを想定しておき、当日の馬場状況次第で狙い目を決めてみたい。
①馬場渋化が残り、瞬発力勝負の流れになるもパンパン馬場で抜群の瞬発力を繰り出していた馬がやや決め手を削がれ、瞬発力をある程度持ち合わせた前に位置取れる馬が出し抜け気味に押し切れる流れ。
②前日の雨はそれほどでもなかった(関西在住筆者談)ので馬場に影響するほどでもなく、十分に決め手の活かせる馬場で、瞬発力の優劣で序列が決まる流れ。


【狙い目】
(○:軸候補,△相手候補,▽3連馬券3着まで)
①○②△
(2)グリーンイレブン…前走の未勝利(小倉9F)は、中盤がかなり緩み上がりの速い流れでの、先団での折り合いと絞りきれていない状況での瞬発力は評価できる。馬は瞬発力勝負のレースしかしたことがないものの、今回岩田J乗り替りで出し抜け気味にスパートしてくる可能性はあり、馬場悪化していれば、位置取りによるアドバンテージとバリバリの瞬発力特化型の決め手鈍化の合わせ技で完封まである。

①▽②…
(4)ダノンフーバフーバ…前走の新馬(小倉9F)は、テン・中盤ともかなり緩んだ上がりの競馬での、先団での折り合いと初戦にしては上々の瞬発力。ただ、流れが相当向き、恵まれた感は否めない。

①△②○
(6)プロスアンドコンズ…前走の未勝利(新潟8F)での、中盤がやや緩み上がりに偏重した流れを、4角9番手から2着に0.6秒差をつける瞬発力は秀逸。この馬にとっての敵は馬場悪化だけ。

①△②…
(8)キングアレキサンダ…前走の新馬(小倉6F)は、出遅れたが、テンの速い流れをジワジワ進出し、4角3番手から悪い馬場の内をスルスルと抜け出してきたレースぶりはいかにもヨーロピアン。馬場悪化で狙いが立つ。

①△②…
(10)シルクドミニオン…前走の新潟2歳S(新潟8F)は、道悪馬場でテンがかなり速くなり、上がりの掛かる消耗戦を4角14番手からジリジリ伸びる。道悪上手な馬が、この流れと馬場でこの結果は現段階での力不足を露呈した格好。前々走の新馬(阪神6F)での、テン速く上がりの掛かる流れを、前に行けるスピードと底力は評価できる。前々走の鞍上で同様の走りができれば、馬場悪化の前提条件の中で狙いが立つ。


【買い目】
※当日の馬場は絶好で、②パターンを選択。
080920阪神11R



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/248-f585cb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。