スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイリー杯2歳S回顧

中央競馬回顧
10 /19 2008
日曜夕方は、馬券が外れたりすると無気力状態に陥るので、今のうちに昨日のデイリー杯2歳Sの回顧をしておこう。

12.2-10.8-11.5-11.7-11.7-11.2-12.2-12.0
(34.5-23.4-35.4=1.33.3)
テン・中盤とも速い前傾ラップも上がりの掛かりすぎない好ラップ。


1着:△シェーンヴァルト (8-7)
4角7番手から内を回り差し込んできた底力は評価できる。ただ、やや流れが向いた印象。

2着:○ホッコータキオン (1-1)/0.0
この厳しい流れを自ら刻み粘りこんだ底力は秀逸。現時点ではこの世代を代表する底力上位馬であることは間違いない。

3着:…キングスレガリア (9-9)/0.1
内を回り4角9番手から差し込んだ底力はそれなりに評価できる。ただ、展開が向いて恵まれたのも事実。

4着:◎ピースピース (11-11)/0.3
外を回り差し込んできた底力&瞬発力は評価できる。上位馬に比べ外を回っての距離ロスがあってこの着差は悲観する内容ではない。個人的にはこの馬から馬券を買っていたので、人気薄で最内枠に入りながら外を回した騎乗に少々不満。3着馬のような立ち振る舞いを期待していただけに…。

5着:…アラシヲヨブオトコ (7-7)/0.5
デビュー戦で上がりだけの競馬をして勝ちあがってきた馬が、厳しい流れに戸惑って人気で飛ぶ典型的なパターン。馬券は当たらなかったが、このパターンは実証できて良かったよ。




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。