ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析】
アルゼンチン共和国杯ラップ

'04年こそ道中緩んだが、京都外12Fのような上がりだけの瞬発戦になることはまずなく、道中締まった流れの中での末脚勝負でスタミナを問われる流れとなることが多い。

3着内入線馬の前5走の出走距離を見ると、2000mより長い距離の出走比率が約65%あり、このことからもスタミナを問われるレースであることは明らか。
距離


キレで勝負するタイプの多いサンデー系は平均人気7.8に対して平均着順8.9とやや不振の結果。回収率ベースで見ていくと重たい血統の印象が強いノーザンダンサー系の成績が優秀。
血統


【展開予想】
ハナにこだわる馬はいないが、スピードの違いでヨシトミJ@マンハッタンスカイが逃げそう。この鞍上の逃げならテンは緩んだ流れとなりそうも、持続力に長けたメンバーが揃ったので中盤以降は例年通り締まった流れになるはずなので、狙いは後ろすぎない位置取りから長く良い脚を使える馬。


【狙い目】
◎(12)メイショウカチドキ
前走は得意とは言えない瞬発戦で思いのほか結果を残した。長期休み明け以来、次第に状態も上がってきておりここで得意のスタミナ勝負。

○(10)アルナスライン
△(4)スクリーンヒーロー
△(5)エアジパング
△(6)マキハタサイボーグ
△(9)セタガヤフラッグ


【買い目】
081109東京11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/289-dc372eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【アルゼンチン共和国杯】の予想。出走馬・過去5年の1~3着馬の血統を掲載。
2008/11/08(土) 23:26:40 | 【血統フェスティバル】blog
【アルゼンチン共和国杯】東京11R ◎ネヴァブション 10月に入ってから坂路50~49秒台を3本、直前さらにポリトラック65秒台を2本。骨折明けと思えないほど速い時計を揃えてきて、大方の見方以上に態勢は整っている感。中山での古馬重賞6戦5勝馬マツリダゴ...
2008/11/12(水) 00:53:47 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。