スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士S 過去傾向分析

過去傾向分析
10 /22 2008
【過去傾向分析】
富士S


1.過去のラップを見ると、東京上級クラスのマイルで道中が緩むことはなく、ある程度の底力が必要となり中距離もこなせるマイラーがベスト。ただ、理由は後述するが、中距離に偏重した馬だと追走に苦しみ位置取りが後ろ過ぎる形となり間に合わない可能性があるので、マイルをこなせるスピードは必要。
<前走距離>
 ・今回延長(0,0,0,8/8)単0複0
 ・同距離 (4,4,2,37/47)単42複62
 ・今回短縮(1,1,3,24/29)単259複80
前走短距離を使われた今回延長は、馬が行く気になり東京マイルを乗り切るために必要なタメを作りづらく苦戦。

2.脚質は基本的に差し有利。ただし、3週目で馬場がまだまだ良いことから以下の傾向あり。
①上がりが速いので、4角2桁番手の追込は差し届かない。
②外々を回らされる外枠(7・8枠)はやや不利。


参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

【富士S(2008年)】登録馬の血統

【富士S】過去5年の1~3着馬の血統・レース内容から注目馬を探します。今年の登録全馬の血統も掲載。

【富士S】攻略!東京芝1600m!

【富士S】が行われる東京芝コースで実際に好走している血統から注目馬を探ります!

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。