ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【展開予想】
テンの速さのあるヨイチサウスに、最内枠のコスモプラチナが迫る形になれば流れが緩むことはない。東京10F戦らしく底力と瞬発力の総合力が問われる流れとなりそう。


【狙い目】
◎(6)トウショウシロッコ…前走のオールカマー(中山11F/3着)での、テンは緩いが中盤締まり上がりも速い流れを、後方から徐々に位置を押し上げ4角7番手から差し込んできた持続力&瞬発力は優秀。左回りで直線の長いコースには良績のある馬で、ここは人気でも狙ってみたい。

○(7)ブラックアルタイル…3走前のAJCC(中山11F/3着)での、テンはやや緩んだが中盤・上がりはコースなりの一貫した流れを、後方から外を捲り4角5番手から差し込んだ持続力&底力は優秀。叩き2走目で本来の力を出せれば浮上できる。

△(8)オペラブラーボ…前走の準OP(中山10F/1着)での、テン・中盤ともかなり緩んだ流れを、中団から4角3番手まで外を捲って差し切った持続力&瞬発力は優秀。ただ、前々走の1000万下(新潟9F/1着)は、新潟9Fにしてはテン・中盤とも速い前傾ラップを4角10番手から差し切ったとは言え、流れが向いたし、時計も平凡だったのも事実。今回人気になりそうな割には、上級クラスの東京コースで問われる底力を証明した状況とは言いづらく、相手評価まで。

△(10)アドマイヤメイン…間違いなく状態は上向いており、力はあるだけに今の出来なら激走するまで追いかける価値ある。

△(14)ダイレクトキャッチ…3走前の中日新聞杯(中京10F/2着)での、テンはかなり速いが中盤緩んだ流れを、3角でごちゃつくところがありながら4角11番手から差し込んできた瞬発力は優秀。長期休養明けではあるが、左回り・ウチパク騎乗・6ヶ月休み明け2着の実績ありと条件が並べば切りづらい。

消(15)マイネルキッツ…前走のオールカマー(中山11F/4着)は、テンは緩いが中盤締まり上がりも速い流れを、中団から位置を押し上げ4角4番手から差し込んできた結果は、それなりの持続力&底力。ただ、トウショウシロッコには完全にキレ負けした格好。前々走の新潟記念でも唯一前で粘りこんでおり底力は間違いなくこのメンバーではトップクラスだが、今回、東京10Fで最悪の外枠。キレの無さを前に位置取り雪崩れ込む形で相殺したいのに、スタート後2角までの距離が短く、しかも急角度のコーナーとなる変態コースでは、コーナー部で終始外を回らされ前にいけない。腹を括って中団からの決め手勝負に持ち込んだところでキレ負けするだけに、どうにも浮上しようがない。人気にもなることだろうし、ここは消して妙味を感じる。


【買い目】
買い忘れ・・・


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/266-e040246b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。