ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【過去傾向分析】
阪神JF

・2歳戦はスプリンターも混在してレースが行われるだけにテンが速くなる傾向。また、中盤も緩むことはなく底力を問われる流れとなっている。改装直後に行われた'06年こそ前が止まらない馬場であったが、'07年はこの流れだけに差し・追込の決まる展開。

・直線が長く締まった流れとなるので、相応のスタミナが必要となる。それは、'07年3人気1着のトールポピーが前走9F戦で締まった流れを差し込む競馬、8人気2着のレーヴダムールが前走の新馬戦で締まった流れの8F戦を差しきってきていることからも窺い知れる。


【展開予想】
過去2年のようなバカっ速いスピード馬が今年はおらず、思いのほかテンは落ち着きそうなメンバー。中盤は、多頭数のG1らしく決め手勝負に持ち込みたくない馬が流れを締めてくる可能性が高い。
前日の馬場を見ると意外と時計が掛かっており逃げ・差し互角。狙いは長く脚を使える持続力に長けた馬。


【狙い目】
序列は付けづらいので、下記の馬をボックスで購入予定。

(1)カツヨトワイニング
前走の500万下(東京7F/1着)での、テンがかなり速い流れを、4角7番手から内を回り差し切った底力は評価できる。

(2)ダノンベルベール
前々走の芙蓉S(中山8F/2着)での、出遅れながら中盤緩んだ流れを捲ってでて4角4番手から外を回り差し込んだ持続力は優秀。

(4)アディアフォーン
前走の500万下(京都7F/1着)を見る限り、スッとは反応しないが追って味があるタイプで、距離延びて良さそう。

(11)デグラーティア
前走の小倉2歳S(小倉6F/1着)での、この馬場にしてはテンがかなり速く、前の組には厳しい流れで展開が向いたのも確かも、4角6番手から差し切った底力は立派。大外枠で好スタートを切れた上に、テンのスピードのそれほどない馬なので外枠から前に入られることなくジワジワと位置を押し上げ、さらに内に入れられたという恵まれた面もある。追走にやや苦しんでいる点、前走のやや緩んだ流れの中での瞬発力を見ると、マイル辺りでも十分やれそうな感。

(14)チャームポット
前走の500万下(京都8F/2着)での、テンが速い流れを、4角14番手から差し込んできた底力は評価できる。


【買い目】
081214阪神11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/304-c38c9999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
日曜日におこなわれる、阪神ジュベナイルフィリーズの“妙味ある馬”と“信頼できそうな馬”を探します。…
2008/12/13(土) 22:30:02 | 競馬SevenDays
【阪神JF】の予想。過去2年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
2008/12/13(土) 23:21:53 | 【血統フェスティバル】blog
【阪神ジュベナイルF】阪神11R ◎コウエイハート 『稽古でもタメて行けば凄い瞬発力を発揮する』という師の言葉通り、今週坂路での追い切りラスト1ハロンを12秒2。追い出されてからの反応の鋭さは圧巻で、およそワンペースの逃げ・先行イメージにはそぐわないも...
2008/12/14(日) 17:58:26 | お馬の親子