ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【過去傾向分析】
毎年、上がり4F目にあたる坂の下りからラップの速くなるロングスパートレース。そのため、逃げ・先行馬が残るにはダメジャ級の相当な持続力が必要。差し・追込馬は速いラップが続く後半で差が縮められるだけの瞬発力と、そこから良い脚を長く使う持続力が必要。
また、差し・追込馬はスムーズに外を回ってこれるかが鍵で、騎手の腕がモノを言う。


【展開予想】
最内枠を引いたローレルゲレイロがハナを主張すれば隊列はすんなり決まり、テンが乱ペースになるほど速くなることはなさそう。ハナを切るローレルゲレイロと先団に位置取るコンゴウリキシオーは底力タイプで大きく中盤を緩めることも無さそうだし、どう見てもカンパニーの後方支援としてでてきたアドマイヤスバルが前を潰す挙動を示しそうなので、差し・追込馬に向く流れとなりそう。


【狙い目】
◎(17)スーパーホーネット
前走の毎日王冠(東京9F/1着)は、例年に比べテンが緩んだ流れで、6F→7Fでの瞬時の瞬発力が明暗を分けた流れを、スピードがあるので無理せず前付けでき、一瞬の決め手を活かせる流れになったのでこの馬の良さがでた。昨年の2着馬で今年のメンバーのレベルは昨年以下に映り、人気でも逆らいようがない。

△(3)スズカフェニックス
前々走のスプリンターズS(中山6F/4着)での、テンの緩い流れを4角10番手から大外を回り差し込んできた瞬発力は秀逸。ただ、最近の出遅れ癖が心配だし、出遅れてこの内枠では相当ロスの多い競馬となってしまいそうで、相手まで。

△(4)マイネルレーニア
前走のスワンS(京都7F/1着)での、中盤が過去6年で最も締まり上がりの掛かりすぎない好ラップを自ら刻み、逃げ切った底力は優秀。目下の充実振りは目を見張るものがあり軸馬まで考えたが、今回流れが向きそうもないので少し評価下げた。

△(6)ショウナンアルバ
前走の富士S(東京8F/6着)は、最速上がりで差し込んできた新味を見せた。元々春先のクラシック戦線では最も底力のある馬だと捉えていた馬で、今回流れの厳しいG1は望むところ。

△(13)サイレントプライド
前走の富士S(東京8F/1着)での、例年並にテン・中盤締まりながら上がりの纏まった好ラップを、番手から粘りこんだ底力は評価できる。

△(16)カンパニー
前走の秋天(東京10F/4着)での、テンやや速く中盤も締まった流れで上がりの掛かりすぎない好ラップを、4角16番手から差し込んできた底力&瞬発力は優秀。ただ、マイルはやや忙しい感があり、追走に苦しみそうな分だけ評価下げて相手まで。


【買い目】
081123京都11R





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/296-b9e1fb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
週末におこなわれる、マイルCSの“妙味ある馬”と“信頼できそうな馬”を探します。
2008/11/22(土) 23:43:57 | 競馬SevenDays
【マイルCS】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要超便利な系統色分け出走馬あります。
2008/11/23(日) 09:05:15 | 【血統フェスティバル】blog
【マイルチャンピオンS】京都11R ◎ジョリーダンス それぞれ2勝ずつをあげる東京、中山、阪神の中央3場と比べて、この京都が唯一勝鞍のない苦手コース。そこでの前走スワンSが意外な好内容で、真っ先に前残りを掴まえに出ての0.2差3着は上々。持ちタイムを一?...
2008/11/24(月) 04:48:01 | お馬の親子