ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過去傾向分析】
鳴尾記念


'08年は、改装後の開幕馬場で流れが緩んだこともあり内の先行馬しか勝負にならなかった。
この舞台で行われるようになった鳴尾記念の'07,'08年とも、重賞としては例外的にテン・中盤とも緩んだ流れで、この流れを傾向として捉えるのは危険。ここ最近の阪神外回りのトレンドは、道中ある程度締まった中での長く脚を使える持続力と瞬発力が必要な総合力を問われる流れ。兎にも角にも傾向の導きづらい現状においては、今回メンバーでの展開の精査が最も重要となる。


【展開予想】
連闘使いで内目の枠に入ったフサイチアウステルがハナを主張しそうも、ショウワモンダンも譲る構えをそう簡単に見せるとも思えずテンは阪神外回りにしては速くなってきそう。
中盤はキレ味勝負に持ち込みたくないノットアローンがおり大きく緩むこともない。過去2年に比べ道中の流れが締まった中での持続力&瞬発力の総合力勝負。開幕馬場だけに後ろすぎる位置取りの馬は届かない恐れがあるので、流れに乗れる馬から勝負をかけたい。


【狙い目】
◎(4)ニホンピロリビエラ
前々走の準OP(京都9F/1着)での、中盤がかなり締まった割りに上がりの掛かりすぎない好ラップを、流れに乗り4角3番手から抜け出した底力&持続力は優秀。前走はコーナーを4度回るコースが合わなかったようだし、脚を余した印象。この内容で人気が下がりそうで妙味を感じる。

○(16)サクラメガワンダー
前走の秋天(東京10F/6着)での、テンやや速く中盤も締まった流れで上がりの掛かりすぎない好ラップを、流れに乗り4角9番手から差し込んだ底力&持続力は立派。前々走の毎日王冠(東京9F/4着)での、例年に比べテンが緩んだ流れで、6F→7Fでの瞬時の瞬発力が明暗を分けた流れを、4角7番手から差し込んだ瞬発力は立派。前2走で一流どころを相手に見せた底力と瞬発力なら、人気でも当然ここでは主役候補。

△(1)トウショウシロッコ
3走前のオールカマー(中山11F/3着)での、テンは緩いが中盤締まり上がりも速い流れを、後方から徐々に位置を押し上げ4角7番手から差し込んできた持続力&瞬発力は優秀。

△(3)キャプテンベガ
3走前の朝日CC(阪神10F/3着)での、テン・中盤ともコースなりの一貫した流れで上がりも掛かりすぎない好ラップを、先団から外を回り4角3番手から粘りこんだ底力&持続力は評価できる。鞍上強化で狙いたくなるが、使い詰めで上積み無く、逆に下降線に入ったかのような攻めの内容では大きくは狙いづらい。

△(5)フサイチアウステル
3走前の米子S(阪神8F/1着)での、テンはやや緩んだが中盤締まった流れを自ら作り出し、長く脚を使った持続力は秀逸。サイレントディールに絡まれてきつい展開にも関わらずのこの結果は、更に評価上がる。

△(8)ノットアローン
前々走のセントライト記念(中山11F/3着)での、稍重馬場を勘案しても例年に比べ中盤がやや緩み、擬似直線となる3角の8F~9Fで一気に0.8秒加速するやや瞬発力に偏重した流れを、先団から徐々に位置を押し上げ粘りこんだ持続力は立派。

△(13)ナムラマース
前走のカシオペアS(京都9F/5着)での、後方待機で全体の流れとは無関係の競馬で、4角10番手から差し込んだ見せた瞬発力は立派。

△(14)ドリームガードナー
5走前のシンザン記念(京都8F/2着)での、テンがかなり速く中盤そこそこの前傾ラップを4角9番手から差し込んだ底力は評価できる。9F戦なら流れに乗れるし、鞍上強化で妙味ある。


【買い目】
081206阪神11R



参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/301-8bb25a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【鳴尾記念】の予想。過去2年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
2008/12/06(土) 12:35:29 | 【血統フェスティバル】blog
今日の◎。2008年12月6日(土)の“私の期待馬の◎”です。尚、中央競馬開催日の午前…
2008/12/06(土) 13:51:46 | 競馬SevenDays
JC制覇で一気にトップホースに躍り出たスクリーンヒーロー。OP初挑戦でこれに0.2差2着に突っ込んだ素質馬ジャガーメイル。他にJC7着ネヴァブションや福島記念勝ちマンハッタンスカイが出走したアルゼンチン共和国杯が、一応は今年暮れから来春への一連の流れの?...
2008/12/07(日) 03:55:46 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。