ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平安S
※まず目に付くことは、ただでさえ内枠が有利な京都コースにおいて1角までの流れが落ち着きやすくそれほど距離があるわけでもないので、ココで外を回らされるとかなり不利となる。


'08年平安S
'08年:逃げ馬不在。7F戦でも先行できるスピードのあるメイショウシャフトが前に出たところを、距離損をなくしたい大外枠のドンクールが譲らない構えを見せたため、テン・中盤とも速い前傾ラップに。

07年平安S
'07年:逃げ馬エイシンラージヒルがスッとハナを主張すると隊列が落ち着きテンがかなり緩んだ。中盤はそれなりに速くなったが、テンの緩みは強烈で現役屈指のダートでの瞬発力馬2騎の末脚が溜まり、決め手が爆発した格好。

06年平安S
'06年:最内枠からマイネルボウノットがハナを主張すると他馬も折り合い、隊列が落ち着いた。ハナに立ったマイネルはより長い距離で折り合えるだけに中盤はがっちり抑えて大きく緩んだ。こうなると上がりが速くなり、前の組がかなり有利な流れに。

05年平安S
'05年:ハナにこだわるクーカイ・ローエングリンが競り合ってテンがかなり速くなった。最内をロスなく回ったとはいえ、この流れで上がりもまとめたヒシアトラスの持続力は秀逸で、次走、フェブラリーSで6人気3着したのも頷ける。

04年平安S
'04年:逃げ馬スマートボーイがハナを主張し取りきった後、中盤を落ち着かせようとした所を4人気とノーマ-クともいかないからか、スマートをクーリンガー始め数多い先行勢が早めに動いてきたため中盤がかなり締まった流れとなった。







参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
今週の無料予想探し【競馬予想サーチ】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/326-84e14922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。