ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【過去傾向分析】
有馬記念

・'03年~'07年で4角2桁番手から3着内に入線したのはディープインパクトだけ。流れに乗れることは必須。
・前記の脚質にも付随しているが、外を回って3着内に入線したのは人気馬だけで、ロスなく内を回ることが重要。
・道中流れて消耗戦になるとさすがに逃げ切りは難しいので、前付けできて折り合える底力型が最も嵌る。


【展開予想】
スタート後、すぐにコーナーに差し掛かる中山12.5Fにあって外枠に入ったダイワスカーレットはある程度前に出して位置を取って距離損を少なくしたいところ。他にも内からコスモバルク・エアジパング・マツリダゴッホと先行馬もそれなりに集まって緩くなることは無い。中山コースらしく道中締まり、昨年並の消耗戦になる可能性もある。
狙いの中心は距離損なく内を回れる底力に長けた先行馬。


【狙い目】
◎(1)カワカミプリンセス
前走のエリザベス女王杯(京都11F/2着)、前々走の府中牝馬S(東京9F/2着)はいずれも得意とは言えない瞬発戦ながらそれなりの結果を残してきた。
3走前の金鯱賞(中京10F/3着)は、中盤はコースなりの締まった流れも、このクラスにしてはやや緩み、その分、上がりがやや速くなり前が残りやすい展開ではあったが、骨折での長期休み明けで4角4番手から宝塚記念馬に0.2秒差はかなりの底力があることを改めて証明した。
今回絶好の最内枠で絶対に外を回らないノリ鞍上な上に、得意の底力を問われる流れ。これだけ条件揃えば、この舞台でもやれるはず。

○(10)マツリダゴッホ
前走のジャパンカップ(東京12F/4着)での、テンの3Fが緩く、さらに4F~6Fは過去5年で最も緩く上がりの速い流れを、4角3番手から0.2秒差に粘りこんだ先行力と瞬発力はそれなりに評価できる。得意とは言えない左回りと瞬発戦でこれだけやれたのは出来の良さを感じるし、自分の庭とも言える中山変わりは誰の目にも大きくプラス。昨年は自信の◎評価としたが、今年はさすがに人気しすぎで期待値面を考慮しての対抗評価。

△(5)フローテーション
スタミナに不安はなく、更にハーツクライを今回の舞台で先行馬に変えたルメール騎乗は大きくプラス。

△(8)スクリーンヒーロー
前走のジャパンカップ(東京12F/1着)での、テンの3Fが緩く、さらに4F~6Fは過去5年で最も緩く上がりの速い流れを、4角5番手から抜け出した瞬発力と完璧な折り合いは優秀。

△(12)アサクサキングス
近2走は差しに回って瞬発戦と、この馬にとって不得手な競馬でノーカウント。今回、陣営も前づけしてくることを匂わせているし、乗り慣れた四位Jに手が戻るのも好材料。期待値はかなり高い。

▽(13)ダイワスカーレット
前走の伝説の秋天(東京10F/2着)での、テンやや速く中盤も締まった流れで上がりの掛かりすぎない好ラップを自ら刻み粘りこんだ底力は秀逸。ただ、現役最強馬クラスであることは間違いないと認識しているも、昨年2着とは言えこの馬にとって今回の距離はやや長い。今年は外めの枠で距離損を減らすために前半にある程度出して行かざるを得ず、その分が終いの脚に影響してきそう。不安な面とこの人気を天秤にかけると軸馬までには取りづらく、軽く抑える程度にしたい。

消(9)メイショウサムソン
過去の栄光が輝かしく、近走不振の有馬でユタカ鞍上のラストラン。いかにもオグリキャップ的な雰囲気プンプンであるが、サンデー時代をくぐりぬけたことにより終いを活かす競馬を武器とするようになったユタカJはあの頃のスタイルとはまるで違う。小回り中山の舞台でこれでは間に合わない。


【買い目】
081228中山10R





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/309-4af8ccb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【有馬記念】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
2008/12/28(日) 10:49:28 | 【血統フェスティバル】blog
日曜日におこなわれる、グランプリ有馬記念の“妙味ある馬”と“信頼できそうな馬”を探します。……
2008/12/28(日) 11:30:35 | 競馬SevenDays
【有馬記念】中山10R ◎カワカミプリンセス 昨年の1、2着マツリダゴッホ、ダイワスカーレットの2頭に、一年経って評価を下げるほどのマイナスポイントは見当たらず。それでも、同じ2頭でのワンツーが続くほど順当な舞台設定ではなく、あえて1頭印を外すならマツ...
2008/12/28(日) 20:55:19 | お馬の親子