スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念 前哨戦分析③~デイリー杯2歳S/東京スポーツ杯2歳S~

過去傾向分析
01 /10 2009
08-10-18デイリー杯2歳S(京都8F 良)
081018デイリー杯2歳S

34.5-23.4-35.4=1.33.3
テン・中盤とも速い前傾ラップも上がりの掛かりすぎない好ラップ。開幕2週目でレコード決着となるほど時計が速く追込までは決まらないので、流れに乗れることも重要なファクターとなった。馬場差を勘案して過去の勝ちタイムと比較すると、'03メイショウボーラー並のまずまずの時計。


3着キングスレガリア
久々。内を回り4角9番手から差し込んだ底力&瞬発力は評価できる。

4着ピースピース
流れが向いたにしても上がりの速い馬場で大外を回り差し込んできた底力&瞬発力は優秀。

10着トップオブピーコイ
前傾ラップを先行したスピードは評価できるも、この止まり方は現時点での底力不足を露呈した。





08-11-22東京スポーツ杯2歳S(東京9F 良)
081122東京2歳S

35.0-38.4-34.3=1.47.7
テン速いが中盤大きく緩んだ中弛みの流れ。馬場差を勘案して過去の勝ちタイムと比較すると、時計は平凡。


5着スズカワグナー
スッと反応できないところがあるとの鞍上の弁。流れに乗れるスピードがあるばかりに末の脚を残せず厳しい展開もそれほど負けなかった印象。道中の流れがもう少し締まってくれば浮上する可能性は十分にある。





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。