ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週中の過去傾向分析はこちら


【展開予想】
コンゴウリキシオーがハナを切り、切れ味勝負に持ち込みたくない底力型のレッツゴーキリシマ・ショウナンアルバが道中のラップを締めれば上がりだけの競馬にはならない。東京上級クラスらしい底力と瞬発力を問われる総合力勝負に。


【狙い目】
○(1)リザーブカード
前走の京成杯オータムH(中山8F/6着)は、テンが猛烈に速く中盤もそこそこの前傾ラップを、中団から4角4番手まで押し上げて外を回る。かなりきつい展開となったにしてはそれほど負けていない。前々走の関屋記念(新潟8F/2着)での、テンがかなり緩み中盤も緩んだ上がりの競馬を、差し込んだ極限の瞬発力は優秀。前走見せた底力と前々走見せた瞬発力の合わせ技で、東京コース変わりはプラスに働くはず。

◎(3)エイシンドーバー
前走の安田記念(東京8F/3着)での、例年並にテン・中盤とも締まった流れを、4角6番手から差し込んだ底力&瞬発力は優秀。後述するが、流れが締まり決め手が鈍化すると見ているマルカシェンクが思いのほか人気になっており、この馬からでも妙味ある。

×(7)マルカシェンク
前走の関屋記念(新潟8F/1着)での、テンがかなり緩み中盤も緩んだ上がりの競馬を、大外を回り4角9番手から差し切った瞬発力は秀逸。ただ、今回流れが締まることで前走見せた抜群の決め手は幾分鈍るはずで、人気にもなるし印は軽めで。

△(8)ドリームシグナル
近走不振が続いているものの、6走前のシンザン記念(京都8F/1着)は、テンがかなり速く中盤そこそこの前傾ラップを、4角15番手から差し切った底力は流れが向いたにしても評価できる。

△(16)フサイチアソート
前々走の新潟記念(新潟10F/5着)での、中盤が締まった流れを4角9番手から差し込んできた底力は立派。戦跡からは長い直線をじっくり加速していく競馬が向いていそうで、前走の中山コースから東京コース変わりはプラスだし、距離短縮も好材料。


【買い目】
081025東京11R



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/277-f8d2473b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【富士S】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/10/24(金) 22:39:32 | 【血統フェスティバル】blog
【富士S】東京11R ◎マイケルバローズ 昨年の2着馬。直線平坦の京都、ゴール前平坦の東京コースに良績は集中。その昨年当レース以降の4戦を凡走も、うち2戦が休み明け、残り2戦が苦手急坂の中山と道悪の阪神。今回は珍しく中間をコースで調整し、3年近く続いた...
2008/10/27(月) 01:34:53 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。