京王杯2歳S 過去傾向分析

過去傾向分析
11 /12 2008
【過去傾向分析】
京王杯2歳S

過去のラップを眺めて見ると、'05年を除いて流れが締まる傾向。これは、この時期の2歳戦らしくスピードに優ったタイプが多く出走してくるのと、スタート後最初のコーナーまでの距離が短く先行争いが激しくなるため。特に、多頭数で外枠に前に行きたい馬が集まると、この傾向は顕著。


速い流れになった'05年を除く'03年~'08年の傾向を以下に列記。

①速い流れであるので、当然ではあるが差し馬の期待値が高い。
脚質

②直線が長く速いペースになるのでスタミナが必要。今回延長馬はかなりきつい。
前走距離

③流れが締まるとキレで勝負するタイプのサンデー系は人気で飛ぶ絶好のカモ候補。('07年:エフティマイア→2人気13着、'04年:レキシントンブルー→2人気13着)
血統

唯一スローになった'05年についても触れておくと、3着内に来た馬は折り合いに難の無いタメを作れる短縮馬が、キレを生かす形で2頭。スピードに勝ったタイプは皆無。




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

【京王杯2歳S】攻略!東京芝1400m!

【京王杯2歳S】が行われる東京芝コースで実際に好走している血統から注目馬を探ります!

京王杯2歳S【ラップギア傾向】

今週末におこなわれる、中央競馬の注目の重賞競走を把握したいと思います。………

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。