京成杯 前哨戦分析②~東京スポーツ杯2歳S/ラジオNIKKEI杯2歳S~

前哨戦分析
01 /16 2009
08-11-22東京スポーツ杯2歳S(東京9F 良)
081122東京2歳S

35.0-38.4-34.3=1.47.7
テン速いが中盤大きく緩んだ中弛みの流れ。馬場差を勘案して過去の勝ちタイムと比較すると、時計は平凡。


1着ナカヤマフェスタ
逃げ・番手と追込に向く展開を先団で流れに乗り折り合い、終いの脚もキレたスピード&瞬発力そしてセンスの良さは優秀。その良さは同ポジションでレースをしたスズカワグナーとの差からも伺い知れる。

7着セイクリッドバレー
4角11番手からそれほど伸びきれず、完全にキレ負けした格好で瞬発力不足を露呈した。




08-12-27ラジオNIKKEI杯2歳S(阪神10F 良)
ラジオNIKKEI杯2歳S

35.9-48.3-37.5=2.01.7
テン速く中盤かなり締まった前傾ラップ。あまりにも前傾化したため、前後どちらの組も最後は脚が上がり、結局前半の位置取りがモノを言った格好でテンのスピードが明暗を分けた。


3着トゥリオンファーレ
速いテンを前に行けたスピードと、先団から4角2番手まで位置を押し上げ粘りこんだ持続力&底力はそれなりに評価できる。




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。