ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピードのあるアーリーロブストがハナを切れば他に行く気を見せる馬もおらず、テンは落ち着きそう。トゥリオンファーレは松岡J乗り替わりで受けに回る可能性が高く、他に早めに動いてきそうな馬もいないので中山10Fにしては中盤がやや緩んだ流れとなりそう。


この流れなら、テン速いが中盤大きく緩んだ中弛みの流れで、逃げ・番手と追込に向く展開となった東スポ2歳S(東京9F/1着)を、先団で流れに乗り折り合い終いの脚もキレたスピード&瞬発力そしてセンスの良さの光るナカヤマフェスタは人気でも切れない。ただ、時計的にはやや不満が残り、絶対の軸には心許ない。
同様に他も一長一短で、ホープフルS(中山10F/3着)で抜群の底力を見せたセイクリッドバレーは今回流れが緩む分、瞬発力不足を露呈しそう。
ラジオNIKKEI杯2歳S(阪神10F/3着)で速いテンを前に行けたスピードと、先団から4角2番手まで位置を押し上げ粘りこんだ持続力&底力を評価できるトゥリオンファーレも、今回緩んだ流れではかかる可能性を否定できない。
アーリーロブスト・サトノエクスプレスは前に行って展開利を享受できそうも、前者はエリカ賞(阪神10F/1着)でのテン緩み中盤は更に緩んだ割に上がりがかかりすぎたのが不満だし、後者は8F戦を前にいけるスピードが逆に初距離の10Fにはアダになる可能性も五分五分。

こうして見ると何も人気馬から入ることはないので、東京2戦で追い込む競馬をしてきて小回り中山で脚質的に嫌われそうなモンテトウルヌソルの瞬発力が懸念を払拭するほどの性能であるストーリーに賭けてみたい。時計の掛かってきている今の馬場なら差し届く可能性も十分ありそう。
あと、前走のホープフルS(中山10F/7着)で底力不足を露呈したサクラルーラーは流れが緩む分、今回は浮上する可能性あるので、前走の惨敗で人気ガタ落ちなら妙味を感じる。

整理すると、
◎(10)モンテトウルヌソル
△(2)ナカヤマフェスタ
△(4)サクラルーラー
△(6)アーリーロブスト
△(7)トゥリオンファーレ
△(12)サトノエクスプレス
△(13)セイクリッドバレー
こんな感じで。

まぁ、なんとも決め打ちづらいレースになったので金額は抑え気味になると思います。

20090118中山11R




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/324-2c42a800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【京成杯】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
2009/01/18(日) 09:47:57 | 【血統フェスティバル】blog
【日経新春杯】京都11R ◎テイエムプリキュア JC勝ちスクリーンヒーロー、福島記念勝ちマンハッタンスカイを出して俄然要注目レースとなったアルゼンチン共和国杯。以降もG1香港ヴァーズ3着のジャガーメイルを始め、ダンスアジョイがウェルカムSを、トウショウ...
2009/01/19(月) 01:01:13 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。