ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大物がココを春初戦に選んできましたねぇ。
当然、この馬を軸にしないのが天邪鬼の性w
【過去傾向分析】
大阪杯

昨年はかなりの高速馬場で行われたため、前に行った馬で内を回らないとどうにもならない馬場であったが、今年の馬場は標準的な状態で、過剰に前を意識する必要はなさそう。
'04/'05年こそ上がり3F→2Fで瞬時のギアチェンジが求められるラップ構成となっているが、今年は持続力型・捲り型が多彩で、更に大人気必至の瞬発力型が後ろに構えるだけに、早めに動ける馬はロングスパート戦に持ち込むはず。


【前哨戦分析】
~10F戦~
'09-3-14 中京記念 G3(中京10F・重)
<低速(+1.3)>33.9-49.6-36.9=2.00.4/1.59.6 底力
テンが猛烈に速い分、中盤は緩んだが、テンの速さは強烈で上がりの掛かった流れ。
④ヴィクトリー(0.4/1-1-1-1)…果敢にテンを奪ったスピード、逃げ粘った底力は評価できる。

'09-2-7 白富士S OP(東京10F・良)
<低速(+0.4)>36.4-47.6-35.4=1.59.4/2.00.3 底力・持続力
中盤かなり締まった流れ。
③アグネストレジャー(0.4/10-8-9)…『遅』4角9番手から外を回り差し込んできた底力は評価できる。

'09-1-4 中山金杯 G3(中山10F・良)
<標準>36.2-46.5-35.8=1.58.5/2.00.1 底力・持続力
テンそこそこで中盤がかなり締まった流れで上がりも纏めた好ラップ&好時計。
①アドマイヤフジ(-0.0/2-2-2-2)…番手で流れに乗った先行力、この流れで4角2番手から58kgを背負って抜け出した持続力&底力は秀逸。
⑮シャドウゲイト(0.3/2-2-2-3)
⑯ダイシングロウ(1.7/2-4-4-5)

'08-11-24 福島記念 G3(福島10F・良)
<低速(+0.4)>34.9-48.8-36.4=2.00.1/2.00.3 底力・持続力
例年に比べテン速く中盤も緩まない流れで上がりの掛かり過ぎない好ラップ。
⑤シャドウゲイト(0.4/3-5-3-3)

'08-11-2 天皇賞・秋 G1(東京10F・良)
<低速(+0.1)>35.2-46.8-35.2=1.57.2/2.00.0 底力・持続力
テンやや速く中盤も締まった流れで上がりも纏めた好ラップ&好時計。
③ディープスカイ(0.0/6-5-5)…好位で流れに乗ったスピードは優秀だし、4角5番手から粘りこんだ底力&持続力は秀逸。
⑩ドリームジャーニー(0.8/17-17-16)…『遅』左回りだと内にモタれる。
⑪アドマイヤフジ(0.8/2-4-3)…厳しい流れを前で捌き、失速。上位の馬とは底力の差。

'08-9-15 朝日チャレンジカップ G3(阪神10F)
<高速(-0.2)>36.0-47.5-35.0=1.58.5/1.59.9 底力・持続力
テン・中盤とも速い流れで上がりも掛かりすぎない好ラップ&好時計。
①ドリームジャーニー(-0.1/11-9-6-5)…速い流れで展開が向き、中団からコーナーリングで位置を押し上げ差し切った内容は、いかにも小回り向きの追込馬でドンピシャに嵌った感。

~その他~
'09-3-8 大阪城S OP(阪神9F・良)
<低速(+1.0)>37.8-37.0-34.4=1.49.2/1.47.8 折り合い・瞬発力
テン猛烈に緩み中盤も緩んだ流れ。
①マストビートゥルー(-0.2/3-5)…緩い流れを前で脚を溜めた折り合いと瞬発力は評価できる。
④ダイシングロウ(0.5/7-6)…瞬発力勝負では分が悪い印象。
⑪アグネストレジャー(1.2/5-2)

'09-3-1 中山記念 G2(中山9F・稍重)
<低速(+1.2)>37.7-36.4-35.1=1.49.2/1.49.0 先行馬の展開利・瞬発力
テンが猛烈に緩み中盤も揺るんだ、中山9Fとも思えない流れ。
②ドリームジャーニー(0.0/9-7-8-7)…時計の掛かる馬場でも瞬発力を活かせたのは収穫。
③アドマイヤフジ(0.1/3-3-3-2)…勝ち馬とは1角での入りの差。流れが向いたのも事実。

'09-2-21 京都記念 G2(京都11F・良)
<低速(+1.4)>36.1-62.5-36.0=2.14.6/2.14.7 スピード・先行馬の展開利
テンがやや速い流れ。馬場が悪かったせいか上がりの差は広がらず前に行った馬が雪崩れ込んだ展開。
③ヴィクトリー(0.2/1-1-1-1)
④カワカミプリンセス(0.3/2-3-4-5)…この時期の牝馬で冬毛が目に付いた。


【展開予想】
ヴィクトリーがすんなりハナを奪える面子で、テンは落ち着きそう。ただ、過去傾向分析でも触れたとおり持続力勝負に持ち込むタイプが多いので、上がりだけの競馬になることはなさそう。
中盤が締まってディープスカイの瞬発力を封じることができれば、行った行ったの展開も穴で一考。


【見解】
このレースの焦点はディープスカイの取り扱いオンリー。
この馬、元来、良い脚を長く使える瞬発力型で長い直線で力を出せるタイプ。今回は有力各馬がこの馬の瞬発力を殺ぐ流れに持ち込むのは必至で、流れが締まれば短い直線もあって差し損ねの想定はできなくもない。
というわけで、ディープのアタマ無しの馬券構成となるフォーメーションで勝負してみたい。でもまぁ、その逆境を性能でクリアされてしまう可能性も五分五分なので、金額は抑えると思います。

◎(4)アドマイヤフジ
○(8)ドリームジャーニー
▽(11)ディープスカイ
△(1)マツリダゴッホ
△(2)カワカミプリンセス
△(5)ヴィクトリー


【買い目】
090405阪神10R的





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/350-db44d1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【大阪杯】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出走馬あります。
2009/04/05(日) 09:38:56 | 【血統フェスティバル】blog
今週の日曜日におこなわれる、中央競馬の注目の産経大阪杯(G2・阪神芝2000m)を把握したいと思います。………
2009/04/05(日) 10:15:54 | 競馬SevenDays
【ダービー卿CT】中山11R ◎レオマイスター 右回りの小回りコース、距離はマイル~1800m。時計掛かる馬場は歓迎も、極端な道悪は不得意。この好走イメージと重なる条件を過去に4走。うち3歳時のひいらぎ賞とG3ラジオNIKKEI賞を勝ち、G2ニュージーランド...
2009/04/06(月) 00:25:16 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。