ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東西メインよりも、馬券的にはこっちの方が面白そう。
【前哨戦分析】
<阪神9F>
'08-12-21 1000万下(阪神9F・良)
<低速(+0.1)>37.8-38.8-37.0=1.53.6/瞬発力・折り合い
テン緩く中盤は更に緩んだ流れ。
①ジェントルフォーク(-0.0/8-7-8-9)…4角9番手からこの緩んだ流れを差し切った瞬発力は評価できる。ただ、最内をロス無く回り恵まれた感はある。

'08-12-20 大阪スポーツ杯・1600万下(阪神9F・良)
<高速(-0.6)>36.6-36.9-37.5=1.51.0/底力・持続力
中盤がかなり締まった割に上がりも纏めた好ラップ。
②ピサノデイラニ(0.0/1-1-1-1)…内からジワッとハナに立ち、自ら中盤のラップを締め後ろの馬の決め手を殺すアンカツ流の底力レースが遺憾なく発揮された。もちろん、このラップ構成に応えたこの馬の底力&持続力は優秀。
⑫コロナグラフ(2.5/2-2-2-2)
⑯フォグキャスケード(2.9/14-15-15-16)

'08-12-6 ゴールデンスパーT・1600万下(阪神9F・重)
<高速(-1.2)>35.9-36.5-37.9=1.50.3/底力・持続力
テン・中盤とも速い前傾ラップで、勝ったクリーンは4角12番手から追込が嵌った。
③メンデル(0.2/8-9-7-4)…3~4角では押っつけ通しも4角4番手まで位置を押し上げ、外を回り0.2秒差の底力&持続力は優秀。
④ピサノデイラニ(0.4/2-2-1-1)…前傾ラップでも前に行けるスピード、4角先頭から0.4秒差で耐え切った底力は優秀。

'08-9-14 オークランドレーシングクラブT・1600万下(阪神9F・良)
<高速(-0.8)>37.0-36.8-37.5=1.51.3/底力・持続力
テンがやや緩んだ分、中盤のかなり締まった流れ。
⑧ナムラスピード(0.5/6-6-7-7)…先行雪崩れ込みが身上の馬だけにスタート後の躓きが痛かった。中団から伸びずバテずの内容も、先行できていれば粘りを発揮しそうな予感を感じる。
⑬ヤマタケゴールデン(1.1/13-13-12-12)


<阪神以外9F>
'09-3-1 内外タイムスS(中山9F・重)
<高速(-2.4)>36.4-37.0-37.6=1.51.0/先行勢の展開利・瞬発力
テン緩んだ流れで高速馬場で前が止まらない展開。
②コロナグラフ(0.0/1-1-1-1)…スッとハナを切れたことにより、馬場・展開の利を存分に受けることができた。恵まれた内容だけに額面通りには受け取れない。
⑥エターナルスマイル(0.6/14-14-14-11)…近走不振が続いていたので、後方で脚を溜め終いに賭ける脚質転換。スローの高速馬場で間逆の展開で、4角11番手から外を回り0.6秒差まで差し込んできた瞬発力は優秀。次走以降、かなり期待値高い。

'09-2-8 1000万下(京都9F・良)
<低速(+0.6)>37.8-38.4-37.8=1.54.0/瞬発力・折り合い
テンが猛烈に緩んだ割に上がりの掛かった凡ラップ。
①ポーカーフェイス(-0.2/12-12-13-12)…4角12番手から差し切った瞬発力は評価できるも、最内をロス無く回れたしスローの割に上がりの掛かった凡ラップでの内容だけに過剰な評価は禁物。底力も不足した流れで昇級戦では不安。

'09-1-31 北山S(京都9F・重)
<高速(-1.1)>36.2-37.3-36.3=1.49.8/先行勢の展開利
馬場を勘案するとテンが緩んだ流れで、高速馬場でもあり前が止まらない展開。
③ピサノデイラニ(0.5/6-6-6-4)…内枠で出遅れて仕方なく外を回らざる得ないチグハグな競馬。ずっと掛かり気味だったのも気がかり。
⑦ナムラスピード(0.9/4-4-5-4)…休み明け。
⑨フォグキャスケード(0.3/11-11-11-11)

'09-1-24 1000万下(京都9F・稍重)
<標準>36.5-38.7-36.2=1.51.4/スピード&折り合い・瞬発力
中盤緩み、その分上がりが速い流れとなった。前で折り合える馬に持って来いの展開。
①フォーティファイド(-0.3/2-2-2-2)…スッと番手に付け、中盤で脚を溜め後続を完封したスピード&折り合いは評価できる。

'08-12-28 フェアウェルS(中山9F・良)
<高速(-0.1)>36.3-37.6-38.1/底力・持続力
テンかなり速く中盤もそこそこの前傾ラップを、上がりも纏めた好ラップ。
⑥スマートサイクロン(1.4/5-5-5-5)…外を回り4角5番手からそれなりに粘りこんだ底力はまずまず評価できる。


<その他>
'09-2-21 白嶺S(東京8F・重)
<高速(-1.8)>34.9-24.7-35.8/瞬発力・折り合い
テン・中盤ともかなり緩み上がりの速い流れ。直線長い東京コースだけに緩んだことにより馬群が密集すると、瞬発力を遺憾なく発揮できる追込馬に有利な展開。
②フォーティファイド(0.5/2-2)…マイルでも先行できるスピードと、緩い流れでも折り合い終いに脚を残すセールスポイントを発揮した。


【展開予想】
前日馬場状況:1000万下(7F) 1.23.4/1.24.6(標準)
ハナに行きそうなのが内からコロナグラフ・フォーティファイド・ピサノデイラニ。各馬ともハナにこだわるタイプではないのでテンが速くなることはなさそう。ユタカ@フォーティファイドがハナを切ってしまうと中盤を緩めてきそうな悪寒ビンビンであるが、今回はこちらの都合で上級クラスらしく中盤締まった流れで底力勝負に不安の残る前出のフォーティが飛ぶ流れに取りたい。好位~中団で流れに乗れる底力&持続力に長けた馬がアタマ候補で、直線急坂を利して最後に浮上してくる差し・追込勢の人気薄を複勝圏内での穴軸候補。


【見解】
◎(11)ナムラスピード
3走前、躓かなければもっと良い勝負ができていた筈。前に行けさえすれば良さの出る馬で、陣営も今回は積極策を明言。人気は全然なさそうで妙味も加味して◎評価に抜擢。

○(9)ピサノデイラニ
2・3走前で見せた底力&持続力なら勝ち上がりは時間の問題と認めつつも、今回の鞍上は園田の下原J。園田フリークの私に言わせれば、岩田・小牧に比べると3枚くらい下のジョッキーで、人気ほどの安定感は無く取りこぼしの可能性十分なら○評価が妥当。

▲(12)エターナルスマイル
前走は近走の不振を払拭する見所のある脚質転換を披露。直線急坂を味方にできそうな期待値的に今が旬の馬。

△(2)メンデル
前走見せた底力&持続力は高評価も、それほどスピードの無い馬にとって最悪とも言える内枠で包まれてロス大きい競馬になる可能性が十分考えられ評価下げた。

△(1)コロナグラフ
前日のシルクビッグタイム同様、3歳時にハイレベルダート世代の中堅を担った馬。シルクは人気で吹っ飛んだがこの馬はどうか。分からないので取り合えず拾っておく。

△(6)(7)(10)(13)

消(4)フォーティファイド
展開予想でも触れたが、好走した前2走は緩い流れを折り合って終いの脚に繋げたもので、締まった流れでの底力には一抹の不安。人気になればなるほど、重箱の隅をつつきまくるのが私のスタンスだけに消して妙味を追う。


【買い目】
090315阪神10R





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/342-8a681853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。