ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析/展開予想】
神戸新聞杯

12F戦として初めて行われた昨年は、前半がかなり速い分7F~9Fは緩んだが、テンの厳しさの影響は大きく瞬発力特化型は決め手を削がれる流れ。今年の場合、ハナをきりそうなのはミッキーチアフルでこの馬は折り合えるタイプの逃げ馬なので、昨年のようにテンが速くなることは無さそう。となれば、流れが向くのはマイペースで行ける逃げ馬と、人気の馬に瞬発力型が集まったので決め手勝負に持ち込みたくない先行馬が、自身の脚を勘案して先に動いて粘りこみを図れる利がある。


【狙い目】
(○:軸候補,△相手候補)
△(1)ディープスカイ…前走のダービー(東京12F/1着)は、7Fめから12秒台前半のラップが続く中盤以降の締まった流れではあったが、この馬自身はずっと後方で脚を溜め持ち前の瞬発力を生かす競馬に徹した。内しか伸びない馬場で外を4角15番手から差し切った瞬発力は評価できる。ただ、今回流れが落ち着くと想定しているだけに、持ち前の瞬発力を持ってしても最内枠から追込に徹するしかなく、秋初戦でもあり差し遅れる可能性は多分にある。
△(7)ヤマニンキングリー…前々走のプリンシバルS(東京10F/3着)での、テンが猛烈に速い分、中盤は落ち着いたが、テンの厳しさの影響で上がりの掛かった流れを、4角3番手から粘りこんだ底力は優秀。ただ、攻めの内容は上がり重視だし、陣営は上がり勝負に自信を持っている感があり今回は抑える競馬をしてきそうで、少し評価下げた。前々走で見せた底力を評価しての相手候補であり、陣営の意に反して前で競馬をしてくれば怖い。
△(8)ハンターキリシマ…前走のラジオNIKKEI賞(福島9F/5着)での、福島9Fにしては中盤緩み、捲れる持続力に長けた馬に向く展開を、4角12番手とコーナー部で置かれながら差し込んできた一瞬の瞬発力は評価できる。広いコースに変わるのはプラスで、ここまで人気ないなら妙味十分。
○(11)スマイルジャック…前走のダービー(東京12F/2着)での、7Fめから12秒台前半のラップが続く中盤以降の締まった流れを4角3番手から粘りこんだ底力&持続力は秀逸。今回は前走よりはテンが緩む分、流れは向くし、なにより展開を自信の適正にコントロールできる立場にあるアドバンテージは大きい。
△(12)オウケンブルースリ…前走の1000万下(新潟11F)での、中盤の締まった流れを中団から差し切った底力&持続力は優秀。


【買い目】
080928阪神10R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/254-30095682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【神戸新聞杯】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/09/28(日) 09:42:48 | 【血統フェスティバル】blog
【神戸新聞杯】阪神10R ◎ベンチャーナイン 3歳春の同距離戦ダービーよりも、純粋にこのあたりの距離適性を問われそうな一戦。『ダービー当時の気配にはまだない』(昆師)ディープスカイの印をひとつだけ下げ、そのダービー組では最もこの距離向きそうなベンチャー...
2008/10/01(水) 00:45:19 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。