ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは過去5年のラップを並べ、過去傾向を導き出すことから始めよう。

秋華賞

'07年:テンがかなり速く中盤はこれまでになく大きく緩み、上がりの速い競馬。これはテンのスピードのあるダイワスカーレットの刻んだ流れで、ハイペースだと思わせておきながら中盤を猛烈に緩めることで上がりの速い競馬に持ち込んだアンカツの騎乗が光る一戦で、他馬は完全に幻惑された格好。ただ、こんな流れになったのは過去5年で唯一で、例外的な流れと言える。

'03~'06年:テンの速さにややバラツキはあるものの、中盤締まった京都内回りコースらしい一貫した流れ。後方から大外を回って差し切ったのは'04年の女傑スイープトウショウだけで、'06年に至っては1人気のアドマイヤキッスが後方追走4角大外回りの人気馬に乗ったときのユタカJらしいレース振りで4着に飛んでいる。小回りコースらしく好位で流れに乗って抜け出すか、差し馬であれば後ろ過ぎない中団から4角で位置を押し上げ差しきる形がほとんど。

※'07年のアンカツ@ダイワスカーレットが作った中弛みの流れは例外的で、例年どおりであれば中盤締まった流れが定石。3歳牝馬でこの底力を問われる流れは相当に厳しく、やや差し馬が優勢に映る。中団で流れに乗れ4角で位置を押し上げ差し込んでくる持続力に長けた馬が最も嵌る。先行馬なら、前に行けるスピードと相応の底力があれば上位に来れる。後方から競馬をする追走に苦しむタイプは、京都内回りでは内が開かないので、4角でどうしても外を回らざるえずロスの多い競馬となるので、来れるとしても人気馬だけ。



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/267-112554ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。